「実証実験」とは?

関連ニュース

【BI】竹中平蔵のベーシックインカム 毎月7万円支給 消費税50% - 11月29日(日)16:39  newsplus

竹中平蔵氏が提案のベーシックインカムが少子化対策になる理由 2020年11月27日 先ごろ竹中平蔵氏が「国民全員に毎月7万円支給」というベーシック・インカム論を紹介したところ、SNS上で広がり炎上したというニュースが話題になった。まあ、制度化するとなればいろいろ問題はあるのだろうが、ぼくは近い将来かなり現実味のある話だと思っている。 ユヴァル・ノア・ハラリが言うように、AIや産業用ロボットによって人類の大半は無用階級(Useless Class)になる。それ以前にコロナ禍による企業倒産が増えることによって、大量の...
»続きを読む
カテゴリー:

テークアウト容器 シェアでごみ削減 読谷で実証実験へ - 11月29日(日)05:50 

 使い捨て容器の削減を図ろうと、情報コミュニケーション事業などを手掛けるNISSHA(ニッシャ、京都市)とNECソリューションイノベータ(東京)は12月1日から2021年2月14日まで、テークアウト容器のシェアリングサービス「Re&Go(リーアンドゴー)」の実証実験を読谷村で行う。利用者は、繰り...
カテゴリー:

「車内テレワーク」を留置中の成田エクスプレスで 両国駅「幻のホーム」での実験を体験してみた - 11月28日(土)06:00 

特急型電車でテレワーク――こんな実験をJR東日本が2020年11月27日と28日に行った。電車といっても走行中ではなく、駅に据え置いた車両を使ってのテレワークだが、両国駅臨時ホーム(東京都墨田区)というめったに入れない場所を使っての実証実験だ。この「N'EX でテレワーク!」、実際働き心地はどんなものか、J-CASTニュース記者が体験してみた。
カテゴリー:

茨城県でひたちBRTでの自動運転バスの実証開始 - 11月27日(金)19:21 

ひたちBRTは11月26日、年間約53万人が利用している道の駅日立おさかなセンターとJR常陸多賀駅の間を結ぶ専用道区間(約6km)を含む路線長が約9kmの路線において、前回の実証実験より延伸した新たな路線にて、通常の路線バスのダイヤに追加して自動運転バスのダイヤを設定し運行すると発表した。
カテゴリー:

テラドローンの「Terra Mapper」、佐賀県庁の農林部森林整備課へ導入 - 11月27日(金)15:43 

テラドローン株式会社の自社開発ソフト「Terra Mapper(テラマッパー)」が、佐賀県庁農林水産部森林整備課に導入された。 同ソフトを活用することで、山地災害現場の調査や説明資料のための図面作成における業務効率化やコスト削減などが期待されている。 さまざまな効果に期待! ドローンから撮影した複数の写真から現地の詳細な情報を取得し、地図や3Dモデルを作成できる「Terra Mapper」。3Dモデルを活用した体積の算出、がけ崩れなどの面積や距離などのデータ取得などが簡単にできる。 山地災害が発生したとき、ドローンの写真からいち早く正確なデータを安全に取得できるのが最大のポイントだろう。くわえて、予算要求などの説明資料に載せる図面作成にも一役買いそうだ。 同課ではこれまで、図面作成は外部委託するケースもあったようだが、今後は同ソフトを活用し職員によって作成できるという可能性を感じている。それが実現すれば、削減できた委託コストを点検や維持修繕などに充てるとのこと。 なお、1つのソフトで測量から解析までを完了できるため、導入コストは従来のおよそ10分の1ほどだという。 グローバル企業、テラドローン 2016年に創業した同社は、本社を東京に構え、国内7ヶ所と欧州・東南アジアを中心に世界25カ国以上に支社を置く世界最大の産業用ドローンソリューションプロバイダー。 「Terra Mapper...more
カテゴリー:

JR東日本、非接触・非対面をテーマにロボットの実証実験を順次実施 - 11月29日(日)09:31 

JR東日本は非接触・非対面など「新しい生活様式」をテーマとしたロボットの実証実験を順次実施する。高輪ゲートウェイ駅で新しいサービス提供方法の検証を行うほか、通常非公開の施設で協働運搬ロボットやパーソナルモビリティの活用方法を検証する。
カテゴリー:

都立中央図書館の実証実験に、LINEの「CLOVA Chatbot」が採用 - 11月28日(土)14:00 

LINE株式会社は、AIチャットボット「CLOVA Chatbot」が、東京都立中央図書館(以下、都立中央図書館)の「AIを利用したチャットボットによる自動応対の共同実証実験」に採用されたことを発表。同実験は、来月1日からスタートする。 LINEのトーク上で問い合わせが可能に 都立中央図書館の実証実験に採用された「CLOVA Chatbot」は、LINE株式会社のAIテクノロジーブランド「LINE CLOVA」が提供するもの。最新の機械学習アルゴリズムと自然言語処理技術に基づく強力な対話エンジンによって、高い正答率を実現しているとのことだ。実験では、都立中央図書館が富士通株式会社のシステム環境を通して「CLOVA Chatbot」を活用する。 利用者は、LINEのトーク上で同図書館の利用に関する問い合わせを行えるほか、各種相談に対するレファレンスサービスを受けられる。また、有人チャットへの切り替え機能により、図書館職員に直接問い合わせることも可能となっている。実験の期間は来月1日から同25日まで。チャットボットは期間中24時間対応を行うが、有人チャットの対応時間は図書館の開館時間に準じた形をとる。 利用にあたっては、都立中央図書館のLINE公式アカウントを「友だち」として追加する必要がある。詳細は、同図書館の利用案内サイトにてチェックできる。 チャットボット活用の可能性を探る 東京...more
カテゴリー:

“動かない電車”でテレワーク体験してみた 成田エクスプレスのグリーン車が15分100円 28日まで - 11月27日(金)19:23 

JR東日本が、11月27日、28日の期間限定で成田エクスプレスをコワーキングスペースとして貸し出す実証実験を行っている。席が空いていれば、グリーン車を15分100円(税別)で利用できる。その使い勝手を記者がレポートする。
カテゴリー:

ドローンで医薬品輸送の実証実験 被災した真備の高齢者施設拠点に - 11月27日(金)17:43 

 災害を想定し、医薬品を小型無人機ドローンで輸送する実証実験が27日、西日本豪雨で被災した高齢者施設「ライフタウンまび」(倉敷市真備町箭田)を拠点に行われ、関係者らが必要なノウハウを確認した。...
カテゴリー:

店頭で農産物の生産者や輸送環境データを確認できるシステムの実証実験 - 11月27日(金)15:38 

ISIDと旭化成は、ISIDのブロックチェーン技術を活用した農業データ流通基盤 「SMAGt」と旭化成が展開するクラウド型生鮮品物流システム 「Fresh Logiシステム」とを連携させ、2020年11月21日から都内大手小売りスーパーで実証実験を開始したと発表した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「実証実験」の画像

もっと見る

「実証実験」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる