「エピソード」とは?

関連ニュース

JO1、絆トークしすぎてネタ切れ「探すと難しい」.. - 05月25日(水)21:16 

JO1、絆トークしすぎてネタ切れ「探すと難しい」 河野純喜は木全翔也と今朝できた歯ブラシエピソード明かす(写真 全2枚) #JO1 #KIZUNA @official_jo1
カテゴリー:

結婚したら不幸になる!【女性約200人調査】別れてよかった「男性の特徴」3選 - 文・オリ子 | ananweb - マガジンハウス - 05月25日(水)20:30 

一見、幸せそうなカップルにも、悩みや不満はあったりします。一体、みんなどんな理由で別れてしまうのでしょうか。今回は、20代から30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に聞いた「この男性と結婚したら不幸になりそう」と思い、別れた恋愛エピソードについてご紹介します!女性約200人に聞いた!「結婚を考えられない」と思い別れた男性とのエピソードあなたにとって「別れ」につながるきっかけとは何ですか。20代から30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に聞いた、「この男性と結婚したら不幸になりそう」と思い、別れた恋愛エピソードをご紹介します。一緒にいても孤独を感じる「以前付き合っていた男性は、見た目も年収もよく、結婚相手として条件は悪くなかった人です。ただ、価値観が全く合わず、結婚は無理と思い別れました。具体的には、たとえば話題の人間模様系ドキュメンタリーを一緒に見た時に感じる感想が全く合わないので一緒に見ていてつまらない、喧嘩の時もどんなにこちらの感情を伝えても伝わらなくて平行線になる、など。一緒にいても孤独を感じるタイプの人でした」(28歳・会社員)収入、見た目、どんなに条件が整った男性でも、性格や価値観が合わないと、結婚生活では悩みが増えるだけで幸せにならない可能性も。さまざまな相手とのお付き合いを通して、自分が一番結婚相手に求める価値観を知ることも大事なのかもしれませ...more
カテゴリー:

『闇落ちとまと』という名で訳アリ品を販売していたら…えっ - 05月25日(水)19:25 

フルーツトマトの曽我農園公式アカウント(@pasmal0220)が投稿した、直売所でのエピソードに注目が集まっています。 直売所でフルーツトマトの訳あり品を「闇落ちとまと」と名付けて販売しているんですが、爺ちゃん婆ちゃんは「闇市のとまとはあるか?」と言うので、なんだかうまく伝わっていないようです。 pic.twitter.com/7LZILDM7Nf — フルーツトマトの曽我農園 (@pasmal0220) May 22, 2022 ▶画像や動画が表示されない場合はコチラ 闇市(;∀; )    googletag.cmd.push( function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586069374553-0'); }); 惜しい なんだか不穏な雰囲気です(笑) 闇市とまと(合法)… — _ (@902zzz) May 23, 2022 まさかの言い間違えに、思わず吹き出してしまいました( *´艸`) 関連:「お忍びの家老の可能性」カートに孫娘を乗せた祖父が… みんなの反応 ●かわいすぎるwwwww ●闇市のトマトは草w ●闇市を利用した世代なんでしょうな ●裏で出回ってる物なので間違いではないw クスリとなる呟きに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました!
カテゴリー:

アーニャの恋愛パートにブーイング! アニメ『SPY×FAMILY』第7話に賛否 - 05月25日(水)18:58  mnewsplus

2022年5月25日 アーニャの恋愛パートにブーイング! アニメ『SPY×FAMILY』第7話に賛否 『少年ジャンプ+』の大人気漫画を原作としたアニメ『SPY×FAMILY』(テレビ東京ほか)の第7話『標的の次男』が、5月21日に放送された。作中ではアーニャに“恋愛”の予感が漂い始めたことで、視聴者の意見が真っ二つに割れている。 ※アニメ『SPY×FAMILY』の内容に触れています 名門「イーデン校」への入学初日、標的であるデズモンド家の次男・ダミアンを殴り飛ばしてしまったアーニャ。ロイドからも謝罪するように促されたが、タイミングが悪...
»続きを読む
カテゴリー:

゜✧. 未公開インタビューを公開中 .✧゜ #ふなば.. - 05月25日(水)18:00 

゜✧. 未公開インタビューを公開中 .✧゜ #ふなばしCITYNEWS では収まりきらなかった #20歳のソウル 関係者のインタビュー内容を公開🎙️✨ ここだけでしか見られない貴重なエピソードは必見です㊙️ インタビュー記事はこちら👇 🔗
カテゴリー:

ああ、この女とは結婚できないな…と思った瞬間 - 05月25日(水)21:04  poverty

男性が(この子とは結婚できない…)と思った瞬間 #1「聞こえるかギリギリの声で」 適齢期で相手と出会い付き合ったり、または交際期間が長くなると結婚を意識する女性は多いのではないでしょうか。 しかし男性目線で、恋愛関係にはなれても、結婚相手にはなれないことも…。 男性たちに聞いた、実際に付き合った女性に対して「結婚は無理」と感じたエピソードをご紹介します。 「職場に派遣社員として入ってきた彼女は、いつもニコニコしている愛想のいい子で、そんな姿に惹かれて、自分からのアプローチで恋愛関係になり...
»続きを読む
カテゴリー:

神尾楓珠「俳優は自分に向いていない」それでも続けている理由 - 写真・山本嵩(神尾楓珠) | ananweb - マガジンハウス - 05月25日(水)20:00 

音楽には計り知れない力がありますが、まさにそれを体現している一曲として代々受け継がれているのは、千葉県船橋市立船橋高校の「市船soul」。演奏されると得点を呼ぶ野球部の“神応援曲”として、注目を集めています。そんな名曲の裏側に隠されたある青年の実話を描いたのが、まもなく公開を迎える『20 歳のソウル』。そこで、こちらの方にお話をうかがってきました。神尾楓珠さん【映画、ときどき私】 vol. 486「市船soul」の生みの親である浅野大義さんを演じているのは、話題作での主演が立て続き、目覚ましい活躍を見せている神尾さん。劇中では、青春時代のきらめきと若くして病に倒れた苦しみや葛藤を見事に演じ切っています。今回は、共演者との印象的なエピソードや自身の高校時代の思い出、そして家族との意外な関係について語っていただきました。―最初に脚本を読まれたときは、どのような印象を受けましたか?神尾さん とにかく青春を感じましたし、読み終わったあとにすごく前向きな気持ちになれるストーリーだなと思いました。あとは、自分と年代が近いことと、舞台である船橋に親戚がいるので、身近というか、他人事とは思えないような感覚にもなりました。―実在の人物ということで、役作りで意識されたこともあったのでは?神尾さん かなりプレッシャーはありましたが、僕自身の感性だけではなく、周りの方々から見た浅野大義像を大切にしたかった...more
カテゴリー:

「もう解散するのはやめようと思った」石井竜也が米米CLUB再結成のライブで見た光景とは? - 05月25日(水)19:00 

きゃりーぱみゅぱみゅがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~」。この番組では、きゃりーが自身の趣味や興味のあることについて語ったり、いま輝いているゲストをお迎えしたりしながら、さまざまなエピソードを1冊の本に見立て、紐解いていきます。4月24日(日)、5月1日(日)の放送では、石井竜也(いしい・たつや)さんをゲストに迎えて、お届けしました。
カテゴリー:

「今年1番のハァ?が出た」1年別居中の夫に離婚の話をしたら… - 05月25日(水)18:55 

椿∞は豆腐の心🎀1y(@hime_0707)さんが投稿した、旦那さんとのエピソードに注目が集まっています。 一年別居中の夫に、離婚するかどうするか訊いたら「子育ては2人でするものだと思うけど、その覚悟ある?」と言われ、1日考えた結果、今年1番の「ハァ?????」が出ました。 お疲れ様です。 — 椿∞は豆腐の心🎀1y (@hime_0707) May 21, 2022 えぇ…(゚Д゚;)    googletag.cmd.push( function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586069374553-0'); }); 言われる筋合いはない なお、別居前はワンオペで、現在も育児は椿∞は豆腐の心さんがしているとのこと。 私も1日よく考えて、冷静に私のセリフじゃない?って言っちゃいましたよね — 椿∞は豆腐の心🎀1y (@hime_0707) May 21, 2022 「子育ては2人でするもの」だと理解しているのならば、行動で示していただきたいものです。 関連:仕事と育児の両立が厳しくなり、夫に時短勤務をお願いしたら…え みんなの反応 ●ちょっと待て、意味が分からない ●うちの別居中の旦那かと思いました。渾身の「ハア?????」あたしも先月旦那に言ったとこです。ホントそういうとこだぞ...more
カテゴリー:

「毎月の飲み代は200万円」「活躍した選手には5万円」漫画家・水島新司“一番稼いでいた時期”の売れっ子ぶり - 05月25日(水)17:00 

『ドカベン』『野球狂の詩』など連載作はどれも大ヒット、そして毎月の執筆ページはなんと450枚! 質量ともに神がかっていた「1977年の水島新司」のエピソードを紹介。 飲めないにもかかわらず、毎月の飲み代…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる