「実証実験」とは?

関連ニュース

自動運転バス、来年末にも運行 大津市が来月実証実験 - 10月14日(月)07:01 

 大津市は、来年末にもJR大津駅と湖岸エリアを結ぶ自動運転バスの運行を始める方針を固めた。11月3~8日に市民らが乗車する実証実験を行い、運行ルートの選定などを行う。市中心部から琵琶湖岸へのアクセスを改善することで、観光客の利便性向上を図る。
カテゴリー:

「セブン-イレブン」が店舗運営の電力を「再エネ100%」でチャレンジ! - 10月12日(土)10:00 

「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗で開始した。これは、同社が神奈川県と交わしている「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」とセブン&アイグループの「環境宣言」に基づく取り組み。化学メーカー・カネカが開発した発電効率を大幅に高めた「高性能太陽光パネル」や、日産自動車が提供する「日産リーフ」のリユースバッテリーを活用したオリジナル蓄電池を利用することによって、エネルギーを“創る”と“貯める”ことを実現させる。そして、11月に「卒FIT」を迎える一般家庭の太陽光発電による電力を調達することで、再エネ比率を実質100%にまで引き上げるという。同社の事業における二酸化炭素の排出は、「店舗運営」が約90%を占めるというから“削減”に大きく貢献できるというワケだ。コンビニ業界で年間売上はトップの約5兆円を誇り、全国の店舗数は唯一2万店舗を超えるセブン-イレブンの取り組みは、電力分野においては「環境問題×コンビニ」の共存の可能性を探る一手となるだろう。Top image: © 2019 NEW STANDARD
カテゴリー:

小田急×JR東日本×ヴァル研究所、立川駅周辺でMaaSの実証実験 - 10月11日(金)16:06 

小田急電鉄・JR 東日本・ヴァル研究所は10月11日、鉄道会社間の境界を越えたサービスの提供を目指した「MaaS」に関する連携検討の具体的な取り組みとして、立川駅周辺エリアにおけるMaaSの実証実験を実施すると発表した。
カテゴリー:

【コンビニ】 ローソン100店、元日一斉休業 働き方改革 2019/10/10 - 10月10日(木)22:23  bizplus

2019年10月10日 朝刊  ローソンは九日、店舗スタッフの働き方改革の一環として、来年一月一日に全国約百店舗を一斉休業させると発表した。実証実験との位置付けで、元日の来店が少ない店舗に参加を呼び掛ける。検証結果を基に、二〇二一年以降の元日営業の在り方について方向性を決める。  二十四時間営業を原則とする大手コンビニでは、深刻化する人手不足を背景に深夜の営業時間短縮や無人店舗の実験を進めている。  ローソンの休業実験では、ビジネス街の店舗や、複数の店舗を持つオーナーに協力を求める。各店舗が休業する時...
»続きを読む
カテゴリー:

LINEとjekiが共同 電⾞内広告とLINEの連携に関する実証実験を開始 - 10月10日(木)17:51 

LINEとジェイアール東⽇本企画は共同で、LINE が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」および「LINE」関連サービスを対象とした運⽤型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、「LINE」と電⾞内広告の連携に関する実証実験を開始すると発表した。
カテゴリー:

【クラウドWatch】駅構内の混雑15分ごと可視化 - 10月14日(月)05:00 

■富士通、名古屋市と実証実験を開始富士通は名古屋市と地下鉄利用における混雑緩和や利便性向上に向けて、名古屋市営地下鉄栄駅構内に富士通のWi-Fiパケットセンサー…
カテゴリー:

MaaSの先行的なモデルとなる実証実験を選定 - 10月11日(金)17:04 

この度、公共性・広域性・事業性を兼ね備えたMaaS社会実装モデルを検討するため、MaaSの先行的なモデルとなる実証実験を以下のとおり選定いたしました。
カテゴリー:

AIを活用したアパレル企業向け画像生成システムの実証実験を開始 - 10月11日(金)15:00 

ECサイトで服の購入を検討するとき、ユーザーとしては「自分に似合うかどうかがわからない」という点がネックになる。 そういった問題を解決するべく、アーバンリサーチ、データグリッド、NTTドコモ関西支社は、ファッション分野において、AI技術を活用したアパレル企業向け画像生成システムの実証実験を2019年10月1日(火)より開始した。 3社各々のアセットを活用する協創による新たな価値の創造 本システムは、ドコモやデータグリッドが保有する画像生成技術を組み合わせ、任意の服を着用した画像の自動生成サービスを提供することを目指すものだ。 一般的に服の画像は2D形式で保有されていることが多い。本システムでは、画像を3D形式に変換しなくても、2D形式のままで利活用が可能となる。 今回の実証実験では、アーバンリサーチから提供された大量の服画像や人物画像を学習データとして活用。ドコモが保有する身体特徴点抽出技術や物体抽出技術と、データグリッドが開発中の画像生成技術を組み合わせることでサービスの実現をめざすとしている。 利用者とEC運営者の課題を解決 昨今、ECの取り扱い高は年々増加する一方で、「ECサイトにおける服の購入には自分に着用してみて似合うかわからない」という利用者の声も多い。 一方、ECサイト運営者としても「モデルが服を着用した写真を用いたいが、多数そろえようとすると手間がかかる」などの課題...more
カテゴリー:

ナノテクで水質改善に効果 トライアスロン連合が台場で実験 - 10月10日(木)20:53 

 日本トライアスロン連合(JTU)は10日、東京五輪・パラリンピックの会場となるお台場海浜公園周辺で実施した水質改善の実証実験の結果、ナノテクノロジーを使った酸化による菌の分解技術に浄化効果が認められたと明らかにした。環境関連事業を手掛ける「日本環境ビジネス機構」と共同で検証した。
カテゴリー:

空港リムジンバスなど3ソリューションを連携したMaaS実証実験、一般公募開始 - 10月10日(木)17:00 

東京空港交通株式会社をはじめとする7社は、成田空港・羽田空港と丸の内エリア間において、空港リムジンバスと、自動運転タクシー、自動運転モビリティを連携させたMaaS実証実験の参加者一般公募を開始した。 世界初の実証実験開始 本実験は、成田・羽田と東京シティエアターミナルを結ぶ空港リムジンバス、自動運転タクシー、1人乗りの自動運転モビリティ「ZMP Robocar Walk」を連携させ、両空港と丸の内エリアのスムーズな移動を目指すものである。 自動運転タクシーの走行区間は、東京シティエアターミナルと三菱地所丸の内パークビル間の約3kmを予定。自動運転タクシーの発着に合わせ、三菱地所丸の内パークビルと丸の内仲通りにおいて、自動運転モビリティの実験も行われる。 3つのソリューションを連携させた世界初の実証実験に際し、参加者の一般公募が始まった。 実証実験概要 実証実験は、2019年11月18日から12月1日にかけて実施されるが、自動運転モビリティも加えた3ソリューション連携での実証実験は、11月18日から22日までの間に限られる。参加申し込みは10月9日から15日までとなっており、抽選で参加者が決定する模様。利用者は、スマートフォンなどで事前に予約し、利用当日は専用アプリを用いてバスや自動運転タクシーに乗車するという流れだ。 利用料金は、成田空港発着が1人3800円、羽田空港発着が1人16...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「実証実験」の画像

もっと見る

「実証実験」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる