「立候補」とは?

関連ニュース

韓国が23年女子サッカーW杯断念 北との共催は困難 - 12月13日(金)21:18 

 韓国サッカー協会は13日、日本も開催に立候補している2023年女子ワールドカップ(W杯)招致からの撤退を発表した。同日は国際サッカー連盟(FIFA)に開催合意書、会場や予算など計画を記した招致ブックを提出する期日だった。
カテゴリー:

23年サッカー女子W杯 試合会場候補地に仙台選出 - 12月13日(金)11:55 

23年サッカー女子ワールドカップ(W杯)の日本開催を目指す日本サッカー協会(JFA)は12日、国際サッカー連盟(FIFA)に開催提案書(招致ブック)などを提出し、正式に立候補を表明した。うち試合会場となる8つのスタジアムでは、J1ベガル…
カテゴリー:

英ジョンソン首相「ありがとう」労働党「見極めるには早い」 - 12月13日(金)07:40 

与党・保守党のジョンソン首相は、イギリスメディアが保守党の勝利を伝えたことをうけて、自身のツイッターに「投票してくれた皆さん、ボランティアの皆さん、選挙に立候補した皆さん、ありがとう。私たちは世界で最も偉大な民主主義のもとで生きています」と投稿しました。
カテゴリー:

23年のサッカー女子W杯招致目指し、サッカー協会がFIFAへ提案書 - 12月12日(木)18:34 

 日本サッカー協会は12日、招致を目指す2023年女子ワールドカップ(W杯)の開催計画を記した招致ブック(開催提案書)を国際サッカー連盟(FIFA)に提出し、正式に立候補した。国立競技場など8会場で6~7月に開く内容。日本協会の田嶋幸三会長は「東京五輪、21年の女子プロリーグ開始、23年女子W杯と女
カテゴリー:

23年女子W杯正式立候補「幸せになれる大会に」 - 12月12日(木)14:36 

23年サッカー女子ワールドカップ(W杯)の日本開催を目指す日本サッカー協会(JFA)は12日、国際サッカー連盟(FIFA)に開催提案書(招致ブック)や招致関連の最終書類、開催合意書などを提出し、正式に立候補を表明した。招致ブックでは、東…
カテゴリー:

〈記者が見た市町この1年〉多久市 - 12月13日(金)19:05 

今年4月の多久市議選は、立候補の届け出が定数と同じ15人にとどまり、県内の市議選で初めて2期連続で無投票になった。定数は今回から1減になったが、2017年の市長選、今年3月の県議選に続いて選挙戦を経ずに地域の代表が決まる事態となった。 なり手不足の解消に向けて、市民からは仕事や育児と議員活動が両立できるような環境づくりが必要との声が上がった。11月の市議会報告会では、情報公開や政策立案機能の強化など、議会改革への積極的な取り組みを求める意見が出た。
カテゴリー:

現職の松田氏出馬正式表明 - 12月13日(金)08:15 

任期満了に伴う来年2月の三養基郡基山町長選に、現職の松田一也氏(62)=1期、長野=が12日、立候補すると正式に表明した。町長選への出馬を表明したのは松田氏が初めて。 町役場での定例会見で報道陣の質問に答えた。松田氏は9月議会で再選への意欲を示し、後援会などと協議を進めていた。 松田氏は会見で「人口減少に歯止めがかかり、定住促進住宅や憩いの家、町合宿所などの整備も、ある程度実現できた」と1期目を振り返った。
カテゴリー:

仙台も候補地 サッカー女子W杯開催に日本立候補 - 12月12日(木)22:00 

23年サッカー女子W杯の日本開催を目指す日本サッカー協会(JFA)は12日、国際サッカー連盟(FIFA)に開催提案書(招致ブック)などを提出し、正式に立候補を表明した。 うち試合会場となる8つのスタジアムでは、J1仙台の本拠地でもあるユ…
カテゴリー:

【立憲民主党】若手議員、衆院比例復活枠に不安 惜敗率、国民民主党に後れ - 12月12日(木)16:07  newsplus

★夜の政治 https://www.jiji.com/sp/article?k=2019121101194&g=pol 衆院比例復活枠に不安 惜敗率、国民民主に後れ―立憲若手 2017年衆院選の小選挙区で落選し、比例代表で復活当選した立憲民主、国民民主両党の現職を比べると、全国11ブロックで惜敗率が高いのは国民側のケースが多かった。これを踏まえ、一つの党だったと仮定して比例の獲得議席を試算すると、立憲側は激減することが分かった。次期衆院選をにらみ政党合流に向けた動きが表面化する中、立憲の若手からは不安の声が出ている。 惜敗率とは、小選挙区で...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】立憲民主党と国民民主党が合流した場合 立憲民主側の議員が大量に落選すると判明 - 12月12日(木)14:09  news

衆院比例復活枠に不安 惜敗率、国民民主に後れ―立憲若手  2017年衆院選の小選挙区で落選し、比例代表で復活当選した立憲民主、国民民主両党の現職を比べると、全国11ブロックで惜敗率が高いのは国民側のケースが多かった。 これを踏まえ、一つの党だったと仮定して比例の獲得議席を試算すると、立憲側は激減することが分かった。 次期衆院選をにらみ政党合流に向けた動きが表面化する中、立憲の若手からは不安の声が出ている。  惜敗率とは、小選挙区で落選した候補が比例と重複立候補していた場合、小選挙区で当選者に...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「立候補」の画像

もっと見る

「立候補」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる