「メートル」とは?

関連ニュース

いわき市、相馬市など浜通りに暴風警報 福島地方気象台 - 10月22日(火)16:56 

 福島地方気象台は22日午後、いわき市、相馬市、南相馬市など浜通りに暴風警報を出した。同日夜遅くまで暴風に警戒するよう呼び掛けている。  低気圧が関東の東にあって北東へ進んでおり、福島県の海上では22日夜遅くにかけて、北寄りの強い風が吹き、しける見通し。海上で最大瞬間風速30メートルが予想されている
カテゴリー:

「こんな大物を釣ったの初めて」体長162センチ体重65キロのナポレオン釣られる - 10月22日(火)15:16  news

沖縄県読谷村渡具知に住む会社員、比嘉優太郎さん(34)が5日、「ナポレオンフィッシュ」の名で知られるメガネモチノウオを読谷沖で釣り上げた。 全長1メートル62センチ、重さ約65キロの巨体を前に「ナポレオンフィッシュも、こんな大物を釣ったのも初めてなのでうれしい」と喜んだ。 小学生の頃から趣味で釣りを続けているという比嘉さん。この日は同じく釣り好きの父正光さん(56)と親子で深海釣りに出掛け、水深45メートルラインで「緑色の塊」を見つけた。 小さいシイラの頭を餌に約20分の格闘の末、見事に釣り...
»続きを読む
カテゴリー:

【不吉】風雨で宮殿中庭の旗が落下へ 即位礼正殿の儀 - 10月22日(火)12:31  poverty

天皇陛下の即位を国内外に知らしめる儀式「即位の礼」が22日に執り行われます。 そのハイライトと言えるのが22日の「即位礼正殿の儀」。天皇陛下自らが即位を宣言します。 ■風雨で宮殿中庭の旗が落下(11:37)  強い風雨の中、宮殿中庭に掲げられていた縦長の旗「旛(ばん)」のうち 、菊花章大錦旛(きっかしょうだいきんばん)と呼ばれる旗が地面に落ちる。長さ5・5メートル、幅90センチで、赤地の旗の上部に金色の菊の紋があしらわれていた。4分後、宮内庁職員が回収した。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京五輪】札幌市長「正式決定はしていない」…五輪マラソン、ドーム活用など課題山積 - 10月22日(火)10:15  newsplus

 東京五輪のマラソン・競歩競技の札幌開催が濃厚とみられる中、札幌市の秋元克広市長は21日の記者会見で、18日に組織委員会に文書で札幌開催を問い合わせたところ、「正式には決定していない。30日の調整委員会で議論される」との回答があったとを明かした。一方、市は17日に北海道などと実務者連絡会議を設置。開催を念頭に事前調査を始めたが、コース設定の難しさやIOCが発着地に提案する札幌ドームの活用法など課題は山積。関係者には不安も広がる。【土谷純一】 1987年から開催されている北海道マラソンは、国際陸上競技連盟公認...
»続きを読む
カテゴリー:

フラナガンが引退 北京五輪女子1万mで銀 - 10月22日(火)09:35 

2008年北京オリンピック(五輪)の陸上女子1万メートル銀メダリストの38歳、シャレーン・フラナガン(米国)が現役引退を表明したと、CNN電子版などが21日に報じた。 04年アテネ大会から4大会連続で五輪に出場。北京大会では1万メートル…
カテゴリー:

【石川】ジンベエザメさよなら…大きくなって水槽で飼えず、海へ放流 のとじま臨海公園水族館 - 10月22日(火)16:44  newsplus

のとじま臨海公園水族館(七尾市)は21日、同館で飼育するジンベエザメの入れ替え作業を行った。4年間展示してきた雌のジンベエザメ「イオリ」が成長し、水槽で飼うことができる大きさを超えるための措置で、関係者は水族館の人気者を見送り、氷見沖の定置網で捕獲された新たな雄を迎え入れた。 イオリは2015年10月に七尾市庵町沖の定置網にかかり、同館で飼育されてきた。当初4メートルだった体長は5・8メートルにまで成長。ジンベエザメは大きい個体で体長13メートルほどになるが、水族館では6メートルを超えると水槽...
»続きを読む
カテゴリー:

富士山が初冠雪 平年より22日遅く 甲府地方気象台が発表 - 10月22日(火)15:15 

 甲府地方気象台は22日、富士山の初冠雪を確認したと発表した。平年より22日遅く、昨年より26日遅い。  気象庁のアメダス(地域気象観測システム)によると、標高3775メートルにある観測点では21日午後8時に氷点下4・1度まで冷え込み、22日も午前4時と同11時に氷点下0・4度まで下がった。
カテゴリー:

「即位礼正殿の儀」とは - 10月22日(火)12:12 

 このあと行われる「即位礼正殿の儀」は、今年5月から始まった一連の即位行事の中心的儀式です。どのような儀式なのかまとめました。  これは今から30年前、平成の際の「即位礼正殿の儀」の様子。皇居・宮殿の中庭には様々なのぼりがはためき、武官姿の威儀の者や弓や楯などを持った装束姿の宮内庁職員らが整然と並びます。  「即位を内外に宣明いたします」  平安絵巻さながらの光景が広がるなか、最も格式の高い宮殿の正殿・松の間で、上皇さまがお言葉を述べ、国内外に即位を宣言されました。上皇さまは、天皇にだけ着用が許された黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)を、上皇后さまは十二単を着用。その後当時の海部俊樹総理が寿詞と呼ばれる祝いの言葉を述べ、万歳三唱をしました。  この時に上皇さまがあがったのが天皇の玉座である「高御座」。儀式のシンボル的な存在です。高さは6.5メートルほどあり、八角形の屋根の頂点には鳳凰が輝きます。高御座は即位の儀式にだけ使われる調度品で、このとき使用されて以降、京都御所で保管されてきました。  この高御座、去年9月に皇后用の「御帳台」とあわせて厳重な警備態勢のもと、トラックで皇居へと運ばれてきたのです。その後、漆の塗り直しなどの修繕が施され、30年ぶりに再び正殿・松の間に据えられました。  「正殿の儀」には、国内外あわせておよそ2000人もの人が出席します。特に目を見張るのが外国人賓客...more
カテゴリー:

【住友林業】木造で地上70階建て(高さ350メートル)の高層ビル実現へ 11階建て以上の例なし ★3 - 10月22日(火)10:02  newsplus

高さ350メートル、地上70階建てという木造では日本一となる高層ビルの建設プロジェクトが本格的に動きだします。大手住宅メーカーの「住友林業」は、プロジェクトの実現に向けて茨城県つくば市に新たな研究拠点を設け、火災に強い部材や建物の構造の研究などに取り組むことになりました。 住友林業は、環境に優しい木造建築の普及に取り組んでいますが、江戸時代の創業から350年となる2041年に、高さ350メートル、地上70階建てという木造の高層ビルを建設するプロジェクトを立ち上げています。 このプロジェクトの拠点となる茨城県つ...
»続きを読む
カテゴリー:

11月30日、県原子力防災訓練 - 10月22日(火)09:00 

佐賀県は、九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の重大事故に備え、11月30日に原子力防災訓練を実施する。長崎県佐世保市を母港とする海上自衛隊のヘリコプター搭載型の大型護衛艦「いせ」が初参加し、離島からの避難を支援する。 いせは、陸上自衛隊相浦駐屯地(佐世保市)に昨年3月に編成された離島奪還の専門部隊「水陸機動団」と共同訓練をしている。空母のような全長197メートル、全幅33メートルの甲板を備え、最大でヘリ10機程度が搭載できる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「メートル」の画像

もっと見る

「メートル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる