「チーム」とは?

関連ニュース

ジダン監督「ベイル退団は全員にとって最高」 - 07月21日(日)13:43  livejupiter

そして、バイエルン戦終了後、ジダン監督はベイルの退団を明言。はっきりとした言葉で、クラブを去る日が近づいていることを明らかにした。 「ベイルがプレーしなかったのは、退団が非常に近づいているからだ。私たちは彼が間もなく去ると見込んでいる。それは全員にとって最高のことだ。彼の移籍に関して、新しいチームと交渉しているよ」 「彼に対して私が個人的に何かあるということはないが、物事が決する時は来るものだし、決定されなければならない。私が決断するべきで、私たちは変化しなければならないんだ。退団は監督とし...
»続きを読む
カテゴリー:

外から招いて外に出る。「学校を社会に開いて始まる」教育改革 - 07月21日(日)12:00 

学校という閉鎖空間での関わりが元になっていると思われる事件が毎日ニュースとして流れてきます。この国の学校教育の現状について何の問題もないと言える人がいるでしょうか?「大いに問題がある」と声を上げたのは、メルマガ『j-fashion journal』の著者で、ファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さんです。坂口さんは、「学校を社会に開きましょう」と教育改革の持論を展開。外部講師の積極的な招聘や、校外授業の充実、学校に縛りつける校則や宿題の廃止などを訴えています。 教育改革について考える 1.デジタルを基本に考える 小学校教育では、小学校より学習塾の方が進んでいる。小学校では文科省の学習指導要領に縛られており、全国の学校で同じ教育が受けられるように配慮されている。反面、公立学校間の競争はない。他校との差別化を考える必要もないし、努力しなくても学生は集まってくる。 一方の学習塾は競争が激しく、常に努力を続けている。最近は、インターネットによる遠隔授業や一人一台のタブレット配布により、効率的な学習が可能になっている。 私は小中学校の授業はデジタルを基本に考えるべきだと思う。一人一台のタブレットを与え、教科書は全てその中で確認できる。意欲のある学生はいくらでも先に進めるし、理解が遅い学生は繰り返し学習することも可能だ。 私はゲームのように、学習が進めばより高次元のステージが用意されれば...more
カテゴリー:

ヴァンラーレ引き分け/J3第17節 - 07月21日(日)11:43 

明治安田J3第17節第2日(20日・ミクニワールドスタジアム北九州ほか=4試合)ヴァンラーレ八戸はギラヴァンツ北九州に1-1で引き分けた。勝ち点を21とし、順位は11位のまま。試合は台風5号の影響で、強い雨が打ち付ける悪天候の中で行われた。ヴァンラーレは序盤から、FW谷尾とMF三田を中心にサイドを使った攻撃を展開。決定機をつくったものの得点には至らず、両チーム無得点で前半を折り返した。後半8分、ゴール前でのクリアミスからシュートを打たれ痛い失点。終了直前の後半45分、MF中村のシュートを最後は…
カテゴリー:

【朗報】久保建英さん、ガチですごい - 07月21日(日)11:19  livejupiter

トップチームでもやれるってことを証明してしまった模様 ...
»続きを読む
カテゴリー:

選手ひと言・DFパク・ジョンス - 07月21日(日)09:45 

DF朴正洙(パク・ジョンス)(6月末に加入後初出場)チームメートとはいい関係性を築けており、試合では持ち味を出せた。次は勝てるように戦う準備をしたい。
カテゴリー:

自転車テスト大会スタート 五輪、府中市から189キロ - 07月21日(日)12:57 

 2020年東京五輪の自転車ロードレースのテスト大会が21日、東京都内から富士山麓まで1都3県の公道を巡る189キロで開かれた。スタート地点の武蔵野の森公園(東京都府中市)では、海外の有力選手も参加する大会を一目見ようと多くのファンがスマホやカメラを構えて観戦。イタリアやフランスなど9カ国・地域の代表を含む20チーム計95人が声援を受けながらスタートした。
カテゴリー:

復帰待ちの大田泰示に首位打者の荻野貴司。後半戦でチームを勢いづかせるのはアイツだ!! - 07月21日(日)12:00 

 いよいよ後半戦に突入したプロ野球。セ・パ両リーグとも1位チームこそ抜け出しているが、大勢が決したというにはまだ早い。 連勝、連敗すれば順位がすぐにひっくり返る状況は、緊張感に満ちている。今回は後半戦…
カテゴリー:

復帰翌日に即抹消 中日・松坂大輔の今後はチームの“忖度”次第? - 07月21日(日)11:30 

“お騒がせ”の与田ドラゴンズが8連勝で2位タイに浮上した(7月18日)。ファンによる応援歌の「オマエ」を巡る騒動や、そのゴタゴタでチケットの売り上げも懸念されたが、上昇ムードが...
カテゴリー:

夏の甲子園沖縄大会決勝のみどころは? 注目の興南・宮城VS沖尚打線 - 07月21日(日)09:56 

 興南のエース宮城大弥と沖縄尚学打線の対決に注目だ。140キロ台中盤の直球と切れのあるスライダーを武器に33回46奪三振、自責点4、防御率1・09と安定感の宮城。沖尚のチーム打率は3割2分8厘で、中軸を中心に勝負強い打撃が魅力。四死球も5試合で36と見極めがうまい。  興南のチーム打率は3割3分8厘で沖尚とほぼ同じだ...
カテゴリー:

金崎同点弾生かせず - 07月21日(日)09:30 

クロスの質とゴール前の迫力の差が勝敗を分けた。鳥栖はFW金崎の得点で一時同点としたものの、鹿島にサイド攻撃から勝ち越された。金明輝(キン・ミョンヒ)監督は「鹿島のクロスの質、中への入り方、とらえ方は脅威だった。そこに差を感じた」と認めざるを得なかった。 ここ2試合無得点に終わったチームは、クロスの質と攻撃にかける人数を意識して練習を重ねてきた。後半5分にMF福田のクロスをFW豊田が頭で合わせたが、相手GKの好セーブに阻まれた。クロスから演出した明らかな決定機はこの一本だけだった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「チーム」の画像

もっと見る

「チーム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる