「八戸市」とは?

関連ニュース

水産物の輸出拡大へ 八戸で商談会 - 02月29日(木)22:06 

日本貿易振興機構(ジェトロ)青森貿易情報センターは29日、マレーシアとシンガポールのバイヤー3社を招き、八戸市で地元水産事業者の工場見学や商談を実施した。青森県や岩手県の水産物などの輸出を支援して新たな商流構築の実現を目指す、ジェトロの取り組みの一環。29日は、居酒屋運営や水産加工を行う「オフィス弁慶」と、水産加工会社「味の加久の屋」を訪問した。オフィス弁慶はサバやイワシ、スケトウダラなどを中国中心に輸出してきたが、同国の禁輸以降は、ベトナムなどに輸出している。同社常務取締役の横澤弘康氏は、工…
カテゴリー:

インフル、青森など3地域で注意報継続 - 02月29日(木)20:13 

県は29日、直近1週間(19~25日)の季節性インフルエンザ発生状況を公表した。青森市・東地方、八戸市・三戸地方、上十三の3保健所管内で、注意報が継続している。全県の1定点医療機関当たり患者報告数は11.83人で、前週(10.90人)と比べ1割弱増加した。増加は2週前(5~11日の週)以来。注意報の3地域の1定点当たり患者数は、青森市・東地方10.50人(前週比0.92人減)、八戸市・三戸地方17.58人(同1.75人減)、上十三21.33人(同8.11人増)となった。注意報の基準となる1定点…
カテゴリー:

防波堤から作業員転落、1人死亡/八戸港 - 02月28日(水)23:54 

28日午後4時55分ごろ、八戸港の八太郎北防波堤付近で作業していた、「青木マリーン」(大阪市)が所有する、海底などの土砂を掘削するための作業船「第58青木丸」=74トン、川村修志船長ら12人乗り組み=から「作業員が少なくとも3人海中に転落し救助中」と118番通報があった。防波堤から海中転落した愛媛県宇和島市、三好力さん(40)が八戸市内の病院に搬送され、午後7時半に死亡が確認されたほか、6人が頭や足、腰などにけがを負った。八戸海上保安部によると、船は防波堤の陸側の海域に位置。荒天で流れた管を固…
カテゴリー:

対泉院山門の屋根破損/雪の重み?松の枝直撃か - 02月28日(水)21:31 

青森県八戸市新井田の県重宝「対泉院山門」の木造屋根の一部が、雪の重みで折れたとみられる松の枝が当たって破損していたことが28日までに、同寺院などへの取材で分かった。今後、県教育委員会などと協議しながら修復を進めるという。上田祥悦住職によると、27日午前8時前、大きな松の枝が幅約5メートルの道路を横切るようにふさぎ、山門の屋根の木材の破片が落下しているのを住職の家族が発見した。同寺院の向かいには認定こども園があるが、人的被害はなかった。山門の両脇にある県史跡「餓死萬霊等(がしばんれいとう)供養塔…
カテゴリー:

八戸環状線の通行止め解除 - 02月28日(水)15:14 

青森県道路課は28日午後2時20分、積雪の影響で通行止めにしていた県道八戸環状線の八戸市沢里-同市糠塚間の規制を解除した。
カテゴリー:

新型コロナ、6週ぶり患者減少/青森県 - 02月29日(木)20:15 

青森県は29日、直近1週間(19~25日)の新型コロナウイルス感染報告が557人、1定点医療機関当たり9.44人と公表した。前週(643人、1定点当たり10.90人)の0.87倍で、1月8~14日の週以来6週ぶりに、患者数が減少した。保健所管内別の6地域中5地域で、患者数が前週を下回った。各地域の1定点当たり患者数はそれぞれ、青森市・東地方9.58人(前週比0.50人減)、弘前5.23人(同3.23人減)、八戸市・三戸地方9.92人(同2.00人減)、五所川原11.43人(同1.14人減)、上…
カテゴリー:

「八戸小唄流し踊り」7月12日に実施 - 02月29日(木)11:00 

東奥日報社は28日、例年夏に青森県八戸市中心街で開催している主催事業「八戸小唄流し踊り」について、第54回となる今年は7月12日に実施することを決めた。併催イベントである「八戸七夕まつり」(八戸商工会議所など主催)の日程が7月12~14日に決まったためで、同まつりの初日を踊り手たちのみやびな舞が彩る。八戸小唄流し踊りは1971(昭和46)年、八戸小唄の誕生40周年を記念して始まり、港町八戸の夏の風物詩として市民の間に定着している。新型コロナウイルス禍の影響で2020年から3年連続で中止となった…
カテゴリー:

陸上養殖の可能性探る/八戸で講演会 - 02月28日(水)22:15 

八戸工業大学地域産業総合研究所は28日、青森県外で陸上養殖に取り組む企業担当者らを招き「八戸地域の陸上養殖の可能性を考える講演・意見交換会」を八戸市水産会館で開いた。行政や水産業関係者ら約40人が参加し、八戸での陸上養殖の可能性に理解を深めた。「INS(岩手ネットワークシステム)海洋と社会研究会」との共催。福島県浪江町でサバの陸上養殖に取り組む「かもめミライ水産」の佐波雄介取締役は、陸上養殖の利点について、寄生虫のアニサキスのリスク低減や安定生産が見込めることなどを紹介し、高騰する餌代によるコ…
カテゴリー:

中世の衣装復元 博物館に寄贈/千葉学園高 - 02月28日(水)15:40 

青森県八戸市の千葉学園高校生活文化科3年生4人は22日、市博物館の協力を得て復元した中世の衣装「小袖」2着と「四幅袴(よのばかま)」1着を同館に寄贈した。同館に隣接する史跡根城の広場での着用体験に活用する。同校生徒による中世衣装の復元は2019年に始まり、これまで小袖や袴(はかま)など13着を復元してきた。今回復元に取り組んだのは大堀好香さん、下瀬瑞希さん、平葭(たいよし)麻莉さん、畠山珠嘉さん。4人は昨年10月中旬~1月下旬にかけて作業したという。四幅袴は今回初めて復元。木綿の生地を丁寧に縫…
カテゴリー:

八戸環状線の沢里-糠塚通行止め - 02月28日(水)12:14 

青森県道路課は28日、県道八戸環状線の八戸市沢里-糠塚の940メートルを同日正午から通行止めにすると発表した。積雪による通行障害のため。解除日時は未定。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる