「陸上競技」とは?

関連ニュース

〈県内一周駅伝〉昨年3位、上回る走りを - 01月21日(火)21:25 

第60回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催、2月14~16日)に出場する伊万里市チームの結団式が19日、ロイヤルチェスター伊万里で開かれた。選手やスタッフら約50人が集まり、前回の3位を上回る走りをしようと誓い合った。 市体育協会の石本清文会長が「本番まで毎日が勝負だと思い、ベストで走れるように頑張って」と激励した。選手を代表して岩永悠太主将(30)が「支えてくれる方々への感謝の思いと市民の応援を力に変え、人々の心を魅了する走りをしたい」と宣誓した。
カテゴリー:

エヌピーディー・ジャパン、最新スポーツシューズ・アパレル市場レポート「ランニングシューズ市場規模、2019年+5.8%増」を公表 - 01月21日(火)16:00 

スポーツシューズ・アパレル市場情報サービス『Japan Sports Tracker*1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(東京都港区、トーマス・リンチ代表)は、ランニングシューズ*2市場動向分析レポートを2020年1月21日に公表します。本分析レポートでは、大きく以下のことが分かります。日本のフットウェア市場規模は、2018年12月~2019年11月に5390億円で前年同期比3.5%増、このうちランニングシューズ市場は、23.2%を占め、前年同期比5.8%増と大幅に成長しました。成長をけん引したのは、男性着用と、11,000円以上の高価格帯商品でした。2019年ランニングシューズ市場規模は、約5390億円で5.8%増2019年(2018年12月~2019年11月計)のフットウェア市場(0-12才除く)規模は、5390億円で前年同期比3.5%増でした(図表1)。市場規模の増加は2年連続で、前年の成長2.0%増でした。このうち、ランニングシューズ(中長距離陸上競技専用シューズを含む)は、23.2%を占め、2019年(同上期間)は、5.8%増とフットウェア市場の成長を大きく上回りました。ランニングシューズの2018年の成長率は1.7%増でしたので、2019年に急増していることが分かります。ランニングシューズ市場規模は1250億円で急成長、男性がけん引2019年(同上期間)のラ...more
カテゴリー:

つなぐ仙台手応え 新戦力パラ躍動、2年目田中弾も - 01月21日(火)10:57 

“新体制初陣”はポジティブなドローだった。ベガルタ仙台は20日、キャンプ地の沖縄・糸満の西崎運動公園陸上競技場に昨季2位のFC東京を迎え、今季初の対外試合を行った。1本目16分に先制を許したが、2本目5分に高卒2年目のMF田中渉(19)…
カテゴリー:

<ベガルタ>糸満キャンプ F東京と練習試合、ドローに一定の収穫 - 01月21日(火)06:05 

J1仙台は、沖縄県糸満市での1次キャンプ第8日の20日、同市西崎運動公園陸上競技場でFC東京と練習試合(45分×2回)を行い、2回目にMF田中がゴールを決めて2回合計で1−1で引き分けた。 仙台はキャ
カテゴリー:

第73回東西松浦駅伝 出場チームの横顔① - 01月20日(月)21:50 

第73回東西松浦駅伝大会(佐賀新聞社主催、唐津市・伊万里市・有田町陸上競技協会主管、佐賀ダイハツ販売特別協賛)は26日、有田町東出張所前から唐津神社までの8区間59・8キロのコースで競う。前回大会で10位以内に入ったシードチームと予選会を勝ち抜いた8チームに、唐津・東松浦、伊万里・西松浦両地区の選抜チームを加えた計20チームが、郷土の期待を背負ってたすきをつなぐ。 大会を前に出場チームを4回に分けて紹介する。
カテゴリー:

【書評】戦争論専門家が本場所中に女子高生の日を提案する理由 - 01月21日(火)18:18 

今の若い人たちは知らないかもしれない単語、「トンチンカン」。辻褄が合わない、間抜けといった意味の言葉ですが、現代日本のトンチンカンたちを容赦なくぶった斬る書籍を紹介しているのは、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長、柴田忠男さん。プロローグからスロットル全開、「直言、辛言、暴言」飛び交う一冊です。 偏屈BOOK案内:北岡俊明『日本トンチンカン悪者列伝』 『日本トンチンカン悪者列伝』北岡俊明 著/ワック トンチンカンとは久しぶりに聞く言葉だ。辻褄が合わない、ちぐはぐ、間抜けといった意味で、若い頃に仲間内で用いていた記憶がある。プロローグの日本相撲協会への提案「女子高生の日」が笑える。土俵の砂かぶりは異常に値段が高く、年寄りや金持ちのずばり特権階級の専用席だ。もともと相撲協会は内向き志向、金持ち志向、利権・特権志向の、未来を考える頭脳が弱い組織だ。 土俵の周りを花も恥じらう女子高生が、十重二十重にかこんだらどうなるか!すなわち、本場所中に「女子高生の日」を設けて、土俵の周囲を女子高生であふれさせるのだ。力士たちは猛ハッスルして、どの取組もガチンコの大熱戦になる。テレビ桟敷だって、砂かぶり席は中高年より女子高生を見るほうが嬉しい。結果として、相撲人気が大いに盛り上がる。素晴らしい珍アイデア。 観戦する女子高生は全国からの応募、抽選で決める。砂かぶり席を中心...more
カテゴリー:

【水泳/陸上】アスリート「体毛つるつる」 に意見分かれる 専門家の意見は「頭がすっぽり隠れる体に密着したピチピチの服」 - 01月21日(火)12:55  mnewsplus

 やっぱり彼もツルツルだった。  昨年の暮れの12月21日、瀬戸大也選手(25)が短水路国際リーグ決勝大会の2種目で優勝。若い女性のようにきれいに剃られた脇の下をみせながらガッツポーズをした。  水泳選手は全身の毛を剃り上げて大会に臨むという話は有名だが、その一方で陸上短距離選手は長髪をなびかせながら走る者もいる。アスリートはそれぞれどのように体毛について考えているのか。 「私は大きな大会の前になると必ず毛を剃りますね」と言うのは、昨年の競泳日本選手権、男子1500メートル自由形3位の仲...
»続きを読む
カテゴリー:

12月公共工事請負額8.7%減 70億200万円 - 01月21日(火)10:45 

西日本建設業保証佐賀支店が前払い金の保証状況を基にまとめた2019年12月の佐賀県内公共工事動向によると、件数は前年同月比8・7%増の275件だったが、請負金額は同8・7%減の70億200万円だった。請負金額1億円以上の大型工事件数が11件から6件に減少したことが影響した。 請負金額を発注者別に見ると、県は防災行政通信ネットワーク関連の設備工事(3億4400万円)、SAGAサンライズパーク陸上競技場改修工事(2億4千万円)があり、71・6%増加した。
カテゴリー:

招待選手に青学大の吉田圭太 吉備路マラソン、天満屋の谷本も - 01月20日(月)22:04 

 2月23日に総社市を発着点に開かれる「2020そうじゃ吉備路マラソン」の実行委員会(岡山陸上競技協会、岡山県、総社市、同市教委、山陽新聞社で構成)は20日、今年の箱根駅伝で総合優勝に貢献した青学大の...
カテゴリー:

濱崎達規、大会新で初V NAGOハーフマラソン 女子は中夢子が初優勝 - 01月20日(月)12:45 

 【名護】第61回NAGOハーフマラソン(同実行委員会主催、名護市、市教育委員会、市体育協会、沖縄陸上競技協会、琉球新報社共催)は19日、名護市陸上競技場を発着点に羽地内海コース(21・0975キロ、日本陸連第3種公認)で競われた。男子は招待選手の濱崎達規(南城市、なんじぃAC)が1時間6分11秒の大会新で頂点に立っ...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「陸上競技」の画像

もっと見る

「陸上競技」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる