「前年同月比」とは?

関連ニュース

2019年12月度の派遣平均時給は1,569円。19ヶ月連続で前年同月比プラス。オフィスワークの急募求人増に加え、同一労働同一賃金に対応すべく、交通費上乗せの案件が時給増に影響。 - 01月24日(金)14:45 

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の派遣のお仕事探しサイト『エン派遣』( https://haken.en-japan.com/ )では、サイトに掲載されたすべての職種(※)の求人情報をエリア別(※)に集計し、募集時の平均時給分析を行なっています。2019年12月度の集計結果がまとまりましたので、お知らせします。 ※『エン派遣』上で分類されている職種、エ...
カテゴリー:

【経済】消費者物価上昇率、19年0.6% 増税も伸び鈍く - 01月24日(金)10:43  newsplus

総務省が24日発表した2019年の消費者物価指数(CPI、15年=100)は、変動の大きい生鮮食品を除く総合で101.7と前年から0.6%上がった。プラスは3年連続だが、伸び幅は前年比0.3ポイント縮んだ。10月に消費増税があったが、物価上昇率は低空飛行が続く。携帯通信料の値下げなどの政策要因のほか消費の基調の弱さを映している可能性もある。 費目別で物価の押し上げ効果が大きかったのは生鮮食品以外の食料。たとえば外食は1.5%、菓子類は2.0%上がった。材料費や人件費の高騰を映している。このほか教養娯楽の分野で宿泊料が訪日外国人客...
»続きを読む
カテゴリー:

助けてー!12月もスーパーの売り上げがマイナスだらけなの(´;ω;`)【減~減~】 - 01月23日(木)18:42  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 日本チェーンストア協会が発表した12月のチェーンストア販売概況(会員企業55社、1万550店)によると、総販売額は1兆1883億円(店舗調整後前年同月比3.3%減)となった。 部門別の販売額では、食料品7906億円(1.2%減)、衣料品810億円(7.6%減)、住関品2315億円(8.2%減)、サービス33億円(1.4%減)、その他817億円(4.2%減)。 店舗調整前では、総販売額8.2%減、食料品6.6%減、衣料品16.4%減、住関品11.6%減、サービス10.8%減、その他3.8%減だった。 12月度は、食料品、衣料品、住...
»続きを読む
カテゴリー:

12月のショッピングセンターの売上3.6%減!「冬物不振」で3カ月連続減、マイナス幅も拡大・・・ - 01月23日(木)17:52  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 日本ショッピングセンター協会が発表した12月のショッピングセンター(SC)販売状況によると、既存SC売上高の前年同月比は3.6%減となった。 12月度の既存SC売上高は、前年より休日日数が2日少なかったこと(祝日、土曜日各1日減)や、全国的に平年より気温が高めに推移したことにより冬物商品の売れ行きが鈍かったことなどが響き、総合で3.6%減となり、前月(1.6%減)よりマイナス幅が広がった。 また、クリスマス時期の曜日回りが昨年と比べてよくなかったことの影響、消費税増税に伴う買い控...
»続きを読む
カテゴリー:

【調査】アルバイトの平均時給が過去最高を更新 全国平均は1127円に - 01月23日(木)10:31  newsplus

ディップは、自社が展開するアルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」に掲載された求人広告データをもとに集計した、2019年12月のアルバイト時給データを発表した。12月のアルバイト平均時給は1127円(前月比16円増、前年比54円増)となり、前月比、前年同月比ともに上回った。また、前年同月比では、40カ月連続で上回っており、アルバイト時給の上昇が続いていることが分かった。  バイトルに掲載された求人件数は約18万6000件で、前月比8.4%減、前年比22.7%増となった。  職種別平均時給でみると、「看護・介護」な...
»続きを読む
カテゴリー:

総務省「国民が増えた賃金を食べ物にしか使わなくなっている、どうして…」 - 01月24日(金)11:40  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/kinokorusensei32.gif 消費者物価、3年連続上昇 昨年、プラス0・6% 総務省が24日発表した令和元年平均の全国消費者物価指数(平成27年=100、生鮮食品を除く)は、前年比0・6%上昇の101・7だった。 外食や食料品の値上げなどが要因で、プラスは3年連続。伸び率は前年の0・9%を下回った。 生鮮食品とエネルギーを除いた指数は0・6%上昇の101・6となった。 同時に発表した令和元年12月の全国消費者物価指数は、前年同月比0・7%上昇の102・2だった。プラスは36カ...
»続きを読む
カテゴリー:

12月の百貨店・ショッピングセンター売上、ともに3カ月連続マイナスに - 01月24日(金)08:29 

日本百貨店協会と日本ショッピングセンター協会が2019年12月の売上を発表し、どちらも3カ月連続で前年同月比マイナスとなったことが分かった。
カテゴリー:

SGHD/デリバリー事業の12月取扱個数、1.4%減 - 01月23日(木)18:08 

SGホールディングスは1月23日、12月のデリバリー事業取扱個数実績を発表した。 取扱個数は全体で1億2300万個(前年同月比1.4%減)、うち飛脚宅配便は1億1800万個(1.2%減)だった。
カテゴリー:

財務省/12月分貿易統計、輸出入ともに減少傾向が継続 - 01月23日(木)11:30 

財務省が1月23日に発表した12月分貿易統計速報によると、輸出金額は6兆5771億円(前年同月比6.3%減)、輸入金額は6兆7296億円(4.9%減)で、輸出と輸入の差引額は1525億円の赤字となった。 輸出は13か月連 […]
カテゴリー:

【調査】19年12月の貿易収支、1525億円の赤字 通年は2年連続赤字 - 01月23日(木)10:01  newsplus

財務省が23日発表した2019年12月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1525億円の赤字だった。赤字は2カ月連続。QUICKがまとめた民間予測の中央値は1510億円の赤字だった。 輸出額は前年同月比6.3%減の6兆5771億円、輸入額は4.9%減の6兆7296億円だった。 併せて発表した19年の貿易収支は1兆6438億円の赤字だった。通年ベースの貿易赤字は2年連続。輸出額は18年比5.6%減の76兆9278億円、輸入額は5.0%減の78兆5716億円だった。 2020/1/23 9:00 https://www.nikkei.com/article/DGXL...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「前年同月比」の画像

もっと見る

「前年同月比」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる