「佐賀県」とは?

関連ニュース

<戦後75年>忘れられゆく防空壕 佐賀県内に約90カ所 専門家「後世へ記録を」■動画あり - 08月15日(土)06:00 

終戦から75年となり、戦争を自らの体験として語ることができる人が限られる中、戦時下の状況をとどめる防空壕跡が佐賀県内に約90カ所残っている。「戦争遺跡」として保存する動きはなく、地域の住民からも存在が忘れられようとしており、専門家からは「後世のために記録だけでも残して」と求める声がある。 「この防空壕は住民が岩盤をコツコツ削りながら造りました」「空襲のサイレンが鳴ると逃げ込むんです」。子どもたちは説明に耳を傾けながら、穴の奥の暗がりに目を凝らした。
カテゴリー:

農業用ドローンで空撮実験 国内初、19日に佐賀県で - 08月15日(土)02:00 

 農林水産省は14日、ITベンチャー企業のオプティムが農業用の小型無人機ドローンを使い、農地を撮影する実証実験を佐賀県で19日に実施すると発表した。操縦者がドローンの飛行の様子を直接目視せず、補助者による機体監視もない状態で飛ばすのは、農業分野では国内で初めての取り組みだという。
カテゴリー:

<新型コロナ>サガン、新たに1人陽性 小城、佐賀市の4人も感染 - 08月15日(土)00:25 

新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したサッカー・J1サガン鳥栖に関し、佐賀県などは14日、トップチームの男性スタッフ1人の感染を新たに確認したと発表した。関連の感染は、監督や選手、別のスタッフらを含め計11人になった。これとは別に県内の20~40代の男女4人の感染も分かった。 県やサガン鳥栖によると、感染が新たに確認されたスタッフは鳥栖市の40代男性。9日に羽田空港から鳥栖市に移動し、市内でのトレーニングに10日まで参加した。
カテゴリー:

佐賀の魅力 企画のコツ学ぶ - 08月14日(金)21:45 

「第4回佐賀さいこう!企画甲子園2020」(佐賀県主催)の企画体験会が9日、佐賀市のメートプラザ佐賀で開かれた。高校生約60人が佐賀の魅力を伝えるための企画を立案する方法やコツを学んだ。 クリエイター・編集者の桜井祐さんが、嬉野温泉旅館の依頼で取り組んだ宿泊客の満足度を高めるための企画を説明。アイデアの出し方や企画の進め方をアドバイスした。
カテゴリー:

【速報】佐賀県で新たに5人感染確認 サガン鳥栖.. - 08月14日(金)20:18 

【速報】佐賀県で新たに5人感染確認 サガン鳥栖関係者は計11人に #西日本新聞
カテゴリー:

【九州新幹線】長崎ルート、見えぬ終着駅。国と佐賀県の対立は先鋭化、「リレー方式」の長期化を危ぶむ声★3 - 08月15日(土)05:40  newsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/0743b8a60e0000cfcd3d4b92f8d61a8376966618 九州新幹線西九州(長崎)ルートの新鳥栖-武雄温泉の整備方式を巡り、国と佐賀県の対立が先鋭化している。 与党は昨年8月に「フル規格」での整備方針を決めたが、佐賀県は財政負担などを理由に反対姿勢を崩しておらず、 国土交通省からの環境影響評価(アセスメント)の提案も拒否。今後も協議の進展は見通せず、 武雄温泉で新幹線と在来線を乗り換える「リレー方式」の長期化を危ぶむ声も上がり始めた。 「もう佐賀に配慮を続ける意味はない」。ア...
»続きを読む
カテゴリー:

農業用ドローンで空撮実験 国内初、19日に佐賀県で - 08月15日(土)01:29 

 農林水産省は14日、ITベンチャー企業のオプティムが農業用の小型無人機ドローンを使い、農地を撮影する実証実験を佐賀県で19日に実施すると発表した。操縦者がドローンの飛行の様子を直接目視せず、補助者による機体監視もない状態で飛ばすのは、農業分野では国内で初めての取り組みだという。
カテゴリー:

フィジーテーマ 国際理解講座 - 08月14日(金)22:10 

東京五輪・パラリンピックで佐賀県がホストタウンになっている南太平洋の島国フィジーをテーマにしたオンラインによる国際理解講座が9日、佐賀市で開かれた。観光や暮らしなどを紹介し、おもてなしにつなげたり交流を深めたりすることを確認した。 県国際交流プラザで講話などを行い、フェイスブックで動画配信した。国際協力機構(JICA)のシニアボランティアでフィジーに派遣された経験のある堤孝幸さん(佐賀市)が、人口が佐賀県と同規模の約89万人であることなどを説明。
カテゴリー:

<鳥栖・三神エリアリポート>ふるさと今昔物語■戦国武将・宗氏(1) - 08月14日(金)21:45 

今回から4回にわたって戦国時代の東肥前(佐賀県東部)で活躍した武将・宗氏をご紹介したいと思います。 さて、佐賀県東部で宗氏と聞くと、江戸時代の対馬藩主で現在の鳥栖市・基山町を領有した宗氏が知られていますが、今回ご紹介する宗氏は北部九州の名門だった少弐(しょうに)氏一門として活躍した一族です。子孫の方が系図や伝わった文書をまとめた『宗家系譜』等によると、盛晴の時代に宗氏へと名乗りを改め、筑後国山隈城(福岡県小郡市花立山)を拠点とし、後に肥前へと移り、千栗(ちりく)城(みやき町)を本拠地としました。
カテゴリー:

【速報】<新型コロナ>20~40代男女5人の感染確認 サガン鳥栖関係者も 佐賀県内180例目 - 08月14日(金)18:46 

佐賀県は14日、20~40代の男女5人が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。 内訳は、小城市の40代女性と20代男性、佐賀市の30代男性2人と鳥栖市の40代男性の計5人。鳥栖市の40代男性はサガン鳥栖の関係者。 県内での感染は再陽性2人を含め延べ180人になった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「佐賀県」の画像

もっと見る

「佐賀県」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる