「アメリカ」とは?

関連ニュース

死期を悟った男性の最後の願い。それは『愛馬に会うこと』だった - 02月16日(土)22:15 

アメリカ・テキサス州に住むロバート・ゴンザレスさんは、46年前ベトナム戦争に出征。 無事に帰ってこられたものの、その時に撃たれた傷が元で体に麻痺が残ってしまいました。 しかし、思うように動けなくなった後も、彼は長年抱いていた夢を諦めませんでした。 それは「テキサスで牧場の経営者になって、大好きな馬とともに人生を送る」こと。 実現へ向けて、リハビリを行いながら馬を飼い始めます。 夫人のロサリオさんも「馬は主人の人生そのものなんです」と語る通り、それから40年間ずっと、馬のトレーナーとして奮闘したロバートさん。 その成果が認められ、テキサス州公認のトレーナーにまで昇りつめます。 しかし… 戦い続けてきたロバートさんにも、刻一刻と最期の時が迫ってきました。 そして、自分の命が残りわずかであることを悟った彼は、家族にこうお願いしたといいます。 馬たちに会わせてほしい。 家族が病院に掛け合うとすぐに許可が下り… 約241kmの道のりを経て、とくにお気に入りだったシュガーとリンゴの2頭が、主人のもとへと到着しました。 待ちわびた再会の瞬間を、ぜひ動画でご覧ください。 病院の外までベッドを運び、ついに愛馬たちと対面。 すると、それまで目を閉じていたロバートさんが ・ ・ ・ 目を開けて、シュガーたちを見たんです。 ...more
カテゴリー:

【陸上】100メートル13秒48 “異次元”の速さ!? 次世代のウサイン・ボルト、7歳の少年ルドルフ・ブレイズ・イングラム君に全米騒然 - 02月16日(土)20:01  mnewsplus

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000147836.html 2019/02/16 17:26  わずか7歳の少年が「ネクスト・ボルト」として注目されています。  アメリカで行われた100メートル走のレース。一斉にスタートすると、1人だけ異次元の走りを見せる少年が。大人顔負けのフォームであっという間にゴールしました。 走っていたのはルドルフ・ブレイズ・イングラム君(7)。このレースで100メートル13秒48を出すと、「次世代のウサイン・ボルト」として全米から注目を集め、インスタグラムのフォロワーは40万人を超えま...
»続きを読む
カテゴリー:

葛飾北斎の未公開作品がヤバい!春のデートにおすすめアート&カフェ | ananweb - マガジンハウス - 02月16日(土)19:40 

六本木ヒルズ森タワー52階の森アーツセンターギャラリーで『新・北斎展 HOKUSAI UPDATED』が開かれています。展示替えをしながら約480件もの作品を展示する大規模展覧会は超必見。お江戸アートを満喫できるカフェもご紹介! 新しい北斎に会える!【女子的アートナビ】vol. 140『新・北斎展 HOKUSAI UPDATED』では、江戸時代後期に活躍した絵師、葛飾北斎(1760-1849)の作品、約480件(会期中展示替えあり)を紹介。20歳から90歳までの約70年におよぶ画業を6章にわけて展示しています。誰もが知る傑作や名品はもちろん、アメリカ・シンシナティ美術館が所蔵する肉筆画や、近年国内で発見された貴重な作品などの初公開作品も登場。新しい北斎に出会える展覧会です。最初はうまくなかった…?世界で最も有名な日本のアーティストのひとりである北斎が浮世絵界にデビューしたのは20歳のとき。はじめは勝川春朗と名乗り、当時人気のあった歌舞伎役者の絵をはじめ、美人画や子どもの絵、名所絵、さらには絵本の挿絵など、さまざまなジャンルの作品を手がけていました。展覧会を監修された浮世絵研究家の根岸美佳さんによると、巨匠北斎でも「デビュー当時は絵が拙い部分もあった」とのこと。そこから努力を重ね、最後には世界的にも有名な富士山や波の絵を生み出せるようになっていったそうです。初公開作品は必見!また、『...more
カテゴリー:

【軍事】第2次世界大戦中の米空母「ホーネット」か? 76年ぶりに海底で発見 - 02月16日(土)18:18  newsplus

第2次世界大戦中のアメリカ海軍空母「ホーネット」を、76年ぶりに南太平洋のソロモン諸島沖の海底で発見したと発表された。 アメリカ海軍空母「ホーネット」だとされる映像は、先月下旬、南太平洋のソロモン諸島沖の海底5400メートル近くで撮影された。 「ホーネット」は第2次世界大戦期、アメリカ軍が日本本土を初めて襲った空襲で、爆撃機B25を載せ日本を攻撃した空母。しかし、日本軍の爆撃機や魚雷などの度重なる攻撃によって撃沈した。 無人潜水艇がとらえた映像には、当時、空母に搭載されていた高角砲や戦闘機、...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<セルジオ越後>Jの注目は大迫の代役争い!ゼロックス杯なら杉本は落第! - 02月16日(土)17:22  mnewsplus

Jリーグ開幕を告げる富士ゼロックス・スーパーカップは川崎フロンターレが浦和レッズを相手に強さを見せつけたね。1対0のスコア以上に、内容的にも川崎が完勝した印象だ。  川崎は新加入の外国籍選手ふたりがしっかりと機能していたね。決勝点を奪ったレアンドロ・ダミアンは高さと前への推進力があり、攻撃にさらなるバリエーションを生み出していたし、右サイドバックのマギーニョもエウシーニョが抜けた穴を感じさせない出来だった。  とくにL・ダミアンは今後さらにフィットしていけば、ゴールを量産しそうな雰囲気があった...
»続きを読む
カテゴリー:

お前らこの7歳児に勝てるの? - 02月16日(土)20:27  news

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000147836.html 2019/02/16 17:26  わずか7歳の少年が「ネクスト・ボルト」として注目されています。  アメリカで行われた100メートル走のレース。一斉にスタートすると、1人だけ異次元の走りを見せる少年が。大人顔負けのフォームであっという間にゴールしました。 走っていたのはルドルフ・ブレイズ・イングラム君(7)。このレースで100メートル13秒48を出すと、「次世代のウサイン・ボルト」として全米から注目を集め、インスタグラムのフォロワーは40万人を超え...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ「メキシコ移民…駆逐してやる! アメリカから…一匹残らず!」→ウォール・トランプ建設に81億ドル - 02月16日(土)19:48  poverty

メキシコ国境からの不法移民や麻薬の流入が「安全保障上の脅威」として、国家非常事態を宣言した。米議会の承認を得ずに、最大約81億ドル(約8900億円)を「国境の壁」建設に投じる。 トランプ氏の強硬姿勢に対し、下院司法委員会は合法性の調査を開始。民主党系の州知事らに法廷闘争の動きも広がり、反発が強まっている。 トランプ氏は2019会計年度予算で「国境の壁」建設費に57億ドル(約6300億円)を要求したが、議会が可決した予算では13億7500万ドルにとどまった。 このためトランプ氏は、非常事態宣言に基づき大統領権限で...
»続きを読む
カテゴリー:

ヒラメ筋の長さがスゴイ! プロバスケ・馬場雄大、肉体の秘密 | ananweb - マガジンハウス - 02月16日(土)19:30 

研ぎ澄まされた肉体で勝利を掴む! 俊敏かつ力強いプレーで注目を集める、アルバルク東京の馬場雄大選手。激しい接近戦にも負けない体はコアトレーニングのおかげと教えてくれました。ぶつかってもブレない軸のある体作りを意識華麗なドリブルに軽やかなパス、豪快なダンクシュートで多くの人を魅了する馬場雄大選手。身長198cm、体重90kgと恵まれた体格を武器に大学在学中にプロバスケットボールチームと契約を交わした逸材で、プロ1年目から高い身体能力によるプレーが話題に。その背景には強い体作りが深く関わっているそう。「ぶつかり合いが激しいスポーツなので体幹を強くして、接近戦に勝たなくてはいけない。全身の筋トレと合わせて、コアトレーニングを意識的に行っています」特に目を引くのがふくらはぎの筋肉。引き締まった腓腹筋の下にあるヒラメ筋の長さは天性のもの。全速力でダッシュしたかと思えば、相手の動作に合わせてアクセル&ブレーキをかけ、踏み込んで軽やかにゴールを決める。しかしBリーグ新人賞に輝いた昨シーズン、試合中に足の甲を負傷。「落ち込みましたが、体の使い方に無理があったと気づきもあった。お尻の筋肉をうまく使えるよう重点的に鍛えるようになりました」また、気持ちの切り替えも大事だそうで、コートの外ではバスケのことは一切考えないとか。「頭に浮かぶのは“何を食べようかな”です。だから理想の女性は胃袋を掴んでくれる人(...more
カテゴリー:

日本は職人芸で仕事をこなしていた。アメリカはバカでもできる様に仕事を簡略化した - 02月16日(土)17:43  news

地元の企業知っとこ! 高校生対象に企業説明会 新宮市 https://kumanoshimbun.com/press/cgi-bin/userinterface/searchpage.cgi?target=201902170603 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<大迫を超えろ!>今年「大化け」が期待される「前橋育英のイブラヒモヴィッチ」ら5名のポストプレーヤー - 02月16日(土)17:17  mnewsplus

大迫勇也(ブレーメン)のコパ・アメリカ欠場が取り沙汰されている。 Qolyでは先日、「日本代表、「大迫依存」を脱却し得る5名のストライカー」という記事を配信したが、Jリーグ開幕を控え、改めてポストプレーを得意とする日本人選手を取り上げよう。 ◆小川 航基(ジュビロ磐田) 前回も取り上げたが、現在の国内で最も大迫に近い選手といえば小川だろう。 昨年の公式戦での得点はわずかに3ゴールで、そのうち2つはPKによるものだった。しかし186cmという長身ながら相手を背負った際の足元の収まりの良さは一級品といっていい...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「アメリカ」の画像

もっと見る

「アメリカ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる