「大都市」とは?

関連ニュース

離陸前の機体の翼に飛び乗る、男を拘束 ナイジェリア空港 - 07月21日(日)11:08 

ナイジェリアの最大都市ラゴスの空港で19日午前、離陸前の旅客機の翼に飛び乗った男が拘束された。 男の身元は公表されていない。離陸準備の態勢に入っていた国内線旅客機のパイロットが、滑走路上で近付いてくる男を見つけ、スピードを落としてエンジンを切った。 すると男は翼に飛び乗り、機内に入ろうとした。パイロットは滑走路上の係員に無線で連絡したという。 乗客の1人が撮ったビデオには、翼の周りを歩き回る男...
カテゴリー:

【画像あり】50歳の女がガチのマジで悪くない - 07月21日(日)04:35  poverty

森高千里(モリタカチサト) 生年月日:1969年4月11日 (50歳) 「オバさんになっても好きですか?」小桃音まい、ミニスカ衣装で三大都市ツアーに気合い https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000385-devi-ent ...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】森永卓郎氏 年金削減時代「夫婦13万円」で暮らすにはトカイナカへの移住を - 07月20日(土)16:23  bizplus

金融庁の「老後資金2000万円不足」報告書で、多くの人たちが老後生活に不安を抱いているが、今後は年金の給付水準がさらに削減されることが確実視されている。そうした中でどうやって老後の生活を維持していけばよいのだろうか。経済アナリストの森永卓郎氏が、年金削減時代の生活防衛術を指南する。  * * *  近い将来、公定年金の給付水準は今より大きくカットされるのは間違いない。年金制度を維持するためには給付水準の4割カットが必要になり、現在夫婦で月21万円の年金をもらっているモデル世帯でいうと、月13万円まで減...
»続きを読む
カテゴリー:

MOSHIMO、年末年始に4大都市で企画ワンマンツアー - 07月19日(金)22:00 

本日7月19日、<MOSHIMO 2019初夏ツアー「猫かぶるのヤメマシタ」>ファイナルのワンマン公演をマイナビBLITZ赤坂にて盛況に終えたMOSHIMOが、年末年始に4大都市を巡る企画ワンマンツアー<BARI ...
カテゴリー:

日本は大都市の人口圧力をどのように緩和してきたか - 07月19日(金)10:27 

日本は高度成長期に、大量の人口が都市に移動し、交通渋滞や居住環境の悪化、公共施設の整備が追いつかないなど、様々な問題が生じた。こうした「大都市病」への対処で、日本には成功体験もあるが、いまなお克服できない問題もある。 ...
カテゴリー:

魚が獲れなくなっている理由が「海がきれいになり過ぎた」の皮肉 - 07月21日(日)10:59 

近年、さまざまな水産物の漁獲量が減っているというニュースを耳にします。理由はさまざまある中でも、驚きというか皮肉というか「海がきれいになり過ぎた」というものがあるようです。メルマガ『8人ばなし』の著者の山崎勝義さんが、下水処理の事情の変化がきれいな海を実現し、そのことが水産物に与える影響を解説。これからは「上手に適度に汚す」ことが「豊かな海」を維持するためには必要なようです。 きれい過ぎる海のこと 日本の海はきれいになった。言うまでもなく、これにはまず様々な環境規制があって、そしてそれを守らんとする関係各位の努力があった。また、下水道など都市インフラの拡充も大きく貢献するところであったろう。今や、汚れた海は過去のものである。 そのきれいになった海からどうして魚が獲れなくなったのか。ここ数年来、沿岸漁業に従事する漁師の口から景気のいい話を聞くことはほとんどなくなってしまった。実に皮肉なことだが、どうやら日本の海はきれいになり過ぎたようなのである。 勿論、重化学工場から垂れ流される有毒な廃水でぶくぶく泡立つような海は誰だって御免である。だから、これに関しては正しい環境規制が行われたと言っていい。とすれば、結果として(飽くまで結果としてだが)やり過ぎてしまったのは下水管理の方ということになる。 近現代の都市計画において公衆衛生は防災と並ぶ優先事項であるため当然下水道の整備は必須である。こ...more
カテゴリー:

期間は半年間。観光客の「渡航費」の一部減額をスリランカ政府が決定 - 07月20日(土)19:00 

スリランカ政府は、同国を訪れる観光客に対し「航空券代金」の一部減額を決定。半年間、コロンボ空港を利用するフライトで実施する。最大都市コロンボをはじめとする3都市で起きた4月のテロ以降、減少する観光客の流れに歯止めをかける狙いだ。スリランカの観光開発局によると、6月の観光客数は2018年と比べて50%以上も減少。国民の約50万人は直接的に、約200万人は間接的に観光業に依存して生活しているというのだから、ただ事では済まないわけだ。そんな状況から脱するために、政府はチケット代金の一部を減額し、観光客離れから回復を目指す。欧米人が利用する旅行ガイドブックのベストセラー「Lonely Planet」で「2019年に行っておくべき旅行先」として1位に選ばれたスリランカ。日本の外務省からの非常事態宣言は延長(6月22日現在)されているものの、手付かずの自然を残した観光地としての魅力は捨てがたい。Top image: © iStock.com/saiko3p
カテゴリー:

【海面上昇】海面上昇、人工降雪機で阻止できる!? 独研究所が奇策 南極の氷河融解阻止策 - 07月19日(金)23:51  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000017-jij_afp-sctch  南極の氷床から流出した融解水を人工降雪機で氷河に戻せば、壊滅的な海面上昇は阻止できる ──独ポツダム気候影響研究所(PIK)の科学者たちが17日、こんな奇策を発表した。  西南極(West Antarctica)の巨大な氷床が全て融解すれば、海面は地球全体で6メートル上昇することになる。 1メートルの海面上昇で約1億9000万人が移住を余儀なくされ、3メートル上昇するとニューヨークや東京、上海など世界の巨大都市が 水没の危機にさらされる。 特に、西南極の...
»続きを読む
カテゴリー:

株式会社スカイ・ランドは、自社所有の伊豆大川の土地 3.8万坪をオートキャンプ場として開発。本年7月20日より営業を開始します。 - 07月19日(金)13:00 

株式会社スカイ・ランド(東京都渋谷区 代表 松永利明)は、自社所有の静岡県賀茂郡東伊豆町大川 853-3(128,429平米/ 38,852坪)をオートキャンプ場として開発、今年7月20日から営業を開始します。同社は、首都圏を中心に、住宅・マンション・土地・収益物件など、創業以来蓄積されてきたノウハウを活かし、不動産オーナーに総合的なコンサルティングを行い、買取り・任意売却・相続など様々な状況に応じて最適なご提案をさせて頂く会社です。今回のプロジェクトは、スカイ・ランド社が自社で所有する土地をオートキャンプ場として開発、自社で営業を行うものです。同社は2年程前から伊豆半島における不動産開発のあり方を模索してきましたが、6年連続で参加人口がプラスとなったオートキャンプ市場の成長性に注目、特にキャンプ場成功の条件として挙げられる要素(下記11項目中10項目が合致)を東伊豆町大川が備えていることに着目、今回のプロジェクトとなりました。オートキャンプ場成功の条件(1)ロケーションの条件(1)高速道路の最寄 IC から60分以内(2)国道・県道など主要道路沿いか近く(3)観光地に近く、知名度も高い(4)観光周遊コースにある(5)アクセスが容易でわかりやすい場所(6)人口100万人以上の大都市から2時間以内(7)大都市近郊ならば通年開設。地域環境の条件(自然的要因)(1)自然的環境に恵まれ、緑...more
カテゴリー:

【鉄道】東海道線が190%超え、1位は東京メトロ東西線 国交省2018年度の混雑率を公表 - 07月19日(金)06:32  newsplus

国土交通省が2018年度の都市鉄道混雑率調査を発表。全体的には横ばいで推移しましたが、混雑率の上昇が続く路線や混雑が若干改善された路線もありました。 日暮里・舎人ライナーも190%に近づく 国土交通省の鉄道局は2019年7月18日(木)、2018年度の都市鉄道混雑率の調査結果を発表しました。 三大都市圏の平均混雑率は、東京圏が2017年度と同じ163%。 大阪圏は1ポイント上がって126%、名古屋圏も1ポイント増の132%で、複々線化など大規模プロジェクトの完成がなかったこともあってか、全体的には横ばいで推移しました。 東...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「大都市」の画像

もっと見る

「大都市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる