「電気自動車」とは?

関連ニュース

14色のペン:脱炭素政策を輸出する EUがもくろむ「ブリュッセル効果」 - 02月03日(金)06:00 

 脱炭素の進め方をめぐって、米国と欧州の関係がぎくしゃくしています。きっかけは米国のバイデン政権の目玉政策である「インフレ抑制法」。ここに盛り込まれた北米製の電気自動車(EV)に対する優遇策に、欧州連合(EU)が「保護主義」だとかみついたのです。ただ、これには「どの口が言うか」との批判も……。【外信
カテゴリー:

【トヨタ推進】日本の秘刀「水素エンジン」、BEVごり押し欧州の“ちゃぶ台返し”をさらにひっくり返せるか? ★4 - 02月02日(木)20:34  newsplus

全文 https://news.yahoo.co.jp/articles/a90c4f2be6aaed9ce662d0821b13d4077472c77c 前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675320568/ “BEV1本やり”になれない日本 世界では、「ポスト内燃機関 = バッテリー式電気自動車(BEV)」という認識で、欧州メーカーと国策が一体化して動いている。 一方、日本は社会も各メーカーのスタンスも異なることから、“BEV1本やり”というスタンスには慎重で、日本としてどのパワートレイン(エンジンで発生させた動力を車輪に伝える装置)がいいのかという合意形成すらされ...
»続きを読む
カテゴリー:

日産が次世代EV発表 2人乗りスポーツカー 4日から本社展示 - 02月02日(木)17:54 

 日産自動車は2日、次世代の電気自動車(EV)の試作車を報道陣に公開した。2人乗りのスポーツカーで、車高を低く抑えてすっきりした外観に仕上げた。4日から3月1日まで横浜市の本社1階ギャラリーで展示する。販売予定はない。
カテゴリー:

日産東HD---「電気自動車を活用した災害連携協定」を警視庁第七方面区内9警察署と締結 - 最新株式ニュース - 02月02日(木)16:35 

<8291>  日産東HD  314  -1日産東京販売ホールディングス<8291>は30日、子会社である日産東京販売が、警視庁第七方面区内9警察署との電気自動車を活用した「災害連携協定」を、日産自動車<7201>とともに締結したことを発表。本協定は、「走る蓄電池」となる電気自動車(EV)を活用して、警視庁第七方面本部管轄区内(江東区・墨田区・葛飾区・江戸川区)で災害による停電が発生した際、日産東
カテゴリー:

【トヨタ推進】日本の秘刀「水素エンジン」、BEVごり押し欧州の“ちゃぶ台返し”をさらにひっくり返せるか? ★2 - 02月02日(木)13:05  newsplus

全文 https://news.yahoo.co.jp/articles/a90c4f2be6aaed9ce662d0821b13d4077472c77c 前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675304300/ “BEV1本やり”になれない日本 世界では、「ポスト内燃機関 = バッテリー式電気自動車(BEV)」という認識で、欧州メーカーと国策が一体化して動いている。 一方、日本は社会も各メーカーのスタンスも異なることから、“BEV1本やり”というスタンスには慎重で、日本としてどのパワートレイン(エンジンで発生させた動力を車輪に伝える装置)がいいのかという合意形成すら...
»続きを読む
カテゴリー:

ロータリーエンジン復活! 1ローター830cc - 02月02日(木)21:27  poverty

以前から注目されていたマツダMX-30にロータリーエンジンを発電用として搭載した「eスカイアクティブR-EV」がブリュッセルモーターショーで発表された。  MX-30eスカイアクティブR-EVは、日本では詳細があまり発表されていないが、欧州では価格まで明らかに。ここではスペックを中心にMX-30eスカイアクティブR-EVを紹介しながら、現時点での印象やロータリーエンジン+ハイブリッドの今後を展望していく。  まず、MX-30のロータリーエンジン+ハイブリッドは発表前、電気自動車の航続距離を延ばすためのレンジエクステンダー付きと言わ...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】中国 BYD 日本でEV乗用車の販売開始 世界2位のEVメーカー 価格440万円 ★2 - 02月02日(木)20:29  newsplus

※2023年1月31日 16時01分 NHK 中国のEV=電気自動車大手、BYDは、1月31日から日本でEVの乗用車の販売を開始しました。世界2位のEVメーカーの参入が日本のEV市場の動向にどこまで影響を及ぼすかが注目されます。 中国のBYDは、世界70余りの国と地域でEVの販売を手がける大手メーカーで、EV市場ではアメリカのテスラに次ぐ世界2位です。 会社は去年7月、日本の乗用車市場への参入を表明していて、31日から、SUV=多目的スポーツ車タイプのEVの販売を開始しました。 1回の充電で走行できる距離はおよそ480キロで、自動ブレーキな...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】中国 BYD 日本でEV乗用車の販売開始 世界2位のEVメーカー 価格440万円 - 02月02日(木)16:50  newsplus

※2023年1月31日 16時01分 NHK 中国のEV=電気自動車大手、BYDは、1月31日から日本でEVの乗用車の販売を開始しました。世界2位のEVメーカーの参入が日本のEV市場の動向にどこまで影響を及ぼすかが注目されます。 中国のBYDは、世界70余りの国と地域でEVの販売を手がける大手メーカーで、EV市場ではアメリカのテスラに次ぐ世界2位です。 会社は去年7月、日本の乗用車市場への参入を表明していて、31日から、SUV=多目的スポーツ車タイプのEVの販売を開始しました。 1回の充電で走行できる距離はおよそ480キロで、自動ブレーキなど...
»続きを読む
カテゴリー:

【トヨタ推進】日本の秘刀「水素エンジン」、BEVごり押し欧州の“ちゃぶ台返し”をさらにひっくり返せるか? ★3 - 02月02日(木)15:49  newsplus

全文 https://news.yahoo.co.jp/articles/a90c4f2be6aaed9ce662d0821b13d4077472c77c 前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675310719/ “BEV1本やり”になれない日本 世界では、「ポスト内燃機関 = バッテリー式電気自動車(BEV)」という認識で、欧州メーカーと国策が一体化して動いている。 一方、日本は社会も各メーカーのスタンスも異なることから、“BEV1本やり”というスタンスには慎重で、日本としてどのパワートレイン(エンジンで発生させた動力を車輪に伝える装置)がいいのかという合意形成すらされ...
»続きを読む
カテゴリー:

【トヨタ推進】日本の秘刀「水素エンジン」、BEVごり押し欧州の“ちゃぶ台返し”をさらにひっくり返せるか? - 02月02日(木)11:18  newsplus

全文 https://news.yahoo.co.jp/articles/a90c4f2be6aaed9ce662d0821b13d4077472c77c “BEV1本やり”になれない日本 世界では、「ポスト内燃機関 = バッテリー式電気自動車(BEV)」という認識で、欧州メーカーと国策が一体化して動いている。 一方、日本は社会も各メーカーのスタンスも異なることから、“BEV1本やり”というスタンスには慎重で、日本としてどのパワートレイン(エンジンで発生させた動力を車輪に伝える装置)がいいのかという合意形成すらされていない。 日本が決断しきれないうちに、欧州メーカーはさらにBEVを...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる