「研究チーム」とは?

関連ニュース

ケンモメンがさんざん馬鹿にした「重い毛布」、不眠症に良かった。土下座しろや。  - 09月25日(金)21:04  poverty

体にかける毛布を重くすると不眠症が改善するかもしれない スウェーデンの医師らによる研究チームが、寝る時に体にかける毛布の重さを増やすと 不眠症の傾向が軽減することを示す実験結果を発表しました。 発表された実験はスウェーデン・ストックホルム市にあるカロリンスカ医科大学付属病院の研究チームによるもの。 2カ月以上不眠症を経験し、うつ病や双極性障害、不安障害、ADHDのいずれかの 診断経験がある患者120名を被験者として行われました。 120名の被験者は60名ずつ2グループに無作為に分けられ、一方のグループは...
»続きを読む
カテゴリー:

スマホから給電できるスマートシャツが登場! アスリートを身軽にモニタリングできる - 09月25日(金)17:00 

姿勢やアクティビティなどをトラッキングするウェアラブルデバイスはたくさんあるが、アスリートのパフォーマンス改善に利用するには単体のデバイスでは不十分だという。 そこでシンガポール国立大学(NUS)の研究チームは、シャツに複数のセンサーが搭載できる技術を開発した。このスマートシャツには、さまざまな身体の位置にセンサー配置ポイントがあり、スマホとの通信や給電が可能だ。 最大6個のセンサーを配置できる スマートシャツには蜘蛛の巣のようなデザインがほどこされ、ハブをつなぐ回路となっている(動画で確認可能)。各ハブには姿勢や体温などを測るセンサーが、最大6個まで配置できるとのこと。 モニタやバッテリーが搭載されておらず、手持ちのスマホがその役割を果たす。NFCチップを搭載しており、一般的なスマホから、全体のデータに接続および給電ができる。 姿勢やアクティビティ、生体データを同時に取得 ワイヤレスで軽量なので、アスリートのパフォーマンスへの影響は最小限だ。リアルタイムでデータにアクセスできて、特に背骨からのセンシングデータで姿勢を測定することに注力されている。 アスリートのパフォーマンス改善を目的として開発された同技術だが、健康モニタリングにも活用できるという。24時間のトラッキングができて、様態観察の必要な患者の異常をすぐに検知して手が打てる。 姿勢やアクティビティ、生体データを同時に取得で...more
カテゴリー:

海水からDNA、魚類291種を検出「捕獲調査より効率的」 美ら海財団など調査 - 09月25日(金)12:46 

 【本部】沖縄美ら島財団総合研究センター(本部町)、千葉県立中央博物館、兵庫県立大学の研究チームは23日、海水に含まれる魚類のDNAから魚種を検出する独自の新手法「メタバーコーディング法(環境DNA、多種同時検出法)」で、沖縄県本部町備瀬の礁池(イノー)を調査し、スズメダイなど計291種の魚類を検出したと発...
カテゴリー:

〈診察室から〉新型コロナウイルスから学んだこと(5) 感染者は腸内善玉菌が不足? - 09月25日(金)12:10 

香港中文大学の研究チームが、新型コロナウイルス感染者は腸内に必要な数種の善玉菌が不足していることを世界で初めて発見しました。 私たちの腸内には500種類以上、数にすると100~1000兆個に及ぶ細菌が常在しています。その細菌が種類ごとにまとまっている様子を「腸内フローラ」と呼んでいます。 私たちのからだには、外敵(ウイルスや細菌など)から身を守る仕組みがあります。これを免疫といいます。外敵を「侵入させない」仕組みと、「侵入してしまった外敵を排除する」仕組みがあります。
カテゴリー:

宇宙長期滞在で加齢が加速することが判明、食い止める遺伝子も - 東北大など - 09月25日(金)08:00 

東北大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究チームは、国際宇宙ステーション(ISS)でのマウス実験の結果、宇宙長期滞在によって加齢変化が加速すること、またヒトの加齢とも有意な関連を示すことが明らかとなったと発表した。
カテゴリー:

電子ではなく光子を使う「光コンピュータ」を実現可能にする技術が登場!”光子機器”の開発へ前進か - 09月25日(金)17:00 

回路の中で伝達されるのは電子じゃなくて光子でもいい/Credit:Nature 未来のコンピューター回路は電子ではなく光子が走っている可能性が濃厚になってきました。 9月23日に『Nature』に掲載された論文によれば、電子の代わりに光子を使う光コンピュータ実現にとって最も困難だった過程が突破され、開発が一気に現実味のあるものになったようです。 回路のなかを光子が走るとは一体どういうことなのでしょうか? 目次 電子の代わりに光子を通すフォトニック結晶フォトニック結晶を結びつけるのは生物のDNA電子機器から光子機器への世代交代 電子の代わりに光子を通すフォトニック結晶 フォトニック結晶は内部に光を通す回路になりうる/Credit:筑波大学 電子の代わりに光子を回路に流す光コンピュータの概念は古くから存在しました。 光子は電気的に中性でありながら指向性を持つといった、電子よりも優れた特性を持っており、回路内を伝達する粒子(あるいは波)として適していました。 しかしながら、光子を微細な回路内で通過させるためには、回路の内部が鏡のように光を反射する性質がなければなりません。 光ファイバーがそのような性質を持ち合わせていますが、現在の市販コンピュータでも回路の精密度が数ナノメートルに達しており、光ファイバーそこまでの細かい加工をすることは困難です。 そこで光の伝わり方をナノ単位で制御で...more
カテゴリー:

耳から顔を深層学習で生成 生体認証にも有用? 独研究 - ITmedia NEWS - 09月25日(金)15:30 

耳から顔を深層学習で生成 生体認証にも有用? 独研究 - ITmedia NEWSInnovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 独カールスルーエ工科大学とトルコのイスタンブール工科大学による研究チームが開発した「Ear2Face」は、 耳の画像から正面の顔画...
カテゴリー:

昆虫の減少に「スマホの電波」が関与か、”5G”の導入で地球から昆虫がいなくなる可能性が示される - 09月25日(金)12:12 

Credit: soyacincau ドイツの自然・生態系保護団体(NABU)は、17日、近年の深刻化する昆虫の減少にスマホの電波が関与しているという調査結果を発表しました。 現在査読中の研究では、農薬の散布や土地開発による生息地の消失に加えて、昆虫たちが電磁放射線にさらされる機会の急増が一因になっていると指摘されています。 昆虫たちは今、人には見えない電磁放射の網の目に苦しんでいるようです。 目次 「ネットワークの網」が昆虫を狂わせている「5G」で地球から昆虫が消える?昆虫がいなくなると人類も滅びる 「ネットワークの網」が昆虫を狂わせている 研究チームは、ドイツおよびルクセンブルクのNGOと協力し、電磁放射が昆虫に与える影響を報告した科学的研究を約190件分析。 その内の72件で、電磁放射が主にハチ、スズメバチ、ハエの生態にダメージを与えていることが特定されました。 確認された悪影響は、磁場の乱れによる飛行能力の低下から、遺伝物質および幼虫へのダメージまで多岐にわたります。 特に、都市に張り巡らされたWi-Fiネットワークとスマートフォンの影響が著しく、昆虫の特定の細胞を変化させて、過度にカルシウムイオンを吸収させていました。 これが昆虫の生化学的な連鎖反応を引き起こすきっかけとなり、概日リズム(体内時計)と免疫システムを混乱させていたのです。 「5G」で地球から昆虫が消え...more
カテゴリー:

米大学、言語からアルツハイマーを識別するAIシステム開発 - 09月25日(金)12:00 

アメリカのスティーブンス工科大学の研究チームは、言語パターンからアルツハイマー病を識別するAIツールを開発した。 高精度で識別可能に 同研究チームは、アルツハイマー病の患者が言語を使用する方法の微妙な違いを検出することにより、アルツハイマー病を正確に診断するAIアルゴリズムを開発。このソフトウェアは、95%を超える精度を持ち、また、診断に至った結論も説明することが可能なため、医師は診断の精度をダブルチェックすることもできる点が大きな特徴。 アルツハイマー病が人の言語使用に影響を与える可能性があることは長い間知られてきた事実。例えば、アルツハイマー病の人は通常、名詞を代名詞に置き換える傾向があるという。今回の研究では、attention mechanismを導入した畳み込みニューラルネットワークによって同システムを構築。健康な被験者とアルツハイマー病の被験者の両方が作成したテキストを使用して、アルゴリズムを訓練し、長期にわたって学習するAIの形を実現したという。 メールから判断が可能に? 同システムは、理論的には個人のメールからソーシャルメディアの投稿などにも活用が可能。将来的には、メールや投稿からアルツハイマー病を診断することができるようになる可能性もあるという。 同研究チームは、英語以外の言語に関してもリサーチを開始。また、失語症、脳卒中、外傷性脳損傷、うつ病などの他の神経学的状...more
カテゴリー:

体にかける毛布を重くすると不眠症が改善するかもしれない - 09月24日(木)23:00 

どうしても寝られず、寝相を変えたり枕を違うものに変えたりとしながら、どうにかして寝付きを良くしようとさまざまな苦労を重ねてきた人もいるはず。スウェーデンの医師らによる研究チームが、寝る時に体にかける毛布の重さを増やすと不眠症の傾向が軽減することを示す実験結果を発表しました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「研究チーム」の画像

もっと見る

「研究チーム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる