「フリー」とは?

関連ニュース

大卒なのにコンビニフリーターだけど質問ある? - 09月22日(火)22:10  news4vip

あー、まじやるきおきね ...
»続きを読む
カテゴリー:

マツダからSUVなのに街乗りに特化したような新型EV車「MX-30」発売 しかし日本はマイルドHVのみ - 09月22日(火)20:30  news

2020年7月31日、幕張メッセにて開催のモーターショー「オートモービルカウンシル2020」で国内投入が発表された、マツダ期待の新型車「MX-30(エムエックス サーティー)」。 「マツダ3」「マツダ CX-30」に続く、新世代商品群の第3弾となる「MX-30」。 昨年(2019年)の東京モーターショーで発表された当初から、マツダ初の量産ピュアEV、つまり電気自動車としてアナウンスされてきた……のだが。 今回この場で新たに明らかとなったのは、国内ではまず、これまたこの場で初めてその存在が明らかになった、マツダ独自の「マイルドハイ...
»続きを読む
カテゴリー:

一枚でキマる、優秀ストールも…この秋マストな“チェック柄”アイテム | ananweb - マガジンハウス - 09月22日(火)18:30 

秋の空気が漂い始める今の時期に取り入れたくなるのは、やっぱりチェック柄。なかでも今回はクラシカルなグレンチェックに注目。大人っぽい柄を、色やデザインで遊んでみて。涼しくなったら取り入れたい。さっと巻ける優秀な一枚。赤のタータンチェックとリバーシブルで楽しめるウールのストール。大判すぎないサイズ感が使いやすく、チラッと裏面を見せて巻きたい。180×48cm¥22,000(ジョンストンズ/ヴァルカナイズ・ロンドン TEL:03・6264・5140)ダークカラーで一気に秋の装いに。イタリアブランドのクラシックな印象のウールのセットアップ。ラフなロゴTシャツやスニーカーを合わせたり、ニットを肩にかけたりして、カジュアルダウンするのがオススメ。ジャケット※メンズ¥35,800 パンツ※メンズ¥19,800(共にBAKERY SVPPLY/トール フリー TEL:03・3715・9278) コンチョボロータイ¥4,800(Western Express/ハイ!スタンダード TEL:03・3464・2109) Tシャツ¥6,900(アンダーソン ベル/UTS PR TEL:03・6427・1030) スニーカー¥33,000(ヨーク/UTS PR) ソックス¥2,700(パンセレラ/真下商事 TEL:03・6412・7081)定番のプリーツスカート、今季は個性派をチョイス!秋のマストアイテム、チ...more
カテゴリー:

東野幸治、『ANN』直後に語った反省「また失敗してもうた」生放送に密着 - 09月22日(火)16:24 

お笑い芸人の東野幸治がパーソナリティを務めたニッポン放送『東野幸治のオールナイトニッポン』が、21日深夜(25:30~27:00)に生放送された。(放送から1週間まで「radiko」タイムフリーにて聴取可能)。
カテゴリー:

医師とタオル職人が作ったマスク「ハイドロ銀チタンクールガーゼマスク」がスゴイ - 09月22日(火)16:00 

「DR.C医薬」の医師と「タオル美術館」のタオル職人たちが、お互いの技術と知恵を合わせてつくったマスク「ハイドロ銀チタンクールガーゼマスク」。医師の発想から生まれた「ハイドロ銀チタンテクノロジー」には、花粉やハウスダストなどのタンパク質や、汗やニオイを分解する働きがあるのだとか。さらに、このマスクに含まれる、ハイドロ銀チタンは50回洗濯しても効果が持続されるというから驚きだ。素材は肌にやさしいガーゼとひんやり涼しい接触冷感ファイバーの3層構造。タオル職人の技術を駆使して開発された「洗ってもへたれにくいガーゼ」が使用されており、長く使えそうというのも嬉しい。サイズは、大人(ふつう)、大人(小さめ)、子どもの3種類を展開。「フリーサイズだとフィット感がなくて......」と困っていた方もピッタリなサイズに巡り合えるかもしれない。3層構造のため厚みはあるものの、呼吸のしやすさは◎。マスクとしての機能性と使い心地の両方を持ち合わせた優秀なマスクといえるだろう。『DR.C医薬/洗えるクールマスク』【販売価格】980円+税/1枚【カラー】ホワイト、グレー、ベージュ【素材】綿(表面、中面)/ポリエチレン、綿(裏面)/ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル(耳かけゴム)【サイズ】ふつう:200mm×145mm/小さめ:170mm×130mm【購入方法】・全国のドラッグストア、...more
カテゴリー:

残業が多く、仕事に見合った給料がもらえない…フリーに転身したエンジニア「もっと早くフリーになっておけばよかった」 - 09月22日(火)21:30 

AKB48の向井地美音がパーソナリティをつとめ、公認会計士の澤昭人から身近にある経済の仕組みをわかりやすく学んでいくTOKYO FMの番組「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」。8月27日(木)、9月3日(木)放送の「美音のまるっとエコノミー supported by PE-BANK」のコーナーでは、株式会社PE-BANK所属のITエンジニア・伊藤研(いとう・けん)さんを迎え、これまでの経歴や現在の仕事ぶりについて伺いました。
カテゴリー:

Microsoftが2030年までに事業展開地域で利用する以上の水を生態系に戻すことを宣言 - 09月22日(火)19:15 

2020年に見られる良い流れの1つは、大規模テック企業たちが先を争うように、それぞれが環境に与える影響に関して、これまで以上に大胆な取り組みを宣言していることだ。皮肉屋なら、彼らがやっていることを止めてしまえばもっと大きな効果があるだろうにと、いうかもしれない。しかし環境への影響を最小化するだけでなく、それを実際に復元する取り組みをする企業として、新たにMicrosoft(マイクロソフト)が名乗りを上げた。マイクロソフトは、2030年までにウォーターフットプリントの黒字化を達成することを約束(Microsoftブログ)した。これが意味しているのは、その事業が行われているすべての「流域」で、取り出したものよりも多くのエネルギーを環境へ戻そうということだ。 マイクロソフトは、主に2つのタイプの活動で、この目標を達成したいと考えている。まず1つ目は、1メガワットあたりに対して会社が消費する水の量を使って計測される事業が利用する水の「消費率」を削減することだ。第2に、マイクロソフトの事業が世界の「水が不足気味」の地域で行われている場合には、実際に水を供給することも目指している。これは湿地帯の修復への投資や、アスファルトを含む特定表面の除去と交換などの取り組みを通じて行われる。アスファルトなどは水を透過することができず、雨のような自然から与えられる水が地域の保水地に戻ることを阻害してしまうか...more
カテゴリー:

なぜ「#魔法のiらんど」が今トレンドに? 「懐かしすぎ」「黒歴史」「ウッ、頭が」 - 09月22日(火)17:46  mnewsplus

岡田有花 | フリーランス記者 9/22(火) 10:21 現在の「魔法のiらんど」トップページ。小説投稿サイトになっている  9月22日朝、Twitterのトレンドに、「魔法のiらんど」というワードが入っている。  魔法のiらんどは、ガラケー用ホームページ作成サイトとして1999年にスタートし、00年代前半に中高生を中心に一大ブームを起こしたサービス。小説投稿機能もあり、2005年に連載された「恋空」は映画化されるなどブームになった。  それが令和2年のTwitterに突如トレンド入りし、「懐かしすぎる」「黒歴史が……」と振り返る声...
»続きを読む
カテゴリー:

中国の電気自動車メーカーWM Motorが1500億円超を調達、230万円台で3万台のEVを納車済み - 09月22日(火)16:03 

中国の電気自動車のスタートアップであるWM Motor(WMモーター)は、ライバルであるTesla(テスラ)などによって競争が激化している中、超大型の資金調達を発表(WM Motorリリース)した。5年前に設立された同社は9月22日に、シリーズDラウンドで100億元(1540億円)を集めたのだ。調達した資金は、研究開発、ブランディング、マーケティング、販売チャネルの拡大に投下されるという。 Baidu(百度、バイドゥ)とTencent(テンセント)に支えられているWM Motorは、ニューヨークで公開されたNIO(ニオ)、Xpeng(シャオペン)、Li Auto(リ・オート)と並んで、中国で最も資金を集めたEVスタートアップの1つだ。今回の資本増強によりWM Motorは、新規株式公開に向けて準備を進めている可能性がある。Bloombergが7月に伝えたところによると、早ければ今年中にも中国版NASDAQともいえる科創板(STAR)マーケットへの上場を検討(Bloomberg記事)しているという。 資金調達のニュースの数日前、WM Motorは主要なパートナーとサプライヤーを発表(Weibo投稿)した。Qualcomm(クアルコム)のSnapdragonのコックピットチップ(Qualcommサイト)は、新興企業の車内体験の原動力となり、バイドゥのApollo自動運転システム(Apo...more
カテゴリー:

「次の世代のために」フリーライター浦島さん 辺野古での抗議活動、継続誓う - 09月22日(火)15:55 

 【名護】鹿児島県出身で1998年から名護市三原に住み、フリーライターとして「辺野古 海のたたかい」や「島の未来へ」などを著してきた浦島悦子さん(72)も、辺野古海岸テント村の座り込みに参加してきた。かつて沖縄市で暮らし、宜野湾市で働いた経験から「爆音や子育て環境など、基地は確実に住民生活の負担になっ...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「フリー」の画像

もっと見る

「フリー」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる