「前年同期」とは?

関連ニュース

<企画>1-2月の経済情勢に関するデータを発表 中国 - 03月31日(火)17:27 

1-2月、社会消費財小売総額は5兆2130億元(1元は約15.19円)で、前年同期比で20.5%減少した。 ...
カテゴリー:

1-3月期の新規設立企業2万9710社、前年同期比+4.4%増 [統計] - 03月31日(火)15:59 

 統計総局(GSO)が発表したデータによると、2020年1-3月期に全国で新規設立された企業は前年同期比+4.4%増の2万9710社、登録資本金の合計は同▲6.4...
カテゴリー:

マルマエ---大幅反発、通期大幅増益予想据え置きで買い安心感 - 最新株式ニュース - 03月31日(火)13:50 

<6264>  マルマエ  728  +18大幅反発。前日に上半期の決算を発表、営業利益は3.6億円で前年同期比21.2%増益、3月19日に上方修正した水準で着地している。受注採算の改善などが2ケタ増益の背景。通期予想は6.5億円で前期比31.2%増益、従来予想を変更していない。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全般的に目先の業績懸念が強まっているなか、堅調な業績見通しを評価する動きが優勢に。
カテゴリー:

しまむら---大幅続落、今期業績予想は非開示 - 最新株式ニュース - 03月31日(火)10:17 

<8227>  しまむら  6800  -370大幅続落。前日に20年2月期の決算を発表、営業利益は230億円で前期比9.7%減益、3月17日に下方修正した水準での着地となった。12-2月期は前年同期比17%減益、9-11月期の同27%減に対し、経費削減などが進み減益率は縮小した。一方、21年2月期の業績予想は非開示としており、これまでの強気な傾向からガイダンス期待なども幾分あったとみられ、不透明
カテゴリー:

ベトナムの対外投資、20年1-3月期は前年同期比▲58.9%減 [経済] - 03月30日(月)15:39 

 計画投資省海外投資局(FIA)によると、2020年1-3月期に認可を受けたベトナムの個人投資家や企業による対外投資額(新規および追加投資)は前年同期...
カテゴリー:

電通グループ、JSR、ストライクなど - 最新株式ニュース - 03月31日(火)16:21 

<8227> しまむら 6520 -650急落。前日に20年2月期決算を発表、営業益は230億円で前期比9.7%減、3月17日に下方修正した水準での着地に。12-2月期は前年同期比17%減と、9-11月期の同27%減に対し、経費削減などが進み減益率は縮小した。一方、21年2月期の業績予想は非開示で、これまでの強気な傾向からガイダンス期待なども幾分あったとみられ、不透明感が残る形となった。3月月次売
カテゴリー:

エヌピーディー・ジャパン、最新スポーツシューズ・アパレル市場レポート「スポーツシューズ・アパレル市場規模、2019年1.2兆円で3.8%増」を公表 - 03月31日(火)14:30 

スポーツシューズ・アパレル市場情報サービス『Japan Sports Tracker*1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(東京都港区、トーマス・リンチ代表)は、2019年スポーツシューズ・アパレル市場概況分析レポートを2020年3月31日に公表します。本分析レポートでは、大きく以下のことが分かります。日本のスポーツシューズ・アパレル市場規模は、2019年1月~12月に約1.2兆円で前年同期比3.8%増でした。この成長を主に牽引したのは、スポーツシューズ市場で、同6.1%増でした。特にカジュアルシューズとランニングシューズの成長が貢献しました。また、市場規模の約3割を占めるオンラインチャネルが成長の主要因となっていることが分かりました。さらに、スポーツ・レジャー共用にする傾向が高まり、平均の購入価格の下落が見られました。スポーツシューズ・アパレル市場規模は、2019年1.2兆円で3.8%増 日本におけるスポーツシューズ・アパレル市場規模は、2019年1月~12月計に約1.2兆円で、前年同期比3.8%増加しました(図表1)。成長をけん引したのはスポーツシューズで、前年比6.1%増の6908億円でした。カジュアルシューズとランニングシューズが市場成長を牽引 スポーツシューズ市場をカテゴリー別にみると(図表2)、最も市場規模が大きいカジュアルシューズ(2268億円:2019年)...more
カテゴリー:

ストライク---急騰、上半期好決算を改めて評価の動きにも - 最新株式ニュース - 03月31日(火)11:00 

<6196>  ストライク  3880  +525急騰。前日に上半期の決算を発表、営業利益は15.5億円で前年同期比倍増、3月23日に上方修正した水準となっている。通期予想は22.4億円で前期比18.6%増益、従来予想を据え置いている。決算数値に大きなサプライズはないものの、新型コロナウイルスの影響について、現時点では今期業績に大きな影響を与えるほどの事象は発生していないとしており、下期業績の安心
カテゴリー:

子会社株式会社ケンテンが人気ブランド「titivate」(ティティベイト)の販売プロデュース - 03月30日(月)16:00 

弊社子会社であります株式会社ケンテンは、株式会社ALEFS(アレフス、本店 大阪市西区南堀江 三丁目12番17号、代表取締役 畢志鵬氏)が、2月28日に、人気ブランド「titivate」につきまして、 「ららぽーと海老名店」をオープンしましたが、この「titivate ららぽーと海老名店」におきまして、ス タッフを常駐し、来店されるお客さまへの提案や販売など、販売プロモーション(販売促進活動)を行っ ております。終期については、特に定めておりません。「titivate」は、主に 20 代から 30 代をターゲットにしたレディースブランドで、インターネット通販 を中心に販売拡大を行ってまいりましたが、株式会社ケンテンは、今回のららぽーと海老名店への出店を 皮切りに、「titivate」のリアル店舗による出店の成功実績を作り、「titivate」のリアル店舗展開につい て、商業施設と「titivate」双方に具体的提案を行い、「titivate」が店舗数を増やしてゆくためのプロデ ュースを展開してまいります。「titivate」の平均上代は、6,000 円以下となっており、ららぽーと海老名店では、親子での来店も多 くなっております。新型コロナウィルスの影響で、元気のない、不安の多い生活の中、ららぽーと海老名 店自体の集客に貢献できるものと考えております。世の中全般、新型コロナウィルスの...more
カテゴリー:

ハニーズHD---大幅反落、第3四半期好決算発表も目先の出尽くし感が先行 - 最新株式ニュース - 03月30日(月)14:22 

<2792>  ハニーズHD  1086  -100大幅反落。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は20.8億円で前年同期比36.6%増益、中国子会社営業終了で減収となったものの、国内売上の堅調推移や利益率の向上で2ケタ増益に。ただ、上半期は同49.7%増益であったためサプライズは限定的、新型コロナウイルス感染拡大の影響は第4四半期に表面化するものとみられ、短期的な出尽くし感にもつながってい
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「前年同期」の画像

もっと見る

「前年同期」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる