「フォーカス」とは?

関連ニュース

【脱マスク崩れ】SNSで“神パウダー”と話題の『オトナクチュール ペールトーン フェイスパウダー』を全色レビューしてみた - 06月05日(金)16:00 

「最近、マスクをする機会が増えて、擦れや蒸れからメイク崩れが気になる…」、「マスクはするけど、通勤や会議もあってやっぱり軽くメイクはしたい…」そんな大人女子のお悩みにフォーカスした「オトナクチュール」...
カテゴリー:

ビリー・アイリッシュの“All Lives Matter”全否定ってバカな日本人には理解できなさそう。 - 06月05日(金)10:10  poverty

人気を誇るシンガーのビリー・アイリッシュは、Instagramに4枚にも及ぶ長文メッセージを投稿、「 あともう1回でも、白人が“All Lives Matter”ってフレーズを口にしたら、マジでブチ切れるから!」と不快感をあらわにした。 アシュトン同様、一部の「“All Lives Matter”とすべきではないのか?」の声に苛立ちを隠せない様子のビリーは、 「誰もアンタの人生は大切じゃないとは言ってないし、アンタの人生が大変じゃないとも言ってない。」 「何でもかんでも自分中心だと思うな。」 と怒りをあらわにしており、なぜ“Black Lives...
»続きを読む
カテゴリー:

【第2弾】2020年日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査 - 06月04日(木)15:30 

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(東京都港区、代表取締役会長CEO:藤崎 清孝 代表取締役社長COO:藤崎 慎一郎)が運営するオークネット総合研究所は、MMDLabo株式会社(東京都港区、代表取締役:吉本浩司)が運営するMMD研究所(https://mmdlabo.jp/)と共同で、2020年3月19日~3月20日に「2020年日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査」を実施いたしました。  対象者は日本在住の15歳~69歳の男女1,013人とアメリカ在住15歳~69歳の男女1,119人です。第2弾の本調査では日米の下取りサービスや補償サービスにフォーカスを当てた内容になっています。 ●携帯電話端末の下取りサービス利用意向、日本は60.5%、米国は70.5% ●携帯電話端末の下取りサービスに期待することの上位、日米ともに「端末データが消去されること」「処分方法が明確であること」「手続きが簡単であること」 ●携帯電話補償サービス加入状況、日本は50.0%、アメリカは32.8% ●携帯電話の故障や不具合発生の経験、日本は52.4%、アメリカは51.3%うち日米ともに故障内容の上位は「バッテリーが持たなくなった」「動作が遅くなった」 ●日本の44.7%、アメリカの32.9%が「修理にださなかった」と回答 その理由の上位は「修理に出さなくても使えそう」「費用が高そう...more
カテゴリー:

【フォーカス】キューサイ/心の健康づくり 困難乗り越える自信獲得 レジリエンス研修で  - 06月04日(木)10:01 

ストレス対処方法を習得  キューサイ㈱(福岡県福岡市、神戸聡代表取締役社長、グループ連結498人)では、心の健康づくり対策として、ストレスとの付き合い方を考える取組みを推進中だ。中堅社員には、ストレスと向き合う姿勢を身に着ける「レジリエンス研修」を実施した。自己肯定感を高めさせ、困難な状況を乗り越える自信を付けさせようとしている。一方で全社員を対象に、自身や同僚の「ストレスの原因」を分析する……[続きを読む]
カテゴリー:

イスラエル拠点のOurCrowdが新型コロナ対策ソリューション向けファンドを設立 - 06月03日(水)07:30 

イスラエルのクラウドファンディングベンチャー投資プラットフォームのOurCrowd(アワークラウド)は6月2日、計1億ドル(約108億円)を調達する計画のパンデミック・イノベーションファンド立ち上げを発表した。調達した資金は「グローバルのパンデミックやその他の健康危機による医療、ビジネス、教育、社会の喫緊の需要に応えるテクノロジーソリューション」に投資する。 ワクチンや検査、治療法、リモート監視、デジタルヘルス、個人保護具などの開発を手掛けるスタートアップに資金を注ぐ。加えて、リモートワークや遠隔教育、事業プロセス自動化、在宅エクササイズ、サイバーセキュリティにフォーカスした刷新的なマネジメントに取り組むスタートアップにも目を向けている。ファンドはかなり幅広い対象を抱えるが、これによりパートナーはさまざまな産業に投資することができる。 「新型コロナウイルスの急速な感染拡大は、デジタルでつながった世界がグローバルコミュニケーションと迅速な対応を通じてあらゆる危機を解決するという我々のビジョンが正しかったと証明した」とOurCrowdのCEOを務めるJon Medved(ジョン・メドベジ)氏は話した。「世界が元に戻れるようにするために、イノベーションが今すぐ必要だ。今回の危機で生じている問題の多くをテクノロジーを使って解決できる。テックが迅速に対応し物事を直す時だ」 OurCrowdは...more
カテゴリー:

フラグスタフ×エヴァンゲリオン、綾波レイにフォ.. - 06月05日(金)11:14 

フラグスタフ×エヴァンゲリオン、綾波レイにフォーカスしたTシャツを限定発売
カテゴリー:

Canonicalの軽量Kubernetes「MicroK8s」がWindowsとMacに対応。インストーラーで簡単に導入可能に - Publickey - 06月05日(金)01:27 

Canonicalの軽量Kubernetes「MicroK8s」がWindowsとMacに対応。インストーラーで簡単に導入可能に - PublickeyKubernetesの機能は損なわず、PCやRaspbery Piといったエッジの環境へ簡単に導入し運用することにフォーカスしつつ、サービスメッシュのIstio、Linderd、サーバレスのKnative、分散トレーシングのJeager、メトリクス収集のPrometheusなどもバンドルされています。 NvidiaのGPUを用いたGPGPUにも対応。MicroK8sの自動アッ...
カテゴリー:

アシスト、ITサービス管理製品「SMAX」を販売、マシンラーニングを使って解決策を自動で提案 | IT Leaders - 06月04日(木)12:45 

アシストは2020年6月4日、ITSM(ITサービス管理)製品「Service Management Automation X(SMAX)」(開発元はマイクロフォーカスエンタープライズ)を発表した。同日付で販売を開始した。また、SMAXとテレワークに関するFAQ(良くある問い合わせ)対応ナレッジを組み合わせた「テレワーク支援ナレッジパック」を2020年6月30日から提供する。
カテゴリー:

歯のレントゲン分析にAIを活用するOverjetが8.5億円調達 - 06月04日(木)07:45 

歯科医や保険会社が歯のレントゲン写真を理解するのをAIを使ってサポートするOverjetは米国時間6月2日、シードラウンドで785万ドル(約8億5000万円)を調達したと発表した。 MITで電気工学とコンピューターサイエンスの博士号を取得した同社CEOのWardah Inam(ワルダー・イナム)氏によると、本ラウンドをリードしたCrosslink Capital(クロスリンク・キャピタル)と、MIT発のスタートアップのみに投資するE14 Fundから資金を調達した。 Overjetが2つの異なるMITグループの支援を受けてきたことを考えると、E14とのつながりは驚くことではない。ボストンエリアの教育機関とのつながりを維持しながら、OverjetはHarvard Innovation Lab(ハーバード・イノベーション・ラボ)によって育てられた。活動場所に関しては、Overjetは同ラボを「卒業」するとイナム氏はTechCrunchに語った。 リード投資家としてCrosslinkを選んだのは偶然ではない。「デンタル業界でよく使用されているソフトウェアを手掛けるスタートアップのWeaveにCrosslinkが出資していたことから、OverjetはCrosslinkに関心を持った」とイナム氏は述べた。なお、Weaveは2019年にユニコーンに近いバリュエーションで7000万ドル(約76億...more
カテゴリー:

Nutanix、ワンクリックで利用できるクラウド災害復旧サービス 「Xi Leap」の国内提供を開始 - 06月02日(火)13:00 

RPOとRTO両方のSLAを提供し、国内企業の事業継続性の強化をサポートニュータニックス・ジャパン合同会社 (本社:東京都千代田区、社長:町田栄作、以下Nutanix) は本日、クラウドベースのDisaster Recovery as a Service (DRaaS) であるXi Leapの国内提供開始を発表しました。日本はアジアで最初のXi Leapサービス提供国となります。https://www.nutanix.com/jp/products/leap Xi Leapは、完全クラウドベースのディザスタリカバリ (DR) サービスで、Nutanix環境下のアプリケーションとデータを迅速かつインテリジェントに保護します。Xi Leapは、オンプレミスとリカバリサイトにおいて同じプラットフォームを利用することで、複数の環境にまたがる複雑な構成、ポリシー、データモデルの変換の必要性を排除します。日本では、DR対応が不可欠です。環太平洋火山帯に属する日本は、その位置、地形、地質、気象などの自然的条件から、台風、豪雨、豪雪、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火などによる災害が発生しやすい国土となっています(1)。日本政府も懸念を募らせており、経済産業省が発表した報告書「DXレポート ~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」(2)では、日本が経済と技術のリーダーシップを...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「フォーカス」の画像

もっと見る

「フォーカス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる