「十数年」とは?

関連ニュース

2019年から2022年3月生まれのお子さんのための「1歳半から英語で育む子どもたちの可能性」入園説明会開催します。 - 02月02日(木)15:00 

「ひょうごSDGs スクールアワード2022」優勝賞受賞のインターナショナル・プリスクールCHES(チェス)「運営会社 株式会社プラウドカンパニー 代表取締役 森本泰 兵庫県神戸市垂水区歌敷山3丁目9-1」では、「1歳半から英語で育む子どもたちの可能性」と題した入園説明会を2月18日(土)・2月25日(土)の2日間にわけて開催します。対象は、2019年から2022年3月までのお誕生日の児童・英語教育に関心をお持ちの保護者の方です。「英語教育自体には、それほど思い入れはないのですが…、転園を受けいれてもらえないでしょうか」先日、ある保護者の方からこのようなご相談をいただきました。詳しく話をお伺いすると、コロナ禍の影響からか、いま在園中の園では、行事や工作などの活動がほぼすべてがなくなり、お子さんがどんよりとした表情で毎日帰宅するようになっているのが心配だということでした。先日参加した冬休みのCHESのホリデー・クラスではキラキラした表情で帰ってきてくれて、あのキラキラ感が忘れられないので大事にしたいとも…。CHESの英語環境はあくまで遊園地みたいなものです。「英語」は遊園地にあるジェットコースーターのような遊具。初めての遊具に戸惑うかもしれませんが、乗ることだけが目的ではなく、遊具で体験したこと、動き出す前のドキドキ感、走り出した時に感じる風、最上部から見えた景色、走り終わった時の安...more
カテゴリー:

『クリーンエネルギー/エネルギー革新白書2023年版 -水素エネルギーから分散型エネルギー資源まで-』 発刊のお知らせ - 01月30日(月)11:00 

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構(INGS)は2023年1月27日、『クリーンエネルギー/エネルギー革新白書2023年版 -水素エネルギーから分散型エネルギー資源まで-』の発刊ならびにその概要を発表した。本白書は、好評を博した同タイトルの白書2021年版を、最新の動向・状況変化を踏まえて大幅に拡充・再編成したものである。近年、再生可能でクリーンなエネルギー資源が注目されている。温室効果ガスの排出量を低減する「脱炭素化」に向け、さまざまなエネルギー分野で、クリーンなイノベーションに向けた技術開発が進められている。天候などによって発電量が左右される再生可能エネルギーを補完・強化する意味でも、次世代クリーンエネルギーの開発が重要なテーマとして認識・共有されている。例えば、本報告書で取り上げている水素は大きな可能性を秘めたクリーンなエネルギー源のひとつである。水素は、地球温暖化係数がゼロのエネルギーであり、水素を利用した燃料電池(FC)は、自動車や家庭、企業など幅広い用途に利用することができる。水素は、大量の電気を長時間蓄えることができ、長距離の輸送、燃料電池を使ったコージェネレーション、燃料電池自動車や燃料電池バスなどの移動体、CO?フリーの水素供給システムなどさまざまな用途に利用することができる。また、CO2フリーのアンモニアを燃料とするガスタービンやボイラーなどの燃焼技術...more
カテゴリー:

『カーボンニュートラル/資源・エネルギー革新総覧白書2023年版』 発刊のお知らせ - 01月30日(月)10:30 

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構(INGS)は2023年1月27日、『カーボンニュートラル/資源・エネルギー革新総覧白書 2023年版』の発刊ならびにその概要を発表した。本巻は、以下の刊行物(6巻)を集成して1巻にまとめた総覧型の白書であり、カーボンニュートラル(CN)、脱炭素技術、再生可能エネルギー、クリーンエネルギー、資源・エネルギー問題、エネルギー危機管理など、CNおよびエネルギー革新に関する詳細かつ体系的なレポートの全集もしくは総集編に相当するものである。「カーボンニュートラル/脱炭素・低炭素化白書2023年版」「カーボンニュートラルの効用・事業機会白書2023年版」「再生可能エネルギー白書2023年版」「クリーンエネルギー/エネルギー革新白書2023年版」「脱炭素・低炭素化の課題別テーマと適用技術白書2023年版」「資源・エネルギー問題/エネルギー危機管理白書2023年版」(※ 全6巻を個別にご購入された場合に比べ、およそ半額程度の価格でお買い求めいただけます。)┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌▼ 内容等の詳細は、下記(リンク先)をご参照ください。カーボンニュートラル/資源・エネルギー総覧白書2023年版[全6巻] 製本版https://www.x-sophia.com/?pid=172383599カーボンニュートラル...more
カテゴリー:

『カーボンニュートラルの効用・事業機会白書2023年版-産業別GX(グリーン・トランスフォーメーション)/ESGの動向』 発刊のお知らせ - 01月27日(金)13:00 

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構(INGS)は2023年1月27日、『カーボンニュートラルの効用・事業機会白書2023年版-産業別GX(グリーン・トランスフォーメーション)/ESGの動向』の発刊ならびにその概要を発表した。本白書は、好評を博した同タイトルの白書2021年版を、最新の動向・状況変化を踏まえて大幅に拡充・再編成したものである。サーキュラーエコノミー、脱炭素・低炭素化、サステナビリティ、GX(グリーン・トランスフォーメーション)の動きは、既存のルールを変革するトリガーとなり、同時に、新たなビジネスチャンスも生み出す源泉となっている。産業界の排出量を低減するためには、供給側と需要側の両方で、さまざまな調整や介入が必要になる。しかし、国際的な優位性を確保するには、受け身の対応だけでは世界の産業部門の脱炭素化の潮流に対抗する上で十分ではない。カーボンニュートラルなSociety 5.0を実現し、イノベーションの創出が不可欠であり、戦略的な方策と技術的なチャレンジの結合が求められている。性能基準などのカーボンニュートラルDXとカーボンプライシングは連動して効果を発揮する。また、脱炭素化を実現するために必要な投資を日米欧中の巨大な市場を取り込んで成長につなげていけるのかは、世界経済のパワーバランスを左右する競争として正念場を迎えている。今後は経済・社会におけるGX(グリ...more
カテゴリー:

『資源・エネルギー問題/エネルギー危機管理白書2023年版』 発刊のお知らせ - 01月27日(金)13:00 

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構(INGS:東京都品川区/代表理事 森田 進)は2023年1月27日、『資源・エネルギー問題/エネルギー危機管理白書2023年版』の発刊ならびにその概要を発表した。資源やエネルギーの生産、輸送、消費はすべて環境に影響を及ぼすことから、エネルギー産業が環境に与える影響は大きく、エネルギーと天然資源の消費、エネルギーと社会生活とは密接に関係している。エネルギーは、「3つのE(エネルギーの安定供給、経済効率の向上、環境への適合)+S(安全性)」を満たすこと、そして、さまざまなエネルギーを組み合わせて系列化・分散化・最適化を果たしていくことになる。ゼロカーボン社会への移行により、化石燃料施設は将来的に存続できなくなると予想されるなかで、企業や投資家は資源とエネルギーに関するリスク資産の保有に関する情報を把握しておく必要に迫られている。不安定な燃料供給に依存し続けるのか、それともこの機会に効率的で断熱性・換気性に優れたインフラを構築し、分散型再生可能エネルギーで電力システムを強化するのか。そのバランスを考える必要がある。化石燃料などの資源が使用できなくなった場合、世界中に大量の遊休資産が発生し、座礁資産が発生する可能性がある。しかし一方で、脱炭素化はそれをはるかに超える潜在的なリスクであり、リスクの抑制と脱炭素化のコスト増大とのバランスを見ていく必...more
カテゴリー:

【悲報】皇宮警察がヤバイ。高御座に座って写真を撮り合う、天皇陛下専用ベッドに仰向けに寝転がり撮ってくれ! - 02月01日(水)11:45  poverty

「陛下専用のベッドに寝そべり…」「“玉座”に座って記念撮影」 皇宮警察OBが明かす衝撃の不祥事 「互いに高御座に座って携帯で写真を撮り合いました」  天皇陛下や皇族方を最も身近でお守りすべき「皇宮警察」で、皇族方への陰口や、パワハラ、不審者侵入などの事態が頻発していることを、これまでも「週刊新潮」は報じてきた。そして今回紹介するのは、即位の礼で用いられた玉座・高御座に座って写真を撮るという悪ふざけが皇宮警察内で常態化していた、という驚きの証言である。  自らの“悪事”を打ち明けるのは、さる皇宮...
»続きを読む
カテゴリー:

『再生可能エネルギー白書2023年版』 発刊のお知らせ - 01月30日(月)11:00 

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構(INGS)は2023年1月27日、『再生可能エネルギー白書2023年版』の発刊ならびにその概要を発表した。本白書は、好評を博した同タイトルの白書2021年版を、最新の動向・状況変化を踏まえて大幅に拡充・再編成したものである。環境省試算によると、日本の再生可能エネルギーの潜在能力は、現在使用されている全電力需要の最大2倍とされている。一部では石炭、天然ガス、原子力がなくても、再生可能エネルギーだけで電力をまかなえる可能性があるとされており、再生可能エネルギーの需要が増加することが予想される。また、日本でも、国際的な取り組みである「RE100」、「ESG」による再生可能エネルギーや関連の資源分野への投融資、「SDGs」への貢献を目指す取り組みが注目されている。一方で、再生可能エネルギーなどのグリーン産業は、市場経済の観点からはコストとリスクの課題に直面しており、強味とする分野の更なる研究開発推進に加え、各産業の再構築・再編成に伴う戦略性、サステイナブルデベロプメント(持続可能な発展)を追及するためのトータルシステムとしての再生エネルギーの優位性を探求していくことが求められている。また、太陽光発電システムなどで作られた電力を束ねて効率的に制御し、提供(アグリゲート)することが求められている。そこで、本調査報告書(白書)では、再生可能エネルギー...more
カテゴリー:

<元妻のウソ>元夫へ復讐……気持ちが晴れない、なぜ?私のあやまち【第10話まんが:元妻の気持ち】 - 01月27日(金)23:40 

【第1話】から読む。 前回からの続き。私は高校生の娘ルミを育てるレイカです。ようやく十数年前に別れた元夫ヨウタへの復讐を果たしました。その方法とは「愛する娘ルミの口からヨウタへの絶縁宣言をさせる」こと。でもどうしてでしょう、この瞬間を待ちわびていたというのに私の心は全く晴れないのです。 ヨウタが不倫をしていたのか本当のところは分かりません。離婚の原因を誰かのせいにすることで私が心を保っていただけかもしれません。しかしルミとヨウタに謝罪をした後、私の気持ちはなぜかふっと軽くなったのです。私だけがずっと過去にとらわれ続けていたのでしょう。今後は両親と離れて暮らし、傷つけてしまったルミと誠心誠意向き合っていきたいと思っています。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子 【つぎ】の記事:<ステップファミリー>旦那がわが子に冷たい?下の子が産まれたから……?【前編まんが:私の気持ち】
カテゴリー:

『カーボンニュートラル/脱炭素・低炭素白書2023年版』 発刊のお知らせ - 01月27日(金)13:00 

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構(INGS)は2023年1月27日、『カーボンニュートラル/脱炭素・低炭素白書2023年版』の発刊ならびにその概要を発表した。本白書は、好評を博した同タイトルの白書2021年版を、最新の動向・状況変化を踏まえて大幅に拡充・再編成したものである。各国政府は、気候変動の経済的、政治的、環境的問題に対処するために、グリーン産業政策(GIP)を積極的に推進している。GIPは、産業界の利益と気候政策を結びつけるフィードバックのプロセス=グリーン・スパイラルを生み出すことができる。 また、GIPは産業政策と重なり合っているが、同時に経済問題と環境問題を調和させるという課題に直面しており、戦略的なステップを踏むことが求められている。また、脱炭素社会の実現に向けて、企業や家庭のCO2排出量に応じて課税する炭素税や、CO2排出量の多い企業が排出枠を購入する排出権取引の」ように、CO2排出量に応じて負担を求めるカーボンプライシング導入の機運が日本を含め世界的に高まっており、CO2排出量に課税する炭素税の創設を視野に入れて検討されている。また、脱炭素化に向けた様々な法改正に伴い、廃棄物処理法、環境影響評価法、省エネ法などの関連法令の改正が行われている。脱炭素化には外圧の側面もあるが、中国などの企業に対する競争力回復の観点から「大きなチャレンジになる」と前向きな...more
カテゴリー:

「うんちが薬」になる時代。人体のフロンティア「腸内細菌」の可能性 - 01月26日(木)07:30 

ここ十数年の間で、私たちの腸内に生息している細菌たち「マイクロバイオーム」が、私たちの身体にさまざまな影響を与えている可能性が分かってきました。それにともない、いくつもの企業がマイクロバイオームを活用したサービスや、腸内細菌を生かした治療薬の開発「マイクロバイオーム創薬」に取り組んでいます。腸内細菌研究の現状を、専門家に聞きました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる