「一般提供」とは?

関連ニュース

Windows 10 2022 Update(バージョン22H2)の「限られた範囲の新機能」って何? - 11月30日(水)05:00 

Microsoftは、2022年10月に一般提供を開始した、Windows 10の最新バージョン「Windows 10 2022 Update(バージョン22H2、OSビルド19045)」の新機能について何も言及していません。もしかすると、取り立てて取り上げるほどの新機能は本当にないのかもしれません。2025年10月にはサポートが終了する、終わりの見えたOSに、新しい機能更新プログラムをリリースする本当の意味とは?
カテゴリー:

新しいSQL Serverはクラウドとより密接に――Azure対応新機能を満載した「SQL Server 2022」リリース - 11月25日(金)05:00 

Microsoftは、SQL Serverの最新バージョン「SQL Server 2022」をリリースしました。SQL Server 2022の新機能「Azure SQL Managed Instance」と統合された新しいクラウドサービスも一般提供が開始されています。
カテゴリー:

Microsoft Store版WSLがGAに到達 - 11月24日(木)10:22 

Microsoftは現地時間2022年11月22日、Microsoft Storeで提供中のWSL(Windows Subsystem for Linux)がGA(一般提供)を迎えたと公式ブログで発表した。
カテゴリー:

「SQL Server 2022」が正式リリース Azureとの連携を一段と強化し、無料版も用意 - 11月21日(月)13:15 

Microsoftは、リレーショナルデータベース管理システムの最新版「SQL Server 2022」の一般提供を開始した。「パフォーマンス、セキュリティ、可用性の革新を継続し、これまでで最もAzureに対応したSQL Server」とうたっている。
カテゴリー:

iFixitがSurface Pro 9の修理しやすさを賞賛。MSも修理パーツを一般提供予定 | テクノエッジ TechnoEdge - 11月17日(木)01:33 

iFixitがSurface Pro 9の修理しやすさを賞賛。MSも修理パーツを一般提供予定 | テクノエッジ TechnoEdge著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN...
カテゴリー:

Windows 11、どこが嫌い?22H2 - 11月27日(日)19:30 

Windows Central が Windows 11 の嫌いなところを Twitter で質問し、結果を記事にまとめている (Windows Central の記事、 Windows Central のツイート)。 Twitter で挙げられた Windows 11 に対する主な不満点は タスクバーとスタートメニューの機能低下 ハードウェア互換性とパフォーマンス低下 さまざまな場面で Microsoft アカウントが必要 広告が表示される といったものだ。 タスクバーとスタートメニューに関しては、タスクボタンにラベルを表示したり、グループ化せずに表示したりできないことや、タスクバーが移動できないこと、スタートメニューのおすすめ表示が無駄に場所をとることなどが挙げられている。 スラドでは 1 年前の Windows 11 リリース後にも同じ話題を取り上げている。当時もタスクバーとスタートメニューへの不満は多く見られたが、その後のアップデートでいくらかの改善もみられる。スラドの皆さんの Windows 11 に対する見方は 1 年前と変わっただろうか。 すべて読む | Slashdotに聞けセクション | Windows | スラドに聞け! | 関連ストーリー: Windows 11 Insider ...more
カテゴリー:

「Windows Subsystem for Linux(WSL)」が一般提供に - 11月24日(木)13:12 

GNU/Linux環境を「Windows 10」や「Windows 11」上で実現する「Windows Subsystem for Linux(WSL)」がバージョン1.0.0となり、一般提供が開始された。マイクロソフトが米国時間11月22日に発表した。
カテゴリー:

うるう秒廃止へ - 11月22日(火)12:00 

「うるう秒」が2035年までに廃止されることが決定した。11月18日にパリ郊外で開催された度量衡総会 (CGPM) で投票により決定されたという。CNETの記事によると、地球の時間が協定世界時(UTC)と一致しない場合も、うるう秒が適宜追加されることはなくなるが、BIPMの投票では調整の可能性が残されているとしている(CGPM資料[PDF]、nature、CNET)。 うるう秒は1972年以来、地球の自転の遅れを埋め合わせるために挿入されてきたが、地球の自転次第のため予測できない部分が多い。結果としてうるう秒の採用によってGPSや通信、エネルギー伝送など重要なデジタルインフラに深刻な誤動作をもたらすリスクがあるとして、MetaとGoogleといった大手IT企業など廃止を求めていた。過去にはうるう秒の調整をきっかけとしてRedditの大規模障害が発生したり、航空予約サービスに影響が出たこともある。 すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 地球 | 関連ストーリー: 2022年6月29日は1日が観測史上最も短かった 2022年08月12日 Meta、うるう秒廃止を呼びかけ 2022年07月28日 地球の自転が加速。史上初の1秒引く「負のうるう秒」検討中 ...more
カテゴリー:

培養肉の販売が米国で初めて承認、ついに一般提供される日がやってくる - 11月18日(金)08:00 

本物の動物細胞からつくられた培養肉の販売が、米食品医薬品局(FDA)に初めて承認された。ついに米国で一般提供されることになるが、まだ量産に向けた課題は山積している。
カテゴリー:

GitHubがクラウドホスト型開発環境「Codespaces」を月60時間まで無料提供、できることは? - 11月15日(火)10:30 

GitHubは、「GitHub Free」および「GitHub Pro」プランの全ユーザー向けにクラウドホスト型開発環境「GitHub Codespaces」の一般提供を開始すると発表した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる