「研究チーム」とは?

関連ニュース

日本の「鬼界カルデラ巨大噴火」完新世で世界最大の噴火だったと判明! - 02月26日(月)18:00 

昨今のニュースを見ていると、恐ろしい自然災害と言えば「地震」や「津波」が思い浮かびますが、「火山の噴火」も侮ることはできません。 特に大規模な火山噴火は地震などと異なり、長期間放出される火山灰やガスによって広範囲の地域に深刻な影響を与える可能性があります。 日本でも、7300年前に生じた「鬼界カルデラ」の巨大噴火(アカホヤ噴火)は、南九州の縄文文明に壊滅的な影響を与えており、その火山灰は東北地方まで至っていたことが示されています。 日本は国内にそんな危険な鬼界カルデラを含めた110以上の活火山を有しているため、過去の火山噴火の影響を正確に知っておくことは、私たちが将来に備えるために重要です。 そして最近、神戸大学海洋底探査センターに所属する清水 賢氏ら研究チームは、鬼界カルデラ周辺の海底探査と海底堆積物の分析から、アカホヤ噴火で発生した火砕流が海中に突入し、4500km2以上の海底に広がっていたことを発見しました。 この結果は、完新世(11700年前~現代)において、アカホヤ噴火が地球上で最大の火山噴火であったことを示しています。 研究の詳細は、2024年2月1日付の学術誌『Journal of Volcanology and Geothermal Research』に掲載されました。 目次 7300年前の鬼界カルデラの巨大噴火は、縄文人を壊滅させる海底を覆う噴出物の分析によ...more
カテゴリー:

中国で「スーパー光ディスク」が誕生。1枚当たり1ペタバイト級の記憶容量を実現 - 02月26日(月)15:18  poverty

中国科学院上海光学精密機械研究所はこのほど、上海理工大学などの研究機関と協力して、超大容量3次元超高密度光ストレージの研究で画期的な進展を遂げました。  研究チームは情報の書き込みと読み出しで回折限界のこれまでの制限を突破し、ドットピッチ54ナノメートル、トラックピッチ70ナノメートルの超高密度データの保存を実現したほか、100層の多層化記録を実現しました。ディスク1枚あたりの記憶容量は1PB(ペタバイト、1PBは100万ギガバイト)級とのことです。この研究成果は22日に、ネイチャー誌上で発表されました。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

【人類滅亡】まもなくAMOC停止で、世界各地で異常気象発生! - 02月25日(日)21:30  poverty

https://www.cnn.co.jp/fringe/35215117.html (CNN) 大西洋の海水が表層で北上し、深層で南下する大西洋子午面循環(AMOC)は既に崩壊に向かっている可能性がある――。そんな新たな報告が発表された。 AMOCの崩壊は海面上昇や世界の気象に深刻な影響を及ぼし、各地で気温の急激な低下や上昇をもたらす可能性があるという。 米科学誌サイエンス・アドバンシズに9日発表された研究結果によると、研究チームは極めて複雑で高価な計算システムを使用し、 AMOC崩壊の予兆を捉える指標(EWS)を検出する新たな方...
»続きを読む
カテゴリー:

中国で絶滅したとされる中国固有のオオサンショウウオがジャップ水族館で発見される… - 02月25日(日)13:14  poverty

見つかったのは、中国南部の限られた地域から記録されている固有種の「スライゴオオサンショウウオ」です。 京都大学の西川完途 教授などの研究チームが、日本在来のオオサンショウウオと中国から持ち込まれた近縁種の交雑について研究するため、中国がルーツとみられる国内各地の野外個体や飼育個体73匹の遺伝情報を調べたところ、4匹が「スライゴオオサンショウウオ」と判明しました。 このうち2匹のオスは、東京 池袋のサンシャイン水族館と、広島市の安佐動物公園のバックヤードで、それぞれ飼育されていました。 西川教...
»続きを読む
カテゴリー:

コロナ後遺症、原因は感染時に分泌のたんぱく質か 治療薬開発に期待(Forbes JAPAN) - 02月25日(日)12:00 

新型コロナウイルス感染症の後遺症(ロングコビッド)は、感染時に体内でつくり出される抗ウイルスたんぱく質と関連している可能性があることが、最新の研究で明らかになった。研究チームはコロナ後遺症の根本的な治
カテゴリー:

ヘビはトカゲの3倍のスピードで超速進化を続けていた! - 02月26日(月)17:05 

ヘビとトカゲはあらゆる脊椎動物の中で最も多様性に富むグループのひとつです。 生息域は温帯から熱帯、砂漠、地中、川、海と、地球上のほぼ全域に広がっており、爬虫類の種数は全体で現在1万種近くが確認されていますが、そのほとんどをヘビとトカゲが占めています。 なぜヘビとトカゲはこれほどまで多様化しているのでしょうか? 米ミシガン大学(University of Michigan)とストーニーブルック大学(SBU)はその秘密の一端を紐解くため、世界中の博物館にある6万点以上のヘビとトカゲの標本から形態・食事・遺伝子などの変遷を調査。 その結果、ヘビは進化の速度が異常に速く、トカゲに比べて3倍のスピードで進化していることがわかったのです。 研究の詳細は2024年2月22日付で科学雑誌『Science』に掲載されています。 目次 多様なヘビの世界:ミミズサイズから竜のようなクールな種までトカゲの3倍のスピードで超速進化していた! 多様なヘビの世界:ミミズサイズから竜のようなクールな種まで 現存する爬虫類は大きく、カメ、ワニ、ムカシトカゲ、そしてヘビとトカゲを代表とする「有鱗目(ゆうりんもく)」というグループに分かれています。 この中で有鱗目は、これまでに約7000種以上が発見されており、爬虫類の中でも最大のグループです。 中でもヘビ類はサイズや形、食性、生息域などのバリエーションが他の爬虫...more
カテゴリー:

MicrosoftとOpenAI、自社のAI悪用したサイバー攻撃の情報公開 - ロシアや中国関与 - 02月26日(月)09:31 

Microsoftはこのほど、同社の提供するAIサービスを悪用して不正なサイバー活動を行う脅威アクターに関する調査レポートを公開した。Microsoftでは、OpenAIの研究チームと共同で、サイバー攻撃にAIを悪用しようとした脅威アクターの行動を追跡し、特定の国家が関与している可能性が高い5つの脅威アクターによる攻撃の妨害に成功したという。
カテゴリー:

風景画ではAIと人間のどちらが描いたかを見抜けないことが明らかに - 02月25日(日)17:00 

私たちは潜在的にAI生成アートに対するネガティブな偏見を持っているのかもしれません。 慶應義塾大学のシュウ・イーゼン氏(Yizhen Zhou)らの研究チームは、参加者に人間か、AI生成なのかを伏せた状態で観察、美しさ・具体性、作品がどれだけ好きかなどを評価そして描き手が人間か、AI生成なのかを判断してもらいました。 また評価時には参加者の眼球運動を測定しており、注意が向いた場所や観察時間に違いがあるのかを比較しています。 実験の結果、人間が描いた絵とAIが生成した絵に対する主観的な評価に違いはなかったのに対し、人間が描いた絵のほうが、AIが描いた絵よりも観察に割く時間が長くなったのです。 また参加者は、人間が描いたのか、AI生成なのかを正確に判断することはできませんでした。 研究チームは「この研究結果は、AIが生成したアートに対する暗黙の偏見が存在することを示している。現在AIは、人間が行う創造的なタスクを実行できるようになったが、芸術的創造性は以前として人間だけの特有の能力とみなされているのではないか」と述べています。 研究の詳細は、学術誌「i-Perception」にて2023年の10月30日に掲載されました。 目次 AI生成と人間が描いた絵を見分けられますか?AIが生成したアートに対する暗黙の偏見が存在する AI生成と人間が描いた絵を見分けられますか? 近年、AI技...more
カテゴリー:

中国で絶滅したとされる中国固有のオオサンショウウオが日本の水族館で発見される… - 02月25日(日)13:13  news

見つかったのは、中国南部の限られた地域から記録されている固有種の「スライゴオオサンショウウオ」です。 京都大学の西川完途 教授などの研究チームが、日本在来のオオサンショウウオと中国から持ち込まれた近縁種の交雑について研究するため、中国がルーツとみられる国内各地の野外個体や飼育個体73匹の遺伝情報を調べたところ、4匹が「スライゴオオサンショウウオ」と判明しました。 このうち2匹のオスは、東京 池袋のサンシャイン水族館と、広島市の安佐動物公園のバックヤードで、それぞれ飼育されていました。 西川教授に...
»続きを読む
カテゴリー:

🌿大麻で鬱病が半減すると判明 ドイツ研究チーム🌿 - 02月25日(日)09:15  poverty

医療用大麻にうつ改善効果 18週間の使用で重症度がほぼ半減(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/ccf1eef04582197d30fabcc2de73a47a514318d9 医療用大麻による治療で、うつ病の症状が有意に改善したとする研究結果が発表された。論文著者らはさらなる研究の必要性を指摘しているが、慢性うつ病の持続可能な治療法として医療用大麻が利用できる可能性がある。 この研究は、ドイツのエッセン大学付属LVRエッセン病院の研究チームが欧州有数の大麻遠隔医療プラットフォーム「Algea Care」と共同で...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる