「電気自動車」とは?

関連ニュース

コロナ禍、日産再建険しく 日米中に新型車、電動化率60%も - 07月09日(木)05:00 

 巨額赤字にあえぐ日産自動車が、収益構造改革を目指す2020~23年度の中期経営計画「ニッサン ネクスト」の実践を本格化し始めた。三菱自動車、仏ルノーとの3社連合の「分業体制」を下支えに、前会長のカルロス・ゴーン被告時代の負の遺産だった余剰生産能力を2割削減しコストを圧縮。一方、15日に発表する最新型電気自動車(EV)「アリア」など独自技術を盛り込んだ新型車を日米中3大市場に連続投入する「選択と集中」で、再建を図る戦略だ。だが新型コロナウイルス禍という最悪のタイミングで自動車需要が伸び悩む中、計画断行は険しい道のりとなる。
カテゴリー:

【日経ビジネス】「現実解」のPHVに電池の壁、トヨタRAV4年内打ち止め - 07月08日(水)08:58  newsplus

トヨタ自動車がSUV(多目的スポーツ車)「RAV4」のプラグインハイブリッド車(PHV)の国内受注を発売から約3週間で停止した。消費税込みで469万~539万円と決して安くない車両価格にもかかわらず、月販300台という販売目標を上回った受注に年度内は電池の生産が追いつかないというのが理由だ。 RAV4のPHVは欧米などでの発売やスズキへのOEM(相手先ブランドによる生産)供給も予定しているが、電気自動車(EV)をはじめとする電動車の需要に対し電池の供給能力という壁が改めて立ちはだかったといえる。 RAV4のPHVの電池の生産を担...
»続きを読む
カテゴリー:

カーエレクトロニクスの進化と未来 第134回 Infineon、EV用のバッテリ管理システムの戦略を明らかに - 07月07日(火)09:00 

Infineon Technologiesは、電気自動車(EV)向けのバッテリ管理システムに関する戦略を明らかにした。EV化は二酸化炭素の削減のために欠かせない技術だが、フルEVの実現にはまだまだ課題が多いのが実情である。
カテゴリー:

おまえら「テスラのタッチパネルすげえ」⇢故障が多すぎるため保証期間を2年に短縮 - 07月05日(日)17:33  poverty

Engadget日本版: テスラ、故障相次ぐタッチスクリーンの保証期間を半分の2年に短縮。新型MCUも2年保証に. https://japanese.engadget.com/tesla-updates-mcu-warranty-043031822.html テスラの電気自動車といえば象徴的なのがシンプルなインパネとセンターコンソールに鎮座する巨大なタッチスクリーン。 しかしそのタッチスクリーンは故障が多く発生しており、6月23日には米道路交通安全局(NHTSA)はテスラModel S約6万3000台を対象に調査を行うと発表しています。 そして今週、テスラはこのタッチスクリーンの保証期間を4年または...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】日産、久々の新型車「キックス」が担う重大使命 "国内軽視"路線から決別、新車攻勢の第1弾 - 07月05日(日)16:57  bizplus

業績不振に苦しむ日産自動車が、国内でのブランド再建に向け、試金石となる新型車を投入した。 6月30日に国内販売が開始されたコンパクトSUV(スポーツ用多目的車)の「キックス」は、5月下旬に新たな中期経営計画「NISSAN NEXT」を発表した後、初の新型車となる。 日産は今後も新型車を矢継ぎ早に投入して反転攻勢のアクセルを踏む考えだ。 新型車乏しく株主からは厳しい声 「これまでモデルチェンジしていないから、そのひずみが出ている。ディーラーの人は『売れる車がないんですよね』と言っている。恥ずかしくないのか」。 6...
»続きを読む
カテゴリー:

Sunrunが3440億円でVivint Solarを買収しTeslaのエネルギー事業に戦いを挑む - 07月08日(水)11:00 

2014年にTesla(テスラ)がSolarCity(ソーラーシティー)を買収したことで、この電気自動車メーカーは住宅用太陽光発電の世界でも誰もが認める強力なプレイヤーとなったわけだが、そのリードは攻撃的な計画で突進してくる最大のライバルSunrun(サンラン)により着実に縮められてきた。現在、住宅用太陽光発電設備の設置業者Vivint Solar(ビビント・ソーラー)を32億ドル(約3440億円)で買収したSunrun(Sunrunリリース)は、トップの地位を固めたように思われる。 Teslaの創設当初、Elon Musk(イーロン・マスク)氏は同社を単なる電気自動車のメーカーではなく、エネルギー企業として位置づけたいと努力していた。Teslaが26億ドル(約2800億円)の値を付けSolarCityを買収(未訳記事)したとき、その動きは「ゼロエミッションの発電オプションを提供する」という同社の「基本計画」の第1段階が最高潮に達したものと見られていた。 その計画が今、住宅用太陽光発電を専業とし、規模の効率性により安価なパネルを提供できるライバルの上場企業から、大きな試練を突きつけられていると太陽光発電分野に詳しいアナリストたちは話す。 「Sunrunは恐ろしいほど大きくなります」と、JMP Securities(JMPセキュリティーズ)のJoe Osha(ジョー・オシャ)氏はBl...more
カテゴリー:

無さすぎる本当の危機感。トヨタを駄目にする大企業病の深刻度 - 07月08日(水)05:00 

日本を代表する企業としてまず真っ先に名の挙がるトヨタ自動車ですが、その企業規模ゆえに抱えている問題も大きいようです。今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では著者で世界的エンジニアの中島聡さんが、実際にトヨタと仕事をして抱いた違和感を記すとともに、同社が優秀なソフトウェア・エンジニアを雇うことが難しい理由を解説。さらにかつて近い位置で働いていたビル・ゲイツとトヨタの経営陣の決定的な違いを指摘しています。 コロナ後の世界:大企業病との戦い トヨタ自動車は、私がXevo(旧UIEvolution)のCEOだった時代にとてもお世話になったし、去年のLEARによる買収も、トヨタ自動車からの売り上げがあったからこそ成立したことを考えれば、「足を向けては寝られない」ありがたい存在です。 それもあって、あまり批判的なことは書いて来なかったのですが、いかにも大会社にありがちな問題点は、数多く目にして来ました。 そんな時に、目にしたのがトヨタ自動車自身が発表した「ボスになるな リーダーになれ トヨタ春交渉2020 第2回」という記事です。ここには、「ここまで自分たちの問題を外部に晒して良いものか」と思えるような強烈な情報が含まれています。 代表的なのが、冒頭の組合と山本執行役員のやりとりです。 組合:組合員が何かを変えようと上司に相談した際、部内で完結するものは前に進むことが多...more
カテゴリー:

EV電池、再生エネで再利用 東電PGが事業化、9月販売へ - 07月07日(火)05:00 

東京電力ホールディングス子会社の東京電力パワーグリッドが、電気自動車(EV)で使われた中古電池を太陽光など再生可能エネルギー事業者向けの蓄電池として再利用する事…
カテゴリー:

日産「これからは日本市場を重視します!」→タイ製SUVを日本導入 - 07月05日(日)17:01  poverty

業績不振に苦しむ日産自動車が、国内でのブランド再建に向け、試金石となる新型車を投入した。 6月30日に国内販売が開始されたコンパクトSUV(スポーツ用多目的車)の「キックス」は、5月下旬に新たな中期経営計画「NISSAN NEXT」を発表した後、初の新型車となる。 日産は今後も新型車を矢継ぎ早に投入して反転攻勢のアクセルを踏む考えだ。 新型車乏しく株主からは厳しい声 「これまでモデルチェンジしていないから、そのひずみが出ている。ディーラーの人は『売れる車がないんですよね』と言っている。恥ずかしくないのか」。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【音楽】ミュージシャンの #カニエ・ウェスト氏、米大統領選出馬を表明【アメリカ】 - 07月05日(日)15:11  mnewsplus

ミュージシャンのカニエ・ウェスト氏、米大統領選出馬を表明(Bloomberg) - Yahoo!ニュース: https://news.yahoo.co.jp/articles/307eb21719a8d0453b8a6c919c96fb2fd112c72e 7/5(日) 14:08配信 (ブルームバーグ): ミュージシャンでファッションデザイナーでもあるカニエ・ウェスト氏が米大統領選への出馬を表明した。真剣に出馬を考えているのか、自身あるいは大統領選と無関係のプロジェクト向けの宣伝行為なのかどうかは不明。 ウェスト氏が出馬の意向を表明した4日夜のツイートに対し、1時間で10万件を超えるリツイートが...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「電気自動車」の画像

もっと見る

「電気自動車」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる