「人工知能」とは?

関連ニュース

ワークフローソフトのOnitがAI機能導入のため完全リモート交渉でNZのMcCarthyFinchを買収 - 11月29日(日)08:30 

ヒューストンのワークフローソフトウェア企業Onitが11月第3週に、2018年のTechCrunch Disrupt Battlefield(未訳記事)に出場したMcCarthyFinchを買収したことを発表した。OnitはMcCarthyFinchのAIスキルを利用して同社のワークフローソフトウェアをパワーアップすることを狙っているという。 買収の価額は、公表されていない。 Onitは複数のAI企業を評価検討してからMcCarthyFinchに決めた。後者は前者の法務ワークフローソフトウェアに欠けていた人工知能を提供する。OnitのCEOで共同創業者のEric M. Elfman(エリック・M・エルフマン)氏は、「10社以上のAI企業を評価して、さらに6社を詳しく調べた。群を抜いていたのがMcCarthyFinchだ。彼らは、技術とチームの両方で最強だった」と語っている。 Onitは、同社のワークフロープラットフォームであるAptitudeをAI化するつもりだ。「McCarthyFinchがすごいと思ったのは、最初にCEOのNick Whitehouse(ニック・ホワイトハウス)氏と会話したときからだ。彼らは自分たちをAIプラットフォームと見なしていた。それこそがまさに、私たちの仕事とワークフローオートメーションプラットフォームのAptitudeを補完するものだった」とエルフマン...more
カテゴリー:

【悲報】日本の未来、お先真っ暗だったwwww - 11月29日(日)05:22  livejupiter

「ユニコーン企業」と呼ぶ大型スタートアップ企業が世界で500社まで増えたことが明らかになった。 既存産業とIT(情報技術)の融合や人工知能(AI)の発達を背景に、約2年間で倍増した。 ユニコーンは資金調達などの際に参考とする企業価値の評価金額が10億ドル(約1040億円)を上回るスタートアップを指す。 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO66678750W0A121C2MM8000 ...
»続きを読む
カテゴリー:

航空機の技術とメカニズムの裏側 第253回 軍事とAI(12)AIにどこまで任せられるのか - 11月28日(土)11:44 

既に、無人機(UAV : Unmanned Aerial Vehicle)をはじめとするさまざまな無人ヴィークルが軍事分野で使われており、その中には武装化しているものもある。人工知能(AI : Artificial Intelligence)を無人ヴィークルで活用しようとする動きもある。すると当然ながら、「ロボット兵器が戦争をしている!」という批判の声があがる。
カテゴリー:

写真・ビデオ用スマートストレージ「Monument 2」は自動でバックアップ、AIで整理整頓! - 11月28日(土)09:00 

スマホやPC、デジカメに写真やビデオが散らばっている、という人は少なくないだろう。端末のカメラ性能が向上して撮影が身近なものになるにつれ、撮影した写真やビデオの管理に手間がかかるようになっている。 そのソリューションとして登場したのが写真・ビデオ用のスマートストレージ「Monument 2」。ネットワークにつなげることでスマホやPCから無線で、そして直接カメラやSDカードを差し込んで写真やビデオを送って保存できる。 どの端末からもアクセス可 Monument 2は専用アプリをダウンロードしたデバイスをつなげると自動的にバックアップを取るようになっている。なので、スマホで撮ってMonument 2に保存し、スマホからはすぐに消去してストレージを確保できる。 Monument 2に保存した後はどの端末からも、そしてどこからでもアクセスできるのも便利だろう。所有者だけがアクセスできるのでクラウドサービスに保存するよりもプライバシーが確保でき、月々の使用料もかからない。 人工知能が写真を分類 さらに、Monument 2には写真を自動的に整頓してくれるという嬉しい機能もある。これには人工知能を活用している。写真に写っている人物の顔など被写体を認識して写真をカテゴリー分けする。 たとえば自分自身が写っている写真だけを集めたり、検索バーに「dog」と入力すれば犬が写っている写真が集められたりす...more
カテゴリー:

AI研究の松尾豊さん、人間のいい加減さを可視化したい | Ledge.ai - 11月27日(金)20:21 

AI研究の松尾豊さん、人間のいい加減さを可視化したい | Ledge.ai『人工知能は人間を超えるか』(KADOKAWA)などの著書でも知られる松尾豊さん 一般財団法人デジタルコンテンツ協会(Digital Content Association of Japan : DCAJ)は11月18日〜11月20日まで、先端コンテンツ技術とデジタルコンテンツをテーマにする国際イベント「デジタルコンテンツEXPO 2020 ONLINE」を開催した。 同...
カテゴリー:

生産現場にもリモート化の波 自宅で遠隔監視、AI活用し故障予知 - 11月29日(日)06:30 

 新型コロナウイルスの感染拡大で、事務職や営業職の社員が出社せずに自宅から遠隔で仕事をするリモートワークの利用が広がっている。一方で設備を動かす工場で働く社員のリモート化は難しく、製造業の現場で課題となっていた。そんな中、遠隔監視やAI(人工知能)を活用し、工場のリモート化に取り組む動きが出ている。コロナ禍を機に、生産現場でも働き方改革が広がろうとしている。
カテゴリー:

病院の請求事務のための医療コーディングをAIで正確化効率化したDiagnoss - 11月28日(土)14:30 

カリフォルニア州バークリーのDiagnossは、機械学習にフォーカスしたスタートアップスタジオであるThe Houseに支援され、医療請求事務のためのコーディングアシスタントをローンチした。 そのソフトウェアは、ドキュメンテーションとコーディングに対するリアルタイムのフィードバックを提供する。 Diagnossによると、医療コーディングは病院の成功と失敗を左右する。ヘルスケアのプロバイダーたちは新型コロナウイルス(COVID-19)の急な発生で弱体化し、病院は容量の60%以下で稼働している。そしてその1 / 4は、パンデミックによるケアへの妨害が続くかぎり、今後1年以内の閉鎖の可能性に直面している。 費用圧力のためどんなコーディングエラーでも財務的負担になり、ヘルスケアのプロバイダーを追い詰める。 「診察する1人の患者につき医師は、1回に平均16分間を管理業務に費やす(Annals of Internal Medicine記事)。1日の合計では数時間にもなる。さらに、入力されるコードにはエラーが多く、エラー率は最大で30%といわれている。そのため、請求ができなかったり、遅れたりしている。しかし人工知能と機械学習の現在の大きな進歩で、ついに医師に燃え尽き状態と財務的な重荷をもたらす非効率性の一部を、退治できるようになった」と声明で語るのはDiagnossの創業者でCEOのAbboud...more
カテゴリー:

JAMES DYSON AWARD受賞発表 大賞は乳がん検診のデバイス - 11月28日(土)11:00 

次世代のデザインエンジニアを称え、育成、支援するための国際エンジニアリングアワードである「JAMES DYSON AWARD」の2020年受賞作が発表された。 次世代のエンジニアを発掘 JAMES DYSON AWARDは、デザインエンジニアリングの必要性を伝え、次世代のエンジニア育成を目的に活動をすることを目的にしたコンペティションで、ジェームズダイソン財団が運営。賞金に加え、国内外のメディアで紹介される機会の提供を通して応募者のキャリア形成をサポートを行っており、過去には受賞をきっかけに、作品の製品化や、起業の道に進む応募者もいたという。 募集課題はシンプルだが、常識にとらわれない、他とは違う考え方によって、試行錯誤を繰り返し、より良い機能を持つ作品を募集。その結果、ダイソン創業者で最終審査員のジェームズ ダイソンが選出した2020年のJDA国際最優秀賞は、The Blue Box(スペイン)に決定。また、今年新設されたサステナビリティ賞は、AuREUS(フィリピン)が受賞した。 低コストで乳がん検診 JDA国際最優秀賞に輝いた「The Blue Box」は、痛みを伴うことなく非照射、低コストで乳がんをスクリーニングできるデバイス。AIベースのアルゴリズムは、特定の尿代謝物に反応し、在宅でガン検査を行うことができるという。The Blue Appでプロファイルを作成した後、ユー...more
カテゴリー:

ノンレム睡眠レム睡眠 - 11月27日(金)22:18  news

---------- 筑波大発S'UIMIN、自宅で高精度に睡眠計測 筑波大学発スタートアップ、S'UIMIN(スイミン、茨城県つくば市)は人工知能(AI) と簡単に装着できる脳波測定機器を駆使した睡眠計測サービスを始めた。睡眠の質に関 する高精度な計測が自宅などでも容易にできるようになる。日本では約4人に1人が睡眠 について悩んでおり、睡眠不足で年間約15兆円の経済損失があるとの報告もあるなか、 新たな市場の開拓を狙っている。【以下略】 ---------- https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66736680X21C20A1L60000 ...
»続きを読む
カテゴリー:

柿の裂果判別、AIソフト開発 岡山大院 赤木准教授らのグループ - 11月27日(金)19:56 

 岡山大大学院の赤木剛士准教授(園芸学)らの研究グループは、柿の外見から裂果「へたすき」の有無を見分ける人工知能(AI)ソフトを開発した。選果作業の省力化につながる成果。今後は岡山県特産のモモやブドウ...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「人工知能」の画像

もっと見る

「人工知能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる