「東日本」とは?

関連ニュース

震災遺構、内部見学に向け改修へ 岩手・陸前高田の2施設 - 12月11日(火)12:33 

 岩手県と同県陸前高田市は11日、東日本大震災で津波被害を受け、震災遺構として保存されている2施設を内部見学できるよう改修する方針を固めた。震災の脅威を後世に伝える必要があると判断した。2021年度の公開を目指す。
カテゴリー:

東日本大震災から7年9カ月 行方不明者の捜索 - 12月11日(火)12:06 

東日本大震災から7年9カ月 行方不明者の捜索
カテゴリー:

永原・松本組「最も成長」/世界バド連盟選出 - 12月11日(火)11:55 

世界バドミントン連盟(BWF)は10日、中国の広州で今季の表彰選手を発表し、女子ダブルスで8月の世界選手権を制した永原和可那=青森山田出、松本麻佑組(北都銀行)が「最も成長した選手」に選ばれた。昨年の福島由紀=青森山田出、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)に続く受賞。(広州共同) 年間最優秀選手の候補だった男子の世界選手権シングルス王者、桃田賢斗(NTT東日本)と、女子の福島、広田組は受賞を逃した。パラ部門で女子年間最優秀選手候補だった山崎悠麻(NTT都市開発)も選出されなかった。 
カテゴリー:

南三陸×大正大学 復興応援マルシェ 「NECネッツエスアイ第15回企業マルシェ」に 大正大学学生が出展 - 12月11日(火)11:00 

20181211 大正大学 南三陸×大正大学「NECネッツエスアイ第15回企業マルシェ」に大正大学学生が出展 大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区)は、一般社団法人南三陸町観光協会と連携し、2018年12月13日に「NECネッツエスアイ第15回企業マルシェ」(飯田橋ファーストタワー1階)で、南三陸の特産品を販売するブースを出展します。企業マルシェ(物産展)は、NECネッツエスアイが2013年3月から東日本大震災被災地応援活動として実施しており、近年全国各地において自然災害による被害が出ていることや東日本大震災の記憶が風化していることを受け、名称を「復興応援マルシェ~知る支援・続ける応援~」と変更し、地域住民の方やNECネッツエスアイの社員をはじめ、来場者に楽しんでいただけるイベントとすることを目的に開催されています。今回は、岩手県・宮城県・福島県のほか、北海道の特産品の販売も予定されています。■復旧・復興支援から始まった南三陸町との縁大正大学は震災直後の2011年4月、南三陸町で教職員学生らがボランティア活動をおこなったことをきっかけに、今日まで南三陸町と強いつながりを持ち続けています。2013年には一般社団法人南三陸研修センターと、宿泊研修施設「南三陸まなびの里 いりやど」を設立し、大正大学エリアキャンパスを創設しました。それ以来、数多くの学生が南三陸を舞台に研鑽を積ん...more
カテゴリー:

月命日合わせ不明者捜索 東日本大震災7年9カ月で3県警 - 12月11日(火)10:27 

 東日本大震災の発生から7年9カ月を迎えた11日、宮城、福島の両県警は月命日に合わせ、津波で大きな被害に遭った沿岸部で行方不明者の手掛かりを求めて捜索した。岩手県警は午後に実施。
カテゴリー:

東日本大震災から7年9か月 ことし最後の月命日で墓参 - 12月11日(火)12:19 

東日本大震災から11日で7年9か月です。被災地の岩手県陸前高田市にある寺では、家族を亡くした人たちがことし最後の月命日に墓前で手を合わせる姿が見られました。
カテゴリー:

JR東日本、新幹線車内でコンテンツ配信サービスの実証実験を実施 来年1月から - 12月11日(火)11:56 

JR東日本は、東北・北海道・秋田・上越・北陸の各新幹線車内で、書籍・漫画・雑誌・動画などのコンテンツを配信するサービス「noricon(ノリコン)」の実証実験を、2019年1月21日から3月28日まで実施する。 実証実験機関中、東北・北海道・秋田・上越・北陸の各新幹線車内で、無料公衆無線LANサービス「JR-EAST FREE Wi-Fi」を用いて、書籍・漫画・雑誌・動画などさまざまなコンテンツを、無料かつ会員登録不要で配信する。 対象車両は、東北・北海道新幹線のE5系、秋田新幹線のE6系、上越新幹線と北陸新幹線のE7系のうち、無料公衆無線LANサービス「JR-EAST FREE Wi-Fi」を提供している車両。携帯電話の電波を使用したサービスとなるため、一部トンネル内や山間部では利用できないことがある。 投稿 JR東日本、新幹線車内でコンテンツ配信サービスの実証実験を実施 来年1月から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

震災遺構、内部見学に向け改修へ 岩手・陸前高田の2施設 - 12月11日(火)11:51 

岩手県と同県陸前高田市は11日、東日本大震災で津波被害を受け、震災遺構として保存されている2施設を内部見学できるよ...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

マイステイズ鹿児島天文館『薩摩モダン』コンセプト Nikanbashi Burger Bar 12/12(水)リニューアルオープン - 12月11日(火)11:00 

2018年12月11日 ㈱マイステイズ・ホテル・マネジメント ホテルマイステイズ鹿児島天文館『薩摩モダン』をデザインコンセプトに12/12(水)リニューアルオープングリル&バーガー、鹿児島&世界のクラフトビールを楽しめるレストラン「Nikanbashi Burger Bar」 ホテルマイステイズ鹿児島天文館(鹿児島市山之口町2-7)直営レストランが『薩摩モダン』をコンセプトにデザインされた店内でオリジナルバーガーやグリルとクラフトビールを楽しめる「Nikanbashi Burger Bar」として12月12日(水)ディナータイムよりニューアルオープンします。鎌倉時代から江戸まで続いた島津氏の領国であった南九州は大陸伝来の文化や外国人が行き交う土地柄で、島津藩では優秀な人材を身分や藩を超えて登用したと伝わっています。店名の由来となる「二官橋(にかんばし)」は中国から鹿児島に逃れ島津家に仕えていた沈一貫(ちん・いっかん)という人物が名付けた名前です。一貫は名医となり鹿児島の地に貢献したことで有名になり、住んでいた近くにかかる橋は一貫橋・二貫橋・三貫橋と名付けられました。その後、貫が官となり現代に至ります。海外諸国との異文化交流地としての「鹿児島、薩摩の天文館」にちなみ、南九州の観光拠点としてその魅力を発信し、地元に貢献できるよう新しい店名に「Nikanbashi」を使用しました。明治維...more
カテゴリー:

「理想の働き方」検討 ミレニアル世代集う 異業種8社新組織結成 - 12月11日(火)10:21 

 日本マイクロソフト㈱(MS社)など8社が業種の垣根を越えて連携し、2020年に向けた理想の働き方を考える活動を来年1月から始める。各社から1980年代半ば以降に生まれた「ミレニアル世代」が参集し、来年末に提言をまとめる。 「MINDS」と命名された異業種連携組織はMS社のほか、味の素㈱、カブドットコム証券㈱、㈱電通デジタル、日本航空㈱、パナソニック㈱コネクティッドソリューションズ社、東日本旅客鉄……[続きを読む]
カテゴリー:

もっと見る

「東日本」の画像

もっと見る

「東日本」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる