「リスク」とは?

関連ニュース

安心できる在宅勤務のヒント(後編)端末やブラウザ、VPNを把握すべし - 07月03日(金)06:45 

在宅勤務を含めたテレワーク中のリスクを軽減することを支援するため、従業員やIT担当者ができるヒントを前編と後編に分けて説明する。後編では、IT担当者が会社の財産や顧客のセキュリティ、プライバシーを保護するためにするべきことを紹介する。
カテゴリー:

身の回りの問題で、医学の対象でなかったものが診.. - 07月03日(金)05:15 

身の回りの問題で、医学の対象でなかったものが診断・治療されるようになることを指す「医療化」。そのリスクについて、聖路加国際大の中山和弘教授が解説しています。 #医療プレミア #毎日新聞
カテゴリー:

サイバーリスクを無料診断 MS&AD、中小向けサービス開始 - 07月03日(金)05:00 

 サイバー攻撃を受けるリスクを中小企業が無料で診断できるサービスを、MS&ADホールディングスが始めた。グループの三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険のホームページに質問を掲載し、回答すると危険度を点数で評価する。
カテゴリー:

あまりにも不可解。新型コロナ専門家会議「廃止」発表のウラ事情 - 07月03日(金)04:45 

7月2日、新型コロナウイルスの新規感染者数が107人となった東京都。本格的な第2波到来の前に万全の体制を構築することが求められますが、果たして現政権に期待はできるのでしょうか。その判断の一助となりうる、新型コロナ専門家会議の突然の解散発表の裏側に迫るのは、元全国紙社会部記者の新 恭さん。新さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』にそのドタバタ劇を改めて記すとともに、新たに創設される分科会に対しての厳しい「助言」を記しています。 新型コロナ専門家会議の廃止、その背後で何があったのか 「アベノマスク」といい、「Go To キャンペーン」といい、安倍政権の繰り出す新型コロナ対策には、いつもズッコケさせられる。 たぶん、合理的ではないからだろう。そういうものに巨額の税金を注ぎ込み、その割には、肝心の検査体制拡充に向ける予算が乏しい。徐々に経済活動を元へ戻していきたいというのに、空港での入国者むけPCR検査がすでにキャパシティ限界に近いという。 そんななか、新型コロナ対策専門家会議の廃止が発表された。しかもそれが、まるで西村康稔経済再生担当大臣の独断で決まったかのような記事があったのには驚いた。 西村康稔経済再生担当相が新型コロナウイルスに関する政府専門家会議を廃止すると表明したのに対し、26日の政府・与野党連絡協議会で与野党双方から「唐突だ」などの批判が相次いだ。与党にも根回しを...more
カテゴリー:

アロプリノールはCKDの進行を抑制するか?/NEJM - 07月03日(金)04:00 

 進行リスクが高い慢性腎臓病(CKD)患者において、アロプリノールによる尿酸低下療法はプラセボと比較し、推定糸球体濾過量(eGFR)の低下を遅らせることはなかった。オーストラリア・St. George HospitalのSunil…
カテゴリー:

#新型コロナウイルス肺炎 「緊急事態宣言」よりも.. - 07月03日(金)05:30 

#新型コロナウイルス肺炎 「緊急事態宣言」よりも、やっぱり地域によってリスクを分析して、低・中・高ぐらいに分類して、中・高エリアは徹底的に隔離と必要な検査をしないとコントロールはなかなか難しいと思います。日本もまだまだ低リスクエリアが多いわけですから、影響を受けないようにしないと。
カテゴリー:

感染事業所に慰労金 職員1人最大で20万円 厚労省・介護サービス対象 - 07月03日(金)05:01 

 厚生労働省は、介護サービス事業所・施設などに勤務する職員に対する慰労金支給事業を開始した(令和2年度第2次補正予算4132億円)。  介護サービスは、新型コロナウイルス感染による重症化リスクが高い高齢者との接触を伴い、最大限の感染症対策を継続的に行う必要があるため、新たな支援制度を導入した。  導入したのは……[続きを読む]
カテゴリー:

決壊すれば被災者4億人か。中国「三峡ダム」が抱える欠陥リスク - 07月03日(金)05:00 

記録的な豪雨が続き多数の河川の氾濫に見舞われている中国ですが、世界最大の水力発電ダムである「三峡ダム」の決壊という、さらなる危機の到来が人民たちの間で囁かれています。中国が国家の威信をかけて作り上げたダムが破れるようなことは、果たしてあり得るのでしょうか。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では台湾出身の評論家・黄文雄さんが、中国人専門家が指摘した欠陥等を紹介しつつ、三峡ダム決壊の可能性を考察しています。 【中国】三峡ダム「決壊」が招く中国分裂 ● 長江大洪水、流域住民が恐怖におののく三峡ダム決壊 中国の水害が深刻です。日本のメディアではあまり報道されていませんが、一部報道によれば、中国当局が80年に一度の大洪水との警告を出すほどの被害です。以下、報道を一部引用します。 中国メディアの報道によると、6月16日以降、中国南部、中部と西南部で豪雨が24時間にわたって継続的に降り続いた。17日、四川省の丹巴県内の13カ所以上で土砂崩れや地すべりが確認された。県内の発電量2,000キロワットの梅龍発電所と発電量3,200キロワットの阿娘溝発電所が、土石流によって崩壊し、一部の村が飲み込まれた。梅龍発電所の地元である梅龍溝では、大規模な堰止湖が発生した。中国メディア『天気網』によると、堰止湖の容量は1,234万立法メートルだ。   中国国内ネット上で...more
カテゴリー:

緑茶・コーヒー・アルコールと乳がんリスク~日本人女性 - 07月03日(金)04:00 

 日本の全国多施設前向きコホート研究であるJapan Collaborative Cohort Study for Evaluation of Cancer Risk(JACC)Studyにおいて、緑茶・コーヒー・アルコールと乳がんリスクの関連を調べた結果、アルコール摂…
カテゴリー:

レンデックスの評判は?メリット・デメリットをわかりやすく解説 - 07月02日(木)23:51 

数ある資産運用方法の中でも、利回りが高めで手間がかからないということで投資家が増えているのが「ソーシャルレンディング」です。ソーシャルレンディングは案件ごとに投資家から資金を集め、事業者や個人に貸し付ける仕組みで、海外では資金調達方法の一つとして普及しています。 なかでも不動産案件のソーシャルレンディングは、短期で投資できる案件や担保がついているケースも多いため、初心者から人気があります。国内の不動産ソーシャルレンディングの中で、中堅サービスとして利用者や投資額を伸ばしてきているのが「レンデックス(LENDEX)」です。この記事ではレンデックスの特徴やメリット・デメリットのほか、評判・口コミ、口座開設の流れについて詳しくご紹介します。ソーシャルレンディングや小口の不動産投資に興味のある方は参考にしてみてください。 目次 レンデックスとは?特徴・メリット 1-1.担保もしくは保証付きの案件が多い 1-2.高い利回り・1年以内の短期投資中心 1-3.2万円からの小口投資が可能 1-4.口座開設・維持手数料、払い戻し手数料などの手数料が無料 レンデックスのデメリット・注意点 2-1.案件数・実績が少ない 2-2.担保があっても元本割れリスクはゼロではない レンデックスの評判・口コミ レンデックスの口座開設までの流れ 4-1.口座開設に必要なもの 4-2.口座開設の流れ まとめ 1 レ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リスク」の画像

もっと見る

「リスク」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる