「佐賀県」とは?

関連ニュース

ふるさと納税で多額寄付…泉佐野など4市町、交付税を減額 - 03月22日(金)21:32 

総務省は22日、自治体を財政支援する平成30年度3月分の特別交付税に関し、静岡県小山町、大阪府泉佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の配分額を減らしたと明らか…
カテゴリー:

ニセ電話詐欺(架空請求)に注意!! - 03月22日(金)17:00 

佐賀県神埼警察署からのメールです。 本年3月16日と3月17日の昼ころ、神埼警察署管内居住の方の携帯電話に、ショートメッセージで、「ご利用料金のお支払い確認が取れておりません。本日中にお客様センター迄ご連絡ください。」と届き、メッセージに書かれた連絡先に電話したところ、「有料サイトの登録料金がまだ支払われていません。このままなら裁判になります。今日中に電子ギフトカードを買って連絡してください。
カテゴリー:

「全国部落調査」の復刻版がメルカリに出品される たまたまアプリをポチポチしてた職員が見つけて削除要請 - 03月22日(金)14:30  newsplus

2019年3月22日 13時33分 朝日新聞デジタル  被差別部落の地名などを掲載した本「全国部落調査」の復刻版がネットのフリーマーケット「メルカリ」に佐賀県内から出品されていたことがわかった。  本は、部落解放同盟側が横浜地裁に申し立てた出版禁止の仮処分が認められている。  同県唐津市によると、今年1月20日、市職員がスマートフォンのアプリで出品に気付いた。翌21日に同市から連絡を受けた県は、その日のうちにメルカリの報告フォームから「不適切な商品」と指摘し、佐賀地方法務局にも伝えた。2月4日に再度、メ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ふるさと納税で高収入」泉佐野市など特別交付税ゼロに - 03月22日(金)12:14 

 石田真敏総務相は22日午前の閣議後会見で、2018年度の特別交付税(3月分)について、ふるさと納税の寄付収入が多額と見込まれる静岡県小山町、大阪府泉佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4自治体に…
カテゴリー:

「福重の石仏」31体紹介、鹿島・唐津の石仏も - 03月22日(金)10:40 

長崎県大村市の福重郷土史同好会(上野盛夫会長)が、大村の謎に包まれた石仏31体を調べた冊子「福重の石仏」を発売した。佐賀県立博物館の竹下正博学芸員も寄稿し、鹿島市や唐津市の仏像を紹介している。 竹下学芸員は、大村の石仏と同時期の作とみられる殿源寺(でんげんじ)(唐津市)の如来形像(にょらいぎょうぞう)などを紹介。「12世紀ごろの福重に高い水準の仏教文化が花開いていた」と予想し、多良山系を挟んで位置する大村と鹿島の関係性に思いをはせる。
カテゴリー:

【社会】ふるさと納税制度をつかい350億円近くの金を集めた大阪府泉佐野市、特別交付税が約2億円も減額されてしまう - 03月22日(金)18:19  newsplus

2019年3月22日 11時33分(最終更新 3月22日 12時05分) 石田真敏総務相は22日午前の記者会見で、今年度のふるさと納税額が多額になると見込まれる大阪府泉佐野市など4市町について、3月に配分する特別交付税を減額すると明らかにした。災害対応のための交付税は配分する。同市への配分額は6227万円で、前年同期比で約2億円減少する。石田氏は20日に改正した省令に基づく措置と説明。「財源配分の均衡を図るもので、ペナルティーという趣旨ではない」と述べた。  4市町は泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町。減額...
»続きを読む
カテゴリー:

総務省「ふるさと納税で税収が増えた自治体は特別交付税減らします」 - 03月22日(金)15:13  news

国から自治体に年2回交付される特別交付税の今月分の交付額が決まり、ふるさと納税の寄付金が 多額になっている大阪 泉佐野市など4つの自治体は、交付税に頼らずに財政運営できる自治体と 同じ程度の財政力と見なされ、大幅に減額されることになりました。 特別交付税は、12月と3月の年2回、自然災害で被害などがあった自治体に交付されるもので、 3月分の交付額が22日の閣議で報告されました。 総務省は、今回の決定にあたって、ことし1月までのふるさと納税の寄付金の見込み額 を地方税収に加えた形で算定を行った結果...
»続きを読む
カテゴリー:

【税】ふるさと納税“激増”の4市町、特別交付税の3月配分額実質ゼロに「ペナルティーではない」-総務省 - 03月22日(金)12:27  newsplus

特別交付税、実質配分ゼロ=ふるさと納税激増の4市町-総務省  石田真敏総務相は22日の閣議後記者会見で、大阪府泉佐野市と静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町に対する2018年度特別交付税の3月配分額について、災害関連を除きゼロとしたことを明らかにした。  いずれもふるさと納税で多額の寄付金を集めた自治体。  財源に余裕があるとみなし、交付税を受け取らない「不交付団体」並みの扱いとした。  石田総務相は「財源配分の均衡を図る観点で行ったもので、過度な返礼品を行う自治体へのペナルティーと...
»続きを読む
カテゴリー:

キャッシュレス決済「重要」も 半数超「対応せず」 県内企業調査 - 03月22日(金)11:30 

佐賀県中小企業団体中央会は、キャッシュレス決済の実態調査を実施、その結果を18日に佐賀市で開かれたセミナーで発表した。キャッシュレス決済について、「重要と思う」と答えた県内企業が半数を超える一方、「対応していない」も半数を超えた。10月の消費税増税対策で、政府はキャッシュレス決済のポイント還元を実施するが、それに合わせても「導入しない」が半数を占めた。 調査は昨年11月初旬から今年2月初旬に500事業所を対象に実施し、365事業所(73%)が回答した。
カテゴリー:

過酷労働、SOS困難 ベトナム実習生、県内で保護 - 03月22日(金)10:20 

外国人技能実習制度を巡り、違法な長時間労働や賃金不払いなどの問題が起きる中、他県で働いていたベトナム人の女性実習生6人が保護され、佐賀県内で暮らしている。在留カードとパスポートを取り上げられて長時間労働を強いられ、逃げ出したという。共同生活を送りながら新たな実習先を探す女性たちは「怖くてもう戻りたくない」と過酷な労働実態を振り返る。 2月上旬から、20代3人と30代3人が県内のアパートに身を寄せている。
カテゴリー:

もっと見る

「佐賀県」の画像

もっと見る

「佐賀県」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる