「自民党」とは?

関連ニュース

自民・鈴木馨祐氏、収支報告書の不記載認める 改正法案の提出者 - 05月24日(金)12:57 

 自民党の鈴木馨祐衆院議員は24日の衆院政治改革特別委員会で、自らが代表の「自民党神奈川県第7選挙区支部」に対する2021年分の計8件の寄付が不記載だったとして、政治資金収支報告書を訂正したと明らかにした。
カテゴリー:

政治資金パーティー、佐賀県関係国会議員が開催へ 立民は開催禁止法案提出も - 05月24日(金)10:00 

自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件に端を発した政治資金規正法の改正案が国会審議入りする中、佐賀県関係の与野党国会議員がパーティー開催の準備を進めていることが23日、分かった。立憲民主党の大串博志選対委員長(衆院佐賀2区)と、原口一博県連代表(衆院佐賀1区)も6月に開催予定。立民はパーティー開催禁止法案を国会に提出しており、整合性について大串氏は「法律が成立すれば実施しない」としている。 党幹部の大串氏は6月17日に東京都内のホテルで開く。
カテゴリー:

都議会自民党、小池百合子氏支援を目指す 東京都知事選 以前は「ブラックボックス」と呼ばれ対立 - 05月24日(金)06:19  newsplus

 6月20日告示、7月7日投開票の東京都知事選を巡り、都議会自民党は23日の総会で、現在2期目の小池百合子知事が出馬した場合、支援を目指す方針を確認した。会合は非公開。出席議員によると「応援する方向」で臨む方針を執行部が説明。出席者から目立った反対はなかった。  小池知事は2016年の就任当初、自民都連を「ブラックボックス」などと批判。その後の都議会で自民との対立が目立つ時期もあったが、近年は関係を修復しつつある。自民側も、裏金問題の逆風下で都知事選を迎え「小池知事に勝てる対抗馬がいない」(都連関係者)と...
»続きを読む
カテゴリー:

岸田首相と森喜朗“密約”のふざけた内情。日本を手遅れにする自民党、離党組の塩谷立もひた隠す国民不在の政局シナリオ - 05月24日(金)05:00 

安倍派の座長として裏金問題の責任を押しつけられ、自民党を追われるはめになった塩谷立氏。塩谷氏は岸田首相だけに怒りの矛先を向け、本当の黒幕の名前は口が裂けても言えないようだ。5年で2728万円の裏金にも関わらず党内でちゃっかり生き残った萩生田光一氏の悪知恵、そして森喜朗氏と岸田首相の間で結ばれたに違いない“密約”について、元全国紙社会部記者の新 恭氏が詳しく解説する。(メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』より)※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:安倍派をめぐる岸田・森の“密約”は総裁選の政局を動かすか 岸田首相だけに怒りの矛先を向ける塩谷立 自民党の裏金問題をめぐり、塩谷立氏は安倍派の座長だったという、たったそれだけの理由で離党勧告を受け、今年4月23日、自民党を去った。納得がいかず同12日に再審請求を出したが、すぐさま総務会で却下されていた。 塩谷氏は党の総務会長や麻生内閣の文部科学大臣もつとめた。しかし、選挙には強くない。2021年の衆院選でも、立憲民主党の候補に敗れ、比例復活でなんとか10選目に滑り込んだほどだ。 5月8日、塩谷氏は地元・浜松市で支援者に「無所属で出馬ということは大変難しく厳しい」と苦しい胸の内を明かした。自民党によって事実上、政治生命を断たれたのも同然の状況といえる。 「岸田総理は、とにかく『犯人』をつくって処分しなけ...more
カテゴリー:

「日本の民衆が火の中に連れ込まれる」台湾総統就任式の当日に日台を恫喝した中国“焦りの表れ” - 05月24日(金)04:45 

1月の総統選で中国寄りの候補を破り当選し、5月20日に台湾の第8代総統に就任した頼清徳氏。その就任式に日本から多数の国会議員が駆けつけ出席したことを受けた駐日中国大使が、日本国民を恫喝するかのような発言を口にしたことが大きく報じられています。今回、台湾出身の評論家・黄文雄さんが主宰するメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、中国大使が強い言葉で日本人議員の就任式参加を非難した背景を考察。さらに大使の発言に同調した鳩山元首相の姿勢を強く批判しています。※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:【中国】台湾総統就任式で日本に恥をかかされた中国の歯ぎしり 中国大使が日本国民を恫喝。台湾総統就任式で潰されたメンツに激怒の習近平政権 ● 「中国の分裂企てれば、日本の民衆は火の中に」 駐日中国大使が発言 5月20日、台湾の頼清徳総統の就任式が行われました。世界からは51の国と地域から500人を超える代表団が参列。また、日本からは超党派の国会議員で構成される「日華議員懇談会」の31人が出席しました。共産党を除く全ての会派が出席したことになり、この数は過去最多です。 ● 日華懇・古屋会長 日台関係の信頼「非常に厚い」 総統就任式に出席/台湾 さらに頼清徳総統は、日本の訪問団のみ昼食会を招き、懇談しました。いかに新総統が日本を重視してい...more
カテゴリー:

群馬・山本知事、副知事再任案の提出先送りへ 慎重な自民に配慮 - 05月24日(金)12:30 

 群馬県の山本一太知事は24日、宇留賀敬一前副知事(43)の再任案を同日の本会議に提出せず、先送りする考えを記者団に明かした。第2回定例会の会期中の提出を目指す。最大会派の自民党が一貫して慎重な姿勢を示しており、全面対決を避けた形。
カテゴリー:

政治資金規正法の改正へ 自民 審議通じ合意形成の糸口探る - 05月24日(金)06:34 

政治資金規正法の改正に向けて与野党双方が提出した法案は衆議院で本格的な論戦が始まりました。各党の意見の隔たりが改めて浮き彫りになる中、自民党は審議などを通じて与野党の合意形成を図る糸口を探りたい考えです。
カテゴリー:

上川外相「うまずして」発言叩きでマスコミにブーメラン!「自民党失言対策マニュアル」製作者が警鐘(ダイヤモンド・オンライン) - 05月24日(金)06:02 

● 「産む機械」発言再び…… 上川外相はなぜ炎上したか  「ようやく決断をしていただいた。大きな大きな命を預かる仕事です。その意味で今一歩を踏み出していただいたこの方を私たち女性がうまずして、何が女
カテゴリー:

「権力闘争を仕掛けられている」 さまよい、うごめく安倍派のいま - 05月24日(金)05:00 

 自民党派閥の政治資金パーティー裏金問題の震源地となり、解散を決めた安倍派(清和政策研究会)の所属議員が水面下で動きを活発化させている。憲法改正をはじめとする政策の勉強を名目とした会合が相次いで開かれ、再結集に向けた動きと見る向きもある。安倍派で今、何が起きているのか。
カテゴリー:

自民党「不正ではないが公開になじまない金がある」 - 05月24日(金)01:10  poverty

!extend:default:default:1000:512:donguri=0/4 !extend:default:default:1000:512:donguri=0/4 https://news.yahoo.co.jp/articles/47ea44ddee63c22d242c08ac15c61cdeb39b738c VIPQ2_EXTDAT: default:default:1000:512:donguri=0/4: EXT was configured ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる