「大都市」とは?

関連ニュース

ファッションデザイナー山縣良和によるインスタレーション作品「Big Bouquet Tree」 展示は残り3日間! - 11月20日(水)18:00 

2019年11月20日 一般社団法人 東京ビエンナーレ ファッションデザイナー山縣良和によるインスタレーション作品「Big Bouquet Tree」 展示は残り3日間! ファッションデザイナー山縣良和によるインスタレーション作品「Big Bouquet Tree」 展示は残り3日間! 東京の日本橋に新しくできた COREDO 室町テラスが文化の拠点として花開くように、施設のシンボルの欅と色彩豊かな大きな薔薇の花束を融合させた巨大なインスタレーションの設置を、ファッションデザイナーの山縣良和さんと演出家の が手がけました。大屋根広場西側のけやき広場にて、東京ビエンナーレ 2020 のプレイベントの一環として11月22日(金)までご覧いただけます。    ▲巨大な花束は絶好のフォトスポット ▲夜間のライトアップも見どころ 山縣良和(やまがた・よしかず) 1980 年鳥取県生まれ。大阪の服飾専門学校を卒業後、2005年にイギリスの名門セントラル・セントマーティンズ美術大学ウィメンズウェア学科を首席卒業。インターナショナルコンペティション『its#3』にて3部門受賞。ジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。帰国後、2007年に自身のブランド「writtenafter...more
カテゴリー:

【悲報】広島市中心部を『特定都市再生緊急整備地域』に格上げへ。安倍総理による「山陽優遇」が進む - 11月20日(水)16:50  livejupiter

広島市が、市中心部の紙屋町・八丁堀地区とJR広島駅周辺について、都市の国際競争力を高めるため民間の開発を促す「特定都市再生緊急整備地域」への指定を目指し、国と協議を進めていることが19日、分かった。 「特定」地域への格上げで、これまで以上に優遇措置を受けられる。指定されれば中四国地方では初めて。  対象エリアは、紙屋町・八丁堀(161ヘクタール)と広島駅周辺(73ヘクタール)の両地区から絞り込む。 建物の容積率や日影規制が緩和されるほか、道路を挟んで建物を整備できるなど開発の自由度が高まる。指定を機...
»続きを読む
カテゴリー:

【こだわりの極意】立ち飲み屋で“鮭フィーバー”! 東京・杉並区「しゃけスタンド」 - 11月20日(水)15:30 

またすてきな店と出合ってしまった。それが「しゃけスタンド」。東京・杉並は和泉の「めんそーれ大都市場」という、言ってみれば街興しのために作った“沖縄タウン”的なも…
カテゴリー:

東京五輪 五輪期間の都市災害に備え 陸自、各国と対応策共有 - 11月20日(水)12:38 

 陸上自衛隊と各国軍の後方支援の担当者が、大都市での災害への対応について意見交換する会議が20日、防衛省で開かれた。インド太平洋地域を中心に25カ国が参加。2020年東京五輪・パラリンピック期間中の地震や豪雨の被害に備え、対応策を共有する狙い。
カテゴリー:

「定員内不合格なくして」 れいわ舩後議員に訴え 重度知的障がいの息子に学ぶ場求める両親「教育受ける機会が失われている」 - 11月20日(水)10:20 

 【東京】重度の知的障がいがあり、県立高校への入学を希望している仲村伊織さん(16)の父晃さん(53)と、母美和さん(51)が19日、国会内で舩後靖彦参院議員(れいわ新選組)らと面談し、希望者全員の入学が実現するよう協力を求めた。定員内不合格を出さない取り組みが大都市で進んでいることを踏まえ、両親は障が...
カテゴリー:

【青森】弘前市職員にLGBT理解の研修会 「LGBTの人たちは弘前市にも4000人以上」 - 11月20日(水)17:12  newsplus

11月20日 15時22分 心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」などの性的マイノリティーについて、自治体の職員が理解を深めるための研修会が、弘前市で開かれました。 この研修会は、「トランスジェンダー」など、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの理解を深めようと、弘前市が職員を対象に初めて開き、およそ50人が参加しました。 弘前大学男女共同参画推進室の山下梓助教が講師として招かれ、LGBTの人たちは欧米や大都市に限らず地方都市にも多くいて、弘前市も人口規模から考えると4000人以上に上るという...
»続きを読む
カテゴリー:

日本GLP/トランコムと提携、3大都市圏にXDセンター構築 - 11月20日(水)16:46 

日本GLPとグループ企業のモノフルは11月20日、求貨・求車サービスを提供する総合物流企業のトランコムと業務提携したと発表した。 日本GLPが所有・運営する物流施設、モノフルのテクノロジー、トランコムの求貨・求車サービス […]
カテゴリー:

豪の森林火災 シドニーでも大気汚染 健康への影響も懸念 - 11月20日(水)15:03 

オーストラリアでは、南東部で続く森林火災の影響で、80キロ離れた最大都市シドニーでも一時、大気が汚染され、州政府は健康への影響も懸念されるとして、煙がひどい時は外出を控えるよう呼びかけています。
カテゴリー:

JR東海公認「タピオカ新幹線」 コラボしたカフェに話を聞きに行ってみた - 11月20日(水)11:40 

空前のタピオカブームが巻き起こった2019年。大都市はもちろん、地方都市のあちこちでもタピオカドリンクを扱うティースタンドを見かけるようになった。以前から台湾フリークだった筆者としては、日本でも気軽にタピオカドリンクを買えるようになったのは嬉しいところ。 そんな中、「タピオカ新幹線」なるドリンクを扱う店があるという情報を聞きつけた筆者。なんでもその「タピオカ新幹線」は通常のメニューには載っていない、いわゆる裏メニューで、しかも「JR東海公認」らしい。ネット上も「あのJR東海がタピオカ?!」などと大賑わいの様相だ。 摩訶不思議なそのドリンクの実態を確かめるべく、「タピオカ新幹線」を扱う奈良県橿原市の「うのまち珈琲店」に行ってみた。 近鉄橿原線の八木西口駅から徒歩数分、「うのまち珈琲店」に到着。この一帯は今井町と言い、歴史的価値のある町家など約500棟の伝統建築物が残されており、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているそうだ。「うのまち珈琲店」も、古民家をリノベーションした趣ある佇まいだ。ここに「タピオカ新幹線」があるというのか。 ▲内装は現代的。小説を中心に様々な本が揃うブックカフェになっている。 メニューを見ても「タピオカ新幹線」の文字はない。どうやらJR東海とのコラボレーションということで、スマートフォンに同社の「EXアプリ」をインストールして提示すると注文できるらしい。...more
カテゴリー:

「風の谷のナウシカに影響を受けた」スイスのスタートアップが“空飛ぶ機械”を制作した理由に迫る【現地レポ】 - 11月20日(水)07:06 

教科書を持たずに、鳥のように大空を飛びながら環境問題を学ぶ──。想像できるだろうか?スイスにあるスタートアップ企業が、VR(仮想現実)技術を活用し、この新しい学び方を実現させる機械を開発した。9月、筆者はチューリッヒを訪れ経営者に話を聞いた。スイスのスタートアップ企業・ソムニアックスが開発した機械の名は、『Birdly』。ゴーグルを装着し、ひとたびマシンに乗れば、VR技術によって、その名の通り“鳥のように”空を飛ぶ疑似体験ができる。2014年に試作機が完成し、2019年9月現在でヨーロッパをはじめ世界各地の博物館などで50台以上が導入されている。ニューヨークやチューリッヒなど、世界の大都市の上空を飛ぶことができるほか、映画『ジュラシック・パーク』さながら、時代を遡って恐竜が生きていた時代を体感することも可能だ。使用する映像も同社が制作している。筆者も、スイスの空を飛ぶ体験を味わってみた。約3分間の“飛行”では、機械前方の送風機から送られる風を受けながら、次々に移り変わる風景と音を楽しめた。風があるおかげで、浮遊感もよりリアルだ。birdlyというスタートアップ。ハリウッド俳優のディカプリオさんも出資しています。VR技術を体験しました。世界中の空を飛んだり海ガメになって海を泳いだり…CEOのマックスさんは「実際に体感することで、未来の環...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「大都市」の画像

もっと見る

「大都市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる