「人工知能」とは?

関連ニュース

東大AI人材、新興勢に就職 選ばれぬ大手に改革迫る  :日本経済新聞 - 05月26日(日)20:03 

東大AI人材、新興勢に就職 選ばれぬ大手に改革迫る  :日本経済新聞東京都内の「東京大学新聞」の編集部で、卒業・修了生の進路をまとめた紙面のバックナンバーを見せてもらった。理系、なかでも人工知能(AI)やビッグデータの普及で逼迫感が強まってきたIT(情報技術)エンジニアの就職先の移り変わりを知るためだ。 多くのエンジニアを輩出する大学院情報理工学系研究科や前身となる研...
カテゴリー:

AI人工知能の導入で社員の半数が不要でリストラ これから事務職は無くなる 残るのは3K肉体労働だけ - 05月26日(日)12:58  livejupiter

三菱UFJ銀行は2023年度までに、 本部に所属する社員数を半減する方針だ。 業務の自動化システムなどを導入し、 余裕ができた人員は営業部門や海外の拠点に異動させる。 長引く低金利や異業種の参入で事業環境が厳しくなっており、 人員配置を最適にして収益力を高める。 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO44324960X20C19A4MM8000?s=3 土木作業員 建設業 製造業 介護 外食産業 宅配 流通 3K肉体労働しか残らん ...
»続きを読む
カテゴリー:

【脱スマホ事業】ドコモ「処遇改革」の本気 完全年俸制でAI技術者の年俸3000万円超えも - 05月26日(日)06:42  newsplus

脱スマホ事業へ技術者争奪戦に挑む NTTドコモは人工知能(AI)などで高い専門性を持つ技術者や、金融・決済などの成長領域を先導する人材を市場価値に応じた報酬で採用する人事制度を新設した。完全年俸制で成果に応じて賞与が大きく変動する仕組み。年俸3000万円超での処遇もあり得る。国際規模でAI技術者の獲得競争が激化する中、社外だけでなく社内人材も対象とし、優秀な人材の引き抜きを防ぐ。 4月に導入した「シニア・プロフェッショナル制度」は、ドコモが新たな成長領域に定めたAI・ビッグデータ(大量データ)に特化した技...
»続きを読む
カテゴリー:

俺の書いた小説?処女作な単話短編を読んでみてくれないか - 05月26日(日)00:17  news4vip

近未来世界で二人の男が人工知能について小難しい話を交わす作品です 機械に心を与えること、それ自体は簡単だ。と彼は言った https://ncode.syoseTu.com/n3143fn/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

スマート農業技術向上へ 九州で連絡会、27日発足 - 05月25日(土)10:30 

農業の担い手不足が深刻化する中で人工知能(AI)などの先端技術を活用する「スマート農業」の技術を高めようと、九州農政局は27日、「九州スマート農業技術連絡会議」を立ち上げる。九州で実証プロジェクトに取り組む15地区が対象で、佐賀県からは、大規模水田で一貫した管理による省力化に取り組む「アグリベースにいやま」(神埼市)が参加する。 農水省はスマート農業の一般農家への普及を目指し、農業者による先進的な取り組みを支援、実証する2カ年のプロジェクトを本年度から始める。公募で全国の69地区が選定された。
カテゴリー:

ウェルスナビ、3ヵ月連続積立で現金最大2万5000円プレゼント。新規積立限定 - 05月26日(日)17:23 

ロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」を運営するウェルスナビは8月22日正午まで、1回目または新規の積立から3ヵ月連続で自動積立を行った利用者に、現金最大2万5000円をプレゼントする「積立開始キャンペーン」を開始した。プレゼントされる現金の金額は引落し金額の最小値(1ヵ月間に自動積立による引き落としが複数回実施された場合は1ヵ月間の合算値)に応じて決まる。現金は初めての引落し月により10月中旬~12月中旬にウェルスナビの口座に入金される。 キャンペーンのエントリーと自動積立の申し込みは、順番が前後しても可能、19年6月~8月のいずれかにウェルスナビで新規の自動積立による引き落としをした利用者が対象。それ以前に自動積立の申し込みはしたものの、残高不足などで引き落としがまだ1度もされていない場合も、条件を満たせばキャンペーン対象となる。ログイン後のキャンペーンページで、「キャンペーンにエントリー」ボタンを押下するとエントリーが行われる。 プレゼント金額は、積立金額が1万円 ~ 3万円未満で500円、3万円 ~5万円未満で1000円、5万円 ~10万円 未満1500円、10万円 ~20万円未満が2000円、20万円~30万円未満が3000円、30万円~50万円未満が5000円、50万円 ~100万円未満1万円、100万円以上で2万5000円。 ウェルスナビはAI(人工...more
カテゴリー:

米に再び「赤の恐怖」襲来か ハイテク企業、中国人研究者起用に壁 - 05月26日(日)09:03 

 人工知能(AI)などテクノロジー分野での中国の躍進に米政府が神経をとがらせ、対策を打ち出しているが、自らの首を絞める恐れもある。米政界にはかつての共産主義排斥「赤の恐怖」に似た動きが広がり始めた。大学は中国側の研究提案に対する審査を強化。会議や交流のために訪米する中国人科学者のビザ(査証)発給は遅れ、ロボットや高度な製造業などをテーマに学ぶ中国人大学院生へのビザの期限は5年から1年に短縮された。
カテゴリー:

ドコモ「世界で通用する一流の人材募集。最大年俸3000万円で雇う」 - 05月26日(日)05:10  poverty

ドコモ「処遇改革」の本気、AI人材の年俸3000万円超えも 脱スマホ事業へ技術者争奪戦に挑む NTTドコモは人工知能(AI)などで高い専門性を持つ技術者や、金融・決済などの成長領域を先導する人材を市場価値に応じた報酬で採用する人事制度を新設した。 完全年俸制で成果に応じて賞与が大きく変動する仕組み。年俸3000万円超での処遇もあり得る。国際規模でAI技術者の獲得競争が激化する中、社外だけでなく社内人材も対象とし、優秀な人材の引き抜きを防ぐ。 4月に導入した「シニア・プロフェッショナル制度」は、ドコモが新たな成...
»続きを読む
カテゴリー:

Googleアシスタントの自動予約電話機能、通話の4分の1は本物の人間によるもの - 05月25日(土)13:32 

Googleの自動音声通話技術「Duplex」がGoogleアシスタントのユーザーに代わって予約電話をかける機能は昨年のGoogle I/Oで発表され、AIによる本物の人間のような会話が注目を集めたが、現在米国48州で提供されているレストランへの予約電話サービスでは実際に本物の人間が電話をかけるケースも多いようだ(The New York Timesの記事、 SlashGearの記事、 The Vergeの記事、 9to5Googleの記事)。 The New York Timesが実施した数日にわたる実験では、事前にレストランへ連絡したうえで、12件以上の予約電話をGoogleアシスタントにかけさせている。予約可能な人数の条件が合わずに断られた店も多かったようだが、予約に成功した4件のうち3件は人間が電話したものだったという。ただし、AIによる予約が成功した1件は、AIが適宜間や間投詞を入れるなど、実際に人間が考えながら受け答えをしているような会話となっている。電話に出た店員が混乱したふりをして繰り返す質問にも迷わず答え、「子供が含まれるか」という質問には「クライアントに代わって電話しているので、はっきりとはわからない」と答えている。この店員によれば、本当の人間が話しているようで、すべて完璧だったとのこと。 Googleによれば、Googleアシスタントによる予約電話...more
カテゴリー:

AIで早期胃がんの進行度を診断 岡山大大学院・河原教授ら開発 - 05月25日(土)09:54 

 岡山大大学院の河原祥朗教授(実践地域内視鏡学)らの研究グループは、人工知能(AI)を活用して早期胃がんの進行度を診断できるシステムを開発した。病変部の画像から内視鏡治療か外科手術のいずれが適している...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「人工知能」の画像

もっと見る

「人工知能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる