「東日本」とは?

関連ニュース

東京オリ・パラ「ビクトリーブーケ」披露 - 11月12日(火)21:01 

 来年の東京オリンピック・パラリンピックでメダリストに授与される「ビクトリーブーケ」が12日、披露されました。ブーケには東日本大震災の被災地で育った花も使われています。  「ビクトリーブーケ」は、オリンピック・パラリンピックの表彰式でメダリストに副賞として授与される花です。  1984年のロサンゼルス大会から用意されてきましたが、2014年のソチ大会以降は、ぬいぐるみなどに代わっていて、今回、3大会ぶりに復活することになりました。  東日本大震災の被災地、福島県産のトルコギキョウやナルコラン、宮城県のヒマワリとバラ、岩手産のリンドウなどが使われ、明るい色を基調とした華やかなブーケに仕上がりました。(12日18:54)
カテゴリー:

「いつになったら自宅に住めるのか」台風19号上陸から1カ月 復旧進まぬ被災地 - 11月12日(火)20:33 

 台風19号の上陸から12日で1カ月。被害を受けた東日本各地は、21号の影響による大雨にも見舞われた。自宅や畑は泥に覆われ、復旧が進んでいない地区もある。【伊澤拓也、渡部直樹、堀智行、上遠野健一】
カテゴリー:

「Suica なぜ使えない?」に反響続々 - 11月12日(火)19:49 

JR東日本のICカード「Suica(スイカ)」が県内在来線で使えないことを報じた「青森県在来線 Suica なぜ使えない?」に、さまざまな声が寄せられた。「残念」「早く使えるようにして」といった利用希望が目立つ一方、「コストに見合わないのだから導入しないのは当然」「無い物ねだり」と手厳しい意見もあった。その中に「クラウド版Suicaを開発中のようで、今後に期待」とのインターネット上の書き込みも。クラウド版? 導入時期は? 再びJR東日本に聞いたが、現在開発中の技術であり、現時点では見通せない-…
カテゴリー:

副賞の「ビクトリーブーケ」は被災地産の花中心で 東京五輪・パラも - 11月12日(火)18:58 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、大会のメダリストに副賞として贈られる「ビクトリーブーケ」のデザインを発表した。五輪用はヒマワリ、パラリンピック用はバラと宮城県産の花を使用。ともに福島県産のトルコギキョウ、岩手県産のリンドウなど、東日本大震災の被災地で育てられた花を中心に作成された。
カテゴリー:

11月12日 17時配信 現在、平常運転しています。#J.. - 11月12日(火)17:00 

11月12日 17時配信 現在、平常運転しています。#JR東日本 #JREAST
カテゴリー:

新しい記事『JR東日本・東海・西日本、「Japanese.. - 11月12日(火)21:00 

新しい記事『JR東日本・東海・西日本、「Japanese Beauty Hokuriku」キャンペーン実施』を投稿しました。
カテゴリー:

台風19号上陸から1カ月、21号と合わせ死者95人 2460人が避難生活 - 11月12日(火)19:52 

 東日本を中心に甚大な被害をもたらした台風19号の上陸から12日で1カ月となった。内閣府などのまとめによると、12日時点の死者は、21号と合わせて13都県で95人(12日時点、災害関連死を含む)で、依然5人が行方不明のままだ。記録的な大雨は河川の氾濫や堤防決壊を引き起こし、8万棟以上の住宅に被害を及ぼし、そこに暮らす人々の生活を壊した。今もなお2460人が避難生活を送る。
カテゴリー:

東京五輪・パラリンピックのブーケ公表 東日本大震災被災3県の花を使用 - 11月12日(火)19:15 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、表彰式でメダリストに贈られる花束「ビクトリーブーケ」を公表した。花は主に東日本大震災で被害の大きかった東北3県産を使用。ブーケは五輪がヒマワリ、パラリンピックはバラをメインに明るく元気な色調となっている。組織委は「復興の進展を表すシンボルにもな
カテゴリー:

東京五輪とパラのブーケデザイン発表 被災県花使用 - 11月12日(火)18:39 

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、メダリストに授与する副賞のビクトリーブーケのデザインを発表した。 ブーケは明るい色を基調としたもの。復興の進展を表すシンボルにと、東日本大震災の被災県で育てられた花を中心に使用する。…
カテゴリー:

~台風19号の災害支援・今週はりんごサテライトへ~ サイエントロジー国際ボランティアが泥かきや災害廃棄物等の運搬の活動を継続支援! - 11月12日(火)17:00 

これまでも9.11同時多発テロや、スマトラ沖地震、ハイチ地震、東日本大震災や西日本大豪雨災害など多くの現場で被災者を助けてきた国際サイエントロジー・ボランティアが11月9日~11日にかけて台風19号で甚大な被害を受けたりんごサテライトのある長野市穂保地区に人員を派遣し、災害廃棄物となった箱の処理や泥かきを行うなど支援活動を行いました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「東日本」の画像

もっと見る

「東日本」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる