「実証実験」とは?

関連ニュース

セブン‐イレブン/栃木県で燃料電池トラックの配送実験開始 - 04月02日(木)13:33 

セブン‐イレブン・ジャパンは4月1日、栃木県内の一部エリアでFC(燃料電池)小型トラックによる配送実証実験を行うと発表した。 <FC小型トラックが配備されたチルド米飯佐野センター> <チルド米飯佐野センターに併設の水素ス […]
カテゴリー:

【ミンスサポ悲報】立憲民主党・菅直人「セラミックス粉末水によってコロナ感染拡大を防ぐことが…」 ネット「逮捕しろ。詐欺だ」 - 04月02日(木)07:31  seijinewsplus

https://anonymous-post.mobi/archives/22222 コロナウイルスの感染拡大が世界的に止まりません。今何をすべきかを考えています。そうした時に私の弁理士の仲間から大阪産業大学工学部の山田修教授の取り組んでいる感染拡大を防ぐセラミック水の話が飛び込んで来ました。送られてきた資料を読み、ご本人とも直接電話で話しました。 — 菅直人(Naoto Kan) (@NaotoKan) March 31, 2020 完全に理解できたわけではありませんが、膨大な費用をかけずともセラミックス水によって感染拡大を防ぐことができるという説明を受けまし...
»続きを読む
カテゴリー:

大阪府がRPA導入を検証、府職員の業務を年間1788時間削減 | IT Leaders - 04月01日(水)18:00 

大阪府は職員の仕事の負担軽減を目的にRPA導入の実証実験を実施し、2020年3月25日にその結果を公開した。職員の作業をRPAが代替したことで、全業務合計で1788.8時間(年間換算)の業務時間の削減が実現できたとしている。
カテゴリー:

《エイプリルフール》宇宙ダスト(スペースデブリ)対策の決定打か!? 世界最大の巨大掃除機+吸引ダクトシステムを試運転 4月1日に日本海で実証実験を実施 - 04月01日(水)09:00 

流体・環境制御技術を持つ、環境ソリューションメーカーで換気装置保有数世界No.1*の株式会社流機エンジニアリング(本社:東京都港区、代表取締役社長:西村司)は、「宇宙から地中まで最適環境を創造する」コンセプトで多くの実績をあげてきました。このたびエイプリルフールの4月1日、世界最大級の超巨大掃除機の実証実験を実施します。 *当社調べ■宇宙開発推進を阻害する危険な宇宙のダストを業界トップシェアのダストコレクターメーカーが解決!世界の人工衛星は、1957年のスプートニク1号(旧ソ連)から現在までに、9000機が打ち上げられました。その用途は、放送、天候、交通、農業、防衛など多岐にわたるもので、今後10年の宇宙ビジネス活況化により、その数は数万機になると言われています。しかし稼働中の機体は1400機と言われており、その他は寿命を終え破損を繰り返しながら周回しています。その大きなものは大型バス大、10cm以上は23000個、未満は計測不能ながら1億とも1兆とも言われています。それらは弾丸を超える速度であり、その破壊凶器により新規打ち上げはおろか、日常の生活・平和の維持が困難となります。当社では、創業43年にわたる宇宙航空開発事業の高い経験値と、業界シェア75%という圧倒的な実績を持つ粉粒体回収技術を併せ持っており、このたびはそれらの擦り合わせ技術によって、この国際的問題に挑みます。型 式:...more
カテゴリー:

障がい者就労機会拡大を目指す企業プロジェクトが慶應義塾大学前野隆司教授との共同研究をスタート! - 04月01日(水)08:00 

 本業を通じた社会課題解決を目指す経営者団体である経営実践研究会(会長 藤岡俊雄)は、会員の有志企業による、全国の障がい者就労継続支援事業所で企業内のハイスキル系業務を受託する「活躍協創プロジェクト」事業において、慶應義塾大学大学院の前野隆司研究室(システムデザイン・マネジメント研究科)と、企業の業務アウトソーシングと幸福度に関する共同研究を開始します。障がい者就労機会拡大が企業の幸福度と生産性を向上させるモデルの実証実験を行ないます。
カテゴリー:

富士フイルムの「Hydro Ag+アルコールスプレー」に 「データプレミアム格付け・No.1認証」 - 04月02日(木)10:00 

2020年4月2日 一般財団法人格付けジャパン研究機構   一般財団法人格付けジャパン研究機構(代表理事:蓮沼肇・東京都千代田区)は、インフルエンザ等の感染症や、食中毒への対策に向けた「ソリューション」になり得るものとして、抗菌・商品に注目し、その性能を比較する試験を行いました(監修:東北医科薬科大学感染症学特任教授、東北大学名誉教授 賀来満夫先生)。   重視したのは、「抗菌性及び抗ウイルス性」「持続性」「耐久性」の3つの性能で、試験ウイルスには「インフルエンザ・ウイルス」を、試験菌には「大腸菌」「緑膿菌」「肺炎桿菌」「MRSA」を用いて各性能を調べました。 持続性と耐久性を重視しているのは、通常のアルコール除菌の場合には、アルコールがすぐに蒸発してしまうので除菌効果は続かず、感染症対策のソリューションとして商品を選択しようとした場合には、持続性、耐久性が見逃せないポイントになるためです。 従って、試験対象には「抗菌性能の持続性」を特徴の一つとして明確にしている抗菌・商品5種(全てスプレータイプ)を選定しています。   試験の結果、当財団は、富士フイルム株式会社の「Hydro Ag+(ハイドロエージープラス)アルコールスプレー(アルコール濃度80%)」が、最も優れた抗菌・商品であると評価し、この度、「データプレミアム格付け・No.1認証」を行...more
カテゴリー:

JR西日本、AI駅案内ロボットの実証実験実施 23年開業予定のうめきた地下駅で導入を目指す - 04月02日(木)05:13 

JR西日本は、2023年に開業を予定するうめきた(大阪)地下駅での「AI駅案内ロボット」によるサービス提供の実現に向け、大阪駅で実証実験を行っている。 AI駅案内ロボットは、立体的に投影されるキャラクターが利用者を案内するもので、利用者の質問を音声認識により理解し、会話や画面投影を通して、周辺施設や出口などを案内する機能が搭載されている。 ロボット設置場所は大阪駅桜橋口改札外コンコースで、始発から終電まで利用が可能。実証実験の実施は7月ごろまでを予定している。 ⇒詳細はこちら 投稿 JR西日本、AI駅案内ロボットの実証実験実施 23年開業予定のうめきた地下駅で導入を目指す は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ネクスグループ---「NCXX AI BOX」の実証実験開始 - 最新株式ニュース - 04月01日(水)13:35 

<6634>  ネクスグループ  150  +13ネクスグループ<6634>は3月31日、子会社のネクスとチチカカが、チチカカ東京ドームシティラクーア店において、ネクスが開発を進めている「NCXX AI BOX」の実証実験を13日に開始したことを発表。「NCXX AI BOX」は、NVIDIA Corporationが提供する高性能なGPUと、SIERRAWIRELESS製のマルチキャリア対応LT
カテゴリー:

障がい者就労機会拡大を目指す企業プロジェクトが慶應義塾大学前野隆司教授との共同研究をスタート! - 04月01日(水)08:00 

 本業を通じた社会課題解決を目指す経営者団体である経営実践研究会(会長 藤岡俊雄)は、会員の有志企業による、全国の障がい者就労継続支援事業所で企業内のハイスキル系業務を受託する「活躍協創プロジェクト」事業において、慶應義塾大学大学院の前野隆司研究室(システムデザイン・マネジメント研究科)と、企業の業務アウトソーシングと幸福度に関する共同研究を開始します。障がい者就労機会拡大が企業の幸福度と生産性を向上させるモデルの実証実験を行ないます。
カテゴリー:

NTT東日本など、駅で多言語対応ロボット使用し観光・施設案内 - 04月01日(水)07:57 

NTT東日本 神奈川事業部とNTTテクノクロスは、同社みなとみらい線のみなとみらい駅において、みなとみらいエリアへの来訪者に対して多言語に対応するコミュニケーションロボットを使用した情報提供による満足度向上を目的とした実証実験を開始した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「実証実験」の画像

もっと見る

「実証実験」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる