「報道各社」とは?

関連ニュース

シャープ堺工場、8月下旬停止 7月20日ごろに最後のガラスパネル - 07月16日(火)18:19 

 シャープの沖津雅浩社長は16日、堺工場の液晶パネルの生産を停止する時期が8月下旬になるとの見通しを明らかにした。沖津氏は6月に社長に就任した。 同日、報道各社の取材に応じた。今月20日ごろに最後のガ…
カテゴリー:

実名に理解は示す、京アニ遺族の「本音」がきっかけだった。特集『被害者と遺族の「本当」』を始めます - 07月15日(月)08:00 

京都アニメーション放火殺人事件で亡くなった渡邊美希子さんの母・達子さんは、美希子さんが美術監督を務めた『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の絵や、生前に描いた年賀状のイラスト(左下)などを家に飾っている。ハフポスト日本版は、『被害者と遺族の「本当」』という特集を始めます。きっかけの1つが、「京都アニメーション放火殺人事件」のご遺族である渡邊達子さんと勇さんの言葉に強く共感したことでした。「社会のために、実名が必要。それは分かります。実名がある方が社会的に理解を得やすい場合もあると思います。でもなぜ同時に、被害者の人権や個人情報を守るための議論や報道が、積極的になされないのでしょうか」実名報道と遺族取材について「一定の理解を示す」2人が明かした本音でした。そもそも、なぜ事件・事故に遭った被害者やその遺族は、取材を拒むことが多いのか。背景の一つに、「本人にも原因があったのでは」といった、被害者に対する根強い差別や偏見があります。それは社会全体として、加害者による被害者への損害賠償や犯罪被害者等給付金など、さまざまな制度設計の遅れにもつながっています。「こうした実情に、報道は向き合ってきたのでしょうか」(達子さん)その言葉を、真正面から受け止めたいと思いました。被害者や遺族も生きやすい社会に向けて、まずは次の3つの目標を立て、被害者や専門家、弁護士や報道機関へ取材していきます。①被害者や...more
カテゴリー:

「次期首相」世論調査で茂木、名前が「五十音順で圧倒的に不利な立場」と弁明 ←そこじゃねえよ - 07月13日(土)06:36  news

!extend:default:default:1000:512:donguri=1/1: ※書き込むにはどんぐりLv.1以上が必要です。 自民党の茂木敏充幹事長は12日公開のインターネット番組で、「次期首相」を問う報道各社の世論調査で自身の順位が低いことを巡り、設問の名前の並びが五十音になっているためだと弁明した。「(私は)常に最後なので圧倒的に不利な立場にある」と強調した上で、トップを走る石破茂元幹事長について「名前順で最初に出る」と述べ、対抗意識をにじませた。 共同通信の6月の世論調査では10人の名前を挙げ、石破氏が26・2%で1...
»続きを読む
カテゴリー:

結婚の平等への反対、日本は26カ国で最も少ない結果に。「早急な法整備を期待」の声 - 07月11日(木)13:29 

世論調査を行うイプソスは6月25日、結婚の平等(法律上の性別が同じふたりの結婚)に関する意識調査の結果を公表した。調査は2月23日から3月8日に、日本やカナダ、南アフリカ、米国など、世界26カ国1万8515人を対象に実施した。その結果、日本はスペインと並び、結婚の平等について「許可されるべきではない」と反対する人の割合が最も少ないことが分かった。 ◆結婚の平等に賛成の割合は?日本では、結婚の平等を法的に認めるべきが42%、結婚でない他の法的承認を得るべきが25%、わからないが28%、結婚も他の法的な承認も許可されるべきではないが6%だった。報道各社が2023年に行った、「同性カップルの結婚を法的に認めること」に関する世論調査では、過半数が賛成だった。法的に結婚を認めるべきとした人の割合は26カ国中21位、一方で反対する人の割合は26カ国中最も低かった。また、LGBTQ当事者に対する雇用や教育などの差別を法律で禁止することに賛成する割合は、世界では53%だったが、日本では42%だった。今回の調査結果について、イプソスの内田俊一代表は、「日本は諸外国と比べ法整備が遅れています。そのことが、結果として、社会全体における関心や認知の拡大を妨げているのではないでしょうか」と指摘。「今後、LGBT+の人々が、当然の権利を享受しながら社会活動を行い、日常生活を営むための法律を含む環境整備が早急に...more
カテゴリー:

【都知事選】「世論調査はとある陣営が組織的に数字をつり上げてしまっているのでもはやアテにならない」 - 07月01日(月)15:13  poverty

7月7日投開票の東京都知事選の中盤情勢を報道各社が報じる中、分析の基となった世論調査について「組織的に回答して数字をつり上げている陣営もある」という指摘がSNS(ネット交流サービス)に投稿された。 専門家は「あり得ないこと」と明確に否定している。  6月30日に複数の報道機関が報じた中盤情勢について、ある候補者の陣営関係者はSNSに「組織的に世論調査・出口調査に回答して数字をつり上げている陣営もあり、もはやアテになりません」と投稿した。 https://news.yahoo.co.jp/articles/b392db502625be67111dcdcb2c31e...
»続きを読む
カテゴリー:

勝手に住所を載せられた京アニ遺族「本当に、社会のため?」 実名報道だけでないマスコミからの二次被害 - 07月15日(月)08:00 

京都アニメーション放火殺人事件で亡くなった渡邊美希子さんは、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』などで美術監督を務めていた。母の達子さんは美希子さんの生前から、家の壁いっぱいに、京アニ作品のポスターなどを飾ってきた。「許可してへんのに…」被害者遺族である渡邊達子さんは、取材を受けた新聞社の記事を読んで、憤りを抱いた。自分の住んでいる市町村名が勝手に載っていたからだ。36人が死亡した「京都アニメーション放火殺人事件」(2019年)で亡くなった渡邊美希子さんの母・達子さんと兄・勇さんは現在、「少しでも社会の役に立てるなら」と、当初は断っていたマスコミの取材を受けている。2人は「遺族取材と実名報道」について、一定の理解を示す。一方でこの5年、他社より先に記事を掲載しようと、遺族の都合を考えない強引な取材を迫られ、心ない言葉を浴びるなど、報道機関から数多くの「二次被害」を受けてきた。2人がメディアに望むのは▼被害者や遺族、専門家とともに、(取材方法や情報を出す範囲に関する)報道ガイドラインを策定すること▼被害者学や人権、精神医学などの知識を深める場を、報道各社が作ることなど、報道業界全体の変化だ。「市民が知るべきことを伝えながら、被害者の人権も守る。そんな落としどころを探っていく必要があると思う」と語る達子さんと勇さんとともに、今後求められる「報道の形」を考える。関連記事>>【被害者・遺族...more
カテゴリー:

プレステとの連携も? ソニーホンダ会長語る開発中のEVの展望は - 07月13日(土)11:00 

 ソニーグループとホンダが出資する電気自動車(EV)の会社「ソニー・ホンダモビリティ」の水野泰秀会長兼CEOは6月、都内で報道各社のインタビューに応じた。開発中のEV「AFEELA(アフィーラ)」につ…
カテゴリー:

NATOとアジアの安全保障は「不可分」 日本との連携期待 駐日米大使 - 07月11日(木)19:34 

 ワシントンで開かれている北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議について、エマニュエル駐日米大使が11日、東京都内で報道各社の取材に応じた。エマニュエル氏は北大西洋地域の安全保障と、対中国で緊張するインド太平洋地域の安全保障が「戦略的、地政学的に不可分になっている」と述べ、NATOと日本などの連携強
カテゴリー:

鹿児島県警「隠ぺい」疑惑の警官盗撮事件…実況見分日を誤記、会見で誤って発表 指摘受け報道各社へ訂正 - 07月02日(火)11:54 

 鹿児島県警が枕崎署員の盗撮容疑事件などの経緯を説明した6月21日の記者会見で、同事件の実況見分の実施日について事実と異なる発表をしていたことが1日、南日本新聞の取材で分かった。本紙の指摘を受けた県警は同日、「実況見分調書の記載に誤りがあった」と認め、報道各社に発表訂正した。同事件は「野川明輝本部長の隠蔽(いんぺい)指示疑い」が取り沙汰されており、捜査書類や会見内容の正確性が問われる事態となりそうだ。
カテゴリー:

都知事選世論調査 陣営が数字つり上げ? 専門家「あり得ない」 - 07月01日(月)14:20  newsplus

7月7日投開票の東京都知事選の中盤情勢を報道各社が報じる中、分析の基となった世論調査について「組織的に回答して数字をつり上げている陣営もある」という指摘がSNS(ネット交流サービス)に投稿された。専門家は「あり得ないこと」と明確に否定している。 6月30日に複数の報道機関が報じた中盤情勢について、ある候補者の陣営関係者はSNSに「組織的に世論調査・出口調査に回答して数字をつり上げている陣営もあり、もはやアテになりません」と投稿した。  報道機関の多くは無作為に数字を組み合わせた番号に電話をかけるRDD(...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる