「コミュニケーション」とは?

関連ニュース

自宅で売れる営業になる!株式会社営業ハックが【リモートセールスマニュアル】全122ページを無料公開しました。 - 05月26日(火)16:00 

■ 営業コンサルティング・代行、および営業特化型の人材支援を行う株式会社営業ハック(本社:東京都港区、代表取締役:笹田裕嗣)は、リモートセールスを不安なくスムーズに導入するために、【リモートセールスマニュアル】を5月26日に無料公開しました。先に公開した【オンライン商談チェックリスト】と合わせてご活用ください。■ 実施内容弊社代表の笹田が5年を超える自身の経験を元に、リモートセールスを成功させるために【リモートセールスマニュアル】全122ページを2020年4月7日にTwitterで先行発表し、5月10日より下記URLにて無料公開いたしました。現在(2020年5月18日時点)239人の方に無料プレゼントを行っております。是非、社内での研修活用、二次利用等自由にご活用ください。URL  https://form.run/@hiroshi-sasada--9214■取り組みに至った背景「リモートで営業できる人」「リモートで営業を頑張っている人」「リモートで営業をやろうとしている人」を全力で応援したい!営業から世の中を元気にしたい!実際コロナの影響を受け営業している方々から現状を聞き、さまざまなご相談を受ける中でこれら思いを強くしています。「営業オンライン化」の悩みを解決してきた弊社だからこそ、再現性の高い、成約率、営業効率の高いアプローチをお伝えすることができます。会わずにリモートでも売...more
カテゴリー:

“遊び”のスタートアップPLAYLIFEが約1.1億円調達、オンライン体験で組織課題を解決する新サービスも - 05月26日(火)13:00 

遊びの情報に特化した体験共有メディア「PLAYLIFE」を展開するプレイライフは5月26日、環境エネルギー投資、みずほキャピタル、静岡キャピタル、HRテック投資事業有限責任組合、ドーガンベータ、オプティマ・ベンチャーズおよび個人投資家から総額で約1.15億円を調達したことを明らかにした。 PLAYLIFEはユーザーが実際に体験した遊びのプランを実名で投稿するウェブメディアだ。現在同サイトには2万件を超えるコンテンツが投稿されていて、デート、旅行/観光、ランチ/グルメなど目的やエリアに応じてさまざまなプランを検索できる。 特徴や立ち上げの経緯については以前の記事で紹介しているのでそちらに譲るが、ピーク時には月間約400万人が利用するメディアに成長(今は新型コロナウイルスの影響で数字自体は少し減っているとのこと)。現在はメディアの運営を通じて培ってきた遊びのノウハウやコンテンツ制作のナレッジを活かして複数の事業を運営している。 その1つがPLAYLIFEから派生した宿泊施設向けのプロモーションサービスである「コトプロ for ホテル」だ。このサービスでは体験取材のプロが実際にホテルや旅館を訪れて記事コンテンツを作成し、それを軸とした広告運用なども含めてプレイライフがまるっと集客支援を行う。小さい子どものいる家族やカップル、夫婦など細かくターゲティングした上でPLAYLIFEでの知見を...more
カテゴリー:

日本は遅れている?コロナ禍の海外の教育事情に日本が思う事は?:ガイアの夜明け - 05月26日(火)12:51 

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。5月26日(火)の放送では、学びを止めないために奮闘する公立中学校と大学のいまを取り上げる。アメリカ、イギリス、中国の教育現場も緊急取材。日本に足りないもの...その原因は?初めてのオンライン授業...奮闘する教師に密着新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、いち早くとられた措置は「学校の閉鎖」だった。3月以降、全国のほとんどの小学校、中学校、高等学校などが一斉に休校。多くの学びの時間が失われ、生徒たちに大きな影響を及ぼした。教える側も対応に迫られている。新型コロナウイルスの影響が長期化する中、対応策のひとつとして注目されるオンライン授業だが、端末やネット環境が整わず、導入できた自治体はわずか5%程度。仮に環境が整っていたとしても、現場の課題は山積している。約470人が通う東京・墨田区立桜堤中学校は、元々オンライン授業を推し進めているモデル校。対応しやすい環境にありながらも、現場の教師たちは困惑していた。数学の岩井洋平先生(31歳)が取り組むのは、オンライン授業の教材作り。教科書はほぼ使えないため、教材作りから始めなければならない。授業の撮影が始まると、誰もいない教室でも生徒がいるかのように語りかけ、強調したい内容をカメラに近づけるなどして臨場感を出...more
カテゴリー:

ヴァンラーレ八戸 50日ぶり全体練習 - 05月26日(火)11:48 

サッカーJ3ヴァンラーレ八戸は25日、八戸市多賀多目的運動場で、新型コロナウイルスの影響で中止となっていた全体練習を再開した。中口雅史監督は開幕が2カ月以上延期されている今季リーグについて「過密な試合日程が予想され、ハードなシーズンになることは避けられない」と語った。約50日ぶりとなるこの日の全体練習は非公開で実施。参加した選手25人は筋力トレーニングや20分ラン、パス練習などに汗を流した。練習の合間に自主トレーニング期間中の生活を報告し合うなど、各自積極的にコミュニケーションを取っていたとい…
カテゴリー:

進化するビジュアルコミュニケーションシステム グルーピング機能などの新機能を搭載した 「LiveOn(R)(ライブオン)Ver.17.0/ Ver17.0i」をリリース - 05月26日(火)11:00 

ジャパンメディアシステム株式会社(略称:JMS、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:富樫泰章)は、ビジュアルコミュニケーションシステム「LiveOn(R)(ライブオン)」Ver17.0/Ver.17.0i」を令和2年6月25日より販売開始いたします。今回の新バージョンでは、会議中に参加者をグループに分けて個別にやり取りを行うことができるグルーピング機能を追加し、グループディスカッションなどを簡単に行える環境を実現します。その他、新しいユーザーインターフェイスの追加や映像表示機能の改良など、従来の機能の改良も行っております。■LiveOn(R)(ライブオン)Ver17.0、Ver17.0iの新機能及び改良点1. 画面表示機能の改良 通常会議室に、新しいユーザーインターフェイスを追加します。 新しいユーザーインターフェイスでは、映像が可能な限り大きくなるよう改良を加えております。2. 映像表示機能の改良 複数のカメラデバイスをご利用の際に、自己映像画面上からカメラをワンクリックで 切り替えることができる簡易カメラ切替え機能を追加いたします。3. グルーピング機能の追加 会議中に参加者を3つのグループに分けて個別に会議を行うことができる機能を追加し、 これによりグループディスカッションなどを容易に行うことが可能となります。4. プレゼンス機能の改良 プレゼンス機能のユーザーインターフェ...more
カテゴリー:

【新型コロナ】アドビが1億円ファンド創設、困窮するクリエイターを支援。 - 05月26日(火)15:46 

米アドビ システムズ社の日本法人であるアドビ システムズは5月26日、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で厳しい状況に置かれたクリエイターの創作活動を支援するためのファンドを創設した。「Creative Residency Community Fund」と名付けられた約1億円(100万ドル)のファンドで、グローバルでクリエイターからのプログラムへの参加募集を開始する。プログラムは2020年5月から12カ月間実施され、候補者は毎月新しいクリエイティブプロジェクトを進めていく。国内からの申請は専用サイトから受付を開始している。申請は3カ月ごとに締め切り、選考期間を経て随時結果を候補者に連絡するという流れになる。参加資格などの詳細は以下のとおり。申請資格・日本プロジェクトへの申請:日本語でのコミュニケーション
カテゴリー:

今の時代、教養が必須です! 【ビジネス教養シリーズ】6月15日スタート! - 05月26日(火)13:00 

今は空前の教養ブームで多数の書籍がベストセラーになっています。そのような中、「だれもが忙しい時代に、短い時間で、しっかりした教養を身につける『サクッとわかる ビジネス教養』シリーズを立ち上げました。シリーズのスタートとして、「中国近現代史」と「地政学」の2冊を、2020年6月15日に新星出版社から同時刊行します。○中国近現代史「中国」は、約14億人の人口をかかえたGDP2位の大国。今の時代、中国や中国人とビジネスをすることを避けられません。しかしながら、中国や中国人の常識は、私たち日本人にとって理解できないものが多いのも事実です。たとえば、・なぜ、コロナ問題で、あれほどの短期間で武漢の封鎖や病院の建設ができたのか?・なぜ、中国人は自己チュウな人が多いのか?・なぜ、中国の国民は、言論統制を受け入れられるのか?・なぜ、香港、台湾でたびたびデモが起こっているのか?・中国は、なぜ新疆ウイグルやチベットを弾圧するのか?・なぜ、中国人は列に並ばないのか?・一帯一路を掲げる中国の思惑とは?など、日本人にとって理解できないことが少なくありません。監修者は、ベストセラー『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』を筆頭に、多数の著書をお持ちの京都府立大学の教授、中国史学の第一人者の岡本隆司先生です。本書に掲載した「特別な図解」を作成するに当たり、岡本先生のアイデアを活用。だからこそ、エッセンスが詰まっており、...more
カテゴリー:

イラストオークション「Green Auction」が事前登録受付を開始!中学生エンジニアが開発 - 05月26日(火)12:00 

みどり合同会社が、デジタルイラストのオークションサービス「Green Auction」の事前登録受付をスタート。クリエイターが自分の作品を気軽に販売できる場所として展開する。 また、14歳の中学生エンジニアが設計・開発を行った点にも注目のサービスとなっている。 「Green Auction」の概要 イラストオークションサービス「Green Auction」では、イラストを描いて収入を得たいクリエイターと、イラストの購入によってクリエイターを支えたいファンをマッチングする。 「Green Auction」のページへ クリエイター側の出品手順は実にシンプル。イラストをアップロードして開始価格と期間を設定したら、その後はオークション終了を待つだけだ。オークションページのシェアボタンでTwitterに共有することにより、多くのファンに自分の作品をアピールすることもできる。 なお、今回はβ版としてのリリースとなり、今後はユーザーの声を受けて機能改善に取り組んでいくとのこと。 開発の背景 新型コロナウイルスの影響を受けて、「コミックマーケット」に代表されるクリエイター向けイベントの中止が相次ぎ、クリエイターとファンが交流する機会が失われた。 そこで、オンライン化や非対面化が進む時代の流れも考慮し、クリエイターとファンの新しいコミュニケーションの仕組みとして「Green Auction」を企画。...more
カテゴリー:

アドビがクリエーター向け1億円ファンド創設、新型コロナ禍で創作活動が制限されているクリエイターを支援 - 05月26日(火)11:19 

米アドビ システムズ社の日本法人であるアドビ システムズは5月26日、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で厳しい状況に置かれたクリエイターの創作活動を支援するためのファンドを創設した。「Creative Residency Community Fund」と名付けられた約1億円(100万ドル)のファンドで、グローバルでクリエイターからのプログラムへの参加募集を開始する。 プログラムは2020年5月から12カ月間実施され、候補者は毎月新しいクリエイティブプロジェクトを進めていく。国内からの申請は専用サイトから受付を開始している。申請は3カ月ごとに締め切り、選考期間を経て随時結果を候補者に連絡するという流れになる。 参加資格などの詳細は以下のとおり。 申請資格 ・日本プロジェクトへの申請:日本語でのコミュニケーション ・グローバルプロジェクトへの申請:英語でのコミュニケーション ・18歳以上(学歴不問) ・ビジュアル制作が可能なクリエイター クリエイティブ分野 ・ビデオ ・写真 / フォトアート ・グラフィックデザイン ・イラスト ・3D ・モーションデザイン ・プロダクト / インターフェイスデザイン (UI/UX) スケジュール
カテゴリー:

日本サード・パーティ、クラウドトータルービス「Kyrios」のDDSへの導入事例を公開 - 05月26日(火)11:00 

日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)は、クラウドトータルサービス「Kyrios (キリオス)」(以下、本サービス)の株式会社ディー・ディー・エス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:久保 統義、以下:DDS)への導入事例インタビューを、2020年5月26日に公開いたしました。クラウドトータルサービス「Kyrios」は、クラウド環境の設計・構築・運用までをワンストップでご支援するサービスです。パブリッククラウド環境構築のほか、オンプレミス環境やプライベートクラウド環境からの移行、さらにOpenShiftやKubernetesによるコンテナベースの環境にも対応したサポートを提供しております。今回、DDSがサービス業の顧客向けに提供する、次世代オンライン認証規格FIDO*に準拠した認証ソリューション「マガタマプラットフォーム」のIBM Cloud上での基盤構築および運用において、本サービスを導入いただきました。これにより、認証基盤のクラウドでの展開やクラウド環境の安全かつ安定的な利用、そして、DDS社内リソースの負荷を最小限に抑えた基盤の運用を実現しました。*FIDO(Fast IDentity Online)は、ID・パスワードに依存しない次世代オンライン認証で、サーバー側に一切の個人情報を送信しないために、通信経路上での漏えいの心...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「コミュニケーション」の画像

もっと見る

「コミュニケーション」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる