「認知症」とは?

関連ニュース

認知症と診断したのに…男性が車運転、医師が署に届け出 - 06月16日(日)08:18 

 認知症と診断した60代後半の男性が車を運転している――。こんな情報を警察に伝え、事故発生のおそれを軽減させたとして医師の権頭聖(ごんどうきよし)さん(58)=北九州市戸畑区=に折尾署から感謝状が贈ら…
カテゴリー:

吉野ヶ里町とセブン、高齢者見守りで協定書締結 - 06月15日(土)23:00 

地域全体で高齢者を見守ろうと吉野ヶ里町は13日、セブン-イレブン・ジャパンと協定を結んだ。町内にある2店舗が、店内での接客時や商品宅配サービス時に高齢者の様子をチェックする。異変があった場合は町などに連絡し、すぐに対応できる体制をつくる。 同町は高齢化率の高まりと認知症の人の増加を背景に、行政だけでなく地域全体で高齢者を見守るまちづくりを進めている。2015年から民間事業所などと協定を結んでおり、今回が9事業所目になる。
カテゴリー:

認知症関連書籍 新刊案内 6/15 - 06月15日(土)11:42 

尊厳ある介護:「根拠あるケア」が認知症介護を変える 認知症の人の自尊感情を高める向き合い方が、本人や介護者を苦…
カテゴリー:

渋谷区、「認知症予防」に向けソニーなどと協定締結 「アイボ」などテクノロジー活用も - 06月14日(金)14:08 

「認知症予防の日」である6月14日、渋谷区は一般社団法人日本認知症予防学会(福岡県北九州市)、ソニー(港区)と認知症に関する協定を締結した。 #シブヤ経済新聞
カテゴリー:

78歳徳光和夫、みのもんたが元気ないから大使に - 06月14日(金)12:55 

フリーアナウンサー徳光和夫(78)が14日、都内で、渋谷区と日本認知症予防学会、ソニーが取り組む認知症予防に向けた活動の発表会見に認知症予防大使として出席した。 徳光は「認知症予備軍であり、78歳にしては元気。みのもんたは最近、何となく…
カテゴリー:

高齢者対策 - 06月16日(日)05:15 

「注文を間違える料理店」は認知症の人たちが接客する店だ。出てくる料理が注文と違ったり、水が二つ出てきたり。それでも「まぁいいか」と受け入れて社会での交流を広めようという取り組みである◆2年前に東京で期間限定で開かれたレストランが最初。認知症の高齢者が仕事を通して充実感を得ることの意義、周囲が間違いを受け入れ、おおらかに接することの大切さを伝えている◆認知症の患者数はどう推移するのか。
カテゴリー:

認知症啓発 旧遷喬小がオレンジに 真庭市の協議会が初ライトアップ - 06月15日(土)14:24 

 認知症サポーター養成に携わる「真庭市認知症キャラバン・メイト連絡協議会」は、認知症の人が安心して暮らせる地域づくりへの願いを込め、国重要文化財・旧遷喬尋常小(同市鍋屋)を国の認知症対策(オレンジプラ...
カテゴリー:

緻密な議論が必要だ - 06月15日(土)05:15 

70代の発症を10年間で1歳遅らせる。政府は認知症対策の新大綱にそんな「数値目標」を盛り込もうとして、取り下げた。新たな偏見につながるとする反対意見に配慮してのことだという。 もっとも「参考値」としては残す。運動など発症を遅らせる可能性が示唆される取り組みを推進し、その結果として70代の発症を10年間で1歳遅らせることを目指す、ということだそうだ。 取り下げた理由も参考値として残す意味合いも、実に不可解だ。偏見を避けたいなら誤解を解けばいいだけだ。
カテゴリー:

認知症予防の日、認知症予防を自治体と共に普及へ - 06月14日(金)13:12 

[ベスプラ] ■背景 「脳にいいアプリ」は、2017年2月にリリースして以来、認知機能テストを含め約100,000人以上にサービスを提供し、ユーザーの96%に脳の灰白質が増加する効果が得られるまで、研究開発を進めて参りました。20...
カテゴリー:

山口先生コラム「やさしい家族信託」第5回:大変.. - 06月14日(金)11:39 

山口先生コラム「やさしい家族信託」第5回:大変、お母さんが認知症!?「遺産」が使えなくならないように、元気なお父さんに今すぐしてもらいたいこと
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「認知症」の画像

もっと見る

「認知症」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる