「青森市」とは?

関連ニュース

風力発電のブレード、深夜の輸送/青森市内 - 07月31日(土)20:20 

青森県七戸町の八幡岳などに建設中の「JRE七戸十和田風力発電所」で使用するブレードの陸上輸送が始まっている。ルートとなっている青森市街では31日未明、専用のトレーラーに載せられた巨大な羽根が国道を進み、市民らが足を止めて眺める姿が見られた。輸送を担う戸田建設によると、作業は交通量の少ない夜間に実施。海上輸送され、同市石江の仮置き場に置かれたブレード24本を、建設地まで順番に運ぶ。ブレード1本の長さは約57メートル。安全のため発光ダイオード(LED)ライトが付けられ、全体の輪郭が分かるようにして…
カテゴリー:

新型コロナ、新たに22人感染/青森県内 - 07月31日(土)16:30 

青森県によると、31日午後4時半現在、県内で新たに22人の新型コロナウイルス感染が確認された。居住地別に青森市8人、八戸市と五所川原保健所管内が5人ずつ、三戸地方保健所管内2人、上十三保健所管内と東地方保健所管内が1人ずつ。県内の感染確認累計は2698人となった。
カテゴリー:

覚醒剤所持容疑の中学教諭、懲戒免職 - 07月31日(土)13:58 

青森県教育委員会は30日、青森市内で覚醒剤を持っていたとして逮捕されたむつ市の脇野沢中学校の男性教諭(36)を同日付で懲戒免職処分にした。県教委は県庁で記者会見を開き、赤尾芳伸次長らが陳謝した。県教委によると、容疑者は2016年4月に採用。勤務状況について、県教委教職員課の吉川満課長は「子どもたちの意欲や、やる気を引き出す授業をしていた」と説明した。逮捕翌日の12日に校長が生徒、保護者に事件の概要を伝え、謝罪したという。処分は「懲戒処分に係る標準処分例」に照らして決定した。県教委の聴取に対して…
カテゴリー:

古川(青森出身)準々決勝へ/五輪アーチェリー - 07月31日(土)11:04 

東京五輪アーチェリー男子日本代表の古川高晴(36)=青森市出身、青森東高-近大出、近大職=は31日、東京・夢の島公園アーチェリー場で行われた男子個人戦3回戦でアタヌ・ダス(インド)を破り、同日午後の準々決勝に進んだ。
カテゴリー:

青森県内の調剤薬局 ジェネリック品薄深刻化 - 07月31日(土)10:46 

ジェネリック医薬品(後発薬)メーカーの一部で管理上の不正が発覚し、全国的に供給が滞っている影響で、青森県の薬局でも在庫不足が深刻化している。青森市などの調剤薬局では、他の銘柄のジェネリックや価格が高い先発薬に変更して在庫不足を補っている。このままいけば8月上旬にも、一部のジェネリックが提供できなくなる恐れがある-との指摘もある。関係者は患者への影響が出ないよう、早く正常な流通に戻ってほしいと望む。「薬の供給制限、出荷調整の情報が毎日、メーカーや卸から届く。対応に追われ、混乱している」。青森市の…
カテゴリー:

青森市でクラスター/五所川原管内1人死亡 - 07月31日(土)17:12 

青森県は31日、青森市の理美容業の職場で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。このほか、新型コロナに感染した五所川原保健所管内の50代女性1人が死亡したと明らかにした。
カテゴリー:

アーチェリー古川 準決勝進出 - 07月31日(土)15:36 

東京五輪アーチェリー男子日本代表の古川高晴(36)=青森市出身、青森東高-近大出、近大職=は31日、男子個人準々決勝で中国選手を破り、準決勝(午後4時~)に進んだ。
カテゴリー:

FDA「霹靂」号縄文PR仕様に/世界遺産登録受け - 07月31日(土)13:11 

「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を受け、フジドリームエアラインズ(FDA)は8月1日から、青森県のネーミングライツ機「青天の霹靂(へきれき)」号の機内ヘッドレストカバーに県が掲出している広告を縄文PR仕様に切り替える。前面に縄文土器風のイラスト、後面には三内丸山遺跡(青森市)のシンボル・大型掘立柱(ほったてばしら)建物(6本柱)が青空に映える写真を配置したデザイン。掲出期間は12月末まで。同遺跡群関連では、岩手県も別の機体に出しているヘッドレストカバー広告を8月から2カ月間、一…
カテゴリー:

フリーランス 強みは?/デジタルハリウッドで働き方セミナー - 07月31日(土)11:01 

ウェブデザイナーや動画クリエーターの養成スクール「デジタルハリウッドSTUDIO青森」はこのほど、青森市の東奥日報新町ビル内「seven C’s(セブンシーズ)」で、初の公開授業「ウェブ業界での働き方セミナー」を開いた。オンラインを含め約20人が参加し、フリーランスやリモートワーカーとして働く利点や課題を学んだ。青森市のデザイン会社「mizuiro」代表取締役・木村尚子さんのほか、フリーの人事労務コンサルタント・嶋田葵さん(仙台市在住、青森県出身)、ウェブに特化したアウトソーシング会社の石田貴…
カテゴリー:

浪岡高校の統合、懇談会で反対意見が続出 - 07月31日(土)08:43 

青森県教育委員会は30日夜、青森市の浪岡中央公民館で、県立高校再編の第2期実施計画(2023~27年度)策定に向けた地区懇談会を開いた。地区住民ら約170人が会場を埋め、第2期実施計画案で青森西高校と統合・閉校するとした浪岡高校について、「浪岡高校をなくす結論ありきの計画で賛成できない」「地域の過疎化が進む」「残す方向で再検討すべきだ」などと反対意見が続出。県教委側は再度の懇談会開催を検討する-とした。計画案では、地域校を対象に、地元自治体が同意した場合は生徒の全国募集を導入できるとした。参加…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる