「初優勝」とは?

関連ニュース

日本陸連、世界リレーの代表発表 桐生「期待に応えたい」 - 04月26日(金)19:55 

 日本陸上競技連盟は26日、世界リレー大会(5月11、12日・横浜市)の日本代表を発表した。2020年東京五輪の前哨戦として初優勝を狙う男子400メートルリレーは桐生祥秀(日本生命)らが選ばれた。26日に東京都内で行われた記者会見で桐生は「最近、日本のリレーはメダルを取って当たり前。期待に応えたい」
カテゴリー:

宇野昌磨が優秀選手賞、新天地の合宿で未知なる挑戦 - 04月25日(木)17:28 

フィギュアスケート男子の宇野昌磨(21=トヨタ自動車)が25日、東京都内のホテルで行われた日本スケート連盟の優秀選手表彰式に出席した。 今季は全日本選手権3連覇を果たし、4大陸選手権でも初優勝。優秀選手賞だけでなく、スピードスケートの高…
カテゴリー:

アジア選手権V桐生祥秀が帰国「10秒10は遅い」 - 04月24日(水)20:28 

陸上のアジア選手権男子100メートルで日本人初優勝を果たした桐生祥秀(23=日本生命)が24日、カタールから成田空港に帰国した。 昨季は思うような結果が出ずに悩んだが「今シーズンは『あれではやばい』と危機感を持ってやっている」と奮起して…
カテゴリー:

【訃報】陸上の小出義雄氏が死去 高橋尚子さんら名選手を育成 ★2 - 04月24日(水)17:42  mnewsplus

2000年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さんらを育てた陸上長距離指導者の小出義雄(こいで・よしお)さんが24日、死去した。 80歳だった。 高橋さんのほか、いずれも女子マラソンの1992年バルセロナ五輪銀メダル、96年アトランタ五輪銅メダルの有森裕子さん、97年アテネ世界選手権金メダルの鈴木博美さんらを育てた。 選手を褒めて伸ばすのが特徴で、自らが設立した佐倉アスリート倶楽部の代表を3月末に退いていた。 2015年に心臓を手術するなど、近年は入退院を繰り返していた。 実業団の指...
»続きを読む
カテゴリー:

日本勢初優勝の桐生、不得手の競り合い制しV - 04月23日(火)19:30 

 笑顔で日の丸を掲げた。レース後の桐生は冗舌だった。先行を許した前半から挽回し、この大会の男子100メートルでは日本勢初優勝。「タイトルを取れたのはでかい」と顔を上気させた。硬くなりがちで不得手だった競り合いを、0秒03差で制した。
カテゴリー:

紀平梨花「成長したシーズン」来季4回転完璧習得へ - 04月25日(木)18:23 

フィギュアスケート女子の紀平梨花(16=関大KFSC)が25日、都内で行われた日本スケート連盟優秀選手表彰式に出席した。 グランプリ(GP)ファイナル、4大陸選手権で初優勝を果たし、世界国別対抗戦2位で優秀選手賞を受賞。初々しい表情で「…
カテゴリー:

修英・西岡、夏の甲子園に照準 日本代表候補合宿で存在感 - 04月25日(木)15:10 

 昨秋の東北高校野球県大会で初優勝した秋田修英の左腕西岡海斗(3年)が、ひと冬を乗り越えて球の切れが増し成長した姿を見せている。今月上旬、高校日本代表1次候補の研修合宿(奈良)に参加し、試合形式で好投…
カテゴリー:

【テレビ】アスリート報道量ランキング 1位は羽生結弦 2位大谷翔平、3位は大坂なおみ - 04月24日(水)20:24  mnewsplus

 メディアの調査・分析を行う二ホンモニター株式会社が24日、「2018年アスリート報道量ランキング」を発表。1位にはフィギュアスケートの羽生結弦(24)、2位は野球・大谷翔平(24)、3位にテニス・大坂なおみ(21)が選ばれた。  羽生は、報道量186時間26分と他選手を圧倒。五輪2連覇はもちろん、国民栄誉賞を受賞するなど日本中にフィーバーを巻き起こしたが、報道量でも金メダルに輝いた。羽生のほか、平昌五輪出場選手では4位にフィギュアスケートの宇野昌磨(21)、5位にスピードスケートの小平奈緒(32)、6位に高木美帆(24)...
»続きを読む
カテゴリー:

Slush日本人初優勝の「Clarity (クラリティ)」が4月24日 (水) より企業ページ開設申込の受付開始! - 04月24日(水)08:00 

[株式会社Clarity] [画像1: https://prtimes.jp/i/35738/4/resize/d35738-4-438238-0.jpg ] ■ Clarityについて Clarity(クラリティ)は企業の働き方を様々なデータから透明化し、働き方で仕事を探せるプラットフォームです。(ww...
カテゴリー:

桐生10秒10でV「タイトルを取れたのはでかい」 - 04月23日(火)08:18 

男子100メートルで桐生祥秀(日本生命)が追い風1・5メートルの決勝を10秒10で制した。日本人ではこの種目初優勝で、今大会初の金メダル。準決勝を10秒18で通過した山県亮太(セイコー)は右太もも裏の違和感のため決勝を棄権した。ラル・ム…
カテゴリー:

もっと見る

「初優勝」の画像

もっと見る

「初優勝」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる