「農作業」とは?

関連ニュース

摘果作業アシストシステムの製品化に向け産学連携による研究開発を開始 - 12月13日(金)13:30 

2019年12月13日 金沢工業大学 熟練者は自宅に居ながらどの実を摘むか指示。 圃場作業者はMRめがねの提示情報に従い、的確な摘果・摘花を実施。 摘果作業アシストシステムの製品化に向け産学連携による研究開発を開始 金沢工業大学と北菱電興株式会社(石川県金沢市)、農事組合法人んなーがら上野営農組合(石川県白山市)の3者は、このたび、ICT(情報通信技術)を活用した農業支援の一環として、「カメラ撮影の画質を向上させる画像処理技術の開発による、農作業の遠隔指導の実現」に向けた共同研究を開始しました。いしかわ農業総合支援機構(INATO)の農林水産業基幹技術開発トライアル事業の採択を受けて実施されるもので、システムの開発、市場テスト等を経て令和6年度の製品化を目指しています。 (事業採択は令和元年12月12日。実施期間3年間) 4G等の通信インフラを活用することで、郊外や山間部など5Gの基地局が整備されていないエリアでも導入可能にします。カメラも高精細なカメラを使用せず、画像処理技術により画質を向上させることで、通常のビデオカメラでも対応できるようにし、導入費用を抑えます。まずはいちごの摘果作業向けに開発を行ない、将来的にはリンゴなどの果樹への事業展開も構想しています。 【当研究の背景にある社会的課題】 超高齢化社会に入り、様々な産業において人手不足が深刻な課題となって...more
カテゴリー:

【芸能】『TOKIO』の農作業に“間違い指摘”「マジで危ない」「ダメっ!」 - 12月09日(月)11:47  mnewsplus

12月8日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、毎年恒例の稲刈りの模様が流れた。視聴者は温かい目で『TOKIO』メンバーの収穫の模様を見守っていたが、 毎度変わらぬメンバーの〝作法〟に、稲作に詳しい一部視聴者は「見ていられない」「稲の実入りに意識がいかない」などとツッコミを浴びせていた。 福島市で9月下旬、地元住民の協力のもと、19度目の稲刈りに挑戦。城島茂は「すごい実が詰まってる」と満足げ。うま味を凝縮させるために10日間ほど〝棒がけ〟して水分を取った。 背の高い稲は成長を待って10月に刈り取った...
»続きを読む
カテゴリー:

車2台衝突、田んぼに突っ込む - 12月03日(火)13:20 

 交差点で出会い頭の事故です。3日午前8時45分ごろ、岐阜県海津市で軽トラックと軽乗用車が出会い頭に衝突しました。車は2台とも田んぼに突っ込みました。  この事故で軽トラックを運転していた近くに住む75歳の男性が病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。男性は農作業の帰りでした。また、軽乗用車を運転していた20歳の大学生の女性が首の痛みを訴える軽いけがをしました。(03日11:47)
カテゴリー:

秋田の乳児3遺体発見 病死の女を書類送検 死体遺棄容疑 - 11月28日(木)08:48 

 秋田市雄和種沢の農作業小屋で3月、乳児とみられる3遺体が見つかった事件で、秋田東署は27日、農作業小屋のある家に住んでいて昨年7月に当時40代で病死した女を死体遺棄容疑で容疑者死亡のまま秋田地検に書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。
カテゴリー:

〈私たち元気印〉「女性も名刺を持とう会」事務局長 高塚善美さん - 11月26日(火)21:50 

女性が名刺を持つことが当たり前でない時代がありました。女性の自立向上につなげようと、2002年に県内初の女性名刺交換会が有志によって開催されました。 小城市三日月町の高塚善美さん(50)は、高校の恩師が事務局で活躍されていたことがきっかけで参加し始めたそうです。その恩師の意志を引き継いで現在、「女性も名刺を持とう会」の事務局長として尽力されています。 普段は実家の建設会社でさまざまな業務に従事し、嫁ぎ先では農作業もこなし、3人の子どもが巣立った頃からは介護が始まりました。
カテゴリー:

面倒な農作業、農家が新たに導入した“スゴイ”もの.. - 12月10日(火)22:01 

面倒な農作業、農家が新たに導入した“スゴイ”ものとは? 詳しくはビジネス特集で #あれモバ #スクエア動画
カテゴリー:

『ポツンと一軒家』捜索隊、巨大な角をもった野生動物と遭遇…!冷や汗かきながら進む - 12月08日(日)09:27 

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。衛星写真だけを手がかりにその地へと赴き、一軒家の実態を徹底調査しながら人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく番組『ポツンと一軒家』。©ABCテレビ12月8日(日)に放送される同番組には、スタジオゲストとして山本寛斎と若村麻由美が出演。島根県にある“ポツンと一軒家”が登場する。◆島根県にあるポツンと一軒家島根県の西部、山の深い場所に一軒家が見える。衛星写真でも道がしっかりと映っており、林修は「これだけハッキリと道があれば、すんなりと行けますよ」と楽観視する。若村は、日本海に近い山であることに着目。「漁師さんが山を求めて?」と予測を立てる。捜索隊はその山から4キロほど離れた集落へと向かい、農作業をしている夫婦に声をかけることに。すると衛星写真を見るなり「この家は知っていますよ」と、いきなり有力な情報源に当たる。家までの道のりも詳しく教えてもらうことができ、しかも「いつも番組で放送されているような細い山道ではないですよ」と安心材料まで与えてくれた。©ABCテレビその言葉にすっかりと安心して一軒家へと向かう捜索隊。だが、集落から山道へと入ると、いきなりの急勾配! しかも、道はどんどん細くなっていく。その山道はやがて、木の根がむき出しになり山肌がせり出した危険な道に…。さらに、反対側は崖! 車1台がようやく通れるような細い道で...more
カテゴリー:

=科学スコープ= 田んぼの環境保全 淡水魚守る米作りを  - 11月29日(金)11:00 

メダカやタナゴといった日本の淡水魚が絶滅の危機に直面している。人と生き物が共存してきた水田や水路などの豊かな自然環境が失われたのが大きな要因だ。コンクリートで固められた水路は農作業には適しているが、魚などの生き物はすみにくい。このままでは命あふれる田んぼの風景が永遠に姿を消してしまう心配がある。農家や地域の理解を得ながら、農業と生態系保全の両立を目指す新たな米作りの取り組みが始まった。▽4割が絶滅危惧 里山や里地とつながった日本の水田は、世界的にも生物多様性の豊かな生態系だ。
カテゴリー:

十和田の最高齢・大竹さん107歳の誕生日 - 11月27日(水)18:19 

青森県十和田市のグループホームにこにこ館に入所する同市の大竹マサエさんが27日、満107歳の誕生日を迎え、同館で祝う会が開かれた。大竹さんは1921(大正元)年11月27日生まれ。市高齢介護課によると、今年9月1日時点で市最高齢者という。大竹さんは同市米田地区の出身。若くして、出征した夫の奥治(おくじ)さんを亡くす不幸に見舞われたが、田んぼでの農作業や着物を縫う内職に精を出し、女手一つで子ども4人を育て上げた。今では多くの孫やひ孫、やしゃごにも恵まれ、施設では塗り絵や踊りを楽しみに暮らしている…
カテゴリー:

「農作業」の画像

もっと見る

「農作業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる