「コミュニケーション」とは?

関連ニュース

「Blanche Market」オーナー&ディレクターに26歳の等身大をインタビュー - 02月26日(水)19:06 

 今、SNSを中心に注目を集める「Blanche Market(ブロンシュマーケット)」。オーナーのYuriちゃんとディレクターのMichelちゃんの2人で運営する、実店舗を持たない移動式のヴィンテージショップです。彼女たちは26歳で私と同じ年齢。気品とぬけ感がミックスしたヨーロッパテイストなファッションセンスはもちろん抜群に素敵。だけど、そこだけじゃなく人柄からファンになるお客さんが多いとの噂を聞いて、いつもどんなことをして、どんなことを考えているんだろう?と日常が気になっていました。初めてのファンミーティングを池尻大橋の「BPM」で開催するというのでインタビューを決行。等身大のすがたをさぐってみました。 ──「Blanche Market」のはじまりは?Yuri:私自身「30歳くらいで古着の販売をしたい」って漠然と考えてたんですね。どういう風に形にして運営するかまではさておいて。Michelはお店のブランディングとかPRに興味があったから、「じゃあ一緒に何かやってみる?」みたいな流れではじめました。Michel:私がちょっとだけSNSのフォロワーが多かったから、初めて出店する時に興味を持ってくれる人がちょっとだけいて、その人たちが拡散してくれたお陰で「Blanche Market」の認知度が上がって、どんどん顧客様が増えていきました。  ...more
カテゴリー:

育児アドバイザーに聞く、みんなの子育て相談室 第18回 妻が子どもにガミガミ……それ、旦那に対してですよ? - 02月26日(水)16:30 

他の人の目が気なるお母さんお父さんはとても多いです。しかし、あまりに他の子と比較して育ててしまうと、子どもは自信を無くしてしまう恐れがあります。今回は、「妻が子どもにガミガミしかっている時どのようにふるまうべきか」というお父さんからのご相談に、親子コミュニケーションアドバイザーがお答えします。
カテゴリー:

【芸能】宮迫と明暗くっきり!? チュート徳井&ロンブー亮の復帰で吉本興業が繰り出した“勝負手”とは? - 02月26日(水)15:18  mnewsplus

7年間で計約1億2千万円の申告漏れを東京国税局から指摘され、昨年10月から芸能活動を自粛していたお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が24日から芸能活動を再開すると、吉本興業が発表した。 吉本は報道各社にFAXを送信し「徳井義実は活動自粛後、今回の件を重大な問題として捉え、猛省し、関係各位の協力、指導のもとにすべての納税手続きを完了いたしました。 また、専門家の指導のもとで税務や保険手続きに関する理解を深め、今後同様の手続き漏れがないよう意識向上を図るとともに、より日常的に緊密なコミュニケーションが...
»続きを読む
カテゴリー:

スタバ、新店舗を地域近郊の木材で木質化。林業が抱える課題に貢献 - 02月26日(水)14:46 

スターバックスコーヒー ジャパンは、家具を製造販売するワイス・ワイス(東京・渋谷)と協力し、新店舗を地域材で木質化するプロジェクト「JIMOTO table」を進めている。スターバックスは、長年国産材を使った製品を製造するワイス・ワイスの知見やネットワークを活かし、新店舗を地域近郊の木材で木質化することで、地域コミュニティと森をつなぎ、林業を含む地域経済の循環をはかる。昨年からスタートした同プロジェクトはこれまで25店舗で展開し、今後さらに35カ所以上の新店舗で実施する予定だ。(環境ライター 箕輪弥生)店づくりに地域材を取り入れることでコミュニケーションも活発に日本は7割を森林が占める森の国。それにも関わらず、日本の木材が輸入材に押されて使われず、山にお金が落ちずに山が荒れていく。ワイス・ワイスの佐藤岳利社長は、これを「出口がない状態」と表現する。国産材の供給量は3割を超えるところまで回復しているが、家具類などはまだまだ輸入材を使ったものが主流だ。この問題に対してワイス・ワイスが長年取り組んできたのが、国産材を利用した家具づくり「森をつくる家具」というコンセプトだ。この考え方に共感し、店づくりに国産材を取り入れることで日本の林業が抱える課題に貢献できるのではないかと考えたのがスターバックスコーヒー ジャパン(以下:スターバックス)店舗開発本部の中川拓真氏だ。これまで店舗の内装や家具...more
カテゴリー:

本と出会うための本屋「文喫」 東京工芸大学芸術学部インタラクティブアート研究室と 「絵そらごと文庫」を2月28日より展示 - 02月26日(水)14:00 

 日本出版販売株式会社(代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)および株式会社リブロプラス(代表取締役社長:玉井 俊也)が運営する本屋「文喫」は、2020年2月28日(金)より東京工芸大学芸術学部インタラクティブアート研究室と「本との対話」を生むインタラクティブ作品「絵そらごと文庫」の展示を行います。 「文喫」は、本と出会うための本屋として、2018年12月11日、六本木にオープンしました。入場料1,500円(税別・平日)をお支払いいただき、3万冊の蔵書から、意中の1冊と出会うための時間を提供しております。 「絵そらごと文庫」は、プロジェクションマッピングの手法とセンサーを用い、「本との対話」に新たな感覚が生まれることを目指したインタラクティブ作品です。ページをめくり物語を読み進めるように、本に手を差し伸べるたびに世界が変化し動き出します。 今回の展示にあたり、東京工芸大学芸術学部インタラクティブアート研究室と「文喫」のブックディレクターとで話し合いを重ね、作品コンセプトを練り上げました。「本によって文脈を編む」という「文喫」の棚づくりのコンセプトを応用し、「3冊の本の組み合わせによって生まれる新しいイメージを可視化する」というテーマで、4名の学生がそれぞれ作品を制作しました。■「絵そらごと文庫」展示概要・開催期間2020年2月28日(金)~3月11日(水)(混雑により入場制限がかか...more
カテゴリー:

プロダクトから工業製品、インテリア、空間、建築まであらゆる立体デザインを扱う日本唯一のデザイン年鑑『デザイナーズFILE 2020』刊行のお知らせ - 02月26日(水)17:30 

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『デザイナーズFILE 2020』を全国の書店を通じて刊行します。【概要】書籍名:デザイナーズFILE 2020刊行予定日:2020年3月上旬編集:カラーズ定価:2909円+税ISBN:978-4-86246-473-6サイズ:B5発行:カラーズ発売:株式会社ボーンデジタル【書籍内容紹介】本書「デザイナーズFILE」は、プロダクトから工業製品、インテリア、空間、建築まで、あらゆる立体デザインを扱う日本唯一のデザイン年鑑です。デザイナー、建築家をはじめ、モノ作りに携わる人々、そして学生など次世代のデザイナー候補の皆様にご愛読、ご活用いただいています。今回の2020版では、巻末特集として「New Design 2020」を企画いたしました。モノ作りは、手作業による図面や製作の時代から、昭和は大量生産の時代となり、平成ではCADによるデザイン、設計、そして加工機も著しく進化してきました。そして今、ポストCADの時代の萌芽を感じます。数年前からコンピュテーショナルデザインの活用が始まり、またジェネレーティブデザイン、トポロジー最適化、3Dプリンティング、VR、AI、マスカスタマイゼーション…など、新しいテクノロジーが現実世界に徐々に浸透し始めています。コンピュータを頭脳や手足の拡張として利用する時代から、コンピュータその...more
カテゴリー:

満員電車に乗って、通勤後「手を洗わない」18.3% - 02月26日(水)16:05 

 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されているが、混雑した電車に乗ったあとに、手洗い・手指消毒をしている人はどのくらいいるのだろうか。2月17日~21日にかけて、混雑した電車で通勤した人に聞いたところ「毎日行った」(55.6%)と答えたのは半数を超えたものの、「毎日は行わなかった」は44.4%、「全くしなかった」は18.3%であることが、ユナイテッド・ヘルスコミュニケーションの調査で分かった。
カテゴリー:

【インタビュー】20年春夏は「アンブッシュ」や空.. - 02月26日(水)14:55 

【インタビュー】20年春夏は「アンブッシュ」や空山基、少女漫画誌「りぼん」ともコラボ 「UT」仕掛け人が語る「Tシャツから始まるコミュニケーション」
カテゴリー:

【18万人以上が受験を予定】TOEIC3月上旬のテスト中止 - 02月26日(水)14:04  newsplus

TOEIC3月上旬のテスト中止 02月26日 13時32分 https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200226/1000044604.html 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、18万人以上が受験を予定していた民間の英語試験「TOEIC」の来月上旬のテストが中止されることになりました。 5月以降の日程に振り替えて受験してもらうということです。 民間の英語試験「TOEIC」を運営する「国際ビジネスコミュニケーション協会」によりますと、中止されたのは「TOEIC」の来月1日と8日の公開テストです。 2回のテストでは、全国...
»続きを読む
カテゴリー:

日本初録音! ドホナーニのピアノ五重奏曲第 1 番を含むピアノ連弾ユニット、フランボワーズ( Framboise)による渾身のデビュー作が、カデンツァbyティートックレコーズより全国リリース。 - 02月26日(水)14:00 

株式会社ティートックレコーズ(本社:東京都渋谷区)は、2020年1月29日に、数々のコンクールで最高位を受賞しているピアノ連弾ユニット・フランボワーズのデビューアルバム「アンシャンテ」を全国リリース。このデビューアルバムのタイトル「Enchantée!(初めまして)」には、"知られざる作曲家、名曲、デビュー作"など、このアルバムで出会う様々なものに対する「はじめまして」の意味が込められています。そして、ドホナーニ/ピアノ五重奏曲第1番、グアスタビーノ/ロマンス・デル・プラタが日本初録音。さらに、クラシックとジャズを融合させた高いエンターテイメント性が追求されるローゼンブラットの二作品も収録し、ピアノ連弾の魅力溢れるフランボワーズならではの渾身のアルバムに仕上がっている。プロデューサー、エンジニアは高音質録音で名高いトータルサウンドアーティスト金野貴明が担当。192KHz/32bitハイレゾ録音により、ベヒシュタインC234の煌びやかな高音と重厚感のある低音、そして各パートの繊細なタッチも鮮明に収録されているほか、次世代のハイレゾ CD「MQA-CD」を採用。音楽ファンのみならずオーディオファンにも楽しめる一枚です。「収録曲」・2つのロシアの主題によるコンチェルティーノ /A. ローゼンブラット ・アヴェ・マリア /A. ローゼンブラット・ロマンス・デル・プラタ /C. グアスタビー...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「コミュニケーション」の画像

もっと見る

「コミュニケーション」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる