「再発防止策」とは?

関連ニュース

吉本会見詳報(7)藤原副社長「隠蔽する感覚はなかった」 - 07月22日(月)18:03 

 --松本人志さんとの具体的な話とは 岡本昭彦社長「冒頭で申し上げた内容と、僕の駄目なところの話です」 --「芸人さんが最高のパフォーマンスをできるようにしなくてはならない」とのことだが、今、SNSなどでのタレントさんたちの発言についてどう思うか 「全てのことを真摯(しんし)に受け止めなければならないと思っている」 --中にはテレビ番組内で涙ぐまれながら意見するタレントもいるが 「全力ですべてのタレントさんたちの声を聞いて、反映していけるようにと考えている」 --今回の件の発端は、もともとは吉本が反社会的勢力とのつながりを絶つと言っていたのに、反社会的勢力とつながってしまったということ。再発防止策は 「今回、こういうことが起こってしまったということで、直接そういうやりとりをタレントの人たちが行ってしまったということも含めて、われわれとしては冒頭でも申し上げたけど、今、年2回の研修の回数を増やしていくことと、ホットラインの強化徹底を行っていければと思っている。タレントさんと向き合いながら、直接の仕事も言える環境づくりをしなければならないと思っている。納税なども皆で勉強しながら、きっちりコンプライアンスの態勢を、社員含めて作っていければ」 --反社会的勢力かどうかのチェック態勢はどうするのか 「いわゆる反社チェックは徹底的に行っているが、それだけでは不十分なことも今回わかったので、全国...more
カテゴリー:

新国立競技場建設現場をパトロール 快適職場の取組み確認 東京労働局 - 07月20日(土)09:11 

 東京労働局(土田浩史局長)は7月12日、「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会 大会施設工事安全衛生推進連絡会」を開き、新国立競技場整備事業(施工:大成建設東京支店)のパトロールを行った。連絡会は、五輪関連施設工事の元方事業者と現場の安全衛生管理責任者が、模範となる安全衛生管理手法や災害の再発防止策を検討する目的で定期的に開いているもの。土田局長は冒頭あいさつで、「今年に入り都内の……[続きを読む]
カテゴリー:

【芸能】<宮迫博之>引退も「記者会見」が絶対に開かれない理由 - 07月19日(金)23:29  mnewsplus

“闇営業”をしていたとして謹慎処分を言い渡されてた宮迫博之が、7月19日発売の『FRIDAY』で、新たに金塊強奪犯との酒席写真が掲載された。  記事中では金銭を受けとる“ギャラ飲み”をしたと報じられ、吉本興業から受けた処分は「契約解消」だった。事実上の引退に世間は混乱しているが、吉本はマスコミの取材に「会見の予定はございません」としている。  約1ヶ月前の“闇営業報道”の第一報に端を発し、宮迫以外にもロンドンブーツ1号2号・田村亮、レイザーラモンHG、スリムクラブ、ガリットチュウ福島善成らが次々と謹慎に追い込ま...
»続きを読む
カテゴリー:

【深さ5センチの床ずれを「放置」】熊本の老人ホームで虐待 - 07月19日(金)20:42  newsplus

https://www.asahi.com/articles/ASM7L2TK7M7LTIPE003.html 深さ5センチの床ずれを「放置」熊本の老人ホームで虐待 有料会員限定記事 2019年7月18日11時46分  熊本県菊池市の住宅型有料老人ホーム「ケアホームともづな」で、入所者6人を病院で受診させないなどの介護放棄や、約20人に対する緊急性のない身体拘束などがあり、市が高齢者虐待防止法に基づき、虐待と認定していたことがわかった。市と県は18日、改めて監査に入った。  施設は2棟あり、定員は計55人。終末期の高齢者を積極的に受け入れている。市内の株式...
»続きを読む
カテゴリー:

「シーサイドライン」無人運転再開へ 国交省、再発防止策認める 時期未定 - 07月19日(金)18:30 

 横浜市磯子区の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で無人運転の車両が逆走した事故を巡り、国土交通省の事故防止検討会は19日、運行会社「横浜シーサイドライン」が示した、車両の配線を見直すことを柱とする再発防止策を認めた。同社は車両を改修し、無人運転を再開する。時期は未定だが「なるべく早く再開
カテゴリー:

岡本社長、反社会勢力のチェック「徹底していく」 - 07月22日(月)16:13 

吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、都内で、宮迫博之(49)田村亮(47)らによる反社会勢力を相手にした闇営業問題に端を発した一連の騒動について、記者会見を開いた。 吉本が反社会との接点を断つことへの再発防止策は「年2回のコンプライ…
カテゴリー:

SpaceX、地上試験中に発生したドラゴン宇宙船の火災の原因を特定 - 07月20日(土)08:00 

AC0x01曰く、 米SpaceX社は、4月に発生した地上試験中のドラゴン宇宙船の火災について、原因が「液体酸化剤の漏洩」だったことを特定したことを明らかにした(Engadget日本版)。 ドラゴン宇宙船はISSへの有人宇宙飛行のために開発が進められている宇宙船で、3月に無人初飛行を終え、残すは緊急脱出試験と本番の有人打ち上げのみという段階にあった。しかし、4月20日に行われた地上でのスーパードラコエンジンの燃焼試験中に大きな火災が発生、原因特定が急務となっていた(当時の報道)。 今回の発表によると、火災の原因は燃料である液体酸化剤の四酸化二窒素 (NTO) が、高圧ヘリウム管の逆止弁を通過してしまい、弁の素材であるチタンと激しく反応したことだという。同社では再発防止策として、逆止弁をラプチャーディスク (破裂板式安全装置) に変更するとしている。 本番の前に危険な問題が見つかったのは良いことであるが、一方これによりスケジュールの遅れは避けられないものとなっている。火災を起こした機体は、3月の打ち上げで回収されたもので、計画では緊急脱出試験に使われる予定であった。しかし、機体が失われたことで、2度目の試験ミッションに使われる機体が脱出試験に充てられることになる。SpaceXは年内の有人飛行はまだ可能であるとしつつも、難しさが増していると述べている(ウォール・ストリート・ジャーナル...more
カテゴリー:

シーサイドライン事故、有識者検討会が再発防止策.. - 07月19日(金)22:11 

シーサイドライン事故、有識者検討会が再発防止策とりまとめ
カテゴリー:

2歳女児衰弱死 虐待など防止へ専門家会議 再発防止策とりまとめへ 北海道札幌市 - 07月19日(金)19:15 

札幌で2歳の女の子が衰弱死した事件について検証するワーキンググループの初会合が開かれました。2019年07月19日(金) 19時15分 更新
カテゴリー:

岐阜市長、がん検診誤通知で陳謝 再発防止策を発表 - 07月19日(金)18:19 

 岐阜市主催のがん検診で、女性5人に診断結果を誤って通知し、うち1人が死亡した問題で、柴橋正直市長は19日、「亡くなられた方、ご遺族に心から哀悼の意を表します」と陳謝した。柴橋市長は来年度以降、受診者が医療機関から直接、検診結果を受け取るように改めるなどの再発防止策を発表した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「再発防止策」の画像

もっと見る

「再発防止策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる