「小中学校」とは?

関連ニュース

待ちに待った夏休み! 佐賀県内の小中学校で1学期終業式 - 07月19日(金)19:15 

佐賀県内ほとんどの公立小中学校で19日、1学期の終業式が行われた。児童、生徒たちは1学期の行事や思い出を振り返り、約40日間の夏休みに胸を躍らせた。 小城市芦刈町の小中一貫校・芦刈観瀾校(321人)では、藤田浩巳校長が「一人一人が主役となって頑張った」と1学期の学習などの取り組みを評価した。夏休み期間中の交通事故や水難事故への注意を呼びかけ、「命を大切に」と強調した。 1年生の教室では夏休みの宿題が配られ、児童たちは配られたプリントなどに早速記名。
カテゴリー:

さあ、楽しい夏休み/青森県内小中学校で終業式 - 07月19日(金)16:35 

青森県内の多くの小中学校で19日、1学期の終業式が行われた。子どもたちは春から頑張ってきた勉強や活動を振り返り、心待ちにしていた夏休みに胸を膨らませた。むつ市の大平小学校(全校児童396人)は同日午前、体育館で終業式を行った。各学年の代表6人が「練習問題を多く解いて、苦手な算数を克服できた」「2学期は学芸会を頑張りたい」などと発表した。佐藤智義校長は「家で家族の手伝いをしてルールや約束を守り、楽しい夏休みを過ごして」と児童に呼びかけた。6年生の久保咲空(さら)さん(11)は取材に「夏休みは北海…
カテゴリー:

旅行やお祭り 夏休み楽しみ! 岡山県内の公立小中学校で終業式 - 07月19日(金)11:28 

 岡山、倉敷、津山市など岡山県内27市町村のほとんどの公立小中学校で19日、1学期の終業式があった。児童生徒は通知表を受け取り、旅行やお祭り参加といった夏休みのイベントに期待を膨らませた。 岡...
カテゴリー:

りんご娘新曲「サイギサイギ」で子どもと交流 - 07月18日(木)19:38 

青森県弘前市を拠点に活動するアイドルグループ「りんご娘」は18日、岩木山麓にある同市の常盤野小中学校で新曲の発売記念ライブを行った。新曲は、国の重要無形民俗文化財・お山参詣の登山囃子(ばやし)をモチーフにした「サイギサイギ」。8月28日に発売する。体育館で同校の生徒25人に初披露し、歌ったり踊ったりして交流を深めた。ライブ前に子どもらが囃子を演奏し、会場を盛り上げた。りんご娘は新曲を含め3曲を披露。「サイギサイギ ドッコイサイギ」などお山参詣の唱文を繰り返す歌詞や、揺れる稲穂などを取り入れた振…
カテゴリー:

教員不足 全国の公立の小中高で約4000人に 教職員組合の調査 - 07月18日(木)14:02 

教員不足が課題となる中、全国の公立の小中学校や高校ではことし5月時点で少なくともおよそ4000人の不足が出ていることが教職員組合の調査で分かりました。
カテゴリー:

さぁ!夏休み 秋田市と大仙の小中学校、休み前の全校集会 - 07月19日(金)17:04 

 秋田市と大仙市の小中学校は19日、夏休み前最後の登校日を迎えた。県内小中学校の夏休み期間は市町村によって異なり、20市町村は23日から始まる。8月20~25日まで。
カテゴリー:

さあ、うれしい夏休み! 公立小中高で終業式 通知表渡さぬ学校も…前・後期の2回配布で教員のゆとりを創出 鹿児島県内 - 07月19日(金)12:09 

 鹿児島県内のほとんどの公立小中学校や高校で19日、1学期の終業式があった。子どもたちは、約40日間の夏休みへの期待で胸を弾ませていた。
カテゴリー:

北京市、小中学校の海外教材使用を再度禁止 - 07月18日(木)19:55 

北京市は最近、「北京市小中学校教材選定実施細則」を発表し、義務教育学校が海外教材を使用することを禁止し、普通高校も原則として海外教材の使用を禁止すると規定した。過去数年にわたり、中共国務院と教育部は同様の要求を頻繁に発してきた。かつて中国の大学で教鞭を取った専門家は、これは中共が学生への洗脳が効果を持たず、人々を制御できないことを恐れていることを反映していると述べている。
カテゴリー:

園庭の巨大日よけに日傘通学 災害級猛暑、子どもの命と学びを守れ - 07月18日(木)15:00 

 災害級の猛暑が続く日本の夏。教育現場では子どもたちの命を守りつつ、学びの場を確保しようと試行錯誤が続く。 最高気温40度以上を全国で最も多く観測している岐阜県多治見市。市内の小中学校では、熱中症対策…
カテゴリー:

石丸伸二氏は本当に「無所属」だったのか?チラつく旧統一教会の影…「蓮舫帰れ」コール100人集団、八王子の怪 - 07月18日(木)05:00 

東京都知事選で若者や無党派層の支持を集めて2位になった石丸伸二氏。完全無所属の若き候補が、古い政党政治への不満を背景にSNSを駆使した選挙戦で躍進、というストーリーはどこまで本当なのだろうか。石丸陣営の脇を固めるのは旧統一教会や自民党に連なる人脈。さらに八王子では、およそ無党派とは思えない「蓮舫帰れ」コールの100人集団が、石丸街宣の聴衆に紛れこんでいく姿も。メルマガ『有田芳生の「酔醒漫録」』より、ジャーナリストの有田芳生氏が解説する。※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/メルマガ原題:体験的都知事選総括─石丸現象の背後にあるもの 有田芳生氏が「現場目線」で東京都知事選を総括 7月7日に行われた東京都知事選は、小池百合子知事が3選を果たした。2位は広島県安芸高田市長だった石丸伸二候補、3位が蓮舫候補だった。 私は蓮舫候補を応援した立場で最初から最後まで選挙戦を現場から見続けてきた。その視点からいくつかの問題を検討したい。 まずは得票からだ。投票率は前回に比べて5・62ポイント上がって60・62%だった。小池候補は291万8015票(得票率42・77%)、石丸候補は165万8363票(24・30%)、蓮舫候補は128万3262票(18・81%)。 小池知事は投票率が上がったにも関わらず、前回より74万票減らした。その前回には無所属で宇都宮健児候補が野党支持...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる