「治療薬」とは?

関連ニュース

【CEOインタビュー】NASAの研究から着想、振動で骨密度を改善するウェアラブルデバイス「Osteoboost」 - 02月23日(金)18:00 

骨密度が低下して骨がもろくなる病気、骨粗しょう症。高齢化の進む日本はいわば骨粗しょう症大国で、2022年発表の論文では患者数は約1600万人と報告されている。特に閉経後の女性で有病率が高く、患者数は男性の 2倍以上、60歳代女性では約5人に1人、70歳代では約3人に1人が骨粗しょう症といわれるほど。 女性に多い病気ということで、骨密度改善デバイス「Osteoboost」が2024年2月開催のFemtech Fes! 2024に出展された。開発企業はサンフランシスコに拠点を置くスタートアップ「Bone Health Technologies」(BHT)社。イベントのために来日した同社CEOのLaura Yecies氏に話を聞いた。 骨密度を改善させるウェアラブルデバイス「Osteoboost」。BHT公式サイトより引用 ベルトの振動で骨密度を改善、初のFDA認証デバイスに ――Osteoboostがどんな製品なのか聞かせていただけますか。 Yecies:日本は骨粗しょう症の有病率が各国平均の2倍以上と、世界で最も高い国ということをご存じでしょうか※1。ここ日本では、骨粗しょう症は非常に重要な問題です。アメリカでも大きな課題ですが、じつは治療法が現実にはほとんど存在しません。治療薬はありますが、副作用があるため服用する患者はわずか10%にとどまります。 また「骨減少症」に対する治療薬は...more
カテゴリー:

肥満症の新治療薬 患者への処方始まる 美容目的使用など懸念も - 02月22日(木)19:41 

デンマークの製薬会社が開発した、肥満症の新たな治療薬「GLP-1受容体作動薬」が、22日から国内でも販売され、医療機関で患者への処方が始まりました。この薬をめぐっては、美容目的での使用などが懸念されていて、処方した医師は「副作用のリスクなどもあるため、慎重な投与が必要だ」としています。
カテゴリー:

少量でも強い口臭、阪大などが仕組み解明 予防や治療薬の開発に期待 - 02月21日(水)17:32  newsplus

 口臭の中でも特に強い臭気の原因として知られるメチルメルカプタンという物質が増えて口臭が悪化する仕組みを、大阪大と化粧品大手のマンダムなどの研究チームが解き明かした。  歯周病の原因としても知られるFn菌と呼ばれる口腔(こうくう)細菌がこの物質を最も多くつくり出していて、Sg菌と呼ばれる別の細菌と共生するとその作用が強まることを突き止めた。  チームの久保庭雅恵・阪大准教授(予防歯科学)は「Fn菌を選択的に抑制する物質をさがすなど研究を発展させ、口臭や歯周病の効果的な予防法や治療薬の開発を進めたい...
»続きを読む
カテゴリー:

指やつま先の切断を引き起こす重度の凍傷の治療薬を初めてアメリカ食品医薬品局が承認 - 02月21日(水)13:00 

凍傷は皮膚が強く冷やされて組織が凍ることで発生する傷害で、最悪の場合は患部の切断が必要となります。そんな重度の凍傷を治療する薬としてアメリカ食品医薬品局(FDA)が初めて、「Aurlumyn(アウルミン)」のブランド名で販売されるイロプロストという血管拡張薬を承認しました。
カテゴリー:

【絶望】岸田「新型コロナの公費負担、3月末で全面的に打ち切るわ。4月からはコロナに罹ったらがっつり診療費取るんでヨロシク」 - 02月20日(火)22:01  poverty

新型コロナの公費負担、4月から全面撤廃へ…治療薬に自己負担・入院支援も打ち切り 2024/02/20 15:00 https://www.yomiuri.co.jp/politics/20240220-OYT1T50078/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【超画像】ジャンプ4連続新連載、打ち切られるwwwwwwwwwwwwwwwwww - 02月22日(木)21:33  poverty

新型コロナの公費負担、4月から全面撤廃へ…治療薬に自己負担・入院支援も打ち切り https://news.yahoo.co.jp/articles/653bb2470c3ca1e8c9248b8f0fb782c2523f2345 一ノ瀬家の大罪 暗号学園のいろは イチゴーキ!操縦中 人造人間100 ...
»続きを読む
カテゴリー:

肥満症治療薬「ウゴービ」2月22日発売 増えるオンライン診療、適正使用は守られるか - 02月21日(水)18:13 

国内では約30年ぶりとなる医療用肥満症治療薬が2月22日、発売される。デンマーク製薬大手ノボノルディスクファーマが開発した「ウゴービ」だ。一方、2023年から同様の成分を持つ糖尿病治療薬が美容目的で使われる例が増加。「必要な患者に届いていない」として日本医師会は警鐘を鳴らし、専門家はウゴービでも適切な利用を呼びかける。
カテゴリー:

花粉症にも効く「ゾレア(オマリズマブ)」が一度に複数の食物アレルギーのリスクを軽減する治療薬として当局から初承認される - 02月21日(水)15:00 

アメリカ食品医薬品局(FDA)が2024年2月16日に、食物アレルギー反応の軽減を目的としたゾレア(オマリズマブ)注射を承認したと発表しました。アナフィラキシーやアレルギー反応の緊急治療薬として承認されたわけではなく、また投与されたからといってアレルギーのある食べ物を好きなだけ食べられるようになるわけではありませんが、料理に入っているとは知らずに食べてしまった場合などのリスクを緩和させることが可能になります。
カテゴリー:

少量でも強い口臭、阪大などが仕組み解明 予防や治療薬の開発に期待 - 02月21日(水)12:15 

 口臭の中でも特に強い臭気の原因として知られるメチルメルカプタンという物質が増えて口臭が悪化する仕組みを、大阪大と化粧品大手のマンダムなどの研究チームが解き明かした。 歯周病の原因としても知られるFn…
カテゴリー:

新型コロナの公費支援、3月末で終了 通常の医療体制へ 政府方針 - 02月20日(火)19:00 

 政府は、新型コロナウイルスの治療や医療提供体制に関する公費支援を3月末で終了し、近く自治体に通知する方針を固めた。20日、政府関係者が明らかにした。高額な治療薬代は、医療費の窓口負担割合に応じて1~3割の自己負担を求め、最大1万円の入院費補助も終了。4月から通常の医療体制に移行する。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる