「地域経済」とは?

関連ニュース

【交通】第二東京湾岸道路、18年ぶり計画再始動 地元では驚き - 01月18日(金)17:48  newsplus

東京と千葉を結ぶ第二東京湾岸道路の建設計画について、石井啓一国土交通相は17日、建設へ向けた検討会を設置する方針を示した。 建設ルート上にあった東京湾最奥部にある干潟「三番瀬」の埋め立て計画が白紙撤回され、宙に浮いたままとなっていた計画が18年ぶりに動き出す。 「第二湾岸を中心とした湾岸地区道路の検討会を設置して検討を加速したい」 この日、省内で建設計画の具体化を要望した森田健作知事に対し、石井国交相はこう答えた。今後、具体的なルートや工法について検討が始まる。 千葉県内では、東関東自動車道...
»続きを読む
カテゴリー:

創業期の中小企業へ投資を行う「城南創業支援ファンド」を創設! - 01月18日(金)11:00 

[城南信用金庫] 「城南創業支援ファンド」は、創業期にある中小企業等に対して、出資等の資金供給を行うことで、中長期的に安心して事業の拡大に取り組めるよう支援し、地域経済の発展と新たな雇用を創出することを目的としてい...
カテゴリー:

相談予約が2ヶ月半待ち!岐阜県大垣市の“行列のできる中小企業相談所”がプロジェクトマネージャーを年収960万円で募集 - 01月16日(水)11:30 

1月4日、大垣地域経済戦略推進協議会が売上げアップに特化した中小企業相談所「大垣ビジネスサポートセンター・Gaki-Biz(ガキビズ)」のプロジェクトマネージャーの公募を開始。同相談所は、“中小企業支援の切り札”と称される「富士市産業支援センターf-Biz(エフビズ)」をモデルとしたもので、近年、全国展開が加速し全国20の自治体にまで広がっています。ガキビズは2018年7月に開設したばかり。開設からおよそ半年で相談件数は...
カテゴリー:

【地域経済】”ジャパネットは?”長崎、十八銀行のふくおかFGと統合で春にも上場企業ゼロに…地方経済低迷の恐れ - 01月14日(月)19:29  newsplus

長崎、春にも上場企業ゼロ…地方経済低迷の恐れ  長崎県に本社機能を置く上場企業が、今春にも47都道府県で唯一、 ゼロになる見通しとなった。東京証券取引所1部と福岡証券取引所に 上場する十八銀行(長崎市)が、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡市)と 経営統合して上場廃止となる一方、新たに上場する企業がない見込みと なったためだ。上場企業が数社にとどまる県は多く、地域を代表する存在が 少なくなれば地方経済が一段と低迷する可能性もある。  東証によると、東京、札幌、名古屋、福岡の計4か所の証券取...
»続きを読む
カテゴリー:

日銀 景気判断、2地域引き上げ 北海道と中国、災害影響薄まる - 01月11日(金)05:00 

日本銀行は10日、1月の地域経済報告(さくらリポート)を公表し、自然災害の悪影響が薄まったとして北海道と中国地方の景気判断を上方修正した。2地域で判断を引き上げ…
カテゴリー:

【宇宙】イプシロン4号機、すべての衛星の軌道投入に成功。JAXA理事長「大きな成果」 - 01月18日(金)13:52  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190118/k10011782191000.html 民間企業や大学などが開発した7基の小型衛星が搭載された日本のロケット「イプシロン」の4号機が、18日午前9時50分、 鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。ロケットは搭載したすべての衛星を予定された軌道に投入し、打ち上げは成功しました。 「イプシロン」4号機は18日午前9時50分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、大きな音を立てて発射台を離れました。 1段目や2段目を切り離して上昇を続け、打ち上げから...
»続きを読む
カテゴリー:

青い森信金が若手経営者組織「NEXAS」設立 - 01月17日(木)08:49 

青い森信用金庫(本部青森県八戸市)は16日、若手企業経営者らでつくる「青い森しんきんNEXAS(ネクサス)」を発足させた。企業間や産学官交流のネットワークを通して中小企業の経営力を向上し、地域経済の活性化を図るのが狙い。会員は同信金と取引のある50歳以下の中小企業経営者、後継者、幹部社員で、八戸、十和田地区の57人。職種は建設、設計、ホテル業などさまざまで、2020年には全県に対象を拡大する。(1)中小企業経営者のレベルアップ(2)後継者の育成支援(3)地域経済活性化への貢献-を目的に、セミナ…
カテゴリー:

千葉商科大学で2月14日に自然エネルギー×地域経済シンポジウム開催 - 01月15日(火)16:00 

千葉商科大学で2月14日に開催 千葉商科大学 千葉商科大学で2月14日に開催自然エネルギー×地域経済シンポジウム「自然エネルギーで地域は元気になる~分散型エネルギービジネスの可能性~」 千葉商科大学(学長:原科幸彦)と一般社団法人日本シュタットベルケネットワーク(代表理事:ラウパッハ・スミヤ ヨーク)と公益社団法人日本不動産学会(会長:原科幸彦)は、2 月14 日(木)、自然エネルギー×地域経済シンポジウム「自然エネルギーで地域は元気になる~分散型エネルギービジネスの可能性~」を開催します。地域経済は需要と働き手の減少に悩み、自治体は財政の縮小などの課題が増加しているなか、国内外で注目を集めているのが、分散型エネルギービジネスです。分散型エネルギービジネスには、地域の自然資源によってエネルギーを生み出す自然エネルギービジネスと、住民の知見や技術を高めてエネルギーを効率的に利用する省エネルギービジネスがあります。このシンポジウムでは、分散型エネルギービジネスで地域経済を活性化する方法や効果を議論します。特に、自然エネルギー先進国・ドイツのなかでも、地域に根ざした自然エネルギービジネスを展開するパイオニアとして著名なソーラーコンプレックス社の代表を招き、日本でも参考になり得る事例を紹介いただきます。自然エネルギービジネスに関心のある方はもちろん、地域活性化や企業経営、新事業の企画、地方...more
カテゴリー:

北九州市長選が告示 現職と新人2人が立候補届け出 - 01月13日(日)09:21 

 任期満了に伴う北九州市長選は13日告示され、共産党福岡県委員会常任委員の新人、永田浩一(53)=共産推薦▽4選を目指す現職の北橋健治(65)▽水産加工会社社長の新人、秋武政道(58)――の3氏がいずれも無所属で立候補を届け出た。高齢化や人口減対策、地域経済の活性化策などが主な争点となりそうだ。投開
カテゴリー:

北海道・中国地域の景気判断引き上げ、他7地域横ばい 日銀 - 01月10日(木)20:16 

 日銀は10日、全国9地域の景気情勢をまとめた1月の「地域経済報告」(さくらリポート)を公表した。自然災害からの復旧が進む北海道と中国の2地域で景気の総括判断を前回の2018年10月調査から引き上げた。一方、米中貿易摩擦の影響で受注の下振れなどマイナス面が顕在化するケースが徐々に増えており、海外経済
カテゴリー:

もっと見る

「地域経済」の画像

もっと見る

「地域経済」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる