「基調講演」とは?

関連ニュース

障がい者だけじゃない。福祉従事者にも「学び」の機会が必要な訳 - 02月26日(水)15:55 

特別支援学校を卒業したあとの学びの場を地域で作っていく必要性を訴え、活動を続けている引地達也さんが、日々のさまざまな気づきをメルマガ『ジャーナリスティックなやさしい未来』に綴っています。今回は、青年期の学習こそ「自分づくり」の大切な時間だという鳥取短期大学の國本教授の考えを紹介。障がい者はもちろん、福祉領域の従事者にとっても継続的な学びは必要で、課題はいかに「学び」=「楽しい」を実感してもらうかにあるとしています。 青年期の学びは自分みがきに向けた「自分くずし」の時間 先日、甲府市で行われた「青年期における学びを考える会 シンポジウム2020」に招かれ、私は特別講演として支援が必要な人への学びの場であるシャローム大学校の取組みを紹介しながら、特別支援学校を卒業した後の「青年期」の学びの重要性を説きつつ、それは社会全体が生涯にわたる学びの楽しさを実感し共有することが第一歩であると力説した。 そう、これはシンポジウムで自分が言いながら熱を帯びて言葉になったものなので、私の中で熟成した言葉ではなかったのだが、これまでの取組みは結局、一緒に学ぶ場づくりは、参加する人が楽しいと思えることが重要で、勉強や学習にネガティブなイメージを持っていると、なかなか行動が楽しくならないのが実感として明確だ。だから、障がい者の生涯学習や社会教育を考える上でつくづく「楽しさ」を追究するのは間違いではないと思う...more
カテゴリー:

政府は「東京一極集中」や「人口減少」にどう対処するのか。内閣府の参事官に聞いてみた - 02月21日(金)16:35 

急激な人口減少に対応し持続可能な社会を実現するために内閣府が策定した「まち・ひと・しごと創生総合戦略」は 2020 年度から、5 年間区切りの「第2期」が始まる。昨年末に閣議決定された新たな総合戦略では、SDGsを地方創生の原動力とすることが盛り込まれた。政府がどのように地方創生を考え、SDGs を生かした政策を進めようとしているのか。ポイントは自治体と民間企業の強固な連携だ。内閣府の遠藤健太郎参事官に、その詳細を聞いた。「東京圏一極集中」への対応青木:2020年度から「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の「次の5年」となる第2期が始まります。まず第1期をどのように振り返っていますか。遠藤:日本の総人口は2008年をピークに減少しており、今後も大幅な減少傾向が見込まれます。地域をどう維持し発展するかという問題意識のもと、2014年度に地方創生という政策が本格的に始まりました。この5年間で訪日外国人旅行者数(インバウンド)は大きく伸ばすことができました。農林水産物、食品の輸出額が増加し、地域にとって大きな経済的なメリットが生まれました。一方で課題として残っているのが東京一極集中です。東京への転入超過数は2018年度に13.6 万人。目標としては下げたかったのですが、残念ながら増えています。年齢別では、大学進学や就職といった節目で多くの方が東京圏に転入していることがわかります。また性別に...more
カテゴリー:

小型・廉価版iPhoneが4月3日に発売か? - 02月20日(木)15:28 

アップルは、複数の未発表製品を準備中と見られています。そんななか、同社が3月末にスペシャルイベントを開催し、小型かつ廉価モデル「iPhone SE2(ないしiPhone 9。いずれも仮称)」は4月の第1週に発売されるとの噂が伝えられています。ドイツのiPhone噂サイトiPhone-Tickerによれば、これらはアップルと直接関連ある情報源から得られたもので、信頼性を疑う理由はないと述べられています。より具体的には、スペシャルイベントの日にちは3月31日の火曜日になる可能性が最も高く、4月3日にiPhone SE2がリリースされる予定とのことです。過去数年にわたって、アップルは3月に基調講演(スペシャルイベント)を行ってきました。昨年は3月25日火曜日に「It’s show time」キャッチフレーズのもと、Apple News+やApple Card、Apple Arcadeなど各種新サービスをお披露目しています。そして一昨年の2018年には、やはり3月27日に教育と新しいiPadにスポットを当てたイベントを開催しました。さらにiPhone-Tickerいわく、iPhone SE2の発表に伴って、同じ週にiOS 13.4もリリースされる予定と述べています。開発者向けiOS 13.4ベータでは、iOS 13に当初から組み込まれる予定だったiCloudフォルダ共有がようや...more
カテゴリー:

著作権シンポジウムin福井「教育における著作権の最新情報」について - 02月19日(水)13:00 

2018年に内閣府知的財産戦略本部が「価値デザイン社会」を日本が目指すべき社会として掲げ、新たな価値を創造する知財人材の育成が求められています。特に平均的に高評価を得る人材ではなく、特定の軸で平均からかけ離れている「尖った人材」が活躍できる社会を目指すにあたっては、そのような人材を受け入れ、またそうした人材にも理解がある創造性を備えた人たちを育てる教育機関の役割が重要となってきます。知財人材の育成をすすめる上では、教える側の教育関係者の知財知識が不可欠となりますので、日本行政書士会連合会、国立大学法人山口大学、一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会は、2019年5月に、著作権の普及啓発、特に教育機関における啓発について、それぞれが持つ強みを活かして共同で進めることとし包括連携協力に関する協定を締結し、「著作権教育Eネットワーク」を立ち上げました。今般、「著作権教育Eネットワーク」の活動の一つとして、Eネットワークの構成員である山口大学が文部科学大臣から認定を受けている「教職員の組織的な研修等の共同利用拠点(知的財産教育)」の地方協力大学である福井大学と共に著作権教育をテーマとしたシンポジウムを開催いたします。。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・<開催概要>著作権教育シンポジウム「教育における著作権の最新情報」日   時:2...more
カテゴリー:

「望まぬ改姓せずに法的な家族になる選択肢を」 高校生らが与野党議員に、選択的夫婦別姓を要望 - 02月14日(金)18:06 

選択的夫婦別姓の実現を目指す市民グループ「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」は2月14日、衆議院第二議員会館で超党派の国会議員に向けた勉強会を開き、与野党の複数の国会議員が参加した。勉強会の後、事実婚家庭(両親が別姓)で育った大学生と高校生が、各党の代表らに法改正を求める要望書を手渡した。 関連記事「#自分の名前で生きる自由」を。選択的夫婦別姓の実現に向け、クラウドファンディング始まる 「望まない改姓をせずに法的な家族になれる選択肢をください」両親が別姓でいるための事実婚をしているという大学生と高校生が、各党の代表らに法改正を求める要望書を手渡した。要望書では、「両親がそれぞれの名字であることが『普通』という感覚で育ち、それで今まで何も困ることはありませんででした」とした一方で、「夫婦が別姓であるだけで国に法的な家族と認められない今の状態に、私たちはとても不安を感じています」とした。「私たち自身がいつか愛する人と結婚する時も、そして私たちの子ども世代にも、この日本で、望まない改姓をせずに法的な家族になれる選択肢をください」要望書は、立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表、共産党の志位和夫委員長らの党の代表者のほか、自民党の木村弥生衆院議員、公明党の石井啓一衆院議員らが受け取った。 「日本中で起きている精神的・経済的苦痛を早く取り除いて」...more
カテゴリー:

「糖尿病や介護予防、奥歯が大切」 - 02月23日(日)07:10 

第15回佐賀市社会福祉大会が19日、市文化会館で開かれた。県歯科医師会常務理事で、陣内歯科医院(同市白山)の陣内重雄院長が基調講演し、歯科医の視点から考える糖尿病や介護予防について語った。 陣内氏は「糖尿病と介護予防に必要なのは、かむことに必要な奥歯があるかどうか」とし、虫歯や歯槽膿のう漏ろうを防ぐ方法や鼻呼吸の大切さを解説した。その上で「力強く、巧みな口の動きは運動の一つ。これがあることで、長生きにつながる」と舌の筋肉の運動なども紹介した。
カテゴリー:

毎年大好評!大武健一郎による時事対談「世界動向と日本経済の行方」(東京3月23日/名古屋3月18日)を開催~会計・税務・経営コンサルティングのアタックスグループ - 02月21日(金)09:00 

税理士法人・経営コンサルティング会社を有するアタックスグループ(東京・大阪・名古屋・静岡・仙台、代表取締役社長 西浦道明)は、東京・名古屋にてセミナー『大武健一郎 時事対談「世界動向と日本経済の行方」』を開催することになりましたので、お知らせいたします。国をあげての一大行事、オリンピック年の幕が開きました。様々な分野で期待感が高まる一方、世界に目を転じると、決して楽観視できない状況が立ちはだかっています。米国とイランの軍事的緊張関係、中国との経済的緊張関係、地政学的緊張関係。対立の火種が大きくなりつつあります。その中で、いかに日本が賢く立ち回り、自国の利益を最大化できるか。世界経済・日本経済ともに変化のうねりが大きくなる中で、中小企業経営者は、今後をどのように見通し対応すべきか。大武健一郎氏に世界動向と日本経済の行方、中小企業が生き抜くためのヒントを、最新情報を踏まえて解説頂きます。春セミナーは、東名にて開催し、基調講演後、弊グループ代表パートナー西浦との徹底討論を行います。ご期待下さい。多数の経営者の皆さまのご参加をお待ちしております。【セミナー内容】時事対談!「世界の読み方・日本の読み方 今、中小企業経営者は何に備えるべきか!」~世界で起きている政治経済、IT・軍事・エネルギーの点と線!パラダイム転換期のリーダーの資質~【特長】・「基調講演+対談」形式にて構成します。・事前に皆...more
カテゴリー:

日本最大のドローン専門展 Japan Drone 2020 イベント内容、出展企業、講演スピーカー決定 5m以上の大型ドローン用スペースを初めて設置 - 02月19日(水)13:30 

2020年2月19日報道関係各位ジャパンドローン運営事務局━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Change the future ~ドローンで創る、この地球の未来~民生用・商業用ドローンの実用化を目指して、第5回目の国際展示会&国際コンファレンス日本最大のドローン専門展 Japan Drone 2020イベント内容、出展企業、講演スピーカー決定5m以上の大型ドローン用スペースを初めて設置大阪万博出展に向け経済産業省から製造許可を得た機体も展示無料ビジネスマッチングサービス「EventHub」で事前にビジネス面談の予約も━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━世界最大のシェアを誇るドローンメーカーDJIや米プレシジョン・ホーク社幹部による来日基調講演、ドローンをめぐる安全なルール作り、およびドローン産業の健全な発展と市場の拡大を目指す====================================Japan Drone 2020の主催者、(一社)日本UAS産業振興協議会、(株)コングレ及び(株)スペースメディアジャパンは、このたび、民生用・商業用ドローン(無人航空機システム)産業の国際展示会「Japan Drone 2020 -Expo for Commercial UAS Market-」で開催される国際展...more
カテゴリー:

「ダイバーシティ経営シンポジウム」を開催します - 02月17日(月)10:00 

経済産業省では、多様な人材の能力を最大限引き出し、経営成果につなげている企業を「新・ダイバーシティ経営企業100選」として、さらに、特に先駆的な取組を行っている企業を「100選プライム」として選定しています。 3月16日(月曜日)に今年度の選定企業の表彰式を実施するとともに、シンポジウムを開催します。シンポジウムでは、ダイバーシティ経営推進における課題への対処法(処方箋)について、有識者を招いた基調講演及び選定企業を交えたパネルディスカッションを通じて紹介いたします。
カテゴリー:

新型コロナウイルスの影響で開催中止の「MWC」は、その存在感を維持できるか? - 02月13日(木)17:00 

世界最大のモバイル機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」が、今年は新型コロナウイルスの影響で中止されることが決まった。新製品の発表や多くの基調講演が予定されていたが、それらすべてが影響を受けた格好になる。上海やロサンジェルスでの開催は引き続き予定されているが、その存在感を維持することはできるのか。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「基調講演」の画像

もっと見る

「基調講演」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる