「団体戦」とは?

関連ニュース

<北部九州総体出場選手紹介>レスリング 鳥栖工業高校、夏連覇へ盤石 - 07月17日(水)14:00 

【男子】3月の全国選抜で3大会ぶりの頂点に立った鳥栖工が、盤石の布陣で夏連覇に挑む。 団体メンバーの多くが全国大会や国際大会で結果を残してきた。主将の松原は65キロ級で全国選抜を制した実力者。低く鋭いタックルから相手の足を取り、試合を決めたい。松原と全国の決勝で戦った前田も力強いレスリングで相手を圧倒する。 92キロ級で全国2位になった吉田悠は6月のU17アジア選手権で3位に入った。昨夏の団体戦では80キロ級として出場したが、1年で体を大きくし「最後の砦」として構える。
カテゴリー:

<北部九州総体出場選手紹介>相撲 - 07月17日(水)13:00 

【男子】5人制の団体戦に多久が挑む。1年生から全国舞台で経験を積んできた佐伯は土俵際の強さが光る。立ち合いで流れをつかめれば勝負に持ち込める。個人でも全国の猛者にぶつかる。 投げが強い江口と粘り強い戦いができる熊本は柔道で培った体幹を生かして勝ち星を挙げたい。佐伯は「みんな落とせないが、それでも勝っていきたい」と力を込める。 個人は立ち合いの強さがあり、パワフルな相撲を取れる佐藤(神埼清明)に期待。九州大会で優勝した江口も力強い戦いで上位を狙う。
カテゴリー:

【LTC豊中】テニス&ソフテニフェスタ開催! 子供から大人まで楽しめるビッグイベント【『BREAK BACK展』も併催】 - 07月12日(金)18:00 

株式会社ルーセント(本社:千葉県柏市、代表取締役社長:中野吉広)が運営する「ルーセントテニスクラブ」は、2024年8月14日(水)~8月15日(木)にルーセントテニスクラブ豊中(大阪府豊中市蛍池西町2-7-26)で、テニスとソフトテニスを一日中楽しめるイベント『テニス&ソフテニフェスタ』を開催いたします。8月14日はソフトテニスフェスタ。大人気ソフトテニス系YouTuberのあゆタロウさんをゲスト講師としてお呼びし、小中学生(経験者)を対象とした「ソフトテニス講習会」を開催いたします。講習会やエキシビションマッチで会場が盛り上がること間違いなし。8月15日はテニスフェスタ。小中学生を対象とした参加費無料の特別レッスン「ジュニア対象90分とことんレッスン!」や、チームで競う「団体戦」などを開催いたします。団体戦の後には豪華景品がもらえる『BREAK BACK』チャレンジイベントを開催。話題のパラスポーツ「車いすテニス」の体験会も予定しています。会場では、ルーセントが秋冬に展開を予定している新商品を実際に手に取って試せる【ルーセント展示会】を開催。また、2024年1月に東京インドアで、5月には熊本県にあるルーセントテニスクラブ熊本で開催し、のべ3500人が訪れた【BREAK BACK展】も併催いたします。等身大キャラクターパネルを使ったフォトスポットや漫画カットを使った紹介パネル、自分...more
カテゴリー:

【テレビ】『SASUKE』初の世界大会 5ヶ国35人の精鋭が集結&5人1チームの団体戦に - 07月10日(水)05:25  mnewsplus

『SASUKE』初の世界大会 5ヶ国35人の精鋭が集結&5人1チームの団体戦に【挑戦者一覧あり】 7/10(水) 4:00 オリコン https://news.yahoo.co.jp/articles/913449af13434535abadf95747bd4d0982099d08 『SASUKEワールドカップ2024』放送決定(C)TBS  TBS系『SASUKE』が、28年目にして番組史上初となる試みとして、世界各地から最強の挑戦者を集めた世界大会『SASUKEワールドカップ2024』を放送する(8月21日 後6:30)。世界5ヶ国から35人の精鋭が『SASUKE』の聖地である緑山に大集結。完全制覇を超えた、世界一を決める戦いが...
»続きを読む
カテゴリー:

<SAGA2024 デモスポ>フライングディスク コート駆け回りハイタッチ - 07月07日(日)21:15 

「フライングディスク」は神埼市の日の隈公園グラウンドであり、5人1組の団体戦「アルティメット」に10団体約100人が出場した。選手らは60メートル×30メートルのコートを駆け回り、パスをつなごうと風に舞うディスクに手を伸ばした。 小学生から50代までの選手が、相手チームのディフェンスをかいくぐってパスを回し、強い風に流されるディスクを追って走った。小学生がしっかりディスクをつかんで得点すると、敵味方なく選手が集まってハイタッチを交わしていた。
カテゴリー:

<北部九州総体出場選手紹介>セーリング - 07月17日(水)14:00 

【男子】3月の全国選抜で3大会ぶりの頂点に立った鳥栖工が、盤石の布陣で夏連覇に挑む。 団体メンバーの多くが全国大会や国際大会で結果を残してきた。主将の松原は65キロ級で全国選抜を制した実力者。低く鋭いタックルから相手の足を取り、試合を決めたい。松原と全国の決勝で戦った前田も力強いレスリングで相手を圧倒する。 92キロ級で全国2位になった吉田悠は6月のU17アジア選手権で3位に入った。昨夏の団体戦では80キロ級として出場したが、1年で体を大きくし「最後の砦」として構える。
カテゴリー:

柔道・田中兄弟 世界一を報告 龍馬選手「県内初の王者実感」龍雅選手「勝利分かち合えた」 - 07月13日(土)08:00 

5月にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開催された柔道の世界選手権で優勝した佐賀商業高出身の田中龍馬選手(SBC湘南美容クリニック)と弟の龍雅選手(筑波大)が12日、県庁を訪れ、山口祥義知事に世界一を報告した。 男子個人66キロ級に出場した龍馬選手は決勝で武岡毅選手(パーク24)を破って優勝し、県内の高校出身者で初めて世界選手権を制した。団体戦のメンバーに名を連ねた龍雅選手も金メダルを手にし、兄弟で世界の頂点に立った。
カテゴリー:

剣道日本代表が世界剣道選手権で完全制覇も…「なんで選手が後ろ」全日本剣道連盟の投稿した集合写真が物議 - 07月11日(木)12:45  mnewsplus

2024/7/11  7月4日から7月7日にかけて、イタリアのミラノで開催された『第19回世界剣道選手権大会』。男性10名と女性10名で構成された日本代表は、団体戦と個人戦で優勝を掴み取り、大会の“完全制覇”を果たした。  1970年から始まったこの大会は3年に1度、アジア・アメリカ・ヨーロッパの持ち回りで開催されている。完全制覇といったが、男女の団体・個人戦ともに優勝を逃したのは2006年の男子団体のみ。日本は圧倒的な強さを誇っている。 《気持ちわりぃ写真だな》  今回も無事に優勝したわけだが、実は開催前に剣道の日...
»続きを読む
カテゴリー:

<学童オリンピック・相撲>高学年の部は10チームが熱戦 7月14日神埼市で - 07月08日(月)19:12 

JA杯第39回佐賀新聞学童オリンピック大会相撲競技(県相撲連盟・佐賀新聞社主催、JAグループ佐賀特別協賛)が14日、神埼市の櫛田宮境内相撲場で開かれる。 小学生の団体戦は「低学年の部」に9チーム、「高学年の部」に10チームが参加し、学年別の個人戦は57人で優勝を争う。同日には第39回県中学生相撲選手権大会も行われ、団体戦に6チーム、個人戦に19人が出場する。大会前に選手を紹介する。
カテゴリー:

<全九州高校体育大会・剣道>「逃げずに立ち向かった」川内夢翔(龍谷)剣道男子個人優勝 - 07月07日(日)20:55 

剣道男子個人を制した龍谷の川内夢翔 決勝は、3年前の全国中学校体育大会の決勝で敗れた相手。雪辱を誓い、逃げずに立ち向かった。試合終盤に一瞬の隙を突いてコテを奪えた。今月下旬にある玉竜旗は高校最後の団体戦で、悔いを残さず全力を尽くす。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる