「原子力」とは?

関連ニュース

経産省「太陽光発電が発電コスト最安です!!!」 - 08月03日(火)20:02  poverty

発電コスト、太陽光が最安に 経産省が6年ぶり見直し  経済産業省は3日、2030年時点の各電源の発電コストの試算結果を有識者会議で示した。7月に示した数値を具体化したもので、事業用太陽光の下限8.2円が最も安く、これまで最安だった原子力を下回った。脱炭素化に向けた再生可能エネルギー拡大に追い風となりそうだ。発電コストの見直しは6年ぶり。  試算は、発電設備を新たに更地に建設し運転した場合を前提に1キロワット時当たりの発電コストを算出した。太陽光はパネルなどの価格低下を背景に、事業用が8.2~11.8円、住宅用...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京電力福島第一原発事故】UAEに福島県産桃200キロを輸出へ 震災後初めて 福島県が発表 - 08月03日(火)09:44  newsplus

 福島県は2日、アラブ首長国連邦(UAE)への県産モモ200キロの輸出が決まったと発表した。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生以降、同国への県産モモの輸出は初めて。 以降ソースにて https://news.yahoo.co.jp/articles/98fa71d9e41b2e1f2889e5db16e4afe99599c258 UAEに福島県産桃200キロを輸出へ 震災後初めて 福島県が発表 8/2(月) 20:01配信 参考) https://www.minpo.jp/news/moredetail/2021041985674 一キロ当たり五〇〇〇ベクレル以下を選別し、農地の盛り土として活用 2021/4/19 https:/...
»続きを読む
カテゴリー:

中国で核ミサイル発射場の建設が相次ぐ。甘粛省玉門で119か所、新疆に110か所が建設 - 08月02日(月)14:37 

中国で新たな核ミサイル施設が設置されているとの報道が出ている。米シンクタンク科学者連盟(FAS)によると、新疆ウイグル自治区に新たに核ミサイルの発射施設を110基建造していることが判明したとしている。同国では先月、ここから北西約380キロほどに離れた北西部甘粛省玉門の砂漠地帯で119基の発射施設の建造が報じられたばかり。いずれの施設も今年に入ってから建造が始まったとされている。2カ所を合わせると、中国の核軍備増強としては、史上最大の規模であるとされている。一方でおとりとして作られた格納庫の可能性もあり、実際に何発のICBMが配備されるかはよく分からないようだ(時事ドットコム、ニューズウィーク、TBSNEWS)。 すべて読む | 軍事 | 原子力 | 中国 | 関連ストーリー: 人気オンラインRPG「Fallout 76」、ゲーム内の核ミサイル連射でサーバーダウン? 2018年11月19日 インドの原子力潜水艦、ハッチの閉め忘れで浸水し1年近く航行できない状況が続く 2018年01月17日 X9 レベルの大規模フレアが11年ぶりに発生 2017年09月08日 NASA、小惑星に人工物をぶつけて軌道を変える実験を計画中 2017年07月05日 ...more
カテゴリー:

コアゲーマーなら見逃すな!今週の特選インディー3選(8月第1週)―アイドルの闇を垣間見る経営シム、値上げ前最終セール実施中の成り上がり中世サバイバルほか - 08月02日(月)12:00 

他にも、実在した原子力発電所「チェルノブイリ」を舞台としたサバイバルホラーなど、ゲムスパならではのセレクトになっています。
カテゴリー:

未来の子どもたちのために――今を生きる私たちが道すじをつけるべき「地層処分」の話 - 08月02日(月)00:00 

“電気”は私たちの生活に欠かすことのできないエネルギーですが、原子力発電で電気を作り終えた後に残る「高レベル放射性廃棄物」の処分問題が、世界共通の課題となっています。その廃棄物を安全に処分するために、日々尽力している人たちがいるのはご存じでしょうか?今回は、高レベル放射性廃棄物の地層処分事業をおこなう組織である原子力発電環境整備機構(NUMO)の技術者を取材し、地層処分に関する話をうかがいました。
カテゴリー:

『auでんき』にCO2排出量実質ゼロの新プラン、既存プランと同額 - 08月03日(火)15:12 

一部電力会社でCO2フリー電力が提供されているが、KDDIが提供している電力小売り「auでんき」でも、再生エネルギー比率が実質100%となる「ecoプラン」を9月1日から提供開始するという(KDDIプレスリリース、ケータイ Watc)。 このプランでは電気料金の2%が、環境保全団体に寄付され、植林活動や森林整備といった環境保全活動に利用される。リリースによれば、再生エネルギーとしてはKDDIが調達した水力、火力、原子力、FIT電気が含まれる。これらの電力には非化石証書が使用されており、実質的にCO2排出量ゼロを実現しているとのこと。なおecoプランには、地域電力会社の従量電灯プランと同等となる「ecoMプラン」と従量電灯プランと同等の料金プラン「ecoLプラン」の2種類が用意されている。 すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力 | 関連ストーリー: CO2フリー電力を中部電力も販売へ、既存プランに4.32円/kWhを上乗せ 2019年06月03日 アメリカをカーボンニュートラル化するには年間1兆ドルが必要 2019年05月18日 東京電力、水力で発電した電気のみを販売する料金プランを受付開始 2017年06月02日 KDDIが...more
カテゴリー:

リチウムイオン電池の高純度レアメタルリサイクルフロー確立へ - 08月03日(火)07:00 

希少金属と言われる「レアメタル」は、電気電子機器の小型化・高性能化や電気自動車用のモーターなどに必要な材料ですが、産出の地域偏在性や急激な価格変動により、安定供給が困難という課題があるようです。近年では、レアメタルをリサイクルできる使用済製品を「都市鉱山」と呼び、環境省と経済産業省による「使用済小型家電からのレアメタルの回収及び適正処理に関する研究会」や企業、自治体などでさまざまな取り組みが進んでいます。 しかし、レアメタルのリサイクル技術の多くは実証段階にあり、いまだ事業化に至っていないのが現状。 そんな中、株式会社エマルションフローテクノロジーズ(EFT)と株式会社エンビプロ・ホールディングスが、リチウムイオン電池(LIB)からの低コストかつ高純度なレアメタル回収の実現を目指し、共同研究契約を締結しました。 コア技術「多段エマルションフロー」 EFTは、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構が開発した溶媒抽出技術「エマルションフロー」を活用した事業を展開するベンチャー企業です。「エマルションフロー」とは、物質の分離・精製手法のひとつ。従来の溶媒抽出技術では、異なる液相を「混ぜる」「置く」「分離する」という3工程で目的成分を抽出していましたが、エマルションフローでは「送液」の1工程でこれらの3工程を同時に行うことが可能です。 同技術は、従来技術と比較し、生産能力10倍、ランニング...more
カテゴリー:

中国、台山原発1号機を運転停止 一部の燃料棒に「破損」 - 08月02日(月)13:27 

中国当局はこのほど、燃料棒に破損が見つかったとして、中国南部広東省台山市にある原子力発電所、台山原発の原子炉1基を停止し、メンテナンスを行うと発表した。約1カ月半前、中国当局は、同原発に放射性物質漏れの可能性があるとする米メディアの報道を否定したばかりだ。
カテゴリー:

製造業・建設業・設備管理業など現場特化SaaS「SynQ」を手がける福岡発のクアンドが1.2億円を調達 - 08月02日(月)10:46 

製造業・建設業・設備管理業などにおいて、遠隔地にいる管理者と現場担当者をつなぐビデオ通話ツール「SynQ Remote」(シンクリモート)を提供するクアンド(QUANDO)は8月2日、第三者割当増資による総額1億2000万円の資金調達を発表した。引受先は、ALL STAR SAAS FUND、UB Ventures、ドーガン・ベータ、F Venturesおよび個人投資家。今回の資金調達が外部投資家からの初回エクイティファイナンスという。調達した資金は、採用活動およびSynQ Remoteの新規機能開発や販路拡大、「SynQ」シリーズにおける新プロダクトの開発にあてる予定。 2017年4月設立のクアンドは、「地域産業・レガシー産業のアップデート」をミッションに掲げ、現場向け情報共有プラットフォーム「SynQ」(シンク)を提供する福岡発スタートアップ。 これまで同社は、原子力発電所向けバルブ製造メーカーとクラウドメンテナンスシステムの共同開発や、鋼材機器メーカーと遠隔制御AIシステムの事業化など、レガシーな産業の現場のDXを手がけており、SynQはその経験を通して感じた「現場特有のコミュニケーションや情報共有の課題」に対するソリューションという。第1弾として、現場仕事に特化した遠隔支援ビデオ通話アプリ「SynQ Remote」をリリースしており、建設業・製造業・メンテナンス業・行政など...more
カテゴリー:

産経「なぜ原子力発電だけリスクを叫ばれる?火力にも太陽光にもリスクはあるのに」 - 08月01日(日)16:10  poverty

原発の思考停止から脱却を https://www.sankei.com/article/20210801-QIVZHLA6VFI6RM2AS3UPVEF4FU/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる