「研究内容」とは?

関連ニュース

RNAを水から検出することに成功 - 12月03日(木)10:00 

2020年12月3日 龍谷大学 龍谷大学理工学研究科大学院生 釣健司さんらが 魚類に由来するメッセンジャーRNAを水から検出することに成功 脊椎動物由来の環境RNAを対象としてmRNAの検出が可能であることを実証した初の報告例 龍谷大学先端理工学部の山中准教授らの研究グループは、神戸大学大学院人間発達環境学研究科の源利文准教授、三重大学大学院医学系研究科の島田康人講師らとの共同研究で、環境水中に浮遊している魚類由来のRNA(環境RNA)試料から、メッセンジャーRNA(mRNA)の検出(タイピング)が可能であることを世界で初めて実証しました。同じく環境中に含まれるDNAを分析対象とした環境DNA分析(※1)では「どのような生物が生息しているのか」を検出することができ、近年環境調査で利用されるようになってきました。mRNAは生物の生理状態や成長段階に応じて発現パターンが変化するため、mRNAを環境水中から検出できれば、将来、野生生物の健康状態や水産重要種の成長の状況などDNAからでは読み取れなかったより詳細な生物情報を「水から」取り出せるようになるかもしれません。本研究は脊椎動物由来の環境RNAを対象としてmRNAの検出が可能であることを実証した初の報告例となります。本研究の成果は、研究を主動した大学院生である釣健司さん(龍谷大学理工学研究科修士課程2年)を筆頭著者として...more
カテゴリー:

【日本ペイント】国内初!塗料の講座開設 東京大学と日本ペイントホールディングスによる社会連携講座の開設 - 11月24日(火)13:03  bizplus

国立大学法人東京大学(総長:五神真、以下「東京大学」)と日本ペイントホールディングス株式会社(取締役会長 代表執行役社長 兼 CEO:田中正明、以下「日本ペイント」)は、2020年5月18日に締結した産学協創協定に基づき、10月1日から社会連携講座(以下、本講座)「革新的コーティング技術の創生」を開設しています。 本講座は、東京大学大学院工学系研究科に開設され、「ポストコロナ社会」を見据えた共同研究を、以下の3つの方向性で進めています。 ●抗ウイルス・抗菌機能を有し、感染拡大防止を実現するコーティング技術の研究...
»続きを読む
カテゴリー:

1枚の画像をきっかけに、研究内容やこれまでの研.. - 11月22日(日)13:25 

1枚の画像をきっかけに、研究内容やこれまでの研究者人生について語ってもらう慶応大医学部との共同企画。今回は、生理学の柚﨑通介教授です。小脳の研究を志した最初のきっかけは、高校時代のある経験だったそうです。
カテゴリー:

1枚の画像をきっかけに、研究内容やこれまでの研.. - 11月20日(金)10:20 

1枚の画像をきっかけに、研究内容やこれまでの研究者人生について語ってもらう慶応大医学部との共同企画。今回は、生理学の柚﨑通介教授です。小脳の研究を志した最初のきっかけは、高校時代のある経験だったそうです。
カテゴリー:

全国体育研究優良校、青森県から3校 - 11月14日(土)08:30 

学校体育の発展に顕著な業績を上げた学校と体育指導者に対する日本学校体育研究連合会の本年度表彰で、青森県から八戸市西白山台小学校、青森西中学校、五所川原農林高校が優良校に、小中高校の校長3人が功労者に選ばれた。県教育委員会が13日、発表した。表彰された学校・校長の主な研究内容は次の通り。【優良校】▽西白山台小学校(原寿校長) 「運動の楽しさや喜びを味わい、進んで体をきたえる子どもの育成」を掲げ、週3回の朝運動などを実施。主体的に運動する児童が増えた▽青森西中学校(今別幸司校長) 自分への挑戦とし…
カテゴリー:

【天然素材】 養命酒や龍角散、天然素材で抗ウイルス作用研究 - 11月25日(水)18:00  newsplus

2020/11/25 2:00 NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞 養命酒製造や龍角散(東京・千代田)がクロモジや茶といった天然素材の成分に着目し、大学と連携して研究を進めている。一定の条件下で抗ウイルス作用を確認した。天然素材は自社の食品に配合し、効能はうたえないものの、研究結果を通じて天然素材に対する理解促進につなげる。 養命酒製造は信州大学農学部(長野県南箕輪村)との共同研究で、インフルエンザウイルスが培養細胞に吸着して侵入することをクロモジエキスが防ぐという研究成果を得た。クロモジは日本の山地に自...
»続きを読む
カテゴリー:

<中学生記者>卒業研究発表会から 社会問題の現実を知ろう - 11月23日(月)13:38 

先日、佐賀大附属中学校で卒業研究発表会が行われました。卒業研究とは、毎年3年生が自ら決めたテーマに基づき資料を集め、専門家への取材などを通して自分なりの解決策を模索し、研究内容を全校に発表する取り組みです。近年は「SDGs」と関連付け、テーマを立てています。  私は医療分野に興味があるため、「すべての人に健康と福祉を」という「SDGs」目標に対し、研究テーマを「医療貧困国も平等に高度な措置を受けられる医療を築くためには」と設定しました。
カテゴリー:

【無料相談受付中】マルウェア緊急相談窓口の期間を延長 - 11月20日(金)17:00 

サイバーセキュリティ領域において国内で独自の研究開発活動を展開している株式会社FFRIセキュリティ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜飼裕司、以下FFRIセキュリティ)は、Emotetの感染拡大などマルウェアを用いたサイバー攻撃による被害が多発する中、2020年11月5日に開設しました「マルウェア緊急相談窓口」の開設期間を11月末日から2020年12月21日まで延長させていただきます。ご好評につき期間を延長してご対応いたします 2020年はEmotetを始め、IcedIDやランサムウェアRagnar Lockerを使用した標的型攻撃など、サイバー攻撃による被害が国内で多数報告されています。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴うテレワークの増加などもあり、サイバーセキュリティをとりまく外部環境が急速に変化するなど、環境の変化に合わせたセキュリティ対策の再構築が必要です。FFRIセキュリティではマルウェア緊急相談窓口を通じてセキュリティ担当者の悩みを解決し、新たなセキュリティ対策構築を支援します。●こんなお悩み・ご相談にサイバーセキュリティのプロが対応いたします ・Emotetなどマルウェアに感染していないか、社内環境をスキャンしたい ・最新のマルウェアやサイバー攻撃についての情報が欲しい ・最新の脅威に対してどのような対策を取れば良いか分からない ・インシデントに関する...more
カテゴリー:

青森南高生が太宰テーマに研究結果を展示 - 11月17日(火)11:00 

青森南高校の2年生4人による学生団体「文学研究THINK WITH US」(TWU)は、7日から青森市の県近代文学館で、太宰治をテーマにした研究成果発表の展示を始めた。1年生のころから学生団体として活動し、展示の交渉などを主体的に行った4人。1年越しで実現した展示を通して「太宰についてより深く考え、新たな発見を得られる機会にしてほしい」と願いを込めた。7日午前9時前、4人は同館の入り口前で、研究内容などを記した模造紙3枚をボードに張り付けた。模造紙には太宰の生い立ちや、作家の坂口安吾が考えた太…
カテゴリー:

「研究内容」の画像

もっと見る

「研究内容」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる