「青森市」とは?

関連ニュース

洋上風力と共生を 鯵ケ沢で勉強会 - 07月08日(水)09:00 

つがる、鯵ケ沢、深浦の3市町と地元5漁協でつくる青森県沖日本海南側有望区域促進協議会(会長・福島弘芳つがる市長)は7日、鯵ケ沢町山村開発センターで、漁業者を対象に洋上風力に関する勉強会を開いた。弘前大地域戦略研究所(青森市)の本田明弘所長が、北海道・東北はアジアでも有数の風況と説明。「風は昔は嫌われたものだったが、今はエネルギー源」と述べ、漁業と共生した活用を呼び掛けた。勉強会には約30人出席した。本田所長は、2050年までに洋上風力を最大の電源とする欧州連合(EU)のシナリオを紹介。日本は他…
カテゴリー:

テレワーク導入を促進 青森県、コロナ対策で - 07月07日(火)19:54 

青森県は7日、青森市のラ・プラス青い森で、新型コロナウイルス感染症経済対策会議(委員長・香取薫青森公立大学学長)の第2回会合を開いた。県は経済・雇用関連の施策として、「新しい生活様式」の実現に向けた地域のデジタル化の実証や、中小企業とその従業員によるテレワーク導入をはじめとしたデジタル技術導入の促進などを検討していることを明らかにした。県はこのほか、(1)今後求人ニーズが高まる成長分野への就業に必要な仕組みづくり(2)越境EC(電子商取引)やウェブ商談などを活用し、「新しい生活様式」にも対応し…
カテゴリー:

むつ/海自カレーと空自空上げをパン商品化 - 07月07日(火)18:27 

工藤パン(青森市)が、むつ市の飲食店で提供している自衛隊グルメ「大湊海自カレー」「空自空上げ(唐揚げ)」をパンにアレンジし、2種類同時に発売する。7月30日からむつ市内で、8月1日からは全県で販売を始める。「おおみなと海自カレーパン」は第4弾となる。今回は、護衛艦はまぎりのカレー味。すりおろしたリンゴの酸味と甘みが特徴のビーフカレーを再現した。1個130円(税別)。「大湊Sora(そら)空っ!ロール」は、県産リンゴとニンニクを使ったしょうゆ味のたれに漬け込み仕込んだ鶏の唐揚げを、パンに挟んでい…
カテゴリー:

甲子園と同じ土、青森市営球場に 高校野球の代替大会開催 - 07月07日(火)11:12 

今夏の全国高校野球選手権の地方大会中止を受け、青森県高校野球連盟が開く独自の代替大会の会場となる青森市営球場に6日、甲子園球場(兵庫県西宮市)と同じ土が搬入された。青森銀行野球部有志と県高野連が資金の
カテゴリー:

ジュノハートを使ったスイーツ試作品販売へ - 07月06日(月)20:18 

サクランボの青森県産新品種「ジュノハート」を使ったスイーツの試作品が6日、県庁でお披露目された。規格外品の活用方法を探りつつ、生果以外でもジュノハートが消費者に認知される機会を増やそうと、県が菓子店などに試作品開発を依頼。計8商品が完成し、8日から順次各店でテスト販売される。関係者が6日、県庁を訪れ柏木司副知事に完成を報告した。SWEETS LABO C&Y、アンジェリック青森店、ナチュール青森(以上青森市)、ル・スゥブラン(八戸市)、大竹菓子舗(十和田市)、お菓子のみやきん(七戸町)の6業者…
カテゴリー:

父が写した青森、国越え反響 娘がネット投稿 - 07月07日(火)20:03 

アマチュアカメラマンとして、戦後から昭和30年代を中心に活躍した青森市の故工藤正市さんが残した写真を、長女でテレビディレクターの加奈子さん(55)=東京都在住=が写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿し、反響を呼んでいる。青森市の自宅から大量のネガフィルムが新たに見つかり、約500枚分をデータ化。昭和の青森県で暮らす人々の生き生きとした姿を捉えた白黒写真は、海外から「人間味があふれている」「一瞬の切り取りが良い」などコメントが相次いでいる。加奈子さんは「いつか海外の方も見ることのできる写真集を…
カテゴリー:

青森ねぶたの熱気再現 8月7日展示イベント - 07月07日(火)19:45 

青森ねぶた祭実行委員会(奈良秀則実行委員長)は7日、青森市のねぶたの家ワ・ラッセで会議を開き、8月7日夕方から夜にかけて、青い海公園で市民を対象としたねぶた展示イベント「青森市民ナヌカ日ねぶた」を開催する方針を決めた。囃子(はやし)の演奏や露店の出店もあり、市民が新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止となった青森ねぶた祭の雰囲気を味わえるよう演出する。ワ・ラッセのねぶた3台を展示するほか、青森ねぶた運行団体協議会(山内誠会長)が協力し、囃子方が太鼓や笛、かねの音色を響かせる。露店は最大で40店…
カテゴリー:

【投稿】あなたの剣道生活 きっと人生を照らす - 07月07日(火)14:22 

青森高剣道部の娘へ 青森市・工藤香里さんから投稿「進学先では剣道しない。アルバイトしないとだめだから」。高2の冬、娘はそう決めた。高校総体が娘にとって本当に最後の「剣道」になるはずだった。娘が剣道をはじめたのは中学の部活動から。マラソンは学年ビリ、逆上がりもできない娘が新しい競技をやることに不安しかなかった。大丈夫? 「大丈夫。やってみたい」。当然できることよりできないことが多かった。人より覚えも遅い。剣道は小さい頃から道場に通っている子が多く、試合にすらならないことも多かった。初めての試合で…
カテゴリー:

コロナ自粛明け 市民無料体験 青森市が開催 - 07月07日(火)10:51 

青森市は3日、健康寿命延伸の取り組みの一環として、市役所本庁舎1階で体組成計や立ち上がりテストの無料体験を行った。参加した市民は保健師らのアドバイスを受けながら、健康な体づくりに理解を深めた。無料体験は、日ごろの健康づくりの成果を数値や体験で知ってもらうことや、新型コロナウイルスによる外出自粛が続いた市民の体力づくりがねらい。体組成計を使った筋肉量や脂肪量などの測定、下肢の筋力を測る立ち上がりテストなどを体験できる。測定結果から、保健師や管理栄養士らがいいところや足りない部分についてアドバイス…
カテゴリー:

連合青森、新会長に塩谷氏を選出 - 07月06日(月)19:50 

連合青森は6日、青森市の県労働福祉会館で地方委員会を開き、新会長に塩谷進副会長(55)を選出した。塩谷氏は就任あいさつで「労働者を取り巻く環境は、新型コロナウイルスの影響でさらに厳しさを増している。雇用対策、生活支援、経済対策を3本柱に、総掛かりで取り組んでいきたい」と抱負を述べた。塩谷氏は青森市出身。1984年、日本電信電話公社(現NTT)に入社。NTT労組青森分会事務局長などを経て、2015年から同分会長・情報労連県協議会議長を務めている。前会長の内村隆志氏は東北労働金庫常務理事・青森県本…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「青森市」の画像

もっと見る

「青森市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる