「年以降」とは?

関連ニュース

【悲報】夕食会参加者、宿泊先は別だった w w w 安倍完全に終了か - 11月20日(水)00:26  news

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 夕食会参加者、宿泊先は別 「大多数」首相説明に疑問  安倍晋三首相主催の「桜を見る会」前日の夕食会を巡り、2015年に首相事務所名でツアー参加者に配られた文書の記載では、会場と宿泊先のホテルが異なることが19日、分かった。 5千円という夕食会の会費が安過ぎるとの指摘に首相は「参加者の大多数が宿泊者という事情などを総合的に勘案してホテル側が設定した」などとしており、疑問や詳細な説明を求める声が強まりそうだ。  夕食会は13年から毎年開かれ、15年と17年以降の会場はホテル...
»続きを読む
カテゴリー:

【古代文明】新発見のナスカの地上絵:ゆるキャラだらけでさらに謎が深まる - 11月19日(火)23:02  newsplus

科学者たちは、ナスカの地上絵として知られている140を超える新しいジオグリフを発見しました。 ペルー南部の砂漠の地形にエッチングされた神秘的で古代の巨大絵画の集合体です。 人間、動物、オブジェクトのこれらの大規模で広大な表現は、場合によっては2,500年前にさかのぼり、非常に大きく、それらの多くは空からしか識別できません。 現在、日本の山形大学の考古学者は、2004年以降に実施された長期の研究努力により、143の未知のナスカのジオグリフが発見されたと報告しています。 全体として、新しく特定されたジオグリフ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ありまぁす】iPS研究予算「いきなりゼロは理不尽」 京大・山中氏 支援継続を政府に求める ★8 - 11月19日(火)20:29  newsplus

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52033220R11C19A1000000/ iPS研究予算「いきなりゼロは理不尽」 京大・山中氏 支援継続を政府に求める 2019年11月11日 18:53 京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長は11日、日本記者クラブ(東京・千代田)で記者会見し、再生医療用のiPS細胞作製を支援する政府の大型研究予算が2022年度で終わる予定であることについて「いきなり(政府の支援を)ゼロにするのは相当理不尽だ」と述べ、支援の継続を求めた。 【関連記事】iPS細胞、産業化見据え 再生医療研究の新指針 山中氏がノ...
»続きを読む
カテゴリー:

在韓米軍駐留費協議が物別れ トランプ氏の大幅増額で対立 - 11月19日(火)17:56 

 【ソウル=桜井紀雄】米国と韓国は19日、2020年以降の在韓米軍駐留経費の負担割合を話し合う協議をソウルで開いたが、米側が韓国に大幅な負担増額を要求し、物別れに終わった。韓国外務省の鄭恩甫(チョン・ウンボ)韓米防衛費分担交渉代表が協議後、「米側の提案とわれわれの立場に相当な隔たりがる」と明らかにした。
カテゴリー:

科学・社会科学分野における世界最高峰の研究者を選出した高被引用論文著者リスト2019年版発表 - 11月19日(火)17:05 

2019年11月19日 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 科学・社会科学分野における世界最高峰の研究者を選出した 高被引用論文著者リスト2019年版発表 ~今年も高被引用論文著者はアメリカが最多、中国がイギリスを上回り第2位に~ 【2019年11月19、ロンドン(イギリス)およびフィラデルフィア(アメリカ)発】:クラリベイト・アナリティクスの事業部門であるWeb of Science Groupは、本日、2019年度の高被引用論文著者(Highly Cited Researchers)リストを発表しました。このリストでは、特定出版年・特定分野における世界の全論文のうち引用された回数が上位1%に入る論文を複数発表しており、後続の研究に大きな影響を与えている科学者や社会科学者が選出されます。 高い影響力を持つ研究者の選出は、Web of Science GroupのInstitute for Scientific Information(ISI)に所属するビブリオメトリクスの専門家がデータやその分析結果に基づいて行っています。 2019年度の主な選出結果は以下の通りです。 • 今年は、60か国近くからさまざまな分野で活躍する6,217名が高被引用論文著者に選ばれました。 • 高被引用論文著者を最も多く輩出した国はアメリカで、今年選出された全著者の44%を...more
カテゴリー:

【安倍首相】夕食会の参加者、宿泊先は別ホテル 「参加者の大多数が宿泊者という事情などを勘案してホテル側が設定した」首相説明と矛盾 - 11月20日(水)00:04  seijinewsplus

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」前日の夕食会を巡り、2015年に首相事務所名でツアー参加者に配られた文書の記載では、会場と宿泊先のホテルが異なることが19日、分かった。5千円という夕食会の会費が安過ぎるとの指摘に首相は「参加者の大多数が宿泊者という事情などを総合的に勘案してホテル側が設定した」などとしており、疑問や詳細な説明を求める声が強まりそうだ。  夕食会は13年から毎年開かれ、15年と17年以降の会場はホテルニューオータニ、他はANAインターコンチネンタルホテル東京だった。  山口県下関市の首相地元...
»続きを読む
カテゴリー:

カジノ認定申請 21年1月4日から受け付け 7月まで、準備期間に配慮 - 11月19日(火)21:44 

 政府は19日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の認定申請を2021年1月4日から7月30日まで受け付ける日程案を公表した。申請する都道府県、政令指定都市の準備にかかる時間に配慮した。立地区域は最大3カ所。政府による認定は早ければ20年との見方もあったが、21年以降となる。
カテゴリー:

アマゾンの森林破壊が加速、過去11年で最悪のペース - 11月19日(火)18:18 

南米ブラジルでアマゾン熱帯雨林の破壊が加速し、11年ぶりのペースになっていることが19日までにわかった。政府発表のデータで明らかになった。 ブラジルの国立宇宙研究所(INPE)が、人工衛星による森林破壊監視プロジェクトの観測結果として発表した。 それによると、「法定アマゾン地域」の9州で今年7月までの1年間に失われた森林の面積は約9762平方キロと、前年同期を29.5%も上回り、2008年以降...
カテゴリー:

マダニ感染症が過去最多に 初の100人超えか ペットからの感染に注意 - 11月19日(火)17:40 

 マダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の今年の患者数が、統計を取り始めた2013年以降、初めて100人を超える勢いで増えている。国立感染症研究所が19日発表した患者数は、過去最多だった17年の90人を超える96人。致死率が高く、ペットから感染する危険もあるため、注意が必要だ
カテゴリー:

【芸能】チュート徳井「w」司会交代 フット後藤を起用 - 11月19日(火)15:52  mnewsplus

日本テレビは19日、「女芸人No・1決定戦THE W」(決勝12月9日午後8時)の司会にお笑いコンビ、フットボールアワーの後藤輝基(45)を起用することを発表した。過去2大会は納税問題で活動自粛中の徳井義実(44)が司会を務め、今回も制作発表時に司会と発表されていたが、騒動を受けて後藤に変更となった。 宮本誠臣統括プロデューサーは「ご担当しているさまざまな番組を通して、多くの若手芸人さんと交流があり、後輩たちからも慕われていることなどから、出場する女性芸人さんの魅力をより引き出していただけると思い、お願いしまし...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「年以降」の画像

もっと見る

「年以降」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる