「人工知能」とは?

関連ニュース

共有経済に知識経済……波に乗る新産業の波はやんだか - 09月19日(水)17:01 

インターネットレストラン、シェアリングエコノミー(共有経済)、知識経済、ショート動画、仮想現実(VR)、人工知能(AI)……。過去2〜3年間、次なる「波」がどこにあるかを、人々は熱く論じ合った。 ...
カテゴリー:

グーグルとファーストリテイリングが協業--全社デジタル化を加速 - 09月19日(水)14:56 

Googleとファーストリテイリングが協業を発表した。ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏は、人工知能などの先端技術の業務活用を促進することで「情報製造小売企業の実現を加速する」と述べた。
カテゴリー:

J-WAVEのラジオ番組から生まれたAI(人工知能)アーティスト デビュー曲配信開始! - 09月19日(水)13:02 

[株式会社J-WAVE] ラジオ局J-WAVE(81.3FM)で毎週金曜日22時~放送中のテクノロジーとイノベーションをテーマにした番組「INNOVATION WORLD」にレギュラー出演しているラジオAIアシスタント“Tommy”が、“AI Tomm...
カテゴリー:

市場銘柄の過去の価格変動を人工知能で分析してどの銘柄にどのタイミングで投資すれば利益を得られるかの分析で受賞の茨大が研究成果‥ - 09月19日(水)12:53  newsplus

茨大研究成果利用ベンチャー設立 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20180919/1070004147.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を AI=人工知能を使ってデータを分析する技術を企業活動や医療など幅広い分野に生かそうと、 茨城大学での研究成果を利用したベンチャー企業が設立されました。 ベンチャー企業を設立したのは、茨城大学大学院理工学研究科の鈴木智也教授で、19日会見を開きました。 金融工学が専門の鈴木教授は、市場銘柄の過去の価格変動を人工知能...
»続きを読む
カテゴリー:

コンタクトセンター向け自動要約ソリューション「VextResume」のAPI版を提供開始~CRMシステムとの連携によりACWの完全自動化が可能に~ - 09月19日(水)08:29 

[ベクスト株式会社] 近年、AI(人工知能)の実務現場での活用が進む中、AI学習データに用いる情報源として、コンタクトセンターの応対履歴の重要性が高まっています。また、音声認識技術向上に伴い様々な音声認識ソリューションが登...
カテゴリー:

FRONTEO、平成30年度 特許庁公募事業において、人工知能を活用した実証的研究事業を昨年度に続き、受託 - 09月19日(水)15:30 

[株式会社FRONTEO] 本事業は、特許庁において、年々出願件数が顕著に増加する傾向にある商標登録出願に関し、不明確な商品・役務に係る業務について人工知能技術の活用による高度化・効率化の可能性等に関する、昨年度事業からの継...
カテゴリー:

人の仕事を奪うロボットだが、新たな雇用も創出 - 09月19日(水)14:24 

自動化技術は世界の企業発展の大きな流れになっており、ロボットと人工知能(AI)が将来的に人の代わりになり、数億人の労働者の生計を脅かすと警告する研究が増えている。しかし世界経済フォーラム(WEF)がこのほど発表した「未来の仕事2018」は、楽観的な見方を示した。 ...
カテゴリー:

ディープラーニングの雄・ABEJAと、AI特化型VC・Hike Venturesが語る!日本発の人工知能技術のこれからについてのトークセッションが開催決定【Tech in Asia2018】 - 09月19日(水)13:00 

[Tech in Asia Japan] Tech in Asia Tokyo 2018 公式ページ URL:https://bit.ly/2p9cFUi [画像1: https://prtimes.jp/i/14933/107/resize/d14933-107-642385-0.png ] ■アジェンダテーマ 「日本発の人工知能技術はこれからどのよう...
カテゴリー:

米マイクロソフト、新アプリでダイナミクス365とホロレンズ接続 - 09月19日(水)11:59 

米マイクロソフトは18日、同社のオンライン業務管理ソフト「ダイナミクス365」向けに、人工知能(AI)や複合現実(MR)機能を利用したアプリケーションを公開した。10月にリリースされる予定。
カテゴリー:

ペンタゴンの100億ドル規模のプロジェクトJEDI(ジェダイ)が、クラウド企業たちを悩ます理由 - 09月19日(水)08:00 

おそらくこれまでに、国防総省による「勝者総取り」の100億ドル規模の大規模なクラウド契約について耳にしたことがあるだろう。これは別名Joint Enterprise Defense Infrastructure(略称JEDI:ジェダイ)と呼ばれている。 スター・ウォーズを連想させる名前はともかく、この契約は政府の基準に照らしてみても巨大なものだ。ペンタゴンは、単一クラウドベンダーがその組織クラウドを構築することを望んでいる。事の是非はさておき、彼らはそれこそがクラウド戦略に集中しコントロールをするための最適なアプローチであると信じているからだ。 国防総省(DOD)のスポークスマンHeather Babbは、TechCrunchに対して、同省はこのやり方をとることに多くの利点を見ているのだと語った。「単一契約は有利です。なにしろ何よりもセキュリティを改善し、データアクセス性を改善し、そして国防総省がクラウドサービスに対して適応し利用する過程を単純化してくれるからです」と彼女は言う。 この契約のために国防総省がどの企業を選択しようとも、これはコンピューティング基盤とその戦闘組織を、旧来の基盤もある程度取り込みつつ、IoT、人工知能、そしてビッグデータ解析の世界に向けて近代化することなのだ。「このDODクラウド・イニシアチブは、国防総省の情報技術体制の近代化に関わる遥かに大きな動きの一部...more
カテゴリー:

もっと見る

「人工知能」の画像

もっと見る

「人工知能」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる