「電気自動車」とは?

関連ニュース

ボルボはEV版の「XC40」を皮切りに、ゼロエミッション化を加速する - 10月19日(土)09:30 

ボルボが小型SUV「XC40」の電気自動車(EV)版となる新モデル「XC40 Recharge」を発表した。全車種を電動化する計画の実現に向けた最初の完全EVで、2025年までに二酸化炭素の排出量を40パーセント削減するという意欲的な目標を達成するための重要なステップでもある。
カテゴリー:

高級電気自動車メーカーのカルマ、仮想通貨ビットコインでの支払い受付を開始【ニュース】 - 10月18日(金)18:03 

米カリフォルニア拠点の高級電気自動車メーカーのカルマ・オートモーティブは、ニューポートビーチの旗艦店で、仮想通貨ビットコイン(BTC)での支払いを受け付ける。10月15日にニュースリリースで発表した。
カテゴリー:

プジョーが初のEV、来秋日本上陸 MPVリフターも公開 - 10月18日(金)16:45 

 プジョー・シトロエン・ジャポン(東京)は18日、7年ぶりに全面改良する主力小型車の新型「208」と、その電気自動車(EV)モデル「e-208」を日本初公開した。来年の秋頃に国内で発売する。また、プジョーが日本で初めて導入するMPV(多目的車)「リフター」も公開、19日から予約注文の受け付けを始める。
カテゴリー:

拡大する高機能シール用途の需要拡大に対応するためテクノフロン(r) FKMの生産能力を増強 - 10月18日(金)14:00 

2019年10月18日、ブリュッセル --- ソルベイは自動車、石油・ガス、半導体の市場における高機能シールの継続的な需要拡大に対応するため、イタリアのスピネッタ・マレンゴ工場のテクノフロン(r) パーオキサイド加硫FKMの生産能力を約30%増強することを本日発表しました。この生産能力増強は2021年5月までに完了の予定で、昨年発表致しましたイタリア・中国工場での増強計画に追加されるものです。「弊社は欧州、米国、中国の製造拠点を増強することにより、グローバルのFKM市場を主導して参りました。弊社のグローバル市場でのプレゼンスと専門技術により、拡大するお客様の需要を予測し、継続的に応えていくことができます。今回の更なる増強により、燃料消費やCO2排出量の低減に貢献する自動車向けターボチャージャーなどの需要に着実に対応できると考えております。」とExecutive committee memberのAugusto Di Donfrancesco氏は述べています。テクノフロン(r) FKMは、高耐熱性、耐薬品性が要求される排気再循環(EGR)システム、ターボチャージャーホース、シーリング、ガスケットなどの用途で、低公害内燃機関(ICE)、ハイブリッド車(HEV)、電気自動車(EV)に採用されております。また、高純度性が求められる半導体製造プロセスやウェアラブル機器でも使用頂いております。...more
カテゴリー:

世界最大の電気自動車(EV)市場である中国では.. - 10月18日(金)11:32 

世界最大の電気自動車(EV)市場である中国では、北京市だけで米国全土と同じ数ほどのEV充電ステーションがある。
カテゴリー:

トヨタがひとりのりのEV(電気自動車)を4台発表.. - 10月19日(土)09:30 

トヨタがひとりのりのEV(電気自動車)を4台発表した!
カテゴリー:

プジョーが初のEV、来秋日本上陸 MPVリフターも公開 - 10月18日(金)16:55 

 プジョー・シトロエン・ジャポン(東京)は18日、7年ぶりに全面改良する主力小型車の新型「208」と、その電気自動車(EV)モデル「e-208」を日本初公開した。来年の秋頃に国内で発売する。また、プジョーが日本で初めて導入するMPV(多目的車)「リフター」も公開、19日から予約注文の受け付けを始める。
カテゴリー:

沖縄工、那覇工がV エコデンレース 4チーム全国へ - 10月18日(金)14:29 

 自作した電気自動車の走行距離を競う第21回県高校エコデンレース大会(県工業教育研究会自動車部会主催)が15日、沖縄市泡瀬の県総合運動公園であり、一般モーター部門は首里人(しゅりんちゅ)ベンツ(沖縄工)、ワイパーモーター部門はNTHS1(那覇工)が優勝した。両部門で準優勝した八重山商工の2チームを含め、計4...
カテゴリー:

トヨタ、電気自動車を発売へ 一回の充電で100km走行可能 - 10月18日(金)12:26  poverty

トヨタ、2人乗り超小型EVを2020年発売予定…東京モーターショー2019で先行公開へ https://s.response.jp/article/2019/10/17/327699.amp.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

テスラの中国でのEV生産に当局がゴーサイン - 10月18日(金)10:15 

中国の産業を管轄する大臣は、政府の自動車製造メーカー承認リストにTesla(テスラ)を加えた。このリスト入りは、同社の中国での電気自動車(EV)生産が認可されたことを意味する。 ロイターが、中国工業情報化部(MIIT)の大臣が出したリストにTeslaが含まれたと報じた。中国のテックサイトもまたこのニュースを報じ、MIITの承認のスクリーンショットを掲載した。Teslaはリストの一番上に載っている。TechCrunchはこの件についてTeslaに問い合わせており、反応があれば記事をアップデートする。 Teslaは上海に20億ドル(約2200億円)かけて工場を建設中で、これは米国外に構える初の製造施設となる。7月にTeslaは四半期決算に伴う株主への手紙の中で「Model 3の生産は予定どおり上海工場で年末までに開始する」と記載されている。売上の増加と輸送や関税のコスト回避を望むなら、11月までの生産開始が至上命題だ。 当時「Teslaは生産第一段階に備えて第2四半期中に機械類を工場に搬入する」としていた。 同社はまた「上海ギガファクトリーのタイミングにもよるが、2020年6月30日までの12カ月間で、グローバルで50万台超の生産を目標とする」と話していた。 中国の工場の生産能力は年間15万台で、カリフォルニア州フリーモントの第2世代Model 3のラインをよりシンプルに、そして費用対...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「電気自動車」の画像

もっと見る

「電気自動車」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる