「実証実験」とは?

関連ニュース

バスに代わる“足”に 通院用自動運転車、茨城・つくばで実証実験 - 02月07日(火)13:45 

 茨城県つくば市のつくば駅周辺で、通院用の自動運転車の実証実験が行われている。13日まで。市などは2024年中に約1・4キロ離れた筑波大付属病院や筑波メディカルセンター病院への通院で実用化することを目指している。
カテゴリー:

食料安保の強化となるか…鹿児島の堆肥と宮城の稲わら 相互に出荷 県またぐ耕畜連携、実証実験スタート - 02月07日(火)10:03 

 JA鹿児島県経済連は宮城県のJA全農みやぎと連携し、ペレットと呼ばれる粒状にした堆肥と、飼料用の稲わらを互いに出荷し合う実証試験を始めた。県をまたいだ広域の耕畜連携を推進する。鹿児島市のJA物流かごしまから6日、堆肥ペレットの第1便20トンが宮城県へ出発した。
カテゴリー:

ドローンで「空中」に映像投影成功 大阪大チーム「万博でショーも」 - 02月06日(月)20:01 

 大阪大の山本和久教授(レーザー工学)らのチームは6日、レーザー照射装置を搭載したドローンと、スクリーンをつるしたドローンによる空中ディスプレーシステムの実証実験に成功したと発表した。2025年大阪・関西万博の会場予定地などで実施した。チームは「レーザーのショーで万博に参加したい」としている。
カテゴリー:

高価取引だけではない?ふるさと納税NFT推進企業が語る、NFTの可能性 - 02月06日(月)17:30 

NFTが高価で取引されるニュースが珍しくなくなってきている近年。そんな中、NFTが話題を集めている領域があります。それは「地方創生」です。 最近は、自治体等がNFTを扱うことで、地域活性化に繋がる複数の事例が出ているといいます。そこで今回は、ふるさと納税等におけるNFT活用を進める株式会社あるやうむのCCO(Chief Communication Officer)である稲荷田和也氏に、NFTの地域経済への波及効果について、事例と共に解説していただきました。 投機商品として台頭したNFTに、変化が訪れた2022年 2021年頃から、「BeepleのNFTが、約6935万ドル(約75億円)で落札された」、「ツイッター創業者、ジャック・ドーシー氏の史上初のツイートのNFTが、291万5835ドル(約3億1640万円)で落札された」といった高額NFTに関するニュースが話題を集めてきました。 NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術によって裏づけされた、希少性の高いデジタルデータのことです。 実質的に改ざんや複製が不可能で、所有者情報が追跡可能であることから、その価値が証明されます。海外を中心に話題になったNFTは、2021年頃から日本でも徐々に広がり始め、2022年には多くのビジネス書籍が出版されました。 NFTの話題がメディアに取り上げら...more
カテゴリー:

HashPortってどんな会社?プロジェクトや事業について解説 - 02月06日(月)11:32 

今回は、株式会社HashPortについて、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。 目次 HashPort(ハッシュポート)とは 1-1.HashPort(ハッシュポート)の概要 1-2.HashPort(ハッシュポート)のCEO吉田世博氏 1-3.HashPort(ハッシュポート)の事業内容 HashPortが手がけているプロジェクト 2-1.Fressets Wallet(フレセッツウォレット) 2-2. Palette Chain(パレットチェーン) 2-3.NFTマーケットプレイス「PLT Place」 大企業との提携 3-1.SMBCグループとの業務提携 3-2.MetaSolare Pte. Ltd.とのパートナーシップ まとめ 国内外の大企業やプロジェクトと積極的に提携している、注目度の高いブロックチェーン関連企業の一つに「株式会社HashPort(ハッシュポート)」があります。 HashPortは、暗号資産(仮想通貨)関連のコンサルティング事業やエンタープライズウォレットの展開など、日本国内でのブロックチェーン活用のさらなる発展を目指して多方面におけるサポートの提...more
カテゴリー:

きこえない人ときこえる人の双方向コミュニケーションを可能にする AI手話翻訳の実証実験を札幌市で開始 - 02月07日(火)11:30 

2023年2月7日 きこえない人ときこえる人の双方向コミュニケーションを可能にするAI手話翻訳サービスの実証実験を札幌市で開始 ~産官学連携で言葉のバリアフリー化を目指す~   BIPROGYは、札幌市、Sapporo AI Lab※1、北海道大学、札幌聴覚障害者協会と、「ろう者※2ときこえる人の言葉のバリアフリー化」実現を目指し、AI手話翻訳サービスの実証実験を札幌市で開始します。 AI手話翻訳サービスは、ろう者ときこえる人が直接コミュニケーションできるAI技術(ディープラーニング)を活用したサービスです。本実証実験では、自治体や店舗の窓口業務においてろう者の応対サポートでのAI手話翻訳サービスの有効性を確認し、ろう者の社会進出支援につなげます。 ※1:札幌市が事務局を務める産学官連携組織「札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム」の専門部会。AI関連技術を活用したビジネス創出や人材の確保・育成等を目的とする。 ※2:耳がきこえなく、手話を使える人のこと 【背景】 ろう者の社会進出には、ろう者ときこえる人との間の円滑なコミュニケーションが不可欠です。しかし、手話通訳士の人手不足やきこえる人の手話の普及率の低さなど、ろう者ときこえる人との双方向のコミュニケーションの手段の拡充が課題となっています。 BIPROGYはろ...more
カテゴリー:

【医学】東京のロボット手術、神戸から遠隔操作に成功 神戸大など国内初の実験 5Gで500キロつなぐ - 02月07日(火)08:39  newsplus

神戸新聞2023/2/7 05:30 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202302/0016028660.shtml  神戸大は、NTTドコモなどと連携し、国産初の手術支援ロボット「hinotori(ヒノトリ)」を使って、神戸から東京のロボット手術を支援する実証実験に成功したと発表した。約500キロの距離を商用第5世代(5G)移動通信システムで接続。都道府県をまたぐ実験は国内初という。  同大や神戸市、企業が参加する「神戸未来医療構想」の一環。実験は若手医師が執刀するロボット手術を熟練医師が遠隔で支援する場面を想定し、実現...
»続きを読む
カテゴリー:

無償で使えるWeb3プラットフォーム、富士通が提供へ 疑似量子やHPCパワーを利用できるAPIも用意 - 02月06日(月)19:00 

富士通は、独自のWeb3プラットフォーム「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を提供する。同社のブロックチェーン技術やデジタルトラスト技術を盛り込んだプラットフォームで、同社の共創プログラムに参画し、Web3の新サービス企画や実証実験を予定している国内外のパートナーを対象に無償提供を開始するという。
カテゴリー:

Yper/諏訪市置き配バッグ活用実証実験で再配達を84.6%削減 - 02月06日(月)14:45 

Yperは2月6日、同社がが提供する簡易宅配ボックス「OKIPPA(オキッパ)」を活用した約4か月間の実証実験が長野県諏訪市で行われ、 実験の結果、 再配達率は84.6%削減、二酸化炭素排出量も約1.8tの削減と大幅な削 […] The post Yper/諏訪市置き配バッグ活用実証実験で再配達を84.6%削減 first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

もうスクリプトいなくなったから「Sd」のNG解除しないか? - 02月06日(月)10:02  poverty

ドコモら、遠隔地からロボット手術を支援する実証実験に成功――東京・神戸間で商用5G SAを活用 https://news.yahoo.co.jp/articles/9d519e7dd36f804d2c68e8144b93350166dca78a たのむ ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる