「オリンピック」とは?

関連ニュース

競歩の岡田久美子がV 3年後のパリ五輪へ「活躍できるように頑張りたい」 - 09月25日(土)20:43 

東京オリンピック(五輪)女子20キロ競歩代表の岡田久美子(29=ビックカメラ)が21分24秒95で制した。 五輪後は休養期間を挟み、何とか調子を整えた。決して万全ではなかったが、貫禄の歩きだった。「優勝できてほっとしている」と振り返った…
カテゴリー:

【TOKYO2020】ご立派な「負の遺産」を残した東京五輪 ウソを重ね招致した為政者たちは何を誇れるのか - 09月25日(土)19:07  newsplus

 東京オリンピックに次いで、パラリンピックも閉幕した。精いっぱいの成果を出された選手と運営スタッフの皆さんには敬意を表したいが、この大会が日本に何を残したのか。試合を楽しみ、選手たちの勇姿に励まされた人も多いかもしれない。しかし、国民に残されたもののほとんどは「負の遺産」ではないか? これから国が国民に課すであろう“コロナ増税”に加え、“オリンピック増税”の負担がさらに私たちの肩にのしかかってくることを考えると、気が重くなる。 以降ソースにて https://news.yahoo.co.jp/articles/b2b36ebd4afef1f8e791...
»続きを読む
カテゴリー:

陸上100メートル 今シーズン最後のレースは小池が優勝 - 09月25日(土)17:57 

東京オリンピックの陸上男子100メートルに出場した山縣亮太選手、多田修平選手、小池祐貴選手の3人が今シーズン最後の100メートルのレースに出場し、小池選手が10秒19のタイムで優勝しました。
カテゴリー:

テニス日本男子の21年ツアー決勝進出回数の少なさ/スポーツ徒然草 - 09月25日(土)16:00 

仕事の一環と日本テニス協会への協力もあり、テニスの成績を事細かに記録している。東京オリンピック、パラリンピック(オリパラ)があったため、先日、久々に更新した。その中で、世界ツアーやツアー下部大会で、日本選手が決勝に進出した大会を、年ごと…
カテゴリー:

池江璃花子さん、移植から2年。「この時のこと忘れちゃうくらい元気」当時の写真とともに報告 - 09月25日(土)15:24 

白血病を乗り越えて東京五輪に出場した競泳選手の池江璃花子さんが9月25日、自身のTwitterに、移植治療から2年たったことを当時の写真とともに報告。そのメッセージに、反響が広がっている。池江さんは、病室とみられる場所のベッドの上で両手でピースした写真を投稿。「移植から、今日で2年。 この時のことを忘れちゃうくらい元気だけど、 無理せずゆっくり進みます」とつづり、続けてこう報告した。「そんな記念すべき日に始球式です! 頑張ります!」 移植から、今日で2年。この時のことを忘れちゃうくらい元気だけど、無理せずゆっくり進みます😌そんな記念すべき日に始球式です!⚾️頑張ります! pic.twitter.com/2hY89KhVBS— 池江 璃花子 (@rikakoikee) September 25, 2021 池江さんが言及したのは、25日に神宮球場で行われるプロ野球・ヤクルト対中日戦の始球式のこと。日テレNEWS24によると、池江さんにとって始球式の参加は初めて。池江さんは2019年夏に「造血幹細胞移植」を行い、同年12月に退院が発表された。池江さんのツイートには、2万以上の「いいね」がつくなど反響が広がっている。「これからも応援します!」「どれだけ励みになったかわかりません」といった激励や感謝のコメントも寄せられている。【関連記事】「選手個人に当てるの...more
カテゴリー:

未来への思い砂のオブジェに 伊万里市の黒川小、「サンドアート遠足」 - 09月25日(土)19:45 

伊万里市黒川町の黒川小の児童119人が22日、イマリンビーチで砂のオブジェを制作した。「サンドアート遠足」と名付けた恒例行事で、砂浜には児童が大切にしている思いを形にした力作が並んだ。 児童たちは学校からビーチまで4キロの距離を歩いた後、全学年を縦割りした12班に分かれて制作に取り掛かった。各班は「オリンピック」「平和の大切さ」などテーマを決め、6年生が指示をして砂を海水で固めたり、貝殻や流木で飾ったりしながら作品を完成させた。
カテゴリー:

選手村の理容室から見た2度の東京五輪 81歳理容師が感じた変化 - 09月25日(土)18:00 

 1964年と2021年。二度の東京オリンピック(五輪)でいずれも選手村の理容室に立った人がいる。東京・麻布十番の理容室「エンドウ」の遠藤澄枝さん(81)。半世紀を経て、最も変わったのは選手村の空気感…
カテゴリー:

「東洋の魔女」に重なる「女工」 東京五輪に見る不変のジェンダー構造 - 09月25日(土)16:00 

 過去最多の日本勢メダル獲得に沸いた東京五輪が終わり、1カ月半あまりが過ぎた。大会組織委員会の前会長、森喜朗氏の女性蔑視発言など、ジェンダーの視点からの関心を集めた大会でもあった。私たちは何を学ぶべきか。話題書「オリンピックという名の虚構」を監訳した京都教育大名誉教授の井谷恵子さん(スポーツ・ジェン
カテゴリー:

五輪代表の小池祐貴10秒19で初V「勝ててほっとした」中盤加速、後半一気 - 09月25日(土)15:49 

東京オリンピック(五輪)代表の小池祐貴(26=住友電工)が、初優勝した。向かい風0・5メートルの条件下で、10秒19を出して1着に入った。 スタートではしっかりと止まることができずにやりなおしとなった。2度目のスタートで少し遅れたが、中…
カテゴリー:

ショートトラック平井亜実2年ぶりV 金のソフト後藤の経験談も糧に - 09月25日(土)12:01 

初のオリンピック(五輪)出場を目指す平井亜実(24=トヨタ自動車)が、2年ぶりの優勝で好スタートを切った。 4番手だった最終周で大外からまくり、18年平昌五輪代表で2位の菊池純礼(富士急行)や3位の神長汐音(全日空商事)に競り勝った。タ…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる