「三沢市」とは?

関連ニュース

新社長に佐藤氏 十和田観光電鉄 - 06月25日(火)18:14 

バス運行事業などを行う十和田観光電鉄は24日、青森県十和田市の本社で定時株主総会、取締役会を開き、白石鉄右エ門社長(66)が顧問に退き、後任に佐藤行洋(ゆきひろ)常務取締役(65)が昇任した。佐藤氏は子会社の十和田電鉄観光社の新社長にも就いた。佐藤氏は同市出身。明治大学卒業後、1976年3月十和田観光電鉄入社。まかど温泉ホテル支配人、十和田観光電鉄総務部長などを歴任。2018年6月から常務取締役を務めていた。退任した白石氏は11年6月に社長就任。在任中の12年には、約90年続いた同市-三沢市間…
カテゴリー:

大玉ニンニク掘り当て笑顔/田子で収穫祭 - 06月22日(土)19:07 

「田子にんにく収穫祭」(同実行委員会主催)が22日、青森県田子町農山村広場を主会場に2日間の日程で始まった。あいにくの雨の中、県内外から訪れた家族連れや観光客が目玉のニンニク掘りを楽しんだ。広場近くの畑には、お年寄りから子どもまで幅広い世代が集合。茎を握って力いっぱい引き抜き、姿を現した大玉を得意げに見せ合った。鶴田町から車で約4時間かけてやってきた無職吉川光一さん(63)は「評判の名産品をじっくり味わいたい」と満足げ。三沢市の会社役員高橋博志さん(56)は「東京の友人に送ってあげよう」と喜ん…
カテゴリー:

青森の魅力紹介 中国の旅行社招きツアー - 06月21日(金)20:34 

中国から青森県への旅行商品開発につなげようと、県と日本航空(JAL)は19~21日、中国各地の旅行社の日本担当者を招き、県内の観光地を巡るツアーを実施した。北京、上海、広州の旅行社から6人、JALの中国駐在の担当者ら4人の計10人が参加。県立三沢航空科学館(三沢市)、桃川(おいらせ町)、十和田市現代美術館などを視察したほか、小川原湖でカヤック体験、種差海岸(八戸市)でぜいたく感のあるキャンプ「グランピング」などを楽しんだ。最終日の21日、一行は県庁を訪れ、三村申吾知事と懇談した。三村知事は「家…
カテゴリー:

F35A飛行再開 三沢市長が事実上容認 - 06月21日(金)08:34 

航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故を受け、防衛省の森田治男審議官が20日、三沢市役所を訪れ、小桧山吉紀市長と面会した。森田審議官は再発防止策を説明、「関係市町村へ説明後、段階的に(同型12機の)飛行訓練を再開したい」と述べた。小桧山市長は「理解を示さざるを得ない」と再開を事実上容認する考えを示した上で、事故が夜に起きたことから「夜間の飛行訓練は当分の間、自粛してほしい」と口頭で求めた。面会は十数分間、冒頭を除き非公開で行われた。森田審議官はあらため…
カテゴリー:

墜落事故のF35 飛行再開容認へ 青森 三沢市長 #n.. - 06月20日(木)04:38 

墜落事故のF35 飛行再開容認へ 青森 三沢市長 #nhk_news
カテゴリー:

7月7日に三沢で車いすラグビー - 06月25日(火)08:43 

2020年東京パラリンピックに向け、青森県内唯一の共生社会ホストタウンに登録されている三沢市は24日、金メダルを目指す車いすラグビーの日本チーム(世界ランキング3位)とカナダチーム(同5位)が7月7日、三沢市国際交流スポーツセンターでエキシビションマッチを行うと発表した。昨秋に続き2度目だが、今回は昨夏の世界選手権で最優秀選手(MVP)に選ばれ、日本を初優勝に導いた池崎大輔選手はじめ両チームの主力メンバーが出場予定。東京大会が近づく中、熱戦が期待できそうだ。三沢市は24日、カナダが6月30日~…
カテゴリー:

三沢の魅力を発信/第2期クイーンに3人 - 06月22日(土)08:40 

三沢市観光協会(佐々木清会長)などは21日、市の観光・物産・魅力を発信するキャンペーンガール「MISAWAクイーン」の第2期メンバーを発表した。自動車販売会社社員の福島未来(ゆめ)さん(27)、銀行員の澤村あろ葉(は)さん(22)、米軍三沢基地軍人のブルックリン・シードさん(19)=いずれも三沢市在住=の3人。23日の三沢アメリカンデーを皮切りに今後、青森県内外のイベントなどで活動する。今年3~5月に公募、書類、面接を経て選定した。活動期間は2021年6月末までの2年間。21日に市役所で行われ…
カテゴリー:

F35Aの飛行容認 三沢市長「理解を示さざるを得ない」 - 06月21日(金)10:00 

青森県三沢市の小桧山吉紀市長は20日、墜落事故後に飛行を見合わせている航空自衛隊三沢基地(三沢市)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの飛行再開について「総合的に判断した結果、理解を示さざるを得ない」と述べ
カテゴリー:

F35Aの飛行再開容認 夜間飛行は自粛要望 青森・三沢市長 - 06月20日(木)15:41 

 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが同県沖の太平洋に墜落した事故を受け、空自が飛行を中止している同型機について、三沢市の小檜山吉紀市長は20日、防衛省の森田治男審議官と市役所で会い、飛行再開を容認する考えを伝えた。これを受け、防衛省は近く飛行を再開する見通しだ。面会は
カテゴリー:

墜落事故のF35 飛行再開容認へ 青森 三沢市長 - 06月20日(木)04:37 

ことし4月の墜落事故を受けて飛行を停止している青森県の航空自衛隊三沢基地のF35戦闘機について、地元 三沢市の小桧山市長が飛行再開を容認する方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。小桧山市長は20日にも防衛省側に伝えるということです。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「三沢市」の画像

もっと見る

「三沢市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる