「人材育成」とは?

関連ニュース

いじめ対策教諭の改善指摘 人材育成を提言へ 仙台市検証会議 - 11月14日(木)11:37 

仙台市が設置した有識者のいじめ防止等対策検証会議は13日、一部を除く市立小中学校に市教委が1人ずつ配置した「いじめ対策担当教諭」の改善など3項目を提言することを決めた。報告書に盛り込み、年内に郡和子市
カテゴリー:

令和元年度「防災コーディネーター研修」を開催 - 11月13日(水)17:16 

このたび、女性のリーダー的人材育成のため、令和元年度「防災コーディネーター研修」を下記のとおり実施いたしますので、お知らせします。
カテゴリー:

「タイ北部 “FURUSATO”環境保全プロジェクト」第2期を開始 - 11月13日(水)10:00 

2019年11月13日 花王株式会社 「タイ北部 “FURUSATO”環境保全プロジェクト」第2期を開始 花王株式会社(社長・澤田道隆)は、今年4月より、「タイ北部“FURUSATO”環境保全プロジェクト」の第2期を開始しました。第1期を引き継ぐプロジェクトで、公益財団法人オイスカの協力のもと実施しています。第1期に植林した地区で引き続き環境保全を行ない、収入向上につながる作物の栽培を開始します。また、近隣の新たな地区で植林を実施することで、地域の人々の生活に貢献していきます。 花王は2012年4月から2017年3月までの5年間、「タイ北部“FURUSATO”環境保全プロジェクト」に取り組みました。社会問題化しているタイ北部の急激な森林の減少や土壌劣化による水害などの環境問題改善をめざし、行政の担当者、地域の人々、近隣の学校の生徒や花王グループ社員によって、約35ヘクタールの土地に42,500本を植林しました。同時に、森林を守り育てる人材を育成するため、環境教育を実施。植林地の日々の管理保全は、地域住民の手で自主的に行なわれるようになりました。 第1期プロジェクトを通して、地域の人々の環境保全に対する意識が高まったことで、森を適切に管理し、生活の基盤づくりに生かそうという機運が生まれました。2019年4月に開始した第2期プロジェクトでは、第1期に植林した地域で、...more
カテゴリー:

英会話イーオンとSAPIXを展開する日本入試センター業務提携契約を締結 〜グローバル人材育成のために、新たな英語教育の可能性を創出へ〜 - 11月12日(火)11:00 

英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)とSAPIX等を展開する株式会社日本入試センター(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:高宮英郎、以下「日本入試センター」)は、互いのノウハウや強みを活かし、グローバル人材育成のために新たな英語教育の可能性を拓くべく、この度、業務提携契約を締結しましたのでお知らせいたします。
カテゴリー:

NY在住日本人社長が出張帰国で驚いたコンビニ惣菜のクオリティ - 11月11日(月)20:58 

11月でニューヨーク在住20年となった米国の邦字紙『NEW YORK ビズ!』CEOの高橋克明さんが、自身のメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』で綴る3週間に亘ったアジア出張記の最終回が届きました。今回は、台風19号接近の中、大阪から東京に移動しての数日間の話です。11月11日に出版される初の著書に関する裏話や、久しぶりの日本や日本人について気づいたことを伝えてくれます。 秋のアジア出張、最終回 新大阪から東京までの新幹線は満席でした。台風の影響で、どうせガラガラだろうと思っていたにも関わらずギリギリ指定席を取ることができました。そう、今回の日本出張、みなさんの話題は「台風」一本でした。 どうして、またこんな時期に、来られたんですか?と何人にも聞かれました。どうしても、こうしても、知らなかった。ニューヨークにいて、日本の天候までは考えていませんでした。それでも、多くの日本の方にさんざん脅されました。 「戦後最大だよ!」「本当にヤバいらしいですよ!」「日本自体がストップするみたいですよ!」etc….被災された方々には、かなり不謹慎な意見ですが、そこまで脅かされると、果たして都内がどんな状態になるのか、少し見てみたい気にもなってしまいました。 新幹線の中では、お笑いタレントさんが経営する焼肉店の出している駅弁を食べました。予想以上に美味かっ...more
カテゴリー:

カンボジアへ子ども健康手帳を 学芸館高生2人が作製に参加 - 11月13日(水)23:41 

 スポーツや教育を通して人材育成を支援するNPO法人ハート・オブ・ゴールド(HG、岡山市北区西辛川)がカンボジアの子どもたちの身長や体重、体力測定の推移などを記録する健康手帳を作っている。学芸館高(同...
カテゴリー:

日本フードアナリスト協会が特定技能1号技能測定試験の「外食業」受験対策スクールを12月28日から開講! - 11月13日(水)14:00 

食の情報と情報発信の専門家=フードアナリスト(R)を育成・認定する一般社団法人日本フードアナリスト協会(以下日本フードアナリスト協会:所在地:東京都千代田区、会長:横井裕之)は、2019年12月28日より「外食業」に特化した特定技能1号技能測定試験の受験対策スクール(2020年2月受験対応)を開講します。食の情報と情報発信の専門家=フードアナリストを育成・認定している日本フードアナリスト協会は、14年にわたって食のプロフェッショナルを育成、外食業界の人材育成に関わってきた経験とノウハウを生かし、外食業を志す外国人の在留資格「特定技能1号技能測定試験」(外食業)に特化した受験対策スクールを開催します。2019年2月特定技能1号外食業技能測定試験に100%全員の合格を目指します。私共一般社団法人日本フードアナリスト協会は2005年より「フードアナリスト検定」という食の情報と情報発信の専門家を育成・認定してまいりました。お蔭様で正会員18,000名、企業会員400社、導入学校法人(大学・専門学校)120校以上の規模にまで成長しております。今年2019年4月より施行されている「改正出入国管理法(入管法)」により、在留資格(特定技能1号)を取得すると、5年以内での日本滞在が認められるようになりました。この特定技能1号には人材不足に悩む14業種が選定され、介護、ビルクリーニング、電気産業分野、...more
カテゴリー:

英会話イーオンとSAPIXを展開する日本入試センター業務提携契約を締結 ~グローバル人材育成のために、新たな英語教育の可能性を創出へ~ - 11月12日(火)11:00 

英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)とSAPIX等を展開する株式会社日本入試センター(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:高宮英郎、以下「日本入試センター」)は、互いのノウハウや強みを活かし、グローバル人材育成のために新たな英語教育の可能性を拓くべく、この度、業務提携契約を締結しましたのでお知らせいたします。
カテゴリー:

【うまい】 ラーメンショップ 【うまい】 - 11月12日(火)00:22  poverty

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51991950Z01C19A1K14800/ ラーメン「一風堂」海外で稼ぐ 世界600店へ現地化 ラーメン店「一風堂」を展開する、力の源ホールディングスが海外出店を加速している。2025年度までに世界600店体制を築き、海外で稼ぐモデルへと大きくカジを切っている。 ■世界の店舗責任者100人を都内で研修 「中国ではメニュー表示に絵を入れると効果的だ」「フィリピンではこうすると人が集まりやすい」──。10月9日、力の源HDは世界14カ国・地域の店舗責任者約100人を集め、同社初の「グローバルリーダーシ...
»続きを読む
カテゴリー:

新しい記事『【PR】玉川大学×東京都 無料「観光.. - 11月11日(月)18:00 

新しい記事『【PR】玉川大学×東京都 無料「観光経営人材育成講座」先着25名 受付中!』を投稿しました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「人材育成」の画像

もっと見る

「人材育成」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる