「青森県八戸市」とは?

関連ニュース

ブルーベリー食べごろ 八戸市南郷の観光農園 - 07月19日(金)10:12 

青森県八戸市南郷観光農業振興会(一二三勝会長)の観光農園でブルーベリーが食べごろを迎えた。このうち「小林観光ブルーベリー園」(同市南郷中小花、小林正明さん方)で12日、開園セレモニーが行われ、園児たちがブルーベリー狩りを楽しんだ。南郷地区では約20種類のブルーベリーを栽培しており、同園では早生(わせ)種の「ブルータ」などが楽しめる。今年は同地区10カ所で食べ放題イベントを実施している。セレモニーには、同市の幼保連携型認定こども園「みどりのかぜエデュカーレ」の年長組25人が招かれた。一二三会長は…
カテゴリー:

【レスリング】伊調馨、五輪消滅で9月にも現役引退「そうなると思う」 - 07月15日(月)07:39  mnewsplus

レスリング女子でオリンピック(五輪)4連覇の伊調馨(35=ALSOK)が14日、東京都内で本紙の取材に応じ、来年の東京五輪行きがなくなった場合、9月にも現役引退する意向を示した。 世界選手権(9月14~22日、カザフスタン)代表をかけた6日のプレーオフでは、女子57キロ級で川井梨紗子(24)に負けた。川井が同選手権でメダルを獲得すれば、同級1枠の東京五輪代表に内定する。他階級での挑戦はせず、指導者を視野にマットを退く。    ◇   ◇   ◇ 全国が見守った2人の五輪女王による世界で最も過酷な五輪代表争い。6日のプ...
»続きを読む
カテゴリー:

八戸・田向の区画整理事業が完了 - 07月13日(土)09:00 

青森県八戸市の田向土地区画整理事業が完了したことに伴い、同区画整理組合が解散し12日、同市の八戸パークホテルで解散式を行った。1999年の事業着手から約20年を経て、水田地帯だった同地区が医療・福祉施設や商業施設も立ち並ぶ住宅地に様変わりした。関係者約100人が事業の完了を祝った。式で同組合の中村進一理事長が「医療・教育・商業などの施設の集積が進み、良好な居住環境を備えた新市街地が誕生したことを心から喜んでいる」とあいさつ。地権者の代表である総代46人に感謝状を贈った。同組合は99年12月に設…
カテゴリー:

雨上がり、舞優雅に 八戸小唄流し踊り - 07月12日(金)20:46 

港町八戸の夏を彩る「第49回八戸小唄流し踊り」(東奥日報社主催)が12日、青森県八戸市中心街で行われた。15団体約800人の踊り手たちが、白地にカモメ柄をあしらったそろいの浴衣に身を包み、優雅に舞った。午前中から降り続いた雨は夕方にやみ、七夕飾りで彩られた目抜き通りには大勢の市民が繰り出した。午後5時半、流し踊りは千葉学園、向陵高校のバトン部を先頭に十三日町の中合三春屋店前をスタート。小林眞市長、八戸商工会議所の河村忠夫副会頭、VISITはちのへの塚原隆市理事長、市地域婦人会の古里ツセ会長、東…
カテゴリー:

魚介類のおいしさ実感 八戸発、夏のブイヤベース 13、14日にイベント - 07月12日(金)11:07 

地元産の魚介類のおいしさを実感してもらう「七夕ブイヤベースレストランinはっち」が13、14日、青森県八戸市の八戸ポータルミュージアムはっちで開かれる。 水産業有志でつくる「八戸ハマリレーションプロジ
カテゴリー:

3人制プロバスケ・八戸DIMEに角田加入 - 07月17日(水)11:30 

青森県八戸市を拠点とするバスケットボール3人制プロチーム「八戸DIME(ダイム)」の運営会社は16日、系列の「大阪ダイム」でプレーしていた角田大志(たいし)(25)との選手契約に基本合意したと発表した。角田は東京都出身。身長189センチ、体重96キロ、ポジションはセンター。2016年から、ストリートバスケリーグ「サムシティ」で活躍し、18年まで大阪ダイムに所属していた。運営会社を通じて角田は「八戸ダイムの一員になれてうれしく思う。全力でプレーしたい」とコメントした。
カテゴリー:

サッカー楽しめる場を 「パムコフィールド」完成間近 - 07月14日(日)13:56 

サッカーJ3のヴァンラーレ八戸の運営会社が、青森県八戸市南郷に整備を進めているサッカーの人工芝グラウンドが今月、完成する。同市に本部を置く「大平洋金属」の土地を借りて整備。名前は同社の愛称から「PAMCO(パムコ)フィールド」に決まった。ピッチ部分は既に完成しており、16日から一般利用を開始する。グラウンド面積は80メートル×120メートルの9600平方メートルの1面。同社によると、主に市内外のジュニアチームや中高校生の部活動、社会人チームなどの練習や試合の場として使用してもらうという。現地に…
カテゴリー:

八戸港6月の水揚げ数量 過去10年間で最低 - 07月12日(金)21:55 

青森県八戸市水産事務所は12日、6月の八戸港水揚げ実績をまとめた。数量は847トンで、前年同月比21%減となり過去10年で最低だった。金額は2億4143万円で同55%減だった。前年同月はあった船凍イカの水揚げがなかったことや、大型底引き網の販売が一部にとどまったことが数量に響いた。イカ釣りは、月末に小型船がスルメイカ数キロを水揚げしただけで、船凍イカを水揚げする中型船の水揚げはなかった。前年同月は、機械トラブルで予定より早めに帰港した中型船による船凍アカイカの水揚げなどで数量120トン、金額5…
カテゴリー:

「吉田初三郎の鳥瞰図」13日から八戸で特別展 - 07月12日(金)12:30 

青森県八戸市の八戸クリニック街かどミュージアムで夏期特別展「吉田初三郎 鳥瞰図(ちょうかんず)展」が13日から開催される。JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール7月号」で20ページにわたり関連特集が組まれ、注目を集めている。吉田初三郎は、京都市生まれの画家で、大正から昭和半ばまで、観光地や鉄道の沿線などを案内する観光鳥瞰図を描き、一世を風靡(ふうび)した。八戸市の種差海岸の美しさを絶賛し、アトリエ兼住居として「潮観荘」を建設、活動の拠点としたことでも知られる。同展では、幕末の京都を描いた鳥瞰…
カテゴリー:

【芸能】なすびさん、被災地千キロを踏破 「一歩踏み出す人の支えに」 - 07月11日(木)17:36  mnewsplus

 東日本大震災で被災した、青森県八戸市から福島県相馬市の太平洋沿岸部約千キロを結ぶみちのく潮風トレイルが6月に開通した。俳優でタレントの「なすび」こと浜津智明さん(43)=福島市出身=は復興支援として2015~16年、未開通区間を含む全行程を踏破。各地で被災者と触れ合い「前を向いて一歩踏み出そうとしている人の支えになれた」と語る。今後も支援を続ける考えだ。11日は震災から8年4カ月。  震災後、ボランティアとして福島県を中心に活動し「初心者の自分が最高峰のエベレストに登頂すれば、勇気や希望を届けられる」と...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「青森県八戸市」の画像

もっと見る

「青森県八戸市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる