「プロダクト」とは?

関連ニュース

すべての人が「自分のプロダクト」を持てるようになる時代が幕を開ける|しーたけ takeaship|note - 01月27日(月)23:32 

すべての人が「自分のプロダクト」を持てるようになる時代が幕を開ける|しーたけ takeaship|noteあらゆるものが「民主化」する時代「民主化」という言葉を聞いたことがありますか? もともとは政治体制として民主主義が拡大することを指す言葉です。 しかし近年では、転じて「それまで特定の技術を持つ組織が中央集権的に行ってきたことが、技術の進歩によって個人にも可能になる」という意味で使われることがありま...
カテゴリー:

わずか15分で目標達成!「Makuake」で大人気の「切子グラス」 - 01月27日(月)17:00 

プロダクトデザインユニット「goyemon」が手掛ける「Fuwan-浮碗」が、クラウドファンディングサイト「Makuake」でプロジェクトを公開後、わずか15分で目標を達成した。日本の伝統技術と最新の技術を融合させたプロダクトを得意とするgoyemonが、今回手掛けたのは“切子 × ダブルウォールグラス”だ。美しい切子の文様を活かしつつ、ダブルウォールグラスの機能をプラス。完成したグラス「Fuwan-浮碗」は、電子レンジに対応し、素手で持っても熱くならない、結露もしにくく、一般的なグラスよりも保温・保冷機能が高い……と使いやすさも抜群となっている。コーヒーからビール、熱燗、ホットミルクにスープまで。器としての用途の幅広さも魅力のひとつ。気になる人は、Makuakeのプロジェクトページをチェック!
カテゴリー:

カウリスがSalesforce Ventures、関西電力、三菱UFJキャピタルを引受先とした第三者割当増資により、総額3億円の資金調達を実施 - 01月27日(月)15:00 

不正ログイン検知サービスを提供する株式会社カウリス(東京都千代田区代表取締役 島津敦好 以下、「当社」)は、セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一)の投資部門であるSalesforce Ventures、関西電力株式会社(本社:大阪府大阪市、取締役社長:岩根茂樹)、三菱UFJキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:坂本信介)を新規引受先とした第三者割当増資により、総額約3億円の資金調達を実施することを本日発表いたします。「FraudAlert」は、現在までに10行以上の金融機関をはじめ、証券会社・仮想通貨取引所、通信キャリアなど様々な業界に導入いただいている不正アクセス検知サービスです。個人情報を用いず、端末から取得する200以上のパラメータを基に、不正なログイン・アクセスを検知します。月間数千万件のログイン・口座開設のモニタリングを通じ、国内で不正利用に用いられたデバイス情報のデータベースを有しています。また、なりすましによる被害に加え、昨今急増している架空名義の口座開設、口座の転売、マネーロンダリングのトンネル口座を検知している実績もあります。当社は今後も顧客企業と共に、様々な業界を横断したデータベースを共創してまいります。今回の資金調達、体制のアップデートにより、急成長...more
カテゴリー:

顔のボトムアップに即効果ありの、マッサージ&メイク術。 - 01月27日(月)08:00 

今すぐフェイスラインをすっきりさせたい! そんな誰しもが抱える悩みを即解決してくれる、クイックマッサージとトリックメイクのコツを最新プロダクトとともにご紹介。毎日のルーティンに今すぐ取り入れられる仕込みワザを、歯科医師の石井さとこ先生とメイクアップ・アーティストの佐伯裕介さんに伺った。
カテゴリー:

あなたは誰が好き?…妄想が止まらない!「世界の男前」厳選7人 - 写真・文 松永学  | ananweb - マガジンハウス - 01月25日(土)19:40 

パリ在住のカメラマン、松永学さんによるパリのイケメンスナップ。今回は年に2回行われるパリ最大の見本市メゾンエオブジェで見つけたナイスガイ達。みんな真剣な表現者たちでした。写真・文 松永学 ティモテ 25 歳 ショップ経営後継ぎ–お母さんが経営する事業を手伝うティモテは、とても母親思いです。母が始めたお店は評判で、パリとブラッセルに店舗があります。映画や写真、イベントなどへの貸し出しもしています。最近はネットで購入する方も増えてきました。日本には2年のうちに行こうか計画中です。日本の漫画で育ったので楽しみにしてるんですよ。一番好きな漫画は『デス・ノート』です! サッカーをやっていて、今ではアーバンフットボールに夢中です。女性は笑いが絶えない人がいいですね。エミリー・ラタコウスキーが大好きです。彼女、ポーランドの血も入っていますよね。僕のおじいちゃんはポーランドからパリにやってきたんですよ。ジュリアン 31歳 家具デザイナー–メゾンエオブジェ参加4回目のジュリアンはちょっとナイーブなイケメンでした。僕はおもにテーブルを作っています。限定品の手作りなので制作年月日とサインも入れています。リヨンの学校で学んで、今はナントという街をベースに制作しています。ここ大西洋の海岸が僕のインスピレーションに影響しています。環境にも気をつけていて、木材を無駄なく使用できるよう、時...more
カテゴリー:

日本発の「お茶を吸うシーシャ」開発の支援募集中! - 01月27日(月)19:00 

100年前から人々に愛され、近年はミレニアルズを中心にブームとなっているシーシャ。そのフレーバーに”タバコではなく”、茶葉を使用した“お茶を吸う”プロダクトを作ろうと、日本発のシーシャブランド「OCHILL(オチル)」が支援募集のプロジェクトを立ち上げた。クラウドファンディングサイト「READYFOR」にて2月19日(水)まで実施中。「OCHILL」提案するのは、海外から浸透した“Chillout”の感覚をより丁寧に、日本的に変換し、空間も時間も自分自身もすべてが自然体であることに価値を見出す「Japanese Chill」という新しいカタチ。そんな感覚に無意識的に“落ちる”ような体験を「日本の若者に広がるシーシャ文化」と「日本古来のお茶文化」を融合させたプロダクトによって、日本全国に広めようというのだ。シーシャ自体はノンニコチン・ノンタールのものや、茶葉のみからフレーバーを開発することで、もはやシーシャでもない「吸うお茶」など、現在、さまざまな材質や形状などを検証しプロトタイプを開発中。また、このプロジェクト支援には、開発費やプロモーションをサポートするだけでなく、ブランドのラボグループにも参加してもらい、日本ならではのチル文化「Japanese Chill」の解釈を一緒になって考える...more
カテゴリー:

「東京インターナショナル・ギフト・ショー」に出展 「リテールテクノロジーソリューション」などを紹介 - 01月27日(月)15:00 

2020年1月27日 株式会社 電通テック 電通テック、「第89回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020」に出展 ―次世代店舗化を支援する「リテールテクノロジーソリューション」や当社開発のIoTプロダクトを紹介― 株式会社電通テックは、「第89回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020」に出展し、次世代店舗化を支援する「リテールテクノロジーソリューション*」のデモ展示や、当社開発のIoTプロダクトのご紹介を行います。 今回出展する「リテールテクノロジーソリューション」は、店頭マーケティング領域におけるリアル店舗での新たな顧客体験の創造と人的な業務負荷軽減、効率化といった課題を解決し、流通・小売業の次世代店舗化を支援するもので、当社ブースではリテールロボット「Cruzr(クルーザー)」やインタラクティブサイネージ、ダイナミックプライシングを実現する電子棚札といった、データでつながるデバイスやプロダクトのソリューションの概要を紹介いたします。また、テクノロジーを活用したOMO時代の新しいプロモーションやサービスモデルの構築を推進する「+tech labo(プラステックラボ)」による、IoTプロダクトも展示いたします。皆様のご来場を心よりお待ちしております。 「第89回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2020」 主催:株式会社ビジネスガイド社...more
カテゴリー:

ドイツ生まれのロルフベンツ、世界初のフラグシップストアを青山にオープン - 01月27日(月)08:00 

1964年に南ドイツのナ-ゴルド氏でブランド名でもあるロルフ・ベンツ氏によって設立されたラグジュアリー家具ブランド、ロルフベンツ。世界でコーナーソファーを発表し、その名が広まった。ドイツの高い技術を集結して生み出されるプロダクトの数々。デザ・・・
カテゴリー:

「イノベーションのジレンマ」の著者、クレイトン・クリステンセン氏が逝去 - 01月26日(日)13:00 

世界的ベストセラーとなったビジネス書、「イノベーションのジレンマ-―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき」の著者でハーバード・ビジネス・スクールの教授を長く務めてきたクレイトン・クリステンセン氏が昨夜ボストンの病院で亡くなった。67歳だった。 Deseret Newsが今朝報じたところによると、死因は白血病に起因する複合的症状だったという。クリステンセン氏は以前から健康上の問題を抱えていた。30歳で1型糖尿病と診断され、58歳で心臓発作を起こし、ガンも発見されていた。2011年のフォーブスのインタビューでクリステンセン氏は「病気は一時的な障害ではあるが、(リハビりの一環として)現在受けている言語療法は新しいチャンスでもある」とオプティミズムを強調していた。 実際、クリステンセン氏は生涯にわたって自他のために新しい可能性を切り開いてきた。ビジネスの世界でクリステンセン氏が注目されたきっかけはインテル中興の祖とも言われる伝説的経営者、アンディー・グローブ氏が同社にアドバイザーとして招いたことだった。このときグローブ氏は「『イノベーションのジレンマ』は自分がこの10年で読んだベストのビジネス書だった」と語った。グローブ氏自身が「ハイアウトプット マネジメント」を始め優れたビジネス書を多数書いていることを考えるとこれはたいへんな評価だ。 2012年にNew Yorkerに発表された紹介によれば、...more
カテゴリー:

カタール航空、新たに8都市に就航 ヌルスルタンやリヨンなど - 01月25日(土)15:32 

カタール航空は、2020年に8都市に新たに就航することを、クウェートエアショーで発表した。 カザフスタンのヌルスルタン(旧アスタナ)に3月30日から週2便、カザフスタンのアルマトイに4月1日から週2便、フィリピンのセブに4月8日から週3便、ガーナのアクラに4月15日から1日1便、トルコのトラブゾンに5月20日から週3便、フランスのリヨンに6月23日から週5便、アンゴラのルアンダに10月14日から週4便、カンボジアのシェムリアップに11月16日から週5便、それぞれ開設する。アルマトイへは、5月25日から週4便に増便する。 この他にも、サントリーニ島、ドブロブニク、大阪/関西への就航をすでに発表しており、これらを合わせたカタール航空の乗り入れ都市は177都市に拡大する。 カタール航空は、スカイトラックスのワールド・エアライン・アワードで、2019年に世界一に選ばれた。個室タイプのビジネスクラス「Qsuite」などの革新的なプロダクトの人気が高い。エンターテインメントシステム「Oryx One」は4,000以上のコンテンツを搭載しており、多くの機材で機内Wi-Fiも提供している。 ⇒詳細はこちら 投稿 カタール航空、新たに8都市に就航 ヌルスルタンやリヨンなど は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「プロダクト」の画像

もっと見る

「プロダクト」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる