「電気自動車」とは?

関連ニュース

ロシア警察に逮捕された起業家男性が壮絶な拷問を受け獄中死したけど自殺として処理 - 04月19日(金)20:49  poverty

ロシアの留置施設で2月、詐欺・横領の疑いで逮捕され勾留中の起業家の男性が首をつって 死んでいるのが見つかった。当初は自殺として処理されたが、遺族は自殺ではなく、持病の心臓病の 治療を受けられなかったための病死だと主張。しかし、実態はさらにおぞましいものだった。司法解剖の 結果、男性の遺体から「電気ショックによるやけど、性的暴行、骨折した背骨、体中のナイフの切り傷」 の痕跡が次々と見つかり、死因は頸部の外傷と首を絞められたことによる窒息死であることが分かったからだ。   男性はロシア第2の都市...
»続きを読む
カテゴリー:

「ガシャポン」までキャッシュレス、Suica対応で初稼働 - 04月19日(金)15:04 

丸いカプセルに入ったおもちゃ、カプセルトイ。その販売マシンがキャッシュレス化しました。バンダイが、交通系電子マネーに対応した「スマートガシャポン」の1号機をJR池袋駅に設置しています。一般的なカプセルトイの販売機は、コインを入れてハンドルを回して商品を出すものですが、「スマートガシャポン」では現金は使えません。スマートガシャポンは5台分のガシャポンが一体化した販売機(上の写真が1セットです)。上側中央の支払機にはタッチパネルが搭載されており、そこで商品を選択。支払いはSuicaなどの交通系電子マネーを使います。支払いが済んだら、選んだ商品に対応するガシャポンのハンドルを回すと、商品がコロッと出てきます。最後のハンドルを回す操作は、一般的なガシャポンと同じですね。 ガシャポンが電源ナシで稼働するのに対し、スマートガシャポンはタッチパネルやLTEモジュールを内蔵しており、設置には電源が必要となります。決済機能ではFeliCaの読み取り機以外にバーコードリーダーも備えており、コード決済にも対応予定としています。一方、キャッシュレスならではのメリットとして、100円単位ではない弾力的な料金設定が可能になります。さらに抽選ゲームのようなおまけ要素も提供できるようになりました。さらにスマートガシャポンでは、リアルタイムの販売情報データの取得にも対応。バンダイはそれを活用し、在庫情報を...more
カテゴリー:

テスラCEOのツイート巡るSEC訴訟、今月25日まで和解協議延長 - 04月19日(金)07:58 

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がツイートを巡って米証券取引委員会(SEC)から訴えられた問題で、ニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁は18日、今月25日まで和解協議を延長する双方の申し立てを認める決定を下した。
カテゴリー:

大型SUVのEV投入へ! VW、コンセプトカー「ID. ROOMZZ」を披露 - 04月18日(木)18:00 

フォルクスワーゲン(VW)は電気自動車ID.シリーズを今後展開していくことを明らかにしているが、上海モーターショー2019が4 月16日に開幕するのに先駆けて大型SUVのコンセプトカー「ID. ROOMZZ」を披露した。 コンセプトでは座席数は4つとなっていたが、ゆったりした空間なので座席数を増やして大型ファミリーカーとして使うことができそうだ。2021年の発売を予定している。 ・自動運転レベル4 ROOMZZはレベル4の自動運転機能を搭載している。出力は225kW(302馬力)で、6.6秒で時速100キロに至る加速性能を備える。 バッテリーは820kWhで、航続距離はWLTP基準で450キロとなっている。DC急速充電(150kW)を使えば30分でバッテリーの80%を充電できるという。 ・空気清浄機能を搭載 車内をみると、太めのハンドルがあり、その横に大きなディスプレイが据えられていて、さながら飛行機のコックピットのようだ。写真では確認できないが、HUDも搭載されるとのこと。 また、他のモデルには見られない機能として、CleanAirフィルターシステムを搭載する。これは、大気汚染で車外の空気の質が良くない場合に空気を浄化する。 モーターショー開催地の上海を含め、中国では大気汚染が近年深刻な社会問題になっているだけに、この機能は中国の消費者にアピールできそうだ。 VWはID.シリーズ...more
カテゴリー:

【車】スズキ、ジムニーが「ワールドアーバンカー」受賞 日本車メーカーで初 [ワールド・カー・アワーズ] - 04月18日(木)08:48  newsplus

世界各国の自動車評論家らが優れた車を選ぶ2019年の「ワールド・カー・アワーズ」が17日、ニューヨーク国際自動車ショーの会場で発表され、スズキの「ジムニー」が小型車向けの「ワールドアーバンカー」を受賞した。 17年に新設された部門で、日本車メーカーが受賞したのは初めて。主催団体の幹部は「審査員は、ジムニーはニューヨークのような混み合う都市の通りにぴったりだと結論づけた」と述べた。 最優秀賞「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」は、英ジャガー・ランドローバーの高級電気自動車(EV)「ジャガーI-PACE(アイペ...
»続きを読む
カテゴリー:

フォルクスワーゲン、ブロックチェーンで希少金属コバルト追跡へ IBMと提携 - 04月19日(金)16:17 

独自動車大手フォルクスワーゲンは、IBMと提携し、同社のブロックチェーン技術を利用して、電気自動車用のリチウムイオン電池に使用される希少金属(レアメタル)のコバルトを追跡する。同社が4月18日に発表した。
カテゴリー:

創業125周年記念スペイン・ボックスカートレースに参加!協賛を募集開始 - 04月19日(金)10:00 

竹虎(株)山岸竹材店は、皆様のお陰で今年創業125年周年を迎えさせていただきます。この節目の年を記念し、スペイン・ボックスカートレース(IV Carrerade Goitiberas de las Fiestas de la Blanca de Vitoria-Gasteiz)へ出場いたします。只今、レースで使用するため、エンジンを搭載せず重力で走る「ソープボックスカー」を日本唯一の虎斑竹で製作中。そして、2019年4月15日(月)より竹製車体広告 (サイズ:約W15×H5cm)10万円の協賛募集を開始いたしました。日本唯一の虎斑竹は、高知県須崎市安和でしか生育しない不思議な竹。江戸時代以前より貴重な竹材として育み守られてきた地域の宝です。成長スピードが早く加工しやすい竹は、継続利用可能な唯一の天然資源。「竹にもっと注目してほしい」との思いから、竹虎ではこれまで、竹製ボディの電気自動車「竹トラッカー」を製造し高知から横浜まで1000キロを11日間かけて走行したり、メキシコはハラパまで運んでチャレンジランメキシコを実現させたりと独自のプロジェクトを実施して、竹の可能性や耐久性を訴えてきました。そうした中、竹の持続可能性に着目し竹のソープボックスカーを製作された元F1のカーデザイナー、Ivan Platas(イバァン プラタス)氏との出会いがありました。緑の美しい都市で走らせることで持...more
カテゴリー:

「樹脂」で形成する電池が登場 低コストで高容量、バッテリーのブレイクスルーついに到来か - 04月18日(木)22:15  poverty

電極を含めほぼ全てを樹脂で形成する「全樹脂電池」が量産へ タレコミ by Anonymous Coward 2019年04月18日 18時46分 あるAnonymous Coward 曰く、 日経新聞の記事によれば、電極を含めほぼ全てを樹脂で形成する電池「全樹脂電池」が量産化されるそうだ。 同電池は、容量密度を従来の2倍以上にできるのに加え、設備投資額を数十分の一に、材料コストは半減できるという。全樹脂電池は、一般的には金属を使う集電体にも高分子を適用するなど、その構造が既存の電池とは異なる。 基本的には、活物質の粉末を電解液に混ぜ込...
»続きを読む
カテゴリー:

アウディの自動運転車はアップルとニコンの出身者が作ったAevaのセンサーを採用 - 04月18日(木)17:00 

Audi(アウディ)の自動運転車部門は、ユニークなライダー(LIDAR)を開発しているスタートアップと手を組んだ。自律走行可能なSUVタイプの電気自動車、e-tronに搭載して、ミュンヘン市内でのテストを拡大する。 Audiの子会社となっているAID(Autonomous Intelligent Driving)は、Aevaによって開発されたライダーセンサーを採用したことを、水曜日に明らかにした。AevaはAppleとNikonの出身者によって、わずか2年前に設立されたスタートアップだ。 Aevaは、カリフォルニア州のマウンテンビューを拠点とする会社で、Soroush Salehian氏とMina Rezk氏によって設立された。同社が開発した「4Dライダー」は、距離はもちろん、かなり遠くのものまで瞬間速度も計測できる。また太陽光や他のセンサーによる干渉を受けないのも特長だ。「4D」というネーミングはともかくとして、この技術には説得力がある。 ライダー(「ライト」と「レーダー」を組み合わせた造語)は、光線によって距離を測定するレーダーの一種だ。勃興する自動運転車業界では(Teslaは例外だが)重要かつ不可欠なセンサーと考えられている。そして何年もの間、その市場はVelodyneの独壇場だった。 今日では、Velodyneよりも高解像度で精度も高く、そのうえ低コストのセンサーを提供する...more
カテゴリー:

アジアのエネルギー企業バンチャークがエネベートの急速充電EV用バッテリー技術に投資 - 04月18日(木)06:11 

米カリフォルニア州アーバイン & タイ・バンコク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- カリフォルニアを拠点とする企業として電気自動車(EV)用バッテリー向けに超急速充電時間を実現する革新的バッテリー技術を持つエネベート コーポレーションは、タイのエネルギー大手バンチャークがそのバンチャーク・イニシアチブ&イノベーション・センター(BiiC)を通じて、当社に投資したと発表しました。 エネベートのロバート・A・ランゴ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「電気自動車の需要が伸び、消費者がバッテリー充電時間の大幅短縮を求めている中で、今回の投資は経済面からだけでなく、エネルギー産業が当社の画期的なソリューションに強い関心をまたもや示している点でも、当社にとって大きな意義があります。当社の使命は5分ほどの充電時間によって世界の電気自動車市場の成長促進に貢献する先進的バッテリー技術を提供とするというものですが、今回の投資によってバンチャークはこうした取り組みでの重要なパートナーとなります。」 「近い将来、電気自動車のドライバーが今日のガソリンスタンドのよ
カテゴリー:

もっと見る

「電気自動車」の画像

もっと見る

「電気自動車」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる