「ドローン」とは?

関連ニュース

東大、リチウムイオン電池の「不可逆容量」削減する技術開発 高容量可能に - 02月24日(月)08:27 

電気自動車やドローン、IoT機器の普及に向けてリチウムイオン電池のさらなる高容量化が求められている。
カテゴリー:

【映画】『犬鳴村』エンドロールに女性の影が…SNS騒然 プロデューサーも「ゾッとしました」 - 02月24日(月)01:54  mnewsplus

最恐心霊スポットとして名高い、福岡県の旧犬鳴トンネルを舞台にした現在公開中の映画『犬鳴村』。実際の旧犬鳴トンネルを撮影した3分間の本編エンドロール映像に、女性の影らしきものが映り込んでいるとSNSを騒然とさせている。 話題になっているのは、実際の「旧犬鳴トンネル」を撮影した3分間の本編エンドロール映像の最後の2分50秒ほどのあたりで、トンネル前に積まれたブロックの真ん中の少し空いた隙間から、こちらをじっと見つめる女性のような影。 一時停止して見てみると、確かに凹凸のある人の顔に見える何かが、ブロッ...
»続きを読む
カテゴリー:

【やっぱり被害があった】脳損傷の米兵110人に、イランによる在イラク米軍基地攻撃で 国防総省 - 02月23日(日)06:14  newsplus

https://www.afpbb.com/articles/-/3269647 脳損傷の米兵110人に、イランによる在イラク米軍基地攻撃で 国防総省 2020年2月22日 15:52  発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 イラン イラク 中東・北アフリカ ] 【2月22日 AFP】イランが先月、イラクの米軍基地に対してミサイル攻撃を行った際に外傷性脳損傷(TBI)を負った米兵の数が110人に達した。米国防総省が21日、明らかにした。今月10日の発表では109人だった。  国防総省は、110人が全員「軽度」の外傷性脳損傷と診断されたと発表する一方で、計77人が既に原...
»続きを読む
カテゴリー:

砂防工事の安全対策を共有 ICT活用事例が最優秀賞に 関東地方整備局 - 02月22日(土)10:01 

 国土交通省関東地方整備局は2月7日、第21回砂防関係工事安全施工研究発表会を開いた。治水や土砂崩壊による被害を防ぐための砂防工事について、安全確保のための好事例や工夫を発表するもの。日光砂防事務所推薦のH30芹沢護岸工事(施工:小島土建(株))の安全対策が今年の最優秀賞に輝いた。  同工事の滝川正樹現場代理人は、ICT(情報通信技術)を安全対策に活用した事例を発表。測量作業にドローンを使うこと……[続きを読む]
カテゴリー:

【矢野経済研究所プレスリリース】社会インフラIT市場に関する調査を実施(2019年)~2018年度の国内社会インフラIT市場規模は、前年度比1.2%増の6,080億円~ - 02月21日(金)13:00 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の社会インフラIT市場を調査し、市場規模、分野別の動向、入札や技術の動向、将来展望を明らかにいたしました。1.市場概況道路や鉄道、空港、港湾、河川、ダム関連、上下水道/浄水場などの水関連、防災・消防・警察関連の計8分野の社会インフラ管理におけるIT関連事業を対象として調査を実施し、社会インフラIT市場規模を算出した。2018年度の国内社会インフラIT市場規模(インフラ運営事業者の発注金額ベース)を6,080億円と推計した。2018年度の市場は前年度比1.2%増と、2017年度(同2.9%減)から増加に転じて6,000億円の大台は維持した。分野別にみると、防災・消防・警察が伸長、規模の大きな道路、鉄道も堅調に推移し、水関連や空港が減少したものの、全体としては拡大に転じた。2019年度も道路、鉄道、防災・消防・警察分野は引き続き堅調で、2019年度の社会インフラIT市場規模は前年度比1.0%増の6,140億円を予測する。2.注目トピック~社会インフラ向けITソリューションの可能性本調査では、社会インフラ管理におけるIT関連事業のうち、ITベンダーが提供するIoTサービス(クラウドを利用したサービス)やAI(画像解析、データ解析等)サービス、AR(Augmented Reality)/ VR(Virtual Reality)サービス...more
カテゴリー:

トラック運転手がいなくなるらしいけどこれからはドローンで荷物運ぶ時代だから関係ないでしょ - 02月24日(月)05:57  news

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif トラック運転手が大量定年、迫る“物流崩壊” 7年後には4回に1回、商品の輸送をあきらめることに?  トラック運転手不足による“物流崩壊”が迫っている。2027―28年になると必要な運転手の人数に対して25%の人材不足が生じるとの試算がある。単純に考えると企業は4回に1回は商品の輸送をあきらめる計算だ。経済活動への影響を懸念した政府は企業に呼びかけ、物流を持続可能にする「ホワイト物流」推進運動を展開中だ。 目指せ“ホワイト物流”  国交、経済産業、農林水産の3省が19年4月、主要な63...
»続きを読む
カテゴリー:

住信SBIネット銀行、逝く - 02月23日(日)12:22  poverty

システム障害 ただいま以下のサービスがご利用いただけません。 大変ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。 ・口座開設を含むオンライン取引全般 ・他行へのお振込み ・ATMのお取引 ・カードローンのお借入れ、ご返済 ・SBI証券連携サービス ・残高照会/振替/定期預金のお取引 ・外貨預金のお取引 ・デビットサービス全般 ・住信SBIネット銀行totoのお取引き全般 https://www.netbk.co.jp/contents/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

AlphabetのLoonとSoftBankのHAPSMobileによる成層圏ネットワーク構想に世界的大企業が続々参加 - 02月22日(土)20:00 

Alphabetの高高度気球企業Loonと、SoftBankの子会社で成層圏にグライダーを飛ばすHAPSMobileが率いる、全業界的企業連合が、高高度の送受信メカニズムを利用するネットワーク接続のスタンダードと関連技術を開発していくことになった。 これは両社が2019年4月に結んだパートナーシップの拡張で、Loonが使用するネットワークハードウェアが、HAPSMobileの長翼成層圏ドローンと互換性を持つことになる。両社はもっと多くのメンバーを歓迎しており、すでにAirbusの防衛および宇宙部門やBharti Airtel、China Telecom、Deutsche Telekom、Ericsson、Intelsat、Nokia、HAPSMobileの親会社SoftBank、Telefonicaなどが企業連合に参加している。 この企業連合はHAPS Allianceと呼ばれ、HAPSはHigh Altitude Platform Station(高高度プラットホームステーション)の頭字語だ。目的は技術の利用を宣伝するとともに、この技術を利用しようとする市場で規制当局と協力することだ。彼らが共同してネットワークの相互運用性のベースとなる共通の規格を開発し、企業連合各社が互いに衝突や妨害をしないような成層圏の利用技術ないし相互監視技術を作り出す。 現在のメンバーが増えたグループには...more
カテゴリー:

日本最大のドローン専門展「Japan Drone 2020」開催 幕張メッセで|ニュース|農機・資材|JAcom 農業協同組合新聞 - 02月21日(金)21:26 

日本最大のドローン専門展「Japan Drone 2020」開催 幕張メッセで|ニュース|農機・資材|JAcom 農業協同組合新聞2020.02.21 日本最大のドローン専門展「Japan Drone 2020」開催 幕張メッセで一覧へ 日本最大のドローン専門展「Japan Drone 2020」(主催:日本UAS産業振興協議会、コングレ、スペースメディアジャパン)が3月25~27日の3日間、千葉県の幕張メッセで開催される。新たに5m以上の大型ドローンが設置できるスペースを設け...
カテゴリー:

SOMPOHDなど、茨城・つくば市でドローン食品配送.. - 02月21日(金)11:15 

SOMPOHDなど、茨城・つくば市でドローン食品配送実験 住宅地上空45mを飛行
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ドローン」の画像

もっと見る

「ドローン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる