「出来事」とは?

関連ニュース

<キビシすぎる義父>食べない息子「幼稚園の給食なら食べてくれるかも!?」母の願い【第4話まんが】 - 05月19日(日)20:50 

【第1話】から読む。 前回からの続き。私はマナ。夫のカズヤとともに4歳の息子ヒロトを育てています。ある日義実家へ家族で行くと、しつけに厳しい義父から食事を強要されてヒロトが吐いてしまいました。すぐに帰宅したものの、それからヒロトは「おじいちゃんが怖い」と言ってご飯を食べたがりません。あれこれ勧めても、ゼリーやあめなどをわずかに口にしてくれただけ。ただそれ以外は部屋のなかを走り回るなど元気なので、私は早く怖さを忘れて普通に食べられるようになってほしいと願っていました。 給食なら気分が変わって食べてくれるかもしれないという期待も少しありました。幼稚園でいつもどおり楽しく過ごせば、怖い気持ちも薄れるかもしれないと思ったのです。私は落胆しつつ、ヒロトを連れて幼稚園から出ました。途中で寄った公園で、遊ぶヒロトを眺めながら考えを巡らせます。 しばらく経つと、ママ友のコトネさんが娘のノノカちゃんをつれて公園に現れました。同じクラスの子どもたちはさっそく一緒に遊びはじめます。その楽しそうな様子をコトネさんと眺めながら、私は事情を説明します。落ち込む私に、コトネさんはあたたかい言葉をかけてくれました。 ヒロトがご飯を食べられなくなったのは、義父に叱られたことがショックだったからでしょう。だったらせめて幼稚園で楽しく過ごして、少しでも心を癒してほしいと思ったのですが……。期待もむなし...more
カテゴリー:

数々の患者をターゲットに不倫を繰り返してきました…少しも懲りない35歳歯科衛生士が辿った「受け入れがたい現実」【前編】 - 文・菜花明芽 | ananweb - マガジンハウス - 05月19日(日)20:10 

何がきっかけで人の道を踏み外すかわかりませんね。今回は、既婚男性と不倫を繰り返した結果すべてを失った35歳歯科衛生士のエピソードをご紹介します。職場で孤立するも、とある患者に告白されて…ミキさん(仮名・35歳)は現在とある既婚男性(謙さん・仮名・32歳)と不倫関係にあるそうです。なぜ、ミキさんは先行き不安な恋愛に足を踏み入れてしまったのでしょうか。「私は歯科衛生士として働いています。昔から『友情より愛情』と考えており、友人より好きな人を何より優先してきたので、女性ばかりの世界でうまくやっていけるか心配でした。どうにか仕事はこなしているものの、やはり同僚と反りが合わずいつも一人ぼっち。人知れず寂しさを感じていた頃、仕事帰りにとある患者から告白されて…相手は既婚者だったけれど、さほど気にならなかったので交際することに。この出来事を機に私は数々の不倫に溺れていきました」では、今回の不倫が初めてというわけではないのですね。「はい、今まで何人もの男性と不倫をしていました。最初の不倫が終わると、今度は歯科医院の患者をターゲットにするように。受付で診察券と一緒に電話番号を書いたメモを手渡しリアクションがあった相手と不倫関係になるのです。彼が歯科医院を訪れる際はお互い他人のふりをして、周りにバレるスリルを楽しんで。ですので、相手の通院が終わると私から別れを告げるということを繰り返してきました」現在...more
カテゴリー:

「歴代最高の最終話」「設定が秀逸」夢オチだけど作品への評価が高いマンガ3選 - 05月19日(日)16:55  mnewsplus

https://magmix.jp/post/231998 実は夢だった、で物語が閉幕する、いわゆる「夢オチ」展開は積み上げてきた物語や設定がなかったことになってしまうことが原因で、否定的な声があがることもあります。しかし、読者ががっかりすることも少なくない「夢オチ」だったにもかかわらず、今もなお読者から支持を得続けている作品も見受けられます。 ※この記事にはネタバレが含まれます ●『さよなら絶望先生』 「週刊少年マガジン」で連載されていた『さよなら絶望先生』(著:久米田康治)のラストも、「幻想」を巧みに活用した演出で読...
»続きを読む
カテゴリー:

( ´ん`)「ん…卵買わなきゃ…」→帰宅後 ( ´ん`)「もう昨日買ってた…」 翌日( ´ん`)「卵買わなきゃ…」 帰宅( ´ん`)「買ってた…」 - 05月19日(日)15:07  poverty

「同じものを買ってしまう」行動は単なる老化現象、そこから始まる認知症を見抜くヒント 「パック入り卵を4日連続で買ってしまった」「身近な人の名前が出てこない」など、最近何かがおかしいと感じることがあったら……それは認知症の警告サイン!?正常な脳と認知症の間にある〝認知症グレーゾーン〟かもしれません。 認知症の分かれ道で、回復する人と進行してしまう人の違いは何なのか。40年以上、認知症の予防と研究に関わってきた認知症専門医の朝田隆さんによる著書『認知症グレーゾーンからUターンした人がやって...
»続きを読む
カテゴリー:

「若さは正義」と言われる女性アイドル。でも本当にそうなのか?アラサー世代の『i☆Ris』が、ファンから受け取ったもの - 05月19日(日)10:00 

i☆Risの山北早紀さん(左)と久保田未夢さん「若さや新鮮さ」を求められることが多い女性アイドル。次々と新しいグループがデビューしたり、数年でメンバーが「卒業」したりと、入れ替わりが激しい。2012年にデビューし、メンバー全員が「アラサー世代」となった声優アイドルユニット『i☆Ris』(アイリス)は、そうしたアイドル業界の中でも珍しい存在だ。1人卒業したものの、今も結成当時のメンバー5人で活動している。12年目となった今年、「自分たちがアニメ映画になる」という前人未到の道に辿り着いた。5月17日に公開された劇場版アニメ「i☆Ris the Movie - Full Energy!! -」だ。年齢を重ねることは、マイナスとして受け取られる側面もある。アイドルであれば尚更だ。でも、本当にそうなのか。リーダーの山北早紀さんと久保田未夢さんに、「アイドルとしての表現」、そして「活動を通して伝えたいこと」について、12年間の変化を聞いた。◆活動を重ねたから、「かっこいい曲」もハマるようになったライブシーンでも、さまざまな曲を歌う劇場版アニメ「i☆Ris the Movie - Full Energy!! -」は、i☆Risが声優アイドルユニットの第一人者として活動してきた12年間の歩みを振り返りながら、今後について考えていくストーリーが描かれている。活動初期はメンバーが声優を務めたアニメ『プ...more
カテゴリー:

憧れている女性の元不倫相手と関係を持ちました… 背徳感に溺れた「30代女性のあやまち」【前編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 05月19日(日)20:15 

世間は思っているよりも狭いと感じさせられる出来事もあります。知り合いの元不倫相手と不倫をしたことによって、人生を大きく誤ってしまった30代女性のエピソードを、メンタル心理カウンセラーの並木まきがお届けします。憧れている女性の元不倫相手と出会う知恵さん(仮名)は、女子会メンバーの亜由美さん(仮名)にずっと憧れを抱いて「あんなふうになりたい!」とメイクやファッションのお手本にしてきたそう。亜由美さんは知恵さんよりも2歳年上で、インフルエンサーとしても活躍している姿がとても眩しかったとのこと。いつしか亜由美さんとプライベートの話をするようになり、亜由美さんが不倫をしている事実を知ってからも、知恵さんは変わらずに亜由美さんに憧れ続けていたといいます。「亜由美さんは本当に素敵な女性で、私にはないキラキラオーラがある女性なんです。だから、仲良くなって恋愛の話をし合えるようになったときには、本当に嬉しかったですね。不倫をしているのを知ったときには一瞬だけ驚きましたけど、あれだけ美人だったら既婚男性がメロメロになっても不思議ではない…と思っていました」それからしばらくして、亜由美さんは不倫を清算し、独身の男性と交際を始めたかと思ったらスピード婚をしたそうです。「亜由美さんから結婚をすると聞いたときもすごくびっくりしましたけど、不倫を終わらせたことにホッとしました。ところが、運命ってすごく奇妙なんで...more
カテゴリー:

QuizKnock「好きでやってることの多くが実は学び」 日頃の学習方法を伝授! | ananweb - マガジンハウス - 05月19日(日)20:00 

常に“楽しいから始まる学び”と向き合いコンテンツを発信する、QuizKnock。“クイズ王”こと伊沢拓司さんを筆頭に、河村拓哉さん、須貝駿貴さん、山本祥彰さんの4人のメンバーに、日頃の学習方法やアンテナの張り方、新しい分野に飛び込むときの心構えを聞いてみました。QuizKnockが語り合う学びの深め方と、クイズという競技の魅力。左から、河村拓哉さん、山本祥彰さん、伊沢拓司さん、須貝駿貴さん――「学び」を面白がる、好きになるにはどうすべきでしょう。伊沢拓司(以下、伊沢):最初の一歩目って大事だよね。須貝駿貴(以下、須貝):うん。「できないから学ぼう」って思いがちだけど、その前に「できること」があると思うんですよね。まずはそこから手をつけてみる。山本祥彰(以下、山本):「ちょっとだけ難しいことをする」も大事かな。できないと思ってたことができるようになると嬉しくて、もっと学ぼうと思える。伊沢:“成長”はキーワード。苦手な学びをいきなり好きにはなれないよね。学び自体が好きじゃなくても、そんなことを頑張れてる自分が好き、自分の成長が好き、で十分いいよね。山本祥彰(以下、山本):実際、好きでやってることの多くが実は学びだからね。須貝:そう。上手にコーヒー淹れられるようになりたいとかね。先日もセラミックのコーヒーフィルターを買ったんだけど、どう見ても石なんだが? 本当に水が通るのか? って気にな...more
カテゴリー:

玉袋筋太郎 妻との別居明かす「出て行ってしまった」新たなパートナー関係に「50代は生きるのに大変」 - 05月19日(日)16:51  mnewsplus

[ 2024年5月19日 08:00 ]  タレントの玉袋筋太郎(56)が妻と別居していることを明かした。スポニチアネックスの取材に「家を出て行ったんだよ」と語った。 新刊「美しく枯れる。」(KADOKAQA刊)は3月末の発売から3刷に版を重ねる好評。この中に「ある朝、カミさんが消えていた」と告白している。一体何が起きたのか?(中村 綾佳)  「50代って生きるのに大変だよね。いろんなことが起きる。そういう年齢なんだろうね」  玉袋には近年、人生が激変するような出来事が何件も起きた。「人間関係も、仕事も、夫婦関係も変わっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【神奈川】創業57年、座間市で唯一の銭湯が客の迷惑行為で閉店発表「もう限界」「営業続ける意欲が無くなった」 ★2 - 05月19日(日)13:32  newsplus

 創業約57年の神奈川・座間市にある老舗銭湯が18日までに、客の迷惑行為やルール違反が多過ぎることなどを主な理由として今月末で閉店することを発表した。公式X(旧ツイッター)アカウントで「もう限界」などと告知し、大きな反響を呼んでいる。 【写真】閉店を発表した「亀の湯」の外観  閉店するのは座間市にある「亀の湯」。同銭湯は16日にXを更新。「亀の湯 閉店のお知らせ」という文書をアップした。  そこでは「昭和42年にこの地に公衆浴場を開業し、約57年営業を続けてきました。私の祖父が建てた最後の銭湯として、少...
»続きを読む
カテゴリー:

【神奈川】創業57年、座間市で唯一の銭湯が客の迷惑行為で閉店発表「もう限界」「営業続ける意欲が無くなった」 - 05月19日(日)06:40  newsplus

 創業約57年の神奈川・座間市にある老舗銭湯が18日までに、客の迷惑行為やルール違反が多過ぎることなどを主な理由として今月末で閉店することを発表した。公式X(旧ツイッター)アカウントで「もう限界」などと告知し、大きな反響を呼んでいる。 【写真】閉店を発表した「亀の湯」の外観  閉店するのは座間市にある「亀の湯」。同銭湯は16日にXを更新。「亀の湯 閉店のお知らせ」という文書をアップした。  そこでは「昭和42年にこの地に公衆浴場を開業し、約57年営業を続けてきました。私の祖父が建てた最後の銭湯として...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる