「専門家」とは?

関連ニュース

専門家「2040年になると、中国は日本より豊かになり、日本人は中国に出稼ぎに行くようになります」 - 08月18日(日)21:42  poverty

中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 現代ビジネス 野口 悠紀雄早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問一橋大学名誉教授 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66523 中国と日本の豊かさ(1人当たりGDP)の差は、急速に縮まっている。 この傾向は将来も続く。したがって、どこかの時点で中国は日本より豊か国になる。 これは、日本と中国との関係が現在のそれとは質的に全く異なるものになることを意味する。それは、さまざまな面で、日本人にとって受け入れが...
»続きを読む
カテゴリー:

家の中にいるクモを殺さない方がいい理由とは? - 08月18日(日)18:00 

クモはいつの間にか家の中に入り込み、戸棚の隅や天井の角などに巣を作っているもの。「朝のクモは殺すな、夜のクモは殺せ」などということわざを聞いたことがある人も多いはずですが、「家の中にいるクモは殺さない方がいい」と、専門家が主張しています。
カテゴリー:

あいちトリエンナーレ問題、津田氏の弁解に専門家が疑問 「出展拒否で事前“検閲”発生」釈明は「的外れ」 - 08月18日(日)10:00 

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の余波が収まらない。昭和天皇の写真をバーナーで焼いて灰を踏み付けるような映像作品や、「慰安婦像」として知られる少女像などがあった企画展をめぐり、芸術監督でありジャーナリストの津田大介氏は、自ら出品を拒否すれば「事前“検閲”が発生」したことになると釈明した。この説明に対し、専門家から疑問が投げかけられた。
カテゴリー:

Googleがモバイル学習アプリSocraticを買収してiOS版を再提供 - 08月18日(日)09:00 

Google(グーグル)は先週の発表の中で、宿題ヘルパーアプリSocratic(ソクラティック)の買収を公表しし、アプリに対する同社のAIテクノロジーの追加サポートと、iOSでの再提供について詳しく説明した。買収はどうやら水面下で行われていたもので、Googleによればアプリの買収自体は昨年だったという。 創業者の1人のLinkedInアップデートによれば、それは2018年3月のことだった。Googleは買収の詳細に関する質問にはコメントを拒否した。 Socraticは、すべての生徒が学習できるようにするコミュニティを作成することを目標に、2013年にChris Pedregal(クリス・ペドレガル)氏とShreyans Bhansali(シュレヤン・バンザリ)氏によって創業された。 当初このアプリは、Quoraに似たQ&Aプラットフォームを提供し、生徒たちの質問に専門家たちが答えていた。SocraticがシリーズAで600万ドルを調達した2015年の時点では、そのコミュニティは約50万人の生徒を抱えるまでに成長していた。その後同社は、ユーザー同士のつながりよりも、実用性に置くようになった。 2015年に提供が開始されたモバイルアプリでは、簡単な説明を得ることができるように宿題の写真を撮る機能が提供された。これは、Photomath、Mathway、DoYourMathとい...more
カテゴリー:

専門家「通常 麦わら帽子は2、3年で劣化する。航海で潮風に晒されているなら尚更」 - 08月18日(日)07:06  livejupiter

ワンピースの作者だんまりで草 ...
»続きを読む
カテゴリー:

昭和天皇 拝謁記 旧軍否定も再軍備や憲法改正に言及 - 08月18日(日)19:09 

昭和天皇との対話を記した初代宮内庁長官の「拝謁記」に、独立回復後の安全保障が現実的な課題となる中で、昭和天皇が戦前のような軍隊を否定しつつも、再軍備やそれに伴う憲法改正の必要性にたびたび言及し、総理大臣に伝えないよう長官にいさめられる様子が記されていました。分析にあたった専門家は「昭和天皇が改憲や再軍備に言及していたことは新たな発見だが、自衛隊的なものを作ることを憲法上認めるというものであり戦前の軍隊を再現する気が全くないということは押さえておかなければならない」としています。
カテゴリー:

遺言書が楽に!? 介護で遺産が!? 約40年ぶりの相続法改正、何がどう変わった? - 08月18日(日)12:32 

相続の基本的なルールが定められた「相続法」が、約40年ぶりに大きく改正となり、一部の規定を除き2019年7月1日から施行されました。社会の少子高齢化にともない、配偶者に先立たれた高齢者の生活の保障や、相続をめぐるトラブル防止のための新たなルールを設けた今回の改定。何がどう変わった?毎回、専門家が役に立つ生活情報を提供する「なないろ日和!」(毎週月~木 午前9時26分~放送中)から、今回は相続実務士の曽根惠子さんが相続法改正のポイントを分かりやすく解説。以前とはどこが変わったのか、実際にどのように活用すればいいのか、また相続でもめないための方法も教えてもらいました。夫が亡くなっても妻が家に住み続けることができる「配偶者の居住権を保護するための方策」として、「配偶者居住権」が新設されます。(2020年7月より)「配偶者居住権とは、残された配偶者が自宅を相続しなくても使用できる権利。例えば、お父さんが亡くなった場合、お母さんはずっと家に住み続けることができます」(曽根さん、以下同)【ここが変わった!】「これまでは所有権しかなかったので、夫が亡くなると妻は子供との遺産の分配で家を売らなければならなかったり、または家を相続すると現金の取り分が少なくなるケースがありました。今は老後が長いので、家はあってもお金がないと不安になりますよね。配偶者居住権により、例えば、所有権を子供に渡して、妻は家に...more
カテゴリー:

AIで本物そっくりの偽動画が簡単に作成できる懸念 - 08月18日(日)09:40  news

AIで本物そっくりの偽動画が簡単に作成できる懸念 人工知能(AI)への注目度が高まっています。AIがもたらす技術革新や経済効果に関心が寄せられる半面、悪用への懸念も増しています。 サイバーセキュリティー専門家、松原実穂子さんの報告です。【毎日新聞経済プレミア】  AIが世界経済に与える波及効果は2030年までに13兆ドル(1405兆円)に及ぶと、国際コンサルティング企業のマッキンゼーは昨年時点で予測した。 世界の国内総生産(GDP)を毎年1.2%押し上げる効果が見込まれるという。  だが、AI悪用への懸念も増してい...
»続きを読む
カテゴリー:

「株価が下がるとワクワクする」!? インデックス投信積み立てで資産を増やす投資家がそう語る理由とは? - 08月18日(日)08:32 

 投資信託というと、ビギナー向けというイメージが強いが、実は堅実投資から夢の一攫千金まで、バリエーション豊かな投資が可能だ。知られざる投信の魅力について、専門家や個人投資家に取材した! 積み立て型・資金ゼロからのほったら […]
カテゴリー:

【ドイツ】動物園「悲しいお知らせ」雌ライオンが生まれたての子2頭を食べる 病気で動きが赤ちゃんらしくないと食べることも - 08月18日(日)00:17  newsplus

雌ライオンが生まれたての子2頭を食べる ドイツの動物園「悲しいお知らせ」 ライプツィヒ動物園は8月6日、この悲劇的な事実をFacebookで発表した。 ハフポスト日本版編集部 2019年08月17日 16時44分 JST https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d57a6a7e4b0d8840ff37e44 ドイツの動物園が生まれたての子ライオン2頭の死を悼んでいる。死んだ原因は、雌ライオンが食べてしまったことだという。 ライプツィヒ動物園は8月6日、この悲劇的な事実をFacebookで発表した。 https://www.facebook.com/ZooLeipzig/photos/a.1...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「専門家」の画像

もっと見る

「専門家」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる