「治療薬」とは?

関連ニュース

ステムライン社のORSERDUTM(エラセストラント)が米国FDA承認を取得-ESR1遺伝子変異を有するER陽性、HER2陰性進行性、転移性乳がん患者への適応を示した初にして唯一の治療薬 - 02月02日(木)10:00 

* ESR1遺伝子変異は、ER陽性、HER2陰性進行性または転移性乳がん患者のうち、最大で40%に認められる。 * 標準的な内分泌療法に対する抵抗性の原因となることで、ESR1遺伝子変異の治療は、これまで困難とされていた。 * ORSERDUは、アンメットニーズの高いESR1遺伝子変異に特化した、20年以上ぶりとなる内分泌療法の画期的な治療薬である。 フィレンツェ(イタリア)およびニューヨーク, 2023年2月1日 -- イタリアの大手製薬・診断薬企業であるMenarini Group(メナリーニ・グループ;以下、「Menarini」)は、本日、米国食品医薬品局(FDA)が、ER陽性、HER2陰性、ESR1 変異の進行・転移性乳がんで、少なくとも1種類の内分泌療法後に疾患が進行した閉経後女性または成人男性の治療としてORSERDUを承認したことを発表しました。 ORSERDUは、Menarini Groupの100%子会社であるStemline Therapeutics(ステムライン・セラピューティクス、本社:ニューヨーク、以下「Stemline」)より、米国内で販売される予定です。Menarini GroupのCEOであるElcin Barker Ergun氏は、次のように語りました。「ORSERDUのFDA承認は、ESR1 遺伝子変異を有するER陽性、HER2陰性進行性または転...more
カテゴリー:

アルツハイマー病治療薬lecanemab、厚労省の優先審査品目に指定/エーザイ・バイオジェン - 02月02日(木)04:00 

 エーザイとバイオジェン・インクは1月30日、アルツハイマー病(AD)治療薬の抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体lecanemabの日本における製造販売承認申請について、厚生労働省より優先審査品目に指定された…
カテゴリー:

【アメリカ】5月からコロナワクチン有料に・・・医療保険に加入していない3,000万人は1回当たり130ドル(1万7千円) - 02月01日(水)09:31  newsplus

アメリカのバイデン政権は30日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う国家非常事態宣言を5月11日に解除する方針を表明しました。 2020年3月の発令から3年2ヵ月で終了となります。 多くの人がワクチンの接種や、感染によって一定の免疫を獲得したことに加え、治療薬も普及していることから平時の対策に移行するタイミングだと判断したとみられます。 国家非常事態宣言の終了に合わせて、公衆衛生上の緊急事態も終了するためワクチン接種や検査が有料となり、 医療保険を使うことになります。終了後は、3,000万人に上る医療保険...
»続きを読む
カテゴリー:

長尾和宏医師が本音で解説。「ワクチンによる免疫力低下」と「ターボ癌」について言えること、町医者として今考えていること - 01月31日(火)16:18 

昨年より医学会で、コロナワクチン接種後の免疫機能低下による「ワクチン後症候群」が疑われる結核や帯状疱疹などの報告が増えているようです。また、ワクチン接種後に急激に症状が進行するという「ターボ癌」の概念も一部で関心を集めています。これらを臨床の現場に立つ専門家はどう見ているのでしょうか。メルマガ『長尾和宏の「痛くない死に方」』より、現役医師である長尾先生の見解をご紹介します。 長尾和宏(ながお・かずひろ)プロフィール:町医者、「長尾クリニック」名誉院長。1958年香川県生まれ。高校時代に実の父親が自死をしたことをきっかけに医者を目指すことを決意し、苦学して東京医科大学に入学。学生時代に無医地区活動に邁進したことから、地域医療に目覚める。1984年、大阪大学第二内科入局。1995年、尼崎に「長尾クリニック」を開業。町医者という名前に誇りを持ち、外来と在宅医療に邁進。『平穏死10の条件』『痛くない死に方』等ベストセラー多数。 この記事の著者・長尾和宏さんのメルマガ初月無料で読む 昨年から増え始めている「ワクチン後症候群」の報告例 現時点(2022年秋)でいろんな医学会でワクチン後症候群的な臨床報告例が約200題あまり集積されています。 その大半が神経内科学的な異常。あるいは免疫的な異常。あるいは内分泌学的な異常、が指摘されています。大きくいうなら、自己免疫疾患増加、免疫機能低下による感染...more
カテゴリー:

米 5月にコロナ非常事態解除へ - 01月31日(火)10:49 

バイデン米政権は30日、新型コロナウイルスの感染拡大に対処するために出している非常事態宣言を5月11日で解除する予定だと発表した。ワクチンや治療薬の購入に大規模な連...
カテゴリー:

新型コロナウイルス感染症に対する経口治療薬の比較試験(ニルマトレルビル/リトナビルとVV116)(解説:寺田教彦氏) - 02月02日(木)10:00 

本研究は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)重症化リスクの高い軽症~中等症患者を対象とした、標準治療薬ニルマトレルビル/リトナビルと新規薬剤VV116との比較試験である。ニルマトレルビル/リトナビルは、オ…
カテゴリー:

心不全の標準的治療後、効果的に使いたい2つの薬剤 - 02月01日(水)10:00 

2019年と2021年、それぞれ心不全治療薬として新たに承認されたイバブラジンとベルイシグアドについて、かかりつけ医の先生方にもぜひ押さえておいていただきたい使い方・考え方を解説します。
カテゴリー:

米、コロナ非常事態を解除へ 無料のワクチン接種が130ドルに? - 02月01日(水)08:34  newsplus

 バイデン米政権は1月30日、新型コロナウイルスの感染拡大に対処するために出している公衆衛生上の緊急事態宣言と国家非常事態宣言を5月11日で解除する予定だと発表した。今は無料で受けられるワクチンや検査などに費用が発生するケースが増え、特に医療保険に入っていない人には大きな影響が出そうだ。  ホワイトハウスは1月30日の声明で、3~4月に二つの宣言の期間を延長するものの、いずれも5月11日までとし、それ以降は延長しない方針を示した。米国で感染者が確認されてから3年がたち、社会の正常化が進んでいると判断し...
»続きを読む
カテゴリー:

米、5月にコロナ非常事態宣言を解除へ 20年3月から継続 - 01月31日(火)13:15 

 バイデン米政権は30日、新型コロナウイルス感染拡大に対処するための国家非常事態宣言を5月11日に解除する方針を発表した。米国ではワクチンや治療薬の普及を受け、感染者と接触した人の隔離を不要とするなど対策が大幅に緩和されていた。
カテゴリー:

米国、コロナ非常事態宣言を5月に解除へ ワクチンの政府配布も終了 - 01月31日(火)10:06 

 バイデン米政権は30日、新型コロナウイルスの感染拡大に対処するために出している非常事態宣言を5月11日で解除する予定だと議会に通達した。ワクチンや治療薬の購入に大規模な連邦政府の予算を充ててきたが、…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる