「メートル」とは?

関連ニュース

15センチのトカゲ、近くで発見 体長1mは不明のまま 岡山 - 10月24日(日)21:29 

 23日午後5時過ぎ、岡山県警岡山中央署に、男性から「知人が飼っているトカゲがいなくなった」との通報があった。男性の知人で岡山市中区原尾島のアパートに住む20代女性が飼っていたトカゲ2匹が逃げ出したとみられる。体長約1メートルで白黒模様の「アルゼンチンテグー」と、体長約15センチでグレーの「フトアゴ
カテゴリー:

【岐阜】北穂高岳で酒田元洋さん(内閣府大臣官房審議官)が遺体で見つかる 落石の下敷きに 「桜を見る会」で答弁 ★4 - 10月24日(日)20:38  newsplus

画像  岐阜県高山市の北穂高岳で、落石の下敷きになった男性の遺体が見つかり、警察は登山に訪れて行方不明となっている50代の男性とみて、身元の確認を進めています。  10月11日正午ごろ、高山市の北穂高岳の標高およそ2700メートル付近で、落石の下敷きになった男性の遺体を民間の捜索隊が見つけ、警察に通報しました。  その後、天候が悪化したため遺体の収容はできず、14日午前、岐阜県警の山岳警備隊が落石を取り除き、ヘリコプターで収容しました。  北穂高岳では、9月19日から東京都の公務員の男性(50代)が行方...
»続きを読む
カテゴリー:

男子は小林陵侑、女子は高梨沙羅が優勝 全日本ジャンプ・ラージヒル - 10月24日(日)20:23 

 ノルディックスキーの全日本選手権ジャンプは最終日の24日、NHK杯を兼ねて札幌市大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)でラージヒルがあり、男子は小林陵侑(土屋ホーム)が141・5メートル、135メートルの計296・0点で圧勝し、2年ぶり2回目の優勝を果たした。2位は佐藤幸椰、3位は
カテゴリー:

一戸誠太郎が男子1500連覇 5000と2冠 スケート全日本距離別 - 10月24日(日)19:55 

 スピードスケートの全日本距離別選手権は最終日の24日、長野市エムウェーブであり、男子1500メートルは一戸誠太郎(ANA)が1分45秒21で2連覇を達成した。22日の5000メートルに続き、2冠となった。
カテゴリー:

「もっと格好良く終わる予定だった」 引退の競泳・萩野公介が語る - 10月24日(日)19:35 

 リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレー金メダリスト、萩野公介(27)が24日、現役引退を表明した。会見での主なやりとりは次の通り。 ――いつから東京五輪を最後にと考えていたのか。 …
カテゴリー:

【岐阜】祖父と登山の6歳男児不明…百々ヶ峰の駐車場 - 10月24日(日)20:44  newsplus

10/24(日) 19:13  岐阜県警岐阜北署は24日、祖父と二人で岐阜市の百々ヶ峰(どどがみね)(約418メートル)に山登りに行った、市内の男児(6)の行方がわからなくなったと発表した。男児は灰色のパーカを着て、「ふみや」と自分の名前を言えるという。  同署によると、同日午後1時頃、祖父が山中の駐車場にあるトイレに行くため目を離した2~3分の間に姿が見えなくなり、連絡を受けた母親(37)が110番していた。警察と消防で行方を捜している。 ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/b86e636081b0691013cf6...
»続きを読む
カテゴリー:

高梨沙羅「忍耐は大事」2冠達成で北京五輪へ勢い、完成度は「70くらい」 - 10月24日(日)20:36 

女子の高梨沙羅(25=クラレ)が合計235・5点で逆転優勝した。1回目115メートルで2位につけると、2回目に最長不倒の129メートルを飛んで逆転した。 新設の女子ラージヒルで初代女王に輝き、22日ノーマルヒルとの2冠を達成。北京オリン…
カテゴリー:

萩野公介が引退表明「思い返すと最初に浮かぶのは家族の支え」一問一答 - 10月24日(日)20:23 

16年リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(27=ブリヂストン)が24日、現役引退を表明した。   ◇  ◇  ◇ 私、萩野公介は東京五輪をもちまして現役を引退することを決意しました。最後の200メー…
カテゴリー:

DASH島で釣りの練習してる慎太郎くん愛おしすぎる.. - 10月24日(日)19:35 

DASH島で釣りの練習してる慎太郎くん愛おしすぎるし、一人で巨大アジ50メートルも引き上げたのもかっこよすぎる #鉄腕DASH
カテゴリー:

菊花賞圧勝のタイトルホルダー 横山騎手「理想的な競馬できた」 - 10月24日(日)19:32 

 第82回菊花賞(24日・阪神11R3000メートル芝18頭、G1)3歳クラシックレースの最終戦。4番人気のタイトルホルダー(横山武史騎乗)が3分4秒6で優勝、G1初勝利を飾った。1着賞金は1億2千万円。横山騎手はこのレース初勝利、栗田徹調教師はG1初勝利となった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる