「被災地」とは?

関連ニュース

ボランティア宿泊拠点、初日に42人 8時間の活動確保で復旧急ぐ - 02月26日(月)21:08 

 能登半島地震の被災地で片付けなどを手伝うボランティア向けの宿泊拠点が石川県穴水町に完成し、26日に運用が始まった。初日は42人が同県珠洲市と穴水町で活動後に宿泊し、翌日も朝から活動する。半島北部の「…
カテゴリー:

石川県 被災地のボランティア宿泊拠点を穴水町に設置 運用開始 - 02月26日(月)19:06 

石川県は能登半島地震の被災地で活動してもらうボランティアの宿泊拠点を穴水町に設け、26日から運用を始めました。
カテゴリー:

杉良太郎、伍代夏子、被災地で炊き出しをしてしまう - 02月26日(月)17:19  poverty

歌手で俳優の杉良太郎さんと歌手の伍代夏子さん夫婦が、能登半島地震で被害を受けた石川県七尾市を訪れ、被災した人たちに、うどんなどの炊き出しを行いました。 26日は、杉良太郎さんと伍代夏子さん夫婦や、レコード会社の社員など、およそ20人が、七尾市能登島の漁港と避難所を訪れました。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240226/k10014371181000.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

福島差別に繋がる画像、別の米大手サイトでも…処理水で魚が汚染と説明書きに記載 - 02月26日(月)15:20  newsplus

インターネット上で画像の売買ができる「オンライン画像マーケットサイト」に、福島への差別や偏見を助長するイメージ画像が出回っている問題で、米ストックフォト大手「Shutterstock(シャッターストック)」のサイトでも同種の画像が表示されることがわかった。 ハフポスト日本版がこれまで確認した他の2サイトと同様、「Fukushima」などと検索すると、海や魚に放射能標識を重ねたような画像が出てくる。 【中略】 本来、「Fukushima」は単なる地名の英語表記だが、「原発事故由来の」という別の意味を持たされている様子がうかが...
»続きを読む
カテゴリー:

「被災者に温かい食べ物を」 4中学が募金、40万円寄付 滋賀 - 02月26日(月)13:00 

 1月に発生した能登半島地震の被災地支援のため、滋賀県守山市立の4中学校の生徒が校内外で行った募金活動で寄せられた総額40万2198円が22日、日本赤十字社守山市地区長を務める森中高史市長に手渡された。
カテゴリー:

被災の穴水にボランティア宿泊施設 石川県開設、活動時間確保へ - 02月26日(月)19:58 

 能登半島地震の被災地で一般ボランティアの活動時間を長く確保しようと、石川県は26日、県北部の穴水町に約100人が滞在できる宿泊施設を開設した。施設は廃校になった公立中学校を活用し、甚大な被害が出ている珠洲市と同町で活動する参加者に1泊2日で利用してもらう方針だ。
カテゴリー:

「恩返しの気持ち」ミャンマー人グループが能登でボランティア。難民として日本に逃れてきた人たちも - 02月26日(月)17:30 

【あわせて読みたい】在日外国人による能登半島地震被災地への募金活動広がる。「私たちも少しでも力に」と街頭募金在日ミャンマー人グループが2月25日、能登半島地震で被害を受けた石川県七尾市でボランティア活動をした。東京から石川入りした44人は、避難生活を続ける高齢者らの被災家屋の片付けなどを手伝った。ミャンマーから日本へ逃れてきた、難民の背景を持つ人々も参加した。2011年に発生した東日本大震災の被災地でボランティアをした人たちも複数参加し、当時の経験を活かして活動した。七尾市でボランティアにあたる在日ミャンマー人のグループ被災家屋の片付けを手伝い今回、ボランティアの中心となったのは、日本で暮らすミャンマー人が抱える問題に取り組むNPO法人「PEACE」と、少数民族の団体「在日ビルマ連邦少数民族協議会(AUN)」。能登半島地震発生直後から現地で活動する、被災地NGO協働センターと連携して企画した。特に今、人手が足りておらず、高齢の被災者らからのニーズが高かった家屋の片付けを手伝った。地震発生からまもなく2カ月が経とうとしているが、高齢者が多い地域では、物が散乱した自宅を片付けられずにいる人たちがたくさんいる。ボランティアたちは、使えなくなった家具を運び出し、散乱した物の整理や片付けも行った。44人は24日夜にマイクロバスなどに分乗して東京を出発。翌日25日の日中に七尾市でボランティアを...more
カテゴリー:

杉良太郎さん 伍代夏子さん夫婦ら 被災地で炊き出し 石川 七尾 - 02月26日(月)16:51 

歌手で俳優の杉良太郎さんと歌手の伍代夏子さん夫婦が、能登半島地震で被害を受けた石川県七尾市を訪れ、被災した人たちに、うどんなどの炊き出しを行いました。
カテゴリー:

隣家緊急解体 輪島副市長に批判 - 02月26日(月)13:05 

能登半島地震の被災地では二次被害のおそれのある建物を自治体が公費で解体する緊急解体が進んでいる。このうち、輪島市では副市長が自宅側に傾いていた隣の家の撤去申請を...
カテゴリー:

「被災者の心身のつらさに衝撃」 石川に派遣看護師、支援経験を報告 - 02月26日(月)11:30 

 1月に発生した能登半島地震の被災者支援に派遣された兵庫県宝塚市立病院の看護師、向井楓(かえで)さん(29)が取材に応じ、避難所で生活する人たちの健康維持を担当した経験を語った。薬も十分に備えられていない環境の中、災害で心に傷を抱えた被災者への支援は想像以上に困難で「被災地という通常の看護が難しい世
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる