「唐津市」とは?

関連ニュース

デスクノート もう一つの宿題 - 08月18日(日)09:32 

どれだけいたわりの言葉を尽くしても足りない気がした。佐賀県内の核廃絶、被爆者救済運動をけん引してきた唐津原爆被害者の会の会長、平山末広さん(89)。解散を伝える記事で近影を拝見し、8年前の2011年、唐津市で取材した夏を思い起こした。 被害者の会の慰霊式典で読み上げられた鎮魂の賦。そこには、この年の東日本大震災と福島第1原発事故を受けて、異例の訴えが盛り込まれた。
カテゴリー:

らーめん満生の「とんこつらーめん」 - 08月17日(土)21:10 

唐津市新興町の静かな住宅街に店を構える「らーめん満生(まんしょう)」。店主の満生憲一さん(42)が作るこだわりの一杯を求め、サラリーマンや家族連れ、学生など、幅広い年代が足を運ぶ。 福岡・博多生まれの満生さんは、9年前に脱サラして唐津市に移住。同市内のラーメン店で5年間修行を重ね、2016年1月に念願の店をオープンさせた。「味で勝負したかった」と、人通りが多い繁華街や駅前ではなく、あえて住宅街に店を構えた。
カテゴリー:

唐津城跡で丁銀出土 江戸時代の高額貨幣、九州初 - 08月17日(土)10:00 

唐津市教育委員会は16日、唐津保健福祉事務所(大名小路)の建て替えに伴う唐津城跡発掘調査で、江戸時代の高額貨幣である「丁ちょう銀ぎん」が出土したと発表した。全国で5例目で、これまで京都や大阪で確認されたケースはあったが、九州では初めて。市教委は「大都市を中心に流通していた丁銀が、西日本の中規模の地方藩でも使用されていたことが分かる貴重な資料」と話す。 市教委によると、丁銀は長さ10・08センチ、幅3・59センチ、厚さ0・73センチ。
カテゴリー:

唐津人形浄瑠璃保存会、18日に定期公演 - 08月16日(金)20:30 

唐津市 唐津人形浄瑠璃保存会の定期公演が18日午前11時から、唐津市鏡の海浜館で開かれる。会員による舞踊や人形浄瑠璃に加え、子どもたちが人形遣いに挑戦する演目もある。 保存会は2011年、唐津市で浄瑠璃指導者として活動する竹本鳴子さん(70)が立ち上げた。会は古典芸能に触れ、親しむ機会をつくろうと年に数回、公演している。 当日は舞の「三番叟」で開幕。阿波藩(現徳島県)のお家騒動を題材にした「傾城阿波鳴門」では、竹本さんの弟子で福岡県の大学生桁山幸太さん(19)が浄瑠璃を語る。
カテゴリー:

メールを用いた詐欺に注意! - 08月16日(金)12:10 

唐津警察署からのメールです。令和元年7月18日から8月15日にかけて、唐津市内において、ネット管理会社を騙って あなたに5億円の当選金があります 当選金を受領するための手続きとして、2,000円を電子マネーで送金してくださいという詐欺のメールが送信されています。2,000円を支払ったところ、更に、「登録料金」や「延滞金」などの名目で、送金を行うように仕向けられ、総額約50万円の架空請求詐欺被害が発生しています。
カテゴリー:

=エールひと交差点=ボートと両立 多忙な外科医長 脇山幸大さん(佐賀市)世界目指しオールに力 - 08月18日(日)09:00 

白石共立病院(杵島郡白石町)に外科医長として勤務する傍ら、ボート競技に打ち込む人がいる。脇山幸大さん(35)=佐賀市。出勤前、限られた時間で黙々と練習を積みながら、2021年にアジアで初めて開かれる「ワールドマスターズゲームズ」のボート部門(滋賀県)への出場を見据え、オールをこぐ手にも力がこもる。 午前5時半、唐津市の松浦川ボートハウス。この日は、佐賀大医学部ボート部の学生に交じって約1時間ボートをこいだ。練習は出勤前の早朝など、週3回ほどのペースで取り組んでいる。
カテゴリー:

架空請求詐欺で約50万円被害 - 08月17日(土)10:10 

唐津署は16日、唐津市内の50代男性が約50万円だまし取られる架空請求詐欺が発生したと発表した。同署によると、7月18日に男性の携帯電話に「5億円の当選金がある」「受領するために2千円を電子マネーで送金してください」などの文面のメールが届き、2千円を支払ったところ、さらに「登録料」や「延滞金」などの名目で送金を求めるメールが届き、15日までに総額約50万円をだまし取られた。 支払い後もさらに現金を請求されることを不審に思い、男性が16日、唐津署に相談、被害が分かった。
カテゴリー:

林田さん(唐津西高)、下校時にごみ拾い活動 - 08月16日(金)21:00 

唐津西高3年の林田晶さん=唐津市浜玉町=が、ごみを拾いながら下校している。中学生の時から始めた習慣で現在も月2、3回、約30分かけて清掃する。「自分にできる精いっぱいのことをしたい」。少しでも町がきれいになるようにとの思いを込め、活動している。 唐津西高からJR唐津駅までの約1キロを、ビニール袋を手に歩く。空き缶、ペットボトル、ストロー―。草むらに埋もれたごみも見つけて拾っていく。「夏だから飲み物のごみが多いですね」。コンビニの小さな袋はすぐにいっぱいになった。「疲れるけど無心でいられる。
カテゴリー:

「5億円当選した」と偽電話詐欺 唐津市 #西日本.. - 08月16日(金)13:57 

「5億円当選した」と偽電話詐欺 唐津市 #西日本新聞
カテゴリー:

三井所選手(佐賀支部)が優勝■ボートレースからつ佐賀新聞社杯 - 08月16日(金)09:30 

ボートレースからつ(唐津市原)の「佐賀新聞社杯お盆特選~がばい王者決定戦」は最終日の15日、優勝戦を行い、佐賀支部所属の三井所尊春選手(40)が昨年の賞金王の峰竜太選手(34)らを抑えて優勝した。 44選手による予選を勝ち上がった佐賀支部所属の6選手が出場。4号艇の三井所選手はスタートから抜け出し、快走した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「唐津市」の画像

もっと見る

「唐津市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる