「人工知能」とは?

関連ニュース

AIロボットが野菜を自動収穫 5月から農家貸し出し - 01月18日(金)07:30 

人工知能(AI)を使った自動野菜収穫ロボットを開発するベンチャー企業・inaho(本社・神奈川県鎌倉市)が17日、鹿島市と進出協定を結び、オフィスを開設した。5月から、施設キュウリやアスパラガスの栽培農家にロボットを貸し出すサービスを展開する。収穫作業の負担軽減を図るとともに、規模拡大を促して農家の所得向上につなげたい考え。鹿島市を拠点に、先進技術を使ったスマート農業を加速させる。 同社が開発したロボットは、収穫適期を迎えた野菜をセンサーで識別して自動で収穫する。
カテゴリー:

AIプロジェクトはなぜ「失敗」するのか? 実例からみる現実的な対応策 - 01月18日(金)07:10 

最近になって、AI(人工知能)のPoC(概念実証)に関する記事、さらにはAIプロジェクトの失敗に言及する記事が増えてきた。私は2016年からこの問題を語り続けてきたが、中にはビジネス側とシステム側の対立を煽り、ビジネス側を勉強不足と切り捨てるものも見受けられる。しかし、万人がビジネスとAIを深く理解した、超人になることは現実的ではない。異なる強みを組み合わせ、1人ではできないことを成し遂げてこそ、組織は価値あるものになる。本稿はAIプロジェクトの失敗例を通じて、つまづきやすいポイントを提示するとともに、発注するビジネス側が何をしなければならないかを明確にしていきたい。
カテゴリー:

【2019 成長への展望】京セラ社長・谷本秀夫さん(58) - 01月18日(金)05:00 

■AI関連投資進め売上高2兆円目標--生産性倍増計画に取り組んでいる「ロボットと人工知能(AI)を組み合わせて生産性を上げる計画だ。昨年、ファインセラミックの部…
カテゴリー:

京セラ・谷本秀夫社長「AI開発へ研究者集約」 - 01月17日(木)22:25 

--生産性倍増計画に取り組んでいる「ロボットと人工知能(AI)を組み合わせて生産性を上げる計画だ。昨年は、ファインセラミックの部門で2つのモデルラインができた。…
カテゴリー:

【大学】「AI」が必修科目に。金沢工大の全学部で2020年度から - 01月17日(木)20:13  bizplus

金沢工業大学は1月17日、AI(人工知能)の基礎を教える授業科目を2019年度に開講し、20年度の入学生からは全学部学科の必修科目にすると発表した。学生にAIの基礎的な機能を体験させ、能動的にAIを使う面白さを感じてもらうことで、AIを問題の発見や解決に活用できる技術者の育成を目指すのが狙い。  開講する「AI基礎」では、画像認識、自然言語処理、対話型音声識別といった技術の仕組みを教える。数値計算ソフト「MATLAB」を使って学生が手書きした数字を画像認識させたり、機械学習で使う簡単なデータを作成させたりする他、「IBM...
»続きを読む
カテゴリー:

人間の本体は心臓でもなければ脳でもないという価値観 - 続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記 - 01月18日(金)07:26 

人間の本体は心臓でもなければ脳でもないという価値観 - 続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記AIとはなにかということを、真剣に考え始めたのは、6年前からだ。AIとはなにかというテーマを突き詰めていくと、そもそも人間の知性とはなにか、という疑問にぶちあたる。 人間の知性を将来はコンピュータに搭載された人工知能が超えてしまうという想像はコンピュータの登場とともに誕生していて、なにも新しいことでは...
カテゴリー:

内視鏡画像からAIが腫瘍を識別、その実力は? - 01月18日(金)07:00 

内視鏡画像を人工知能(AI)が解析し、わずか0.4秒で腫瘍か非腫瘍かを識別する――。そんな大腸内視鏡診断支援ソフトウエア「EndoBRAIN(エンドブレイン)」が医療機器として国内で承認された。
カテゴリー:

PFNがAI専用ハード開発、8.5cm角の深層学習用チップ - 01月18日(金)05:00 

 プリファード・ネットワークス(PFN)は、深層学習(ディープラーニング)向けのAI(人工知能)チップ「MN-Core」とそれを実装したアクセラレーターボードを開発し、半導体関連の展示会「SEMICON Japan 2018」(2018年12月12~14日)、東京ビッグサイト)に参考出展した。2020年春ごろの実用化を想定する。
カテゴリー:

京セラ・谷本秀夫社長「AI開発へ研究者集約」 - 01月17日(木)22:20 

 --生産性倍増計画に取り組んでいる 「ロボットと人工知能(AI)を組み合わせて生産性を上げる計画だ。昨年は、ファインセラミックの部門で2つのモデルラインができた。解析データをもとにプログラムを作ったり、技術者がやっていたことをAIに置き換えたりできるようになった。これで良品率も上げられた」 --設備投資の計画は 「今後もAI関連のラインに投資をしていく。全社での設備投資計画は今年度は1100億円だったが、4~5年の間には瞬間的に2千億円を超えることもあるだろう。生産性を高め、平成32年度に売上高2兆円を目指している」 --AIの開発体制をどうしていくのか 「今年5月に横浜市のみなとみらい地区…
カテゴリー:

世界初「月の裏着陸」中国が狙う 「宇宙制覇」最前線--野口東秀 - 01月17日(木)18:17 

 繰り返し強調しておくが、中国の歴代の政権は「宇宙強国」を目指してきた。 2022年には自前の宇宙ステーション「天宮」を全面運用し、2028年から2030年には搭載重量が140トンにも及ぶ新型ロケット「長征9号」を打ち上げる予定だ。「長征9号」の開発には、有人月面着陸や火星の表土や岩石を地球に持ち帰るサンプルリターン計画、大型宇宙ステーションの建造が念頭にあるとされる。 つまり、中国が目指しているのは、2030年代に米国と並ぶ「宇宙強国」の地位を確立することなのだ。「2つの100年」を前に「宇宙強国」の意味は、「軍民融合」が叫ばれる中国では、当然のことながら軍事面における「強国」と同列である。実際、習近平中国国家主席は2015年12月、「勝てる軍隊をつくる」として軍を再編し、「戦略支援部隊」を創設している。「戦略支援部隊」は、宇宙領域を担う「軍事航天部隊」と、サイバーを担う「網路信息戦部隊」に分かれている。中国の宇宙開発は軍が指揮しているわけで、「戦略支援部隊」の任務は、各軍種の作戦や統合作戦の支援、サイバー及び電子戦にある。 まさに(上)で指摘したように、中国軍が湾岸戦争とイラク戦争で必要性を痛感した衛星通信を重視しているのだ。 例を挙げれば、海洋偵察衛星は敵艦艇の位置把握に、測位衛星は航空機や艦艇が自己の位置を知るのに必要であり、ミサイルの精密誘導で不可欠なものである。 中国は...more
カテゴリー:

もっと見る

「人工知能」の画像

もっと見る

「人工知能」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる