「携帯電話」とは?

関連ニュース

携帯電話新ルールまとまる 解約違約金1000円以下.. - 06月18日(火)13:25 

携帯電話新ルールまとまる 解約違約金1000円以下へ #nhk_news
カテゴリー:

【ひきこもり】支援か軟禁か…長期化に苦悩する親が頼る「引き出し業者」 人権侵害と批判も - 06月18日(火)12:36  newsplus

 無理やり自宅から連れ出され、軟禁状態に置かれた――。東京都にあるひきこもり自立支援施設の運営会社を相手に、元入所者の30代男性が2月、550万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。こうした民間事業者は一部で「引き出し業者」と呼ばれ、子どものひきこもりの長期化に苦悩する親が契約しているといいます。一方で、人権侵害の疑い、親子関係の断絶などの弊害があると批判も受けています。  「悪い夢のようだった。心の傷は一生消えない」  6月6日。東京地方裁判所の傍聴席で出会った原告の男性は閉廷後、そう記者...
»続きを読む
カテゴリー:

再生可能エネルギーへの新提案。オーエスグループの次世代商品開発研究所より新カタログ発刊! - 06月18日(火)11:00 

近年、さまざまな場所や場面でエネルギー確保に対する見直しが行われています。課題のひとつは商用電源のない無電化地域での電力の確保、もうひとつの課題は災害時や非常時の電力の確保です。オーエスグループの株式会社次世代商品開発研究所(本社 : 兵庫県宍粟市、代表 :奥村正之)は、2010年より再生可能エネルギーのうち太陽光エネルギーを活用したモバイル型製品の企画開発を推進しております。「カスタムソーラーの設計・製造」「ソーラー+バッテリーシステムの設計・製造」「カスタムバッテリーの設計・製造」を開発の3つの柱としながら、用途にカスタマイズしたソリューションを提案しております。このたび上記の事業内容をよりわかりやすくまとめた新しいクリーンエネルギー事業の総合カタログ「CLEAN ENERGY GENERAL CATALOG」を6月19日(水)に発刊いたします。新カタログに掲載する主な内容をご紹介いたします。■「TerraSerde(テラセルデ)」*は無電化地域・商用電源のない場所を想定し、再生可能エネルギーとバッテリーを核に、各種インターフェイスと組合せるソリューションです。そのひとつアモルファスソーラーシートとバッテリー、LED街灯を組み合わせた「ストリートライト」に、今回は新たに「電源ポール」と「移動電源」を加えご提案します。「電源ポール」はソーラーとバッテリーを一体にしたものでLED街...more
カテゴリー:

携帯料金、今秋大幅改定 違約金、通信割引を制限 きょう省令改正案 - 06月18日(火)10:29 

 総務省は18日、携帯電話料金見直しを検討する有識者会議を開いた。2年契約を中途解約する際の違約金の上限を千円に規制するなどとした省令改正案を固める方針。携帯大手各社の9500円から大幅に引き下げ「2年縛り」と呼ばれる高額な違約金による囲い込みを是正する。2年契約の通信料の割引額も制限されるため、各社は料金プランの大幅な改定を迫られる。総務省は省令改正を経て、今秋施行の改正電気通信事業法とともに導入する。
カテゴリー:

ニセ電話詐欺で30代女性、80万円被害 - 06月18日(火)08:39 

唐津署は17日、唐津市の30代女性が80万円をだまし取られるニセ電話詐欺が発生したと発表した。 同署によると、15日に女性の携帯電話に「サイトの料金未納が発生している」という内容のメールが届き、メールに表示された番号に電話をかけると大手ショッピングサイト関連会社の社員を名乗る男が電子マネーカードでの支払いを指示。コンビニエンスストアで30万円分を購入し、相手に同カードの番号を伝えた。16日にも「他にも利用料金が未納になっている」と電話があり、前日分も含め80万円をだまし取られた。
カテゴリー:

総務省の有識者会議は18日、#携帯電話 料金の値下.. - 06月18日(火)12:45 

総務省の有識者会議は18日、#携帯電話 料金の値下げを促す省令改正案を取りまとめ、2年契約の途中で解約した際の #違約金 を9500円から1000円以下にすることを柱としています。正式決定後、改正電気通信事業法とともに今年秋に施行…
カテゴリー:

携帯解約違約金1000円 今秋施行 価格競争促す 総務省有識者会議 - 06月18日(火)12:00 

 総務省の有識者会議は18日、携帯電話料金の値下げを促す省令改正案を取りまとめた。2年契約の途中で解約した際の違約金を9500円から1000円以下にすることが柱。携帯電話会社を乗り換えやすくして、各社に価格競争を促す。正式決定後、改正電気通信事業法とともに今年秋に施行する。
カテゴリー:

中国初の自動運転ユニコーン企業Momentaは利益よりもデータを追う - 06月18日(火)10:30 

Cao Xudong(曹旭東) は、ジーンズと彼のスタートアップ企業の名前である「Momenta」と書かれた黒いTシャツ姿で路肩に現れた。 昨年、企業価値10億ドル(約109億ドル)を記録し、中国初の自動運転系「ユニコーン」企業となったこの会社を立ち上げる以前から、彼は誰もが羨む生活を送っていたのだだが、自動運転は次なる大きな波だと自分に言い聞かせてきた。 曹は、完全な自動運転車で一発当てようと考えているわけではない。それは20年後の話だと彼は言う。むしろ彼は、半自動運転ソフトウエアを販売し、次世代の自動運転技術に投資するという、地に2本の足を着けたアプローチを取っている。 曹(中国語読みでツァオ)は、中国における人工知能研究者の第一世代のための「士官学校」と噂されるMicrosoftの基礎研究機関Research Asiaで働く機会を得たとき、まだ機械工学の博士課程にいた。彼は4年間以上Microsoftで辛抱した末、退職し、より現実的な仕事に手を付けた。スタートアップだ。 「その当時、学術的なAI研究はかなり成熟していました」と、現在33歳の曹は、Microsoftを去る決意をしたときを振り返り、TechCrunchのインタビューで語った。「しかし、AIを応用しようという業界の動きは始まったばかりでした。2012年から2015年までの学会での波よりも、業界で起きる波の方が大きく...more
カテゴリー:

携帯料金、今秋大幅改定 違約金、通信割引を制限 きょう省令改正案 - 06月18日(火)10:26 

 総務省は18日、携帯電話料金見直しを検討する有識者会議を開いた。2年契約を中途解約する際の違約金の上限を千円に規制するなどとした省令改正案を固める方針。携帯大手各社の9500円から大幅に引き下げ「2年縛り」と呼ばれる高額な違約金による囲い込みを是正する。2年契約の通信料の割引額も制限されるため、各社は料金プランの大幅な改定を迫られる。総務省は省令改正を経て、今秋施行の改正電気通信事業法とともに導入する。
カテゴリー:

ポータブルでWi-Fi接続できる育児向け睡眠補助デバイス - 06月18日(火)08:15 

メンローパークに本社を置くHatch Baby(ハッチベイビー)が、自信をもって提供してきたのは、スマート育児デバイスたちだ。体重計が組み込まれたおむつ交換台のGrowや、サウンドとナイトライト機能を兼ね備えたRestなどがその例である。 そのHatch Babyが、家族の睡眠分野での存在感を高めるために、今度はRestのアップデートバージョンであるRest+を発表した。 このRest+デバイスには、オリジナル版に存在していたサウンドマシン、ナイトライト、そして起床時刻の機能も変わらず備えられている。しかし、多くの顧客とAmazonからのフィードバックを得て、Hatch Babyはオーディオモニター機能と時計機能を追加した。 オーディオモニター機能は、部屋に入って赤ちゃんを目覚めさせる危険を冒すことなく、親たちが赤ちゃんの様子を知るために必要なものだ。 個人的には、特に数字を読むことができる幼児を持つ人たちにとって、時計の追加も素晴らしいことだと思っている。こうした子供たちは、ベッドを出ることはできる位に成長しているものの、朝4時はまだパパやママは寝ていたい時間だということがわからない。親たちの間で口コミで広がっているアドバイスは、子供部屋に時計を置いて、子供たちにある時刻になるまで部屋を出てはいけないと伝えておくということだ。 それはまた子供たちの健康な睡眠習慣を確立することを助...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「携帯電話」の画像

もっと見る

「携帯電話」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる