「総務省」とは?

関連ニュース

総務省がスマホ見放題で指針、ソフトバンク「必要に応じて対応」 - 02月20日(水)18:14 

総務省は、携帯電話事業者が特定のSNSや動画アプリをデータ通信量にカウントしない「ゼロレーティング」と呼ばれるサービスについて、問題事例などを整理し、年内をめどに電気通信事業法に基づく運用指針をとりまとめる。
カテゴリー:

勤労統計不正 厚労省にデータ補正要請 総務省統計委 - 02月20日(水)17:46 

 厚生労働省の「毎月勤労統計」の不正調査問題を巡り、総務省統計委員会は20日の会合で、誤ったデータを補正する手法を早急に検討するよう厚労省に求めた。厚労省は「基礎資料の紛失・廃棄で補正は難しい」との見解を示しているが、統計委側は具体的な対応策を提案。西村清彦委員長は「再集計に向けて道筋が立った」と述
カテゴリー:

LoRaWANで金沢市を中心に大規模なIoT研究フィールドを構築。Society5.0へ教育研究加速 - 02月20日(水)14:16 

2019年2月20日 金沢工業大学 IoTの新たな価値創出とサービス実現を目指して センスウェイ株式会社(東京都)と共同研究を開始。 金沢市を中心にLoRaWAN通信網による大規模なIoT研究フィールドを構築。 Society5.0実現にむけた人材育成と先端研究を加速 金沢工業大学はこのたび、IoT(Internet of Things)の新たな価値創出とサービスの実現に向けた教育研究用通信インフラの拡充の一環として、センスウェイ株式会社(東京都中央区 以下、センスウェイ)と共同研究を開始しました。センスウェイがIoT無線技術 LoRaWANの基地局を金沢工業大学扇が丘キャンパスとやつかほリサーチキャンパスに設置。金沢市を中心に大規模なIoT研究フィールドを構築することで、Society5.0を実現するIoTエンジニアの育成と先進的な研究開発を共同で推進します。  手始めに2019年度から工学部情報工学科1、2年次を対象としたプロジェクトデザイン科目に取り入れ、学生がIoTを活用した地域課題の発見と解決策の創出に取り組みます。またIoTを利用したスマートシューズの開発など、情報工学科の研究室で進めている社会実装実験に活用します。  さらに技術セミナーやハンズオン演習を通して、学部学科に関係なく学生が社会人とともにIoTデバイスやIoTアプりケーションを創出し、地域社会...more
カテゴリー:

統計委、勤労統計復元可能と指摘 - 02月20日(水)12:09 

総務省統計委員会は20日、今年3回目の会合を開いた。厚生労働省の不正調査や資料の破棄の影響で正しいデータが欠けている毎月勤労統計の2004〜11年分について、統計委事務...
カテゴリー:

Jアラート一斉伝達試験を実施 消防庁、18年度最終 - 02月20日(水)11:17 

総務省消防庁は20日、ミサイル発射や災害情報を国から自治体に伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の一斉伝達試験...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

総務省がスマホ見放題で指針、ソフトバンク「必要に応じて対応」 - 02月20日(水)18:14 

総務省は、携帯電話事業者が特定のSNSや動画アプリをデータ通信量にカウントしない「ゼロレーティング」と呼ばれるサービスについて、問題事例などを整理し、年内をめどに電気通信事業法に基づく運用指針をとりまとめる。
カテゴリー:

マルチプラットフォーム対応のARアプリ開発ツール「Wikitude SDK(※1)」販売開始のお知らせ - 02月20日(水)15:30 

[サイバネットシステム] [表1: https://prtimes.jp/data/corp/4714/table/339_1.jpg ] 【背景】 AR市場はスマートデバイス端末の普及と共に近年急速に成長を遂げており、総務省の公開調査資料(※2)によると、全世界におけるAR/VR表示機...
カテゴリー:

「統計不正問題」の本質ーー間違った政治主導で、役人組織の自立性が低下している - 02月20日(水)12:40 

厚生労働省の統計不正問題が明らかになりました。毎月勤労統計の中で、本当は従業員500人以上の事業所は全て調べるところ、2004年から東京都でサンプル調査に切り替え、統計委員会にウソの報告をしていたこと。賃金構造基本統計調査では、事業所に行って聞き取り調査すべきところを郵送調査で済ませていたこと。どちらも法律違反です。しかも、長年、そのことを隠し、省内のガバナンスがまったく働かなかったことが問題です。さらには、問題の発覚をおそれ、昨年からサンプル調査の数字を勝手に補正した結果、2018年の賃金の伸び率が異常に高く出ることを知りながら、そのことも隠して発表していました。アベノミクスのおかげで、賃金上昇は最近では最高の伸び、実質賃金はプラスになったと大本営発表する始末。正しく計算しなおすと、2018年の実質的な賃金は逆にマイナスになることを政府は認めました。これは、森友学園や加計学園と同じ、役人のそんたく行政と言わざるを得ません。景気判断や政策の基礎となるべき統計をごまかしていたら、国民は何を信じて良いかわかりません。外国からも、日本の統計がウソで固められているとなると、投資もできなくなります。本当に、許せない暴挙です。国会の予算委員会でも、連日、この問題が取り上げられています。野党の追及に、政府はのらりくらり、争点はずしの、まともに答えない答弁で逃げの一手です。私は、統計不正問題は見逃...more
カテゴリー:

【鳴りましたか?】Jアラート、一斉伝達試験を実施 - 02月20日(水)11:22  newsplus

 総務省消防庁は20日、ミサイル発射や災害情報を国から自治体に伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の一斉伝達試験を行った。2018年度の実施は四半期ごとに計4回で、今回が最終。  試験は、各自治体がJアラートシステムに接続した防災行政無線や登録制メールによって、国からの情報を住民に伝えられるかどうかを確認するのが狙い。この日は内閣官房が午前11時にテスト電文を配信。消防庁はトラブルの有無を集計し、後日公表する。  昨年11月の前回試験では、3道県の4市町村でシステムが正常に作動せず、情報伝達が一切できな...
»続きを読む
カテゴリー:

「NOTICE」が本日稼働、波紋を呼ぶ政府のIoT機器“侵入調査”。本当の問題は何か? | BUSINESS INSIDER JAPAN - 02月20日(水)10:33 

「NOTICE」が本日稼働、波紋を呼ぶ政府のIoT機器“侵入調査”。本当の問題は何か? | BUSINESS INSIDER JAPAN総務省が主導し、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が実施する、ネットにつながったIoT機器に「侵入」して適切なセキュリティー対策が行われているかを全数調査する「NOTICE」が2月20日から始まる。 NOTICE実施の報道発表があった2月1日以降、「実際にIoT機器に侵入する」という力技ともいえる手法と、その必要性につ...
カテゴリー:

もっと見る

「総務省」の画像

もっと見る

「総務省」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる