「メダル」とは?

関連ニュース

地学五輪:日本代表の高校生が金3、銀1獲得 - 08月17日(金)18:34 

 文部科学省は17日、タイで開かれた「国際地学オリンピック」で、日本代表の高校生4人が金メダル3個と銀メダル1個を獲得したと発表した。  金は筑波大付属駒場高(東京)3年の青沼恵人さん(17)、甲陽学院高(兵庫)2年の大野智洋さん(16)、栄光学園高(神奈川)3年の田中匠さん(18)。銀は高田高(三
カテゴリー:

代永翼、伊藤静、明坂聡美が“美少女声優の卵”にアドバイス「言葉を好きでいること」 - 08月17日(金)14:17 

8月16日放送の『美少女クエスト』(フジテレビ系、毎週木曜26:55~)は、“クールすぎる美少女”として、千葉県出身の17歳・荒城凪沙を紹介。以前も番組に出演し、声優を目指していると語っており、今回は、スマホ向けアプリゲーム「プレカトゥスの天秤」の制作発表に彼女が潜入取材を行い、有名声優との共演に涙を流して喜んだ様子が放送された。現在荒城は、声優になるため北海道から上京しレッスンを受けているという。荒城には「中森千尋」という芸名があり、中森は中森明菜から千尋は母親の裕美さんから取ったことを明かした。今回のイベントについては、いろいろな声優が集まっていることから「楽しみです」と心躍らせる。また、スマホゲームが大好きで「やりだしたら本当に止まらなくなってしまう」と言い「最高1日15時間くらいやっていた時がありました」と話した。今回、荒城はリポーターに初挑戦。同ゲームを事前に勉強してきたと話し、魅力や特徴などをアピールしていく。その中で気になったというキャラクター「リーンハルト・ハーゼルゼット」をピックアップ。リーンハルトの声を務めている代永翼のファンだそうで「私の好きなアニメのキャラクターの声をやってらっしゃるんです」と紹介した。ここで同ゲームで声優を務めている代永、伊藤静、明坂聡美にインタビューすることに。憧れの人たちを前にしどろもどろになる彼女に伊藤は「かわいい」と言い、代永は「自...more
カテゴリー:

レスリング高橋侑希、切り込み隊長かって出る - 08月17日(金)09:26 

 ジャカルタ・アジア大会・レスリング男子フリースタイル57キロ級の高橋侑希(24=ALSOK)ら日本代表が16日、成田空港からインドネシアに向けて出発した。  高橋は昨年の世界選手権で日本男子フリースタイルとして36年ぶりに金メダルを奪…
カテゴリー:

ナガマツら18日に報告会 秋田駅前、写真撮影会も - 08月17日(金)07:48 

 バドミントンの世界選手権(7月30日~8月5日、中国・南京)女子ダブルスで金メダルに輝いた北都銀行の永原和可那選手(22)、松本麻佑選手(23)のペア、同種目で米元小春選手(27)とのペアで銅メダル…
カテゴリー:

高畑充希と竹内涼真の『過保護のカホコ』がSPドラマになって今秋放送 - 08月16日(木)23:39 

2017年の夏に放送された高畑充希主演の連続ドラマ『過保護のカホコ』が、9月19日(水)にスペシャルドラマ『過保護のカホコ 2018 ラブ&ドリーム』(日本テレビ系、21:00~)となって帰ってくる。描かれるのは高畑演じる榎本加穂子(=カホコ)と、竹内涼真が演じる麦野初が結婚してから1年後。親族間の揉め事や夫婦の危機など、次々と噴出するトラブルにカホコが挑む。史上最強の箱入り娘・カホコとそれを見守る美大生・初の恋と成長を描き、大きな話題となった『過保護のカホコ』。高畑の民放ドラマ初主演作でもある本作では、カホコという特異なキャラクターが注目を集め、終了後には“カホコロス”なる言葉も生まれるなど、多くの視聴者の支持を得た。最終回では、自分を取り巻く過剰な庇護から卒業し、めでたく初との結婚を果たしたカホコ。スペシャルドラマでは、その1年後の2人の姿を中心に、新たな物語が描かれる。カホコは過保護からの脱却を目標に、仕事に家事にと奮闘する毎日を送っていた。相変わらず画家として成功できない初を応援しながら、保育士として「カホコハウス」で働き、家では家事一切を一人でこなす日々。しかし、いつもあらゆるトラブルを抱え込み、一人で空回りするばかり。経営は苦しく、残業続きのカホコハウス。自分でやると言いながらも、洗濯も料理も間に合わず、庭は荒れ放題の新婚家庭。カホコの叔母・節(西尾まり)の娘・イト(久...more
カテゴリー:

中田久美、バレーボール漬けの日々と東京五輪への思いを告白 - 08月17日(金)14:34 

バレーボール女子日本代表監督の中田久美が、8月18日放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)に出演。MCの阿川佐和子に、バレーの魅力や東京オリンピックへの思いを語った。実は、小学生時代は水泳の選手だった中田。中学1年生のときのクラブ活動がきっかけで、バレーボールに目覚め、バレーの英才教育を受けるため自らの意志で山田重雄氏が率いるバレーチームの入団試験に応募し、見事合格。中学2年の時から親元を離れ、バレーボール漬けの日々がスタートした。貴重な映像と共に「怖いもの知らずだった」という当時を振り返り、バレーの才能を開花させた瞬間を紐解いていく。さらに、史上最年少の15歳で日本代表入りを果たし、一躍注目を浴びると18歳の時にロサンゼルスオリンピックに出場し、銅メダルを獲得。1989年のワールドカップではベストセッター賞を受賞し、“世界一のセッター”の称号を獲得。長らく日本代表の中心選手として活躍した。そんな中田の「記憶の中で今もきらめく1曲」は、大杉久美子の「アタックNo.1」。小学生のとき、同名のテレビアニメに夢中だった中田が、当時の思い出を振り返る。引退後は、しばらくバレーボールとは距離をおいていたものの、あることがきっかけで、もう一度バレーボールに向き合うことを決意し、指導者の道へ。バレーの本場イタリアのプロリーグでのコーチ経験や、Vリーグでの監督経験を経て...more
カテゴリー:

アジア大会:ハンドボール男子、日本は韓国とドロー - 08月17日(金)13:23 

 ジャカルタ・アジア大会は17日、ハンドボール男子1次リーグが行われ、既に2次リーグ進出を決めている日本は、前回の仁川大会銀メダルの韓国と26-26で引き分けた。勝ち点3で並び、得失点差で韓国がB組1位、日本が同2位となった。
カテゴリー:

小椋久美子が「日本バドミントンの強さの秘密」を徹底分析!東京五輪でメダル期待 - 08月17日(金)08:00 

先日行われた世界選手権で史上最多となる6個のメダルを獲得するなど、快進撃の日本バドミントン。8月17日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)では、元オリンピック日本代表・小椋久美…
カテゴリー:

小島瑠璃子ら、「財力でモノを言わせるIT長者みたいな鳥」に大興奮 - 08月17日(金)00:01 

おぎやはぎ(小木博明・矢作兼)、小島瑠璃子、濱口優(よゐこ)の4人が、8月17日(金)放送の『モノシリーのとっておき』(フジテレビ系、毎週金曜19:00~)にゲスト出演。これまで見たことがない動物映像の数々に、司会の古舘伊知郎ともども大興奮する。その道のプロ中のプロであり、日本を代表する達人=モノシリーさんがスタジオに登場し、とっておきの話を映像や写真を使って熱弁。司会の古舘が徹底的に迫る同番組。今回は、「摩訶不思議な動物たち35連発!」と題し、動物園の園長や動物写真家などのモノシリーさんたちが、“情熱的”な求愛行動をする鳥たちを中心に、インパクト抜群の動物を紹介する。最初に登場するのは、北アメリカなどに生息している「クビナガカイツブリ」のオスとメス。水面をゆったり泳いでいると、突然、2羽がそろって立ち上がり、水の上を猛ダッシュ! 実はこの行動、メスが恋人を選ぶためのもの。これには小島も「めっちゃ疲れそう! 足筋肉痛だよ」と驚いていた。華麗なムーンウォークでアピールする中南米の「キモモマイコドリ」や、メスに向けて全力でダンスを披露する「カタカケフウチョウ」など、鳥たちの情熱的な求愛行動に、古舘も「涙ぐましい努力です!」と大興奮。メスに対して羽を広げる姿には、「財力でモノを言わせるIT長者みたいなことですよ!」と例えていた。また、空中から一斉に海に突っ込み、魚をとる「カツオドリ」の食...more
カテゴリー:

乃木坂46・松村沙友理が毒舌アイドルに!『賭ケグルイ season2』 - 08月16日(木)19:45 

乃木坂46の松村沙友理が、MBS/TBSドラマイズム枠で放送される2019年春スタートのドラマ『賭ケグルイ season2』に出演することがわかった。私立百花王学園の生徒会役員にして、カリスマ的人気を誇るアイドル・夢見弖(ゆめみて)ユメミを演じる。河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画「賭ケグルイ」が原作。ギャンブルの強さで生徒の階級を決める名門校・私立百花王学園を舞台に、ギャンブル狂の主人公の蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)ら生徒が壮絶なバトルを繰り広げる。2018年1月に同枠で実写ドラマ化され、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となった本作が、season2としてカムバック。浜辺美波、高杉真宙、森川葵をはじめとするseason1のキャストが続投することがすでに発表されている。season2で松村が演じるのは、絶対的権力で百花王学園を牛耳る生徒会の広報としてアイドル活動を行うユメミ。愛らしいルックスと歌唱力の高さに加え、“神対応”と言われる丁寧なファンサービスで、メジャーデビュー前にして全国ツアーを行うほどの人気アイドルだが、裏ではファンに対しての暴言を吐き散らし、“アカデミー賞を獲る”という自身の夢のためには手段を選ばない一面もある個性的なキャラクターだ。松村はもともと好きな作品だったといい...more
カテゴリー:

もっと見る

「メダル」の画像

もっと見る

「メダル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる